FC2ブログ
2009.08/23(Sun)

Sunset Beach Party 1日目(Bloodpit、Popeda 他) ☆ Karkkila (2009年7月17日) 

    Bloodpit SBP 17.07.2009

フィンランドの夏はなんといってもフェス!ほぼ毎週末どこかでフェスが開催されている。
フィンランドの首都Helsinki(ヘルシンキ)から急行バスで1時間ほどいったとこにある人口9千人ほどの小さな町Karkkila(カルッキラ)でも毎年7月に今年で20周年をむかえる「Sunset Beach Party」フェスが開催されている。
このフェスにはこれまでにHanoi RocksやThe Rasmusなども出演したことがあり、この小さな町の夏の一大イベントのひとつともいえる。

数年前から2日間になったこの「Sunset Beach Party」フェス、今年は7月17日(金)18日(土)の2日間にわたって開催された。

初日7月17日の出演バンド

 HONEY HELLRAISER
 PINTANDWEFALL
 J. KARJALAINEN & V-M JÄRVENPÄÄ
 BLOODPIT
 POPEDA


といった顔ぶれ。
個人的に今年は近場のフェスがどうもいまいちで、この町内のフェスにBloodpitの名前があったのが唯一の救いであった。

ちょうど2年前にBloodpitはこのフェスに出演した。そして2曲を演奏した後ステージをおり、その後バンドは一時活動休止状態にはいった。そのとき、Bloodpitが再びこのフェスに出演することはないだろうとすごく悲しい気持ちになったのを今でもよく覚えている。
なので今年このフェスに出演のニュースを聞いたときにはものすごくうれしかった!

20時ごろ会場に到着。入り口のまわりには近くの芝生に座り込んで中にはいらず会場から聴こえてくる音楽だけ楽しんでるグループなどもいた。

【More・・・】

中に入り進んでいくとこの日のトリであるPopedaのバンドグッズのショップが目に付いた。

    Bloodpit SBP 17.07.2009

そしてステージではこの日2番手に登場のPINTANDWEFALLなる女性バンドが登場していた。

この日はBloodpitのインタビューをすることになっていて彼らの出番前に早めに捕まえてインタビューしていいということだったのでバックステージにはいってみると、
少し前に到着したようで機材をステージ横に運んでいるとこだった。
近づいていくとAnttiがすぐに気がついてくれ今でてる女性バンドが終わってからすることにしようということになった。

けっこうすぐにこの女性バンドの出番は終わり、去年の秋のOn The Rocksでのインタビューと同じAnttiとPaavoが答えてくれることになった。
次のバンドのサウンドチェック中はDJががんがん音楽をながすもので、町の中心部に用意された駐車場と会場の送迎用に使われているライトバンに乗り込んでインタビューとなった!
このインタビューまだの方はこちらからどうぞ!

インタビューが終わるとすぐぐらいにJ.Karjalainenがステージに登場した。
ゲストの男性シンガーをつれていて、ひとりがアコーディオンを弾きながらサウンドはカントリー調。ちょっと年配風の観客は一緒にダンスしたりそれなりに楽しんでいた。

    J.Karjalainen SBP 17.07.2009

そのあとはいよいよお待ちかねのBloodpitだ!
まずはAntti以外のメンバーがステージに登場して機材セッティングとサウンドチェックを。

予定の22時少し前に司会の2人のお兄ちゃんがでてきてBloodpitを紹介。まさか彼らをまたこのフェスでこんなに早く観ることができる日がやってくるなんて思ってもいなかっただけにステージに登場してきたメンバーをみてなんだか胸がじーんと熱くなった。

オープニングは前作からの“Off The Hooks”!Matthauがヴォーカルの頃の曲をきくとどうしても比べてしまう感じがした。
今まではどうしてもかなり違和感を感じてしまっていたが、最近はAnttiの声にもすっかりなれてきたせいかすんなり聴く事が出来た。
ニューアルバムからの曲はこのフェスに備えてかなりヘビロテで聴いていたのでそれらの曲のヴォーカルはAntti以外には考えられない。
そのAnttiはステージ前に身体を乗り出したり、ステージを左右によく動き回り手で観客を煽ったりとフロントマンの風格がしっかりでてきたように思う。

昨年5月にAnttiの前バンドのライブを観る機会があった。そのときには彼がBloodpitの新しいヴォーカルに決まったことなどまったく知らなかったが、正直言ってそのときのライブはあまり印象にのこらなかった。今の彼はステージでは独特のカリスマ性も感じられあのときのヴォーカリストとは思えない成長ぶりだ。

ギターの2人PaavoとPietuはおとなしめ。
ベースのAleksiは相変わらずすばしっこい。ステージで一番激しく動いている彼はシャッターチャンスが難しい。(笑)
普段はおっとり気味に見えるドラムのAlarikはドラムの前にすわると激しく一心にドラムを叩きつける。

3曲目が終わったあたりで、機材トラブル?とちょっと心配させるそぶりをみせたけど何事もなくライブ続行。
この日びっくりしたのは“Platitude”のイントロが聴こえて来たとき。
まさかこの曲をプレイするとは思わなかった。
後で聞いた話によるとやっぱり新メンバーになってこの曲をライブで演奏したのは今回がはじめてだったらしい。
この曲は私がBloodpitに興味をもつきっかけになった大好きな曲である。もちろんAnttiのヴォーカルもよかったけど、この曲はどうしてもMatthauのヴォーカルが恋しくなってしまう。
新譜からお気に入りの“For You To Be Safe”や“The Price To Pay””Bloodcurdling Dome”“Torpid”が生で聴けたのはうれしい。
パンク風な“Ode For The Killswitch”もライブでみるとこれがかっこいい。

本編が終わり、司会のお兄ちゃんがでてきたので、えーーこれで終わり?と思ったら
「まだ聴きたい?」との問いかけに歓声が上がる。
そしてメンバー再びステージに登場。やった!昨年秋に発売されたEP盤からの2曲を披露。
この日のライブがおわった。

新メンバーになってからみる3回目のライブだったが正直言ってサイコーにかっこよかった。
2年前のことを乗り越えてこうしてまたここの会場で彼らをみれたことはなんだかとても感慨深いものがあった。そしてなんだかじぃーーーんと感動した!

    Bloodpit SBP 17.07.2009

        Bloodpit SBP 17.07.2009

        Bloodpit SBP 17.07.2009

        Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

      Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

      Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

      Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

         Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

    Bloodpit SBP 17.07.2009

Bloodpit セットリスト
 1. Off The Hooks
 2. The Price To Pay
 3. The Beginning Of A Fire
 4. Bad Echo
 5. Torpid
 6. Ode For The Killswitch
 7. Platitude
 8. In Your Play
 9. For You To Be Safe
 10. Bloodcurdling Dome
 11. Rotten To The Core
 ~アンコール~
 12. Pink Turns To Blue
 13. Rewired

白夜のフィンランドの夏とはいえ7月もなかばにさしかかるとBloodpitが終わった23時ごろにはさすがにもう薄暗くなっていた。

    SBP 17.07.2009
     (会場から横の湖を眺めた風景。)

45分の休憩の後司会の兄ちゃんが再びステージに登場。
次に登場するのは?と問いかけると観客から「POPEDA!」と声が上がる。
みんなで何回かPopedaコールをしたもののまだ登場しない。一度静まり返った観客からもう一度Popedaコールがあがり始める。

そして聴こえてきたのはフィンランドの国歌だったと思う。
メンバーがステージに現れるとPopedaコールが歓声にかわる。

彼らは2007年に30周年をむかえたキャリアの長いベテランバンドだ。
今のメンバーには以前Hanoi Rocksにもいたギタリストのコスやドラマーのラクが加わっている。個人的に知ってる曲はあまりないのだけど、NegativeのJonneが提供した曲“Elän Itselleni”を聴けたのはうれしい。

フロントマンであるヴォーカルのPateはきらきらの派手なジャケットで登場!
さすがベテランの貫禄充分でお客をのせるのもうまい。
途中でジャケットを脱ぎ捨て、さらに途中で下に着ていた黒のシャツも脱ぎ捨て、最後は黒のタンクトップになった。

コスとラクはとっても楽しそうに演奏していた。
コスの横には扇風機が置かれていて髪が終始なびいていた。
ラクは途中でたってドラムスティックでバイオリンを弾く格好をしてみたり、スティックをくるくる回したりする姿はハノイ時代から想像がつくとおもいますが、2人ともとにかく楽しそうに演奏する姿がとても印象に残った。

本編のラストは彼らの曲でおなじみで夏にぴったりの“Kuuma kesä”(Hot Summer)!

彼らがステージから下りるとアンコールを求める声が飛ぶ。それにこたえて再びステージに登場!
アンコールではラクが席を空けコスがドラムを叩く姿も。

彼らの曲はフィンランド語。歌詞がフィンランド語の歌はフィンランド国内では強いということを改めて感じた。
観客が一体になって歌うあの一体感はすばらしものがあった。
はじめてみるPopedaだったがとっても楽しめた。

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

           Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

    Popeda SBP 17.07.2009

そして0時30分今年のSunset Beach Party 初日が終わった。

(Sunset Beach Party 2日目に続く。)


Sunset Beach Party 2日目 (Sturm Und Drang 他) & Sturm Und Drang ミニ・インタビュー

Sunset Beach Party

Bloodpit オフィシャル
Bloodpit MySpace
New Tape In Casette MySpace-Music
Recovering Gallery
Bloodpit-Last.fm
Bloodpit Twitter

Popeda オフィシャル
Popeda Täydelliset Miehet MySpace

ランキングに参加中。フィンロック普及を望まれる方クリックしていただけるとうれしいです。キートス!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  11:06 |  Bloodpit  | TB(0)  | CM(8) | Top↑

Comment

きゃあああああ~~~v-10v-238v-10
写真もいっぱいだ!POPEDAもBloodpitもたっぷりとありがとうございます!!!
POPEDAショップのお兄さん、フレンドリーで優しくて、ナイスガイです!
POPEDAのライヴでバンドメンバー紹介の際、必ずちゃんと紹介されて、観客はショップの方を振り向いて惜しみない拍手を送るのですが、この日も彼は紹介されてましたか~?
コスの前には、やはり大きな扇風機があったのですね!
パテさんはいつもお洒落で素敵v-10

POPEDAライヴのオープニングはフィンランド国歌で、スオマライネンの大合唱になって、盛り上がります!
君が代で始まる日本のライヴってあるのかな。。。

それにHiroさん、アレクシボタンのついたカメラ、手に入れたのですか?(笑)
アレクシがいっぱい写ってますね♪
私なんてアレクシの写真、1枚もないんですよv-12
アンプに腰掛けてベース弾いてるのなんか、足が揃っててめっちゃ可愛い!!

湖の風景も素敵です~!
えりこびっち | 2009.08.24(月) 17:36 | URL | コメント編集

>えりこびっちさん

写真楽しんでいただけたようでよかった!
この日のライブえりこびっちさんいたらもう大興奮だったことかと思います!e-266e-282

>この日も彼は紹介されてましたか~?

ショップのお兄さん、ナイスガイなんですね~!
それがショップは入り口のそばにあってステージはそこからかなり先で、ステージからショップは見えない位置でもあったので紹介はなかったように思います。

>やはり大きな扇風機があったのですね!

うふふ、髪がなびいてましたよ~!

>パテさんはいつもお洒落で素敵

最初の派手なジャケットといいベテランの貫禄のあるいでたちでした~!

>POPEDAライヴのオープニングはフィンランド国歌で、スオマライネンの大合唱になって、盛り上がります!

やっぱりそうだったんですね。あれ?これ国歌じゃないか?っておもったんですが、日本でライブのオープニングに君が代はきいたことないです・・・が、あるんかな?

>アレクシがいっぱい写ってますね♪

アレクシボタン、何枚かに活用できたみたいです。(笑)
実はぶれてるのもいっぱいあります。

>足が揃っててめっちゃ可愛い!!

なんかきっちりそろえてるとこが妙にかわいいですね!

>湖の風景も素敵です~!

湖のほとりというのがなんともGood!です。
Hiro | 2009.08.25(火) 09:10 | URL | コメント編集

Bloodpit&Popeda、えりこさんにとって最高の組み合わせですねv-218
そしてアレクシボタン、私のカメラにも欲しいです。
私の撮ったアレクシも、姿はとらえてるけど誰か分からんのですe-263

ほー、Popedaのオープニングはフィンランド国家で始まるんですね。
何回聴いても出だしのとこしか覚わらないんですが、
いつかフィンランド人と一緒にmaamme lauluを大合唱できるようになりたいです(笑)

私の好きなパンダも「Popedaみたいに息の長いバンドになりたい」って言ってましたが
国民から愛され、若手ミュージシャンからも目標にされるってスゴイ存在ですよね。
Popedaに続くバンドがどんどん出てくるように、いつまでも第一線で頑張っていただきたいですね。
NORIKO | 2009.08.25(火) 14:04 | URL | コメント編集

横レスすみません~。
NORIKOさんもアレクシ撮影にご苦労なさってますね!
ほんっとにビックリするくらいすばしっこいですもんねぇ!
アレクシボタン付きカメラが欲しいです(笑)!
えりこびっち | 2009.08.25(火) 18:34 | URL | コメント編集

>NORIKOさん

>えりこさんにとって最高の組み合わせですね

どこでもドアがあったらよかったのになぁ~。

>姿はとらえてるけど誰か分からんのです

アレクシボタン、Bloodpitをみにくる時には必要なボタンですわ!
シャッター押した瞬間に場所が移動してると手とかベースの一部しか写ってないこともあったりですもんね。

>何回聴いても出だしのとこしか覚わらないんですが、

私も歌詞までしらないですが、以前F1 みててフィン人ドライバーが優勝すると国歌が流れてきてそれでメロディを覚えました。(笑)

>国民から愛され、若手ミュージシャンからも目標にされるってスゴイ存在ですよね。

まずは30年以上続けるってことからしてすごいですよね。Pateさん、健康上大変なこともあったようですが、これからも第一線で続けていってほしいです。 それに続け!で若手バンドもがんばってほしいですね。
Hiro | 2009.08.25(火) 21:20 | URL | コメント編集

>えりこびっちさん

横レス遠慮なしにどうぞ~!

今度こっちにくるときにはアレクシボタンつきのカメラお忘れなく~!
でもその前に誰か開発して作ってくれないと~ですね。(笑)
どこでもドアもお願いしたいです。
Hiro | 2009.08.25(火) 21:23 | URL | コメント編集

再び失礼します。

>えりこびっちさん

個人的にはじっとしてないベーシストって大好きなんですけど
撮影者泣かせですよね。
アレクシは3月にタンペレで会ったときに好印象だったので
またお目にかかりたいですv-10


>Hiroさん

カメラに「キッズ&ペットモード」(すばしっこいものを写す時用のモード・笑)があるんですが、
この機能はアレクシに通用するのか…。
今度ブラピを見る機会があったら試してみたいと思います(笑)
NORIKO | 2009.08.26(水) 15:08 | URL | コメント編集

>NORIKOさん

>カメラに「キッズ&ペットモード」(すばしっこいものを写す時用のモード・笑)があるんですが

えぇ?そんなんがあるんですか?それはアレクシ撮影時に活用できそうですね。(笑)
今度お試しください!
Hiro | 2009.08.27(木) 09:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |