FC2ブログ
2007.01/12(Fri)

Mzインタビュー☆Negative(2006年9月27日) 

           20070112001833.jpg

次に登場するMz現地インタビュー・バックナンバーはタンペレから世界に向けて大きく羽ばたきつつあるNegativeのインタビュー第4弾!
サードアルバム「Anorectic」の発売日だった2006年9月27日にヘルシンキのCDショップで行われたサイン会の前にJonne、Antti、Christusの3人が答えてくれました。


【More・・・】

JonneとLarryで9月に来日しましたが、プロモーションどうでしたか?
Jonne-とてもうまくいったと思うよ。

風邪を引いていたような事を聞きましたが。
Jonne-あぁ、そうなんだ。実はまだ治りきっていないんだ。

Larryには風邪うつりませんでしたか?
Jonne-大丈夫。Larryは病気になることなんてないんだ。(笑)普段から薬飲んで調整してるからね。

ニューアルバムからのリスニングパーティがあったと聞きましたが、会場に来ていた人達の反応はどうでしたか?
Jonne-カレントで行われたイベントだよね?たくさんのファンの人達が集まってくれて、気に入ってくれたんじゃないかと思うな。確か5曲か6曲かかったと思うんだ。来てくれてた人達が初めて聞いたのかどうかわからないけど、でも、気に入ってくれたように思えた。あの時はとってもワイルドな雰囲気だったんだ。Larryといっしょにソファーに座ってて、とにかくすごい人であちこちから写真撮られて、ほら、体調悪くて熱があったから「う~ん、何が起こってるんだ~?」ってなんだか不思議な気分だったんだ。でも、うまくいったと思ってる。

その来日のときに外出とかの時間はありましたか?
Jonne-うん。少しは時間あったよ。TV番組の取材で通りに出て洋服とかアクセサリーとか買ったり、ショッピングもできたんだ。そうそう、その時買った洋服があとで、その番組からファンにプレゼントになるはずだよ。3日間の短い滞在だったけど、うまくいったと思うんだ。またライブで再来日が決まったとこだよ。

日本のファンからたくさんプレゼントもらいましたか?
Jonne-あぁ、たくさんもらった。今回はホテルですべて中をあけてみて、包み紙とかはそこに置いて、プレゼントの中身だけ持って帰ったんだ。実はプレゼントを入れるために予備のバッグを持参していってたんだ。だからちゃんと飛行機で持って帰れたよ。日本のファンからはいつもたくさんプレゼントをもらうんだ。それもぬいぐるみとかじゃなくて、アクセサリーとか洋服とかとても実用的なものをね。
Christus-スカーフとか、あとガンズ・アンド・ローゼズのLPレコードとかビデオテープとかね。
Jonne-僕もガンズ・アンド・ローゼズのUse Your Illusionツアーの本をもらったよ。一般には発売されてないメディア用のオフィシャルな本で、LPレコード仕様で中にビオグラフィーとか載っててすばらしかった。

日本のTVに出演したときの映像とかを見たことはありますか?
Antti-この前来日した時、レコード会社の担当さんから僕達がサマー・ソニックに出演した時の映像を見せてもらったよ。2004年に出演した時の映像だよね。あと、日本のファンが僕達がTV出演した番組をDVDに録画して送ってくれたのも家にあってみたりしたよ。サマー・ソニックのは「Frozen To Lose It All」のライブ映像だったかな。他にもクラブでの映像もあったな。日本の映像ってすごくいいよ。カメラのアングルとかフィンランドと比べると上手に撮ってるように思えるんだ。少なくとも僕が見たものはね。

来月再来日が決まりましたね。決定がすごく急だったように思うんですが、それはいつ頃決まったことなんですか?
Jonne-2週間ぐらい前なんだ。プロモーションで来日中にそういう話は聞いてはいたんだけど、はっきりしたことが決まったのはそのあとなんだ。

来月出演する「LOUD PARK」というのは聞いた事がありましたか?
Jonne-確かそれって今回初めて開催されるんだよね?チケットの売れ行きはいいって聞いてるけど。
Antti-それってフェスなんだよね?他にどんなバンドが出演するか知ってる?

いやぁ~、それが覚えてないんですが、同じ日にChildren Of Bodomが出演する予定だったと思います。Negativeと同じステージに出演するバンド(SURVIVE・MUCC・THE BLAK DAHLIA MUDER・COCOBAT・LOYAL TO THE GRAVE)はここに書き上げてきたんですが、日本のバンドが多いみたいですね。知ってるバンドはありますか?(皆出演バンドのリストを覗き込む。)
全員そろって-う~ん、しらないな。
Antti-あっ、僕このHardcore Superstarって知ってるよ。すごくいいバンドだよ。
Jonne-このバンドは僕達とカップリング公演のほうでいっしょでフェスとは違うんじゃないのか?
Antti-あっ、そうかぁ。そうだったよなぁ。う~んと、僕達が最後に日本に行ったのはいつだっけ?2004年のサマー・ソニックだったかな?
Jonne-あれ?2005年にも行かなかったかな?行ったような気がするんだけど・・・。
Antti-えっ?そうだっけな?う~ん、思い出せない・・・。

確か2005年の冬に来日してますよ。ほら、仙台から福岡まで回ったじゃないですか?
Jonne-うん、そうそう!
Antti-あっ、そうだったな。思い出したよ。(笑)

そのカップリング公演が決まってるHardcore Superstarはこれまでに見たりとか会ったことはありますか?
Jonne-今年エストニアで同じフェスに出演したよ。
Antti-あと僕はヘルシンキで彼らのライブを見たことがあるんだ。2年ほど前にね。オーディエンスの1人としてね。ところで、Hardcore Superstarって日本では人気あるの?

はい。人気あると思います。そのHardcore Superstarとカップリング公演することについてはどう思いますか?
Jonne-とっても興味深いよ。
Christus-あぁ、僕も同感だよ。とっても待ち遠しいよ。
Antti-彼らはすごくロックン・ロールのスタイルというものを持ってるね。とってもハードなフィーリングを持ってるんだ。エストニアのフェス会場で少し話をすることができたんだけど、地にしっかり足がついてるすばらしいバンドだよ。カップリングでライブできるのをとても楽しみにしてるよ。

ところで、フィンランドではライブ開始の時間がたいていの場合かなり遅いですが、日本では早いですね。その辺のところは大丈夫ですか?
Jonne-大丈夫、大丈夫!ほら、日本とフィンランドには6時間の時差があるから僕にとっては、ちょうどいいんだ。外が暗くなってきたら本格的に目が覚めるタイプだから、たとえ朝から起きてても、実際に目がさめてエンジンがかかりはじめるのは始めるのは夕方になってからだったりするからね。

では最後にNegativeのニューアルバム「ANORECTIC」を買わなきゃいけない3つの理由をあげてください。
Christus-まず一つ目は、このアルバムでLarryがNäsineula(タンペレにある展望台タワー)で弾いたようなギターソロは、今までに世界中で誰もやったことがないってこと。どの曲でそのギターソロを弾いたかのヒントは「壊れたハート」!この曲では傷ついて壊れたハートのことを歌っているんだ。それがヒントだよ。ほら、最近はコードレスの時代だろ。月に行ってコードレスでギター弾くことだってできるようになるかもしれないし、それをこの展望台タワーで試してみたんだ。Larryは展望台のトップでソロを弾いたんだ。コードレスがそれを可能にしてくれたんだ。
それがどの曲だったかは今明かすことはできないけど、ヒントとしては「壊れたハートの歌」。それで、どの曲か想像してみてるといいよ。
Antti-2つ目の理由は、お金を払って手に入れるだけの価値があるすばらしいロックン・ロールの曲が詰まったアルバムであるってこと。それにプラスして言うと、僕が思うにアルバムジャケットがすばらしいってこと。このジャケットには皆で自分達のアイディアを出しあったんだ。その結果がうまく現れてると思うな。もちろん、この前のアルバムジャケットもよかったけど、これはそれ以上にいいと思うんだ。僕達みんな、このジャケットには満足してるんだ。
Christus-付け加えて言うと、今回のアルバムに入ってる曲の歌詞は自分達のこれまでの人生に実際に起こったことから来てるんだ。今までのアルバムよりもずっとストレートに歌詞にそれが現れてると思うな。
Jonne-僕達が今までに出した中でベストのアルバムといえるよ。
Antti-素敵なロックン・ロールの旅にでれるんだ。このアルバムをプレイヤーに入れて聞き始めるとサーカスのキャラバンに乗ってロックンロールの谷間をドライブする旅につれてってくれるんだ。
Jonne-それから、今までにロックを聴くことのなかった人に、ロック入門としてこのアルバムはとってもお勧めだ。
Christus-最後にもうひとつ付け加えると、このアルバムを聞いて僕達のことをもっと奥深く知ってもらえるってこと。ストレートな歌詞からも、僕達が人間的にどんなやつなのかってことがわかってもらえると思うな。
(フィンランド、ヘルシンキ 2006年9月27日)

今回は3人で答えてくれたこのインタビュー、最初はあまりしゃべらなかったChristusが最後のほうになっていきなりたくさん答えてくれてびっくり。しかし時間切れで用意しておいた質問を全部聞くことができなかったのはとっても残念。彼らはまだ昼食をとっていなかったようで、サイン会前に腹ごしらえに食事に出て行きました~。

さて、こちらに昨年12月21日にフィンランドのMTV3の朝の番組「Huomenta Suomi」に出演しているJonneの映像が観れます。
Jonneの髪の色に注目!でも、もしかしたら12月2日のライブにいった時にすでに髪の色かわってたかもしれません。写真をみたらなんとなくかわってるような・・・!?(すいませ~ん。気づくの遅い?)

Negativeオフィシャル
Negative My Space


スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  07:00 |  Moi Moi Suomirock ☆ 現地Interviews  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●うひょぉぉ

Antti2005年のライブ来日を忘れるなんて信じられな~いv-40まぁ他にもいろいろと廻ってるからしょうがないんでしょうが、悲しいですわv-12

でもJonneの新髪色はどうなんでしょうねぇ。私はあまり好きじゃありませんv-239
な~ちゃん | 2007.01.12(金) 15:02 | URL | コメント編集

●>な~ちゃんへ

このとき、最後に日本にいったのいつだっけ?といわれても私もすぐに答えが出てきませんでした。e-263
しばらく考えて、そうそう、仙台から福岡まで回ったのを思い出しました。きっとまわったのは覚えてても、それがサマソニの後だったのを忘れてたのかもしれませんよ。

Jonneの髪の色、この番組にでてた時に気がついたのですが、その前に12月初めに取材したときの写真をみると色がこのときもう違ってるような・・・。v-12ところが、そのときは違和感がなくて気がつきませんでした。e-263そのうち見慣れてくるんでは・・・?でもその前に染めるの面倒になって元に戻っちゃうでしょうかね?
Hiro | 2007.01.12(金) 21:32 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |