2009.12/11(Fri)

Apocalyptica ☆ ニューアルバムL.A.でレコーディング! 

          Apocalyptica promo

こちらフィンランドの音楽専門チャンネルThe Voiceのニュースによると、おとといレコード会社のPikkujoulu(クリスマスパーティ)でゴールドディスクを受賞したチェロメタルバンドApocalypticaのEiccaですが、その前日バンドメンバーはレコーディングしていたL.A.からフィンランドに帰国。ニューアルバム用にすでに2曲が完成しているとのこと。

このニューアルバムは有名なプロデューサーによるもので、そのプロデューサーの名前は年が明けてから公表とか。

2007年に発売になった前作”World Collide”にはSlipknotのCorey Taylor、Three Days GraceのAdam Gontier、RammsteinのTill Lindemannなどがゲスト出演。特にAdam Gontierがヴォーカルをつとめた”I Don't Care”はアメリカのラジオでヒット!
Eiccaの話によるとそのヒットにより次回作へのゲストはいままでより簡単に参加してもらうことができたとのこと。
ただしUSAではアルバムが発売になるまですべてが確実とはいえないのとそのゲストのマネージメント側からまだ許可がでてないためゲストの名前はまだ公表できないそうです。

そのApocalypticaのニューアルバムは来年の初めぐらいに完成の予定とのことでこちらもまた楽しみですね。

それにしてもThe 69 Eyes、HIM、Negativeに続きApocalypticaもL.A.でレコーディングとは最近フィンバンドにL.A.が人気のようですね。

Apocalyptica オフィシャル
Apocalyptica My Space
Apocalyptica オフィシャル Mobile Blog

ランキングに参加中。フィンロック普及を望まれる方クリックしていただけるとうれしいです。キートス!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  11:04 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック