2017.05/09(Tue)

The Rasmus ☆ 「Paradise」オフィシャルビデオ公開! 

The Rasmus promo 2017 Anders Thessing
 (写真: Anders Thessing)

久しぶりに動き出したThe Rasmusですが、秋に発売予定のニューアルバムからの先行シングル曲「Paradise」オフィシャルビデオ公開!

こちらです。

The Rasmus - Paradise (Official Video)

先日ニューアルバム11月発売予定と呼んだのですが、このYouTubeの詳細によると、ニューアルバムのタイトルは『Dark Matters』で9月22日発売予定です。

このミュージックビデオはスウェーデンで撮影され、ライブシーンの観客に出演者を募集してましたが、ビハインド・ザ・シーンの映像も公開になってます。


The Rasmus - Paradise (Behind the Scenes)

ビデオの意図は個人の「「Paradise」はどこにあるのか?と追及すると
一般的にはパラダイズは内側にある。
バンドの場合、それは内側、音楽の中にあるというストーリーなようです。

というわけで、このビデオもあわせてみると興味深いですね。

日本盤はMARQUEE/AVALON‏ から発売予定のようですね。お楽しみに。



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock The Rasmus ラスムス ラスマス ニューシングル

【編集】 |  15:45 |  The Rasmus  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.05/05(Fri)

Michael Monroe ☆ 2枚組のベストアルバム『Michael Monroe -The Best』 6月9日発売! 

Michael Monroe The Best Kansi

Michael Monroe ソロキャリア30周年を記念して今年6月9日2枚組のベストアルバム『Michael Monroe -The Best』発売!

このベストアルバムには未発表曲の「Fist Fulla Dynamite」「Simpletown」「Magic Carpet Ride」の他フィンランドで未発表だった2曲Stiv Batorsとのデュエット「It’s A Lie 」と Hurriganesのカヴァー曲「Get on」収録。
「Magic Carpet Ride」は以前 The Coneheads のサウンドトラックに収録されていましたが、別バージョンとのことで、Guns N’ RosesのギタリストSlash がゲスト出演しているそうです。

このベストアルバムにはここ20年ほど手に入らなかった『Demolition 23』に収録されている Little Steven 作曲の4曲が収録。
Michaelのキャリアを一つにまとめたアルバムになっています。

トラックリストはこちら:
CD1
 1. Dead Jail Or Rock N Roll
 2. Man With No Eyes
 3. It's A Lie (feat. Stiv Bators)
 4. Nights Are So Long
 5. Can’t Go Home Again
 6. Nothin's Alright
 7. Hammersmith Palais
 8. You Crucified Me
 9. Deadtime Stories
 10. Where’s The Fire John?
 11. Make It Go Away
 12. Life Gets You Dirty
 13. Self Destruction Blues
 14. Stranded
 15. Telephone Bill’s All Mine

CD2
 1. Trick Of The Wrist
 2. ’78
 3. All You Need
 4. Ballad Of The Lower East Side
 5. Eighteen Angels
 6. Stained Glass Heart
 7. Old King’s Road
 8. Goin’ Down With The Ship
 9. Keep Your Eye On You
 10. One Foot Outta The Grave
 11. Fist Fulla Dynamite
 12. Simpletown
 13. Get On
 14. Magic Carpet Ride (feat. Slash)

このベスト盤今こちらBackstage Rock Shopでプレオーダー受け付け中です。

Michael Monroeこの夏はいろんなフェス出演が予定されていますが、7月1日ハメーンリンナで行われる Guns N' Rosesのフィンランド公演オープニングアクトにThe Darknessとともに決まっています。

そして10月20日ヘルシンキのKulttuuritalo にて30周年記念ライブが予定されているほか、ドキュメンタリー映画も予定されています。

Michael Monroe ソロキャリア30周年期間限定記念Tシャツ第2弾はこちらです。オーダーは5月末まで可能。後日発売はないとのことです。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Michael Monroe マイケル・モンロー The Best ベスト盤

【編集】 |  15:58 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2017.05/01(Mon)

The Rasmus ☆ 5年ぶりのスタジオアルバム11月発売予定! 

The Rasmus promo 2017 Anders Thessing
 (写真:Anders Thessin)

先月5年ぶりのニューシングル「Paradise」を発売したフィンランドロックバンドThe Rasmusザ・ラスムス)ですが、こちらフィンランドのMTVのニュースによりますと、11月にスタジオアルバム発売予定とのことです。

フロントマンのLauri Ylönen (ラウリ・ウロネン) は先行シングルのプロモでヨーロッパを回ったそうでありますが、
「5年ぶりの発売で、それがワールドワイドにどう動いていくかとても緊張する。慣れたことではあるが、いつも緊張する。」
フィンランドの生放送のトーク番組Enbuske, Veitola & Salminenで語っています。

「バンド活動始めたころは音楽を探し出すことが今より難しくて、好きなバンドを見つけたら一生このバンドのファンでいるって感じで、そのころのファンは今より一つのバンドに熱中しやすかったと思うが、今は入れかわりが激しく、もし売れなければレコード会社から契約を切られる。」

「俺たちは長いキャリがあり、ファンも長いこと俺たちを見てきてくれ、たとえ5年のブランクがあろうとファンは消え去らない。」

「俺たちバンドメンバーは少しづつ大人に成長したし、人生のいろんな経験をした。それはアルバムアートや、作詞、それからメロディにも表れるだろう。それは自分たちの日記の一部だ。」

「この5年間にはものすごくいろんなことが起きた。例えば国外移住が実現した。それはとてもエキサイティングなアドヴェンチャーであり、そういうものからインスピレーションを受けることができる。」

とLauri Ylönen。

この11月発売予定のニューアルバムは30カ国で同時発売の予定だそうです。

このThe Rasmusのニューシングル「Paradise」は日本でもMARQUEE/AVALONより発売されているので、ニューアルバムの発売も期待できるのではないでしょうかね。



お楽しみに。

ニューシングルをフィンランドのThe Voice Of Finlandでお披露目したライブ映像はこちらで。まだ観れますが期間限定だと思うのでお早めに。
The Rasmus ☆ The Voice Of Finland で新曲「Paradise」披露!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock The Rasmus ザ・ラスムス ザ・ラスマス ニューアルバム

【編集】 |  11:07 |  The Rasmus  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.04/30(Sun)

Mötley Crüe のフィンランド語のカヴァーバンドMötikkä 第2弾カヴァー曲! 

Mötikkä Tappavan hyvännäköinen Looks That Kill
(ミュージックビデオよりスクリーンショット画像)

今年初めMötley Crüeの「Dr Feelgood」をフィンランド語でカヴァーしたバンドがいることをお知らせしましたが、そのMötley Crüeフィンランド語歌詞のカヴァーバンドMötikkä (モティッカ)から、「Dr Feelgood」に続く第2段カヴァー曲のミュージックビデオが公開になりました。フィンランド語のタイトルは「Tappavan hyvännäköinen」!何の曲のカヴァーかはこちらのミュージックビデオを。


Mötikkä – Tappavan hyvännäköinen

モトリーファンの方はおわかりかと思いますが、原曲は「Looks That Kill」。

このモトリクルーのMötikkäのメンバーはこちら。

・ヴォーカル: Sampsa Astala (ex-Lordi, Stala & So, ソロ)
・ベース: Hannu Voutilainen (Turmion Kätilöt)
・ギター: Samuli Väänänen (Mørket, The Dash)
・ドラム: Toni Suominen (The Dash)

最初の「Dr Feelgood」のカヴァー曲「「Tohtori Höpöolo」(トフトリ ホポオロ)については以前のこちらの記事を。
・「Mötley Crüeの「Dr Feelgood」をフィンランド語でカヴァーしたバンドがいる!

ちなみに「Tappavan hyvännäköinen」の読み方は「タッパヴァン・ヒュバンナコイネン」で「殺人的グッドルッキング」という意味です。

Mötikkä はこの夏いくつかライブ予定が入ってます。
その一つは7月1日ハメーンリンナで開催されるGuns N' Rosesのフィンランド公演のアフターパーティライブ。
会場はCumulus Resort Aulankoで入場無料。もし当日Guns N' Roses のライブに行かれる方がいればぜひ。

そのほかも含めライブ情報詳しくはこちらバンドのFacebookページをご覧ください。

ヴォーカルのSampsa Astalaからはソロシングル「Vappupallo」(ヴァップの風船)が公開になったばかり。
フィンランドでは明日メーデーがVappuで今日のイブからお祭り騒ぎで、Vappuには風船がつきもの。
こちらのビデオもあわせてみてみてください。



では皆さんHauskaa Vappua!
楽しいヴァップを!🎈🎈🎈

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock モトリークルー Mötley Crüe フィンランド語カヴァー Mötikkä

【編集】 |  15:59 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.04/25(Tue)

Battle Beast ☆ 9月来日決定! 

Battle Beast promo 2017

ニューアルバム 『BRINGER OF PAIN』(ブリンガー・オブ・ペイン)をひっさげて約2年半ぶりBattle Beast来日決定!

来日スケジュールはこちら。

2017/9/26(火) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO

2017/9/27(水) 東京 赤坂BLITZ

この来日公演について詳しくはこちらCreativemanのサイトをご覧ください。

ニューアルバム 『BRINGER OF PAIN』(ブリンガー・オブ・ペイン)の日本盤にはボーナストラックもついています。


まだ手元にない方は来日前にゲットして予習しておくとより楽しめるかもしれませんね。
公演日が思いっきり平日ですが、都合がつく方はぜひ!

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル バトル・ビースト Battle Beast 来日

【編集】 |  23:07 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.04/18(Tue)

Eläkeläiset のニューアルバムにVille ValoやTuomas Holopainenなど150人のアーティストがゲスト参加! 

Eläkeläiset Humppa on Finland Kansi

今週4月21日に発売になるフィンランドEläkeläiset のニューアルバム「Humppa of Finland」になんと150人ものアーティストがゲスト参加!

Eläkeläiset はちょっとユーモアバンドといった感じで、このニューアルバムの写真からもタイトルからもTOM OF FINLANDをもじったものだというのがわかります。
(TOM OF FINLNDについてはこちら「話題の切手 Tom Of Finland!」をご覧ください。)

そしてこちらフィンランドの音楽雑誌SOUNDIの記事にその参加者1欄がでてました。

自分の好きなアーティストが参加してるかどうかは下のリストから探してみてください。
とっても読みにくいので、日本のロックメタルファンにも知られているであろうロックメタル系アーティストを太字にしてみました。

Abdissa Assefa (Bomfunk MC’s), Abhorrence, Aki Tykki (Happoradio), Aku Syrjä (Eppu Normaali), Aleksi Pahkala (Duplo), Amen (Lordi), Anne-Mari Kivimäki (Suistamon Sähkö, Puhti), Antti Anatomia (Negative), Antti Hynninen, Antti Tammela & Sari Peltoniemi (Noitalinna Huraa), Antti Tuisku, Ari Taiminen (Koljosen Tiekiista), Arttu Kuosmanen (Santa Cruz), Arttu Tolonen, Asa, Black Peider, Bob Malmström, Cleaning Women, Diablo, Eduardo Martinez (Flaming Sideburns), Emma Salokoski, Esa Holopainen (Amorphis), Espe Haverinen (22 Pistepirkko), Faarao Pirttikangas, Hannes Kett & Joel Alex (Shiraz Lane), Hannu Leiden (Havana Black), Heikki Helastinen, Hoss Siivonen (Nylon 66’ers), Hyrde Hyyrynen (Stam1na), Iiro Rantala, Ile Kallio (Hurriganes, Big Rock Band), Ilkka Mattila (Juhani Harsia), Ilmari Koivuluhta & Sakari Rantala (humppatekniikka), Ilmari Pohjola, Jaake Nikkilä (Valonkantajat), Janne Haavisto (Laika & the Cosmonauts), Janne Joutsenniemi (Stone, Ylppö), Janne Wirman (Children of Bodom), Jarkko Martikainen (YUP, Luotetut miehet), Jepa Lambert (Voice of Humppa 2013), Jim Pembroke (Wigwam), Jimi Tenor, Joey Luumäki (Ne Luumäet), Jonne Järvelä (Korpiklaani), Joose Berglud (Stupidot), Jouko Hiltunen & Pekka Kärhä (Jalla Jalla), Jouni Hynynen (Kotiteollisuus), Juha Kannas (Kelpo Pojat), Juha Lehti (Sir Elwoodin hiljaiset värit), Juha Torvinen (Eppu Normaali), Juissi Vainiola (Maaseudun tulevaisuus), Jukka Nevalainen & Tuomas Holopainen (Nightwish), Jukka Takalo (Aknestik), Jukka Taskinen & Jarno Pousi (Black Magic Six), Jukkis Kiviniemi (Janne Haavisto & The Shubie Brothers), Jussi Hyyrynen (Wöyh), Jyrki Mäki (Radiopuhelimet), Kaarle Viikate, Kai Hahto (Nightwish), Kaino Liimatainen (humppalogistiikka), Kalle Taivainen (Xysma), Kari Aalto (Pertti Kurikan nimipäivät), Kimmo Pohjonen, Kirsi Ylijoki (Cherry and the Vipers), Kivi Larmola (Lunatunes), Kursk, Kämy Kämäräinen (Neljä Ruusua), Lasten Hautausmaa, Lauri Tähkä, Litku Klemetti, Läjä Äijälä, Maike Valanne, Mara Balls, Maria Hänninen, Maria Laiho (Thee Ultra Bimboos), Mariska, Marko Annala (Mokoma), Marko Kantola (Nightingales), Markus Euren & Marko Tarvonen (Moonsorrow), Markus Tukia (Barefoot Brothers), Martti ja Pantse Syrjä (Eppu Normaali), Martti Servo, Matti Mikkola (Saimaa), Mia Kosunen (Voice of Humppa 2016), Miika Söderholm (Pojat), Mika Jussila (Finnvox), Mikko Huusko (Karkkiautomaatti), Mikko Kaakkuriniemi (Von Hertzen Brothers), Mikko Karmila, Mikko Von Herzen (Von Herzen Brothers), Milla Palovaara (Go Go Gods), Mirel Wagner, Noora Louhimo (Battle Beast), Olavi Uusivirta, Olli Krogerus & Timo Kämäräinen (Toot Toot), Olli-Matti Wahlström (CMX), Otra (Psychoplasma, Mana Mana), Pasi Heikura (Alivaltiosihteeri, Jahnukaiset), Paula Vesala, Pauli Hanhiniemi, Pave Maijanen (Royals, Rock’n Roll Band), Bazie & Timo-Timo (69 Eyes), Pedro Hietanen, Pekka Gröhn (J. Karjalainen), Pekko Käppi, Pelle Miljoona, Pentti Dassum (Deep Turtle), Pentti Ilola (Juliet Jonesin Sydän), Petteri Rajanti (Motelli Skronkle), Rane Raitsikka, Reckless Love, Riku Purtola (Klamydia), Safka Pekkonen (Slam, Hassisen Kone, Popeda), Sami Kuoppamäki (Kingston Wall, Anssi Tikanmäki Orchestra), Samu Haber (Sunrise Avenue), Samuli Laiho (Hearthill), Samuli Putro, Samy Elbanna (Lost Society), Sepi Kumpulainen, Susan Aho (Värttinä), Swallow the Sun, Teemu Bergman (Pää kii, Juice Normaali), Teho Majamäki, Tero-Petri Suovanen (Limonadi Elohopea), The Valkyrians, Thelo Ekow, Thonoslono (SMC Lähiörotat), Timo Kaukolampi (KXP), Timo Kotipelto (Stratovarius), Tokela (Melrose), Tommi Liimatta (Absoluuttinen Nollapiste), Tommi Lindell, Tommy Lindgren (Don Johnson Big Band, GC Caravan), Toni & Sipe (Apulanta), Tony Kakko (Sonata Arctica), Tuomas Prättälä, Unto Helo (Rytmihäiriö), Vesa Wahlroos (Ajattara), Ville Valo (HIM), Villu Tamme (J.M.K.E), Vilunki 300, Wallu Valpio, Wimme Saari, Yari, Ykä Järvinen (Freak-Ed) ja Ziggy Leppänen (Pääkköset).

このブログでおなじみなとこではHIMのVille Valo、NightwishのTuomas Holopainen とツアードラマーだった Kai Hahto 、Santa CruzのArchie (本名Arttu Kuosmanen)などなど名前があります。あ、NegativeのベーシストAnttiの名前もありますね。
このほかにここには発表されてないインターナショナルなアーティストもいるそうです。

アルバムのトラックリストはこちらなんですが、、、

1. Elanto
2. Humppamaa
3. Robotti humppa
4. Humppaan ilman housuja
5. Humppaprinsessa
6. Humppakanavahumppa
7. Humppapaini
8. Humppateltta
9. Humppa hallelujaa
10. Humppakeikka
11. Karannut humppa
12. Humppapeto
13. Karjala
14. Humppavitsaus
15. Pilattu humppa
16. Humpan hinta
17. Humppasissi
18. Varakas mummo
19. Onneksi sentään on humppaa

上記SOUNDIの記事内にこの収録曲のオリジナル曲がでてました。

Eläkeläiset Humppa Of Finland original

なので替え歌じゃないのかと思います。
なぜReckless Loveはシングルにもなってない曲なのか?不思議ですが、知ってる曲もけっこうあるので、どんな替え歌になってるのかきいてみたい気がします。

ちなみにこのバンド名Eläkeläiset(エラケライセット)とは、定年退職して年金生活をしている人たちのことです。

【追加】こちらのニュースによると、ゲストの皆さんはトライアングルを鳴らしているそうです。

リストに名前がないけど、Reckless Loveも参加してたようですね。




テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland Eläkeläiset HUMPPA OF FINLAND Ville Valo Tuomas Holopainen

【編集】 |  14:16 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.04/16(Sun)

The OHO ☆ デビューアルバム『Shakespeares And Waterfalls』発売! 



フィンランドフェストで来日もしたことのあるCarmen Grayを覚えてますか?
そのCarmen Garyの3人のメンバーがいるThe OHO (ザ・オホ)からデビューアルバム『Shakespeares And Waterfalls』が発売になりました。

The OHO のメンバーは:
Lappe Holopainen(ラッペ・ホロパイネン) - リードヴォーカル&ギター
Pete Sirkiä(ペテ・シルキア) - ベース&バッキングヴォーカル
Reeo Tiiainen(レーオ・ティーアイネン)- ギター&バッキングヴォーカル
Juho Pääkkönen (ユホ・パーッコネン) - キーボード、バイオリン、バッキングヴォーカル
Rale Tiiainen (ラレ・ティーアイネン) - ドラム

こちらがそのデビューアルバム『Shakespeares And Waterfalls』!

    The OHO Cover Kansi Shakespeares And Waterfalls

Shakespeares And Waterfalls』 トラックリスト:
 1. The World Stopped Turning
 2. All My Life
 3. Lazy Afternoon
 4. Waterfalls
 5. I'm Alive
 6. Wizards Tale
 7. Unloved
 8. Mrs Extacy
 9. Getaway Train
 10. Simply Because I Love You

The OHOのデビューアルバム『Shakespeares and Waterfalls』はコンコルド・ミュージック・カンパニー(CONCORDE MUSIC COMPANYN)より2017年4月14日本国フィンランドで発売になった他、2017年5月5日インターナショナルに(イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、スイス、スウェーデン、エストニア、中国にて)発売される予定です。
The OHOは2013年に結成されたポップな色彩をもつロックバンド。

デビューアルバムはゆっくり時間をかけて制作され、最初の練習から今現在に至るまでずっとバンド内のケミストリーも曲もシンフォニーのようだった。プロデューサーはバンドメンバーの他に Haloo Helsinki,やThe 69 Eyesを手掛けたことでも知られるエルノ・ライティネン(Erno Laitinen)とMokoma,やStam1naなどを手掛けたヤンネ・サクサ(Janne Saksa)を迎え、アルバムの作詞作曲はヴォーカル‐ギタリストのラッペ・ホロパイネン(Lappe Holopainen)と兄弟のトンミ・ティッカによるものです。

The OHOのメンバーはこれまでにCarmen GrayやThe Black League といったバンドで世界をツアーしてきました。曲を作っている兄弟の2人ラッペとトンミは上記にあげたバンドの全曲に加え、これまで他のアーティストにも曲を提供してきました。

最新のミュージックビデオ「Lazy Afternoon」はこちらです。



とてもさわやか感のあるロックサウンドで、Carmen Garyを知ってる人なら、Lappeが曲を作っていただけあって、まさにCarmen Garyという感じもします。ぜひきいてみてください。

このデビューアルバムは日本のネットショップでも購入できます。ただいま予約受付中!

Amazon
タワーレコード
楽天ショップ

The OHO Semifinal 2016

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock The OHO Shakespeares And Waterfalls

【編集】 |  10:08 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
海外 音楽 北欧 ロック