2008.11/19(Wed)

Moi Moi Suomirock インタビュー ☆ Carmen Gray (2008年9月25日) 

         Carmen Gray On The Rocks 25.09.2008

お天気のいい日が数日続いた9月の終わりヘルシンキの中央駅近くにあるOn The Rocksで待望のセカンドアルバム” Welcome To Grayland” を発売したばかりのCarmen Grayのライブがあった。
発売前に彼らのマイスペで1週間そのニューアルバムから全曲試聴できる期間があった。アップされてからさっそく聴いてみるとこれがすごくいい!バラード曲はより切なく、アップテンポの曲はキャッチャーで以前よりハードな仕上がり。ワイルドでロックンロールしててもメロディアスでどことなくメランコリー!これはまさに私好みのサウンド!ということでさっそく取材の申し込みをしこの日取材を受けてくれることになった。

当日彼らのニューアルバムをゲットして会場にいくと偶然にも入り口のテラスのとこにヴォーカルのNicklasがいた。いっしょに中にはいると他のメンバーはもうそろっていてマネージャーさんもやってきた。さてどこでしようかということになりステージ横の2階席にあがってみたがBGMがうるさくて聞こえにくいので前座のバンドにバックステージを空けてもらうことに。
移動する時Nicklasは荷物を持ってくれるなど彼はほんとに気がきく。
途中でさらに奥の通路に場所を移動することになるが、イスを運んでくれたりとサービス精神旺盛のメンバー。取材のほうも冗談が飛びかったりととっても楽しいものとなりました。

【More・・・】

バンドの調子はどうですか?
Nicklas とってもうまくいってる。きいてくれてありがとう!

あなた達のセカンドアルバム”Welcome To Grayland”は2週間ほど前にフィンランドで発売になりましたが、そのことについて話してもらえますか?
このアルバムの曲を作ったのはLappeとTommi Tikkaですよね?

Lappe あぁ、そうだよ。

このTommi Tikkaというのは誰なんですか?
Lappe あぁ、彼は僕のお兄さん。

あっ、そうだったんですか。前作の作詞作曲も2人がメインにしてましたよね?
Lappe うん。そうだよ。

ではLappeに聞きますが、このセカンドアルバムの曲は新しい曲ばかりなんですか?古い曲もはいってたりしますか?
Lappe 2曲ほど古い曲が入ってる。一つはLonely Heartless Avenueでもう1曲はDreams。どちらとも5年ぐらい前の曲かな。作曲がね。
Nicklas そう。ちょうど5年ほど前の曲なんだ。以前自費でDreamsが収録されてるEP盤を作ったんだ。それが2004年のことなんだ。そのEP盤がレコード契約をするきっかけとなったんだ。だからよく覚えてる。

そうだったんですね。じゃぁ、またLappeに聞きますが、曲はどうやって生まれてきますか?
Lappe どこからでも生まれてくる。この前も夜トイレに行きたくなって目が覚めたんだ。ところがそのあと目がさえて眠れないでいたら突然メロディが浮かんできて頭の中をぐるぐるかけめぐるから、ガールフレンドを起こさないようにドアをしめて、ギターをもって弾きながら携帯に録音したんだよ。他にもバスの中で浮かんできたり電車に乗ってる時に浮かんできたり、どこにいても浮かんでくるときには浮かんでくるんだ。

ではこのアルバムのタイトルはどこからつきましたか?
Lappe それは多分俺がつけたことになるのかな。レコード会社のヤンネにだいぶ前にこのタイトルを言ったらしいんだ。自分では覚えてなかったんだけどヤンネが覚えてて「アルバムのタイトルもう決まってるよ。」といわれて、「なんてタイトル?」ってきいたら「前に俺に言ったじゃないか。Welcome to Graylandだって」。俺が言ったタイトルらしいんだ。(笑)

このGraylandというのはCarmen Grayのことですよね?
Lappe うん。そう。

このアルバムジャケットの写真なんですが、なんでNicklasはこんな怖い顔してるんですか?
全員 (笑)
Nicklas えっ?そうみえる?(笑)ごめんごめん。これは俺のよい部分を見せてるんだ。(笑)

ってことは特にこういう顔をしたのに意味はないんですね?
Nicklas ないない。ほんとにそんなに怖い?とくに何も意味はないんだ。ごめん! ほんとに怖いかな?(笑)自分では怖い顔したわけじゃなくてシリアスな顔に少しだけ笑顔をいれたつもりだったんだけど。(笑)
Lappe きっとカメラマンが怖い顔してたから怖くてこういう顔になったんじゃないか?(笑)
Nicklas うん、そうそう。(笑)
誰かが なぜ下まで撮らなかったんだろうな。怖くておしっこちびってただろ。
Nicklas (爆笑)いや、カメラマンが裸の女性だったんだ。だからだよ。(笑)

じゃぁほんとのカメラマンは誰だったんですか?
Nicklas Ville Juurikkala(ヴィッレ ユーリッカラ)。彼はすごいカメラマンだよ。

セカンドアルバムの中の曲で”He’s Left To Fight this World Alone” って曲がありますが、他の曲とくらべてちょっと感じが違うんですが、この曲は誰が歌っているのですか?
Lappe 俺が歌ってる。
Nicklas おっ、そこに気がついてよかったよ!多くの音楽評論家だって気がつかなかったんだよ。

えっ、ほんとですか?
Nicklas うん。そうなんだよ。俺の声が急にかわちゃったと思ってるんだ。(笑)
Lappe 実はこの曲はフィンランドよりずっと日本に近い国でできた曲なんだ。ネパールにいるときにできた曲なんだ。3ヶ月ネパールにいたときにこの曲の原形ができたんだ。5年前にね。それからずっと俺が歌ってたから今回のアルバムでも自分で歌うのが自然な感じがしたんだ。俺が歌うと決めるのには勇気がいったと思うけど。(笑)

ではこのアルバムの中で今一番お気に入りなのはどの曲ですか?
Lappe “Sacrifice”。
Nicklas 俺はソフトな奴だから”Dreams”。
O.J. 俺は2つ好きな曲があるんだ。”My Sweet Desire”と”Going Wrong”。
J.J. う~ん・・・・”Honey Child”。
Pete “Honey Child”と”Sacrifice”。この2曲が今のお気に入り。

じゃぁこのアルバムを買わなきゃいけない3つの理由はなんですか?
Nicklas 内容が豊富。
Lappe このアルバムを開いたらまず最初っから最後まで聴かなきゃいけない。どんなサプライズが待ち受けているかわからないからね。
Nicklas うん。そうなんだ。最初の1、2曲だけ聴いたんじゃこのアルバムのよさはわからない。聴く人それぞれに何かを与えらるものがあると思うんだ。俺達のファーストアルバムもそうだったけど、今度のアルバムはそのときより経験もつんでるしもっと強さが現れてると思うんだ。髭だって生えてきたし。(笑)
Pete 僕の個人的な3つの理由は、グッド、ベターそしてベスト!うん。そうなんだ。
Lappe それからこのアルバムは俺達の心がストレートに表れてると思うんだ。そういうフィーリングでこのアルバムを作ったんだ。

では最初のアルバムとこのセカンドアルバムを作るときの大きな違いはどんなことでしたか?
Lappe セカンドアルバムを作る時にはファーストのときよりもっと時間を使ったしジャムとかもいっぱいしたな。それから俺達がレコーディングのときにどうやったらベストかっていうのがわかったんだ。ライブの時にどうやればいいかってのはわかってたんだけどライブで演奏するのとはまた違うしね。俺達のベストな部分を出すことに成功したと思ってる。
O.J. ファーストアルバムよりもっと俺達の切り札であるライブの雰囲気を出すことができたと思うんだ。
Pete 最初のアルバムは途切れ途切れに作った感じなんだ。数曲作って少し休憩、また数曲作って少し休憩ってね。今度のアルバムはTeropekka(テロペッカ)といっしょにつくった2曲をのぞけばまとまって作った感じなんだ。しばらくライブもいれてなかったからレコーディングに集中できる環境とフィーリングがあったんだ。少しライト効果もいれたりなんかして。
Lappe そう。キャンドルライト。
Nicklas ディスコライトも。(笑)
J.J. それから今回のアルバムは前作よりも自分達の意見が反映してると思うんだ。
Pete そうなんだ。プロデュースに前作よりも自分達の意見が多く取り入れられてるといえるな。

前作と今回のアルバムとT.T.Oksala(T.T.オクサラ)がプロデュースをしていますが彼を選んだのには理由がありますか?
Nicklas 彼は最高なんだ!
Pete T.T.は俺達と考える世界がいっしょなんだ。新しい試みも恐れずいろいろやってみたり、俺達のクレイジーなアイデアにも彼は興味をもってやってみたり、その反対で彼のクレイジーなアイデアに俺達も興味をもってやってみたりね。それに前作でいっしょにやってるからこのセカンドのときは彼のことをもっとよく知ってたし、T.T.は俺達のよい部分を引き出してくれるし、俺達も前作で彼のことを知ってるから彼の持ってるよい部分というのを俺達のアルバムに引き出すことができた思うんだ。このセカンドアルバムを彼なしで作ることは考えられなかったな。
Nicklas そのうちサードアルバムの製作に入ったときに彼がいなかったらと思うとちょっと怖い気もする。彼なしでは考えられないよ。
Lappe 彼は僕達より年上でビートルズとかいっしょに聴いたりしていつも聴いてる音楽とはまた全然違うインスピレーションを受けたりもあるし、彼が俺達のアルバムにかかわってくれたことは俺たちにとっては名誉でもあるんだ。
Nicklas そう。もしプロデューサーがもっと若い奴だったら聴く音楽もまったく違うと思うから俺達のアルバムもまたちがった影響を受けたとおもうし。
Pete それにT.T.とはただいっしょに仕事をしたってだけでなくてスタジオでいっしょにコーヒー飲んで、いっしょに馬鹿なこと言って笑ったりしたその雰囲気もきっとアルバムに現れてると思うな。

このアルバムは日本で11月26日に発売になりますが、ファーストアルバムは日本でどのように受け入れられたかなにか聞いていますか?
Pete とってもよく受け入れられたんじゃないかという印象を受けてるんだ。
O.J. それまで俺達のことは日本では何もしられてなかったわけだし、その状況を思うとよく受け入れられたんじゃないかと思うな。
Pete そう、俺たち突然日本に現れたわけだし、今回のセカンドアルバムも日本での発売が決まったしね。受けいられ方が悪かったらセカンドアルバムの発売はなかったかもしれないし。

フィンランドのThe Voiceのニュースで読んだんですが、あなたたちは日本に行くと決めたそうですね。たとえNicklasが車を売ることになっても。
全員 (笑)
Pete それがNicklasは車持ってないんだ。
全員 (爆笑)
Lappe なのでJ.J.が車売ることにしたんだ。(笑)この中ではJ.J.が一番お金もちなんだ。(笑)

え?Nicklasは車もってないんですね。
Nicklas うん。持ってないんだ。特に必要ないし。残念ながらね。
Pete 彼はもう車売っちゃったんだよ。ここOn The Rocksのライブに来るためにね。(笑)
Lappe なのに食事代までまわらなかったんだ。(笑)

じゃぁ、その次がJ.J.の番なんですね。
J.J. あぁ、そう。俺の番。(笑)
Pete でもほんとに俺達いつかぜったい日本に行くってみんなで話をしてるんだ。そのために力をいれてるんだ。いつかそのうちぜったい日本に現れるよ。ここからは遠い道のりで直行便の電車はないけど、シベリア経由があるしね。(笑)

前のインタビューで日本に行ったら相撲を観に行きたいと皆さん言ってましたが、もし行った時相撲のシーズンではなかったら他にどこかいきたいとこはありますか?
Lappe じゃぁ、自分達で相撲するか。(笑)で、相撲のシーズンっていつ?

う~ん、覚えてないんですが、何シーズンかあって毎日ずっとやってるわけではないです。
Nicklas じゃぁ、自分用に土俵をつくってセンセイを呼んで自分で相撲するよ。(笑)
Lappe それからF1があったら観にいきたいな。

F1だったら、じゃぁ秋ですね。では最近では日本からフィンランドにフィンランドのバンドのライブを観に来るファンが少しづつ増えてきていますが、お勧めの観光スポットとかバーとかレストランなどありますか?
Lappe Suomenlinna(スオメンリンナ)。
Pete 夏ならクルーズがいいよ。海から陸地を眺めて周りの小さな島とかも眺められるし。
Lappe あっ、Vaasaにいってみなきゃ。
Nicklas (笑)フィンランドで一番太陽が顔を出す場所なんだ。
Pete それからKannelmäki(カンネルマキ)にいってみなきゃ。(笑)俺達のホームタウン。
Lappe そこにあるKalteribaariがお勧め!カラオケバーで地元のミュージッシャンが集まるバーで俺達のお気に入りのバーなんだ。
Nicklas 他にも地元の重要な人たちが集まってくるよ。
Pete そこのバーでは俺達だけじゃなくて日本人に知られてる他のミュージッシャンを見かけることもできると思うよ。

例えば誰ですか?
Lappe それはいってからのお楽しみ!(笑)

じゃぁ、他にレストランとかお勧め料理とかありますか?
O.J. Britannia!
Nicklas レストランBritannia!それもKannelmäkiにあるんだ。
O.J. Kiviuuniピザ(石のオーブンで焼いたピザ)がお勧め!
Nicklas ちゃんと薪であたためたオーブンで焼いたピザなんだ。フィンランドではめずらしくてそういうピザが食べられるのってBritanniaの他にVirgin Oilもかな。
Lappe そうそう!Virgin Oilならライブも観れておいしく食事もできていいよ。ヘルシンキの中心街にあるし。
J.J. あとは街をぶらぶら探索してみるのもいいと思う。
Nicklas Vaasa出身の俺にもここはとってもきれいな街だと思う。

それではVaasaでおすすめなのは?
Nicklas Vaasaはきれいでサニーな街だよ。Vaasalandia(ヴァーサランド:遊園地)にTropiclandia(トロピックランド:プールなどのあるスパ)。それからVaasantori(マーケット市場)!
Pete それから湖のほとりのコテージ!夏ならどこかのコテージをレンタルしてサウナに入ったり湖にどぼんと飛び込んだり。それはフィンランドならではと思し必ず試してみるべきだよ。
Lappe もしレンタルが無理だったらO.J.が招待するよ。

そういえばO.J.はIkkala(イッカラ)のあたりにコテージがあるって言ってましたよね?
O.J. 以前はIkkalaにあったんだけど、今はForssa(フォルッサ)からもうちょっと行ったとこのPunkalaidun(プンカライドゥン)ってとこにあるんだ。グリルとサウナを暖めて待ってるよ。(笑)

それはいいですね。では最後に日本のファンにメッセージをもらえますか?
Lappe 俺達まだ日本には行ったことないけど、日本のファンは世界一だと信じてる。できるだけ早いうちに日本に行くことを約束する!

(2008年9月25日 ヘルシンキ)


Carmen Gray
Nicklas (vo)、Lappe(g)、Pete(b)、J.J.(Key)、O.J.(d)

   Carmen Gray kansi Welcome To Grayland

Carmen Grayが誕生する前、Lappe、JJそしてPeteの3人は「Jerkem」という名前でバンドを組んでいた。
2000年に今のリードボーカルNicklas Nymanが加わるまでは、仲間で集まって演奏して楽しむぐらいのものであったが、Nicklas加入をきっかけにプロとしての方向に進んでいくことになる。
2003年1月にドラムのO.J.が加入し現在のメンバーがそろう。
フィンランドのポップ・ロックシーンのマネージメントで長い歴史をもつPeter Kokljuschk氏が2004年11月にこのバンドを見つけ出したのが彼らのメジャー・シーンへの進出のきっかけとなる。
2005年春Sony/BMGとレコード契約を結び2006年9月にデビューアルバム“The Portrait of Carmen Gray” を発売。
シングルとなった“Lost In My Mind Again” と “Color Blind” はフィンランドのナショナル・シングルチャート3位と14位にランク・イン。
2007年8月22日デビューアルバム“The Portrait of Carmen Gray”日本で発売。
2008年9月10日、ファーストアルバムと同じくT.T.Oksalaをプロデューサーに迎えて完成したセカンドアルバム” Welcom To Grayland”(写真上) フィンランドで発売。
このアルバムの日本発売は11月26日!

このアルバムからのファーストシングル"At The End Of The Rainbow"のPVはこちらから。
セカンドシングル"Sacrifice"のPVはこちらから。要チェック!

Carmen Gray オフィシャル
Carmen Gray My Space

ブログ・ランキングに参加中。フィンロックの普及を願う方ワンクリックお願いします。キートス!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  14:08 |  Carmen Gray  | TB(0)  | CM(20) | Top↑
カウンター

Comment

和気あいあいの雰囲気で、すごく楽しいインタビュー!!
バンドの状態がすごくいいのがわかります!
プロデューサーとの相性もとてもいいみたいですね。
ジャケット写真のニクラス君の顔、けして怖い顔したつもりはなかったのですね~。
きっと、ちょっとニヒルに微笑んでみたんでしょうね。かわいいv-10
フォトグラファーはあのVille先生なんですね!
ほんとに彼はすごいなぁ~。

ニクラス君が車を売って日本行きの費用にするっていうのは、車を持ってないことを知ってるメンバーには大ウケするジョークだったのですね!

ところでKannelmäkiってどのあたりですか??
調べてみたらHelsinkiのKannelmäki図書館が引っ掛かるんですが・・・。
彼らお勧めのbaariにも行ってみたいですv-238

彼らが日本に来るのもそう遠い日ではなさそうですね!
楽しみです~!!
えりこびっち | 2008.11.19(水) 20:04 | URL | コメント編集

>えりこびっちさん

メンバーみんな気さくなので和気あいあいの雰囲気の中で取材できました。
プロデューサーをとっても信頼してる感じしましたよ。

>ジャケット写真のニクラス君の顔、けして怖い顔したつもりはなかったのですね~。

うふふ、そうだったみたいですね。怖い顔といったらとってもびっくりしてました。ニヒルな顔といわれてみれば、そうみえないこともないですよね。
写真家Villeがんばってますね~!

>車を持ってないことを知ってるメンバーには大ウケするジョークだったのですね

そうみたいですね~。でもJ.J.が売ってくれるそうです。(笑)

>ところでKannelmäkiってどのあたりですか??

確かヘルシンキから電車で15分ぐらいのとこです。次回の旅行プランにどうですか?そこのバーどんな人がくるのか気になりますね。。。

>彼らが日本に来るのもそう遠い日ではなさそうですね!

ほんとにすごく行く気満々なので早く実現するといいなぁ~。
Hiro | 2008.11.20(木) 09:13 | URL | コメント編集

来週にはこの「シリアスな顔に少しだけ笑顔をいれたつもり」のCDが
手に入る思うとv-344
じっ~くり写真を観察してみますv-290

「He’s Left To Fight this World Alone」は注意して聴かないといけませんね♪
26日が楽しみですv-341
 | 2008.11.20(木) 10:14 | URL | コメント編集

>響さん

いよいよ来週です!
もう買ったらじっくり観察してみてね!
でも中の写真は怖くないんで安心です!(笑)

>「He’s Left To Fight this World Alone」は注意して聴かないといけませんね♪

この曲他の曲とはちょっと感じが違ってるのでどの曲かタイトルみなくてもわかると思いますよ~。声も完全に違うし・・・。
アルバム全体じっくり聴いてみてくださいね~!
Hiro | 2008.11.20(木) 10:20 | URL | コメント編集

●SACRIFICE

お疲れ様。とても楽しいインタービュありがとう。へえ、カンネルマキにそんなとこあったか?今度友達に聞いてみよ。ほら、ヒロさん、彼女、バービーの発言の。。。彼女そこにすんでいるよ。前も言ってたでしょう、ライブの時、うちにも来てって。今度いきましょう。
えりこさんも早くフィンランド来たら、いきましょう。電車でならすぐですよ。

ニクラスやっぱりスエ語出身か、ね、今度、ニクラスにスエ語関係の事も聞いてくれる?とても興味あるの、実は。。。そういうダブル言語で育った人達の事。
ニクラス君楽しそうな人だね。。。SACRIFICEは最高ですな。まじで、IDOLSで歌われたけど、あれ。。。終ってましたが。。。ハハハ。
またライブ是非いこう。
Mao | 2008.11.20(木) 20:17 | URL | コメント編集

>Maoちゃん

このインタビューすごく楽しかった。それが読む人にも伝わってくれたらうれしいな。
そうそう、あのバービー発言のお友達カンネルマキに住んでるんでしたね!
彼女に聞いたらわかるかも。
また冬頃あそこのKanneltaloでライブあるかも?
あの会場ちょっと・・・・だけど、彼女もさそってみんなで行きましょ!

そう、ニクラスVaasa出身だからスウェ語もいけるはず。今度まおちゃん彼に会った時きいてみたら?いろいろはなしてくれるかも。
ニクラス楽しい。彼はとってもざっくばらんな感じ。気もきくしおまけにかっこいい!
Sacrificeすっごいいいでしょ!この曲私ものすごい回数聴いてる。(笑)
いや~ちょっとあのIdolsのはがっかりよぉ。
歌う人によってこんなに違うものだとはねぇ・・・・。
そう、今度こそ彼らのライブいっしょにいこうね!
Hiro | 2008.11.20(木) 21:44 | URL | コメント編集

●Sacrifice and Barbie !

これは、あの写真の時のものね?分かるよ、とても楽しかったでしょう。フフフ。私もすっごい嬉しいよ。
バービー発言の彼女も絶対来るよ。けど、彼女は、鑑賞している所がほら、違うから。。。なんせ、アリオの時もそうだったから。
いきたいいきたい。是非いきたい。

スエ語いけるでしょう。。。名前もだって、スエ系だしね。
実は、息子の名前候補にNIKLASも入ってた。すっごいかわいい感じやん。
えええ?今度聞いたら?ってあなた、私そんな度胸ありません。
ヒロさんがいたら心強いから、いてね。是非ライブ誘ってね。

先週のIDOLSにアリオが会場に来てたとIDOLSで働いている友達が言ってた。ハハッハ。彼も興味ないと言いつつ、見てる。ハハハ。
またね。
Mao | 2008.11.20(木) 22:32 | URL | コメント編集

>Maoちゃん

そうそう。この写真あのときのものよ~。いや、ほんとに楽しかった!みんなすごいいい人。
バービー発言の彼女ぜったい来る?近くだったら便利よね。
そうですね~、彼女は観賞してるとこが確かに違う・・・。(笑)上は脱がないと思うがダボダボではないから観賞に耐えられるかもよ!
ぜひ行きましょ!

きゃぁ~ニクラスが名前の候補に入ってたの?うん。かわいいひびき!私も今だったらこの名前にしてたかも。(笑)

>私そんな度胸ありません。

そう?度胸ない?
彼はとってもざっくばらんな感じだから大丈夫よ。でももちろん横にいます。(笑)
次のライブ楽しみ~!

>先週のIDOLSにアリオが会場に来てたとIDOLSで働いている友達が言ってた

え~~~来てたの?興味ないって、みないって言ってたはずだと思うが・・・。やっぱり気になったのかも。(笑)
Hiro | 2008.11.21(金) 00:23 | URL | コメント編集

ひろさん。。。気が小さいです。ひろさん、良くわかっているでしょう。。。アリオの時で、わかっているでしょう。。。ハハハ。
先日のUNIは、ドラアキさんもヒロさんもいたし、あと、何よりあれだけの笑顔があると、結構私、リラックスする。と言うか、あれだけニコニコしているメンバー見るのは、マジで初めてですわ。
アリオのサイト、また記事をアップした。また遊びに行ってね。
IDOLSに行ってたアリオだけど、きっと彼女と一緒だったんとちゃう?ほら、彼女もIDOLS関係でしょう。。。アプランタの人が結構アリオをボロクソに言ってたと聞いたけど、そうだったの?私、20時からと思って、最初の30分逃したのよ。
MAO | 2008.11.21(金) 10:10 | URL | コメント編集

>MAOちゃん

そういえば一番最初にいっしょに行ったアリオのときは・・・。
この間のUniは楽しかったよね。おなかはすいてたけどあの笑顔は素敵だった!

そっか、そっか。彼女Idols関係だったよね。だから行ってたのかも。
私、先週のみてもうみるきなくなってみてないよ。あのToniさんがなんかいったの?まぁ、あの番組は審査員の毒舌も売り物のひとつだから気にしないほうがいいよ。
Uniの弟くんのほうはアンナ・カイサに投票しろって、The Voice のニュースでいってたらしいよ。アンナってどんな人だったかな?覚えてない。
そういえばこの番組の予選にでて合格したけど辞退したネガティブのギタリスト、ラリーの妹さんだったかな?デビューが決まったそうだよ。ヨンネのお兄ちゃんのレコ社から。。。

そうそう、そういえば明日のブラピのLahtiのライブ、会場が倒産かなんかしたらしい。ライブはキャンセル・・・。tommieさん、日本からせっかく行くのに・・・キャンセルのニュース伝わってるかな?

あっ、記事UPした?このあとおじゃまします!
Hiro | 2008.11.21(金) 11:23 | URL | コメント編集

●ガーン(笑)

何てこった、トホホ(;^^)
倒産かぁ。。どうしようもないですね(涙)

いや~Hiroさんありがとうございます!
キャンセル知らずにLahtiに行くとこでした!
感謝感謝です!

気を取り直して、(月)にOn The Rocks行ってきます♪
tommie666 | 2008.11.21(金) 16:12 | URL | コメント編集

久々のコメントです。
前回のインタビュも楽しかったけど、今回も最高に面白い(笑)!
ほんとにバンド内の状態の良さが伝わってくるよね。
そんなカルメンさんたちには、早く日本にライヴしに来てほしいんだけど。。
私もタンペレでは本当に楽しかった。みんな気さくで楽しい人達だったよね。
いや、ほんとに日本でもライヴ観たいなあ。
ワタシ両国国技館、案内するよ~(笑) 
MikaRamone | 2008.11.21(金) 16:31 | URL | コメント編集

CGの記事なのに脱線してすみません!
ブラピ、Lahtiキャンセルですか!!
せっかくtommieさんがアレクシボタンのついたデジカメをご持参されるのに!(ないない・笑)
Lahtiはとっても残念ですが、On The Rocks楽しんでくださいv-218
えりこびっち | 2008.11.21(金) 17:49 | URL | コメント編集

>tommie666さん

私も昨日の夜しってびっくり!
tommieさんに連絡のしようがなかったので、もしかしてみてくれるかな?とここのコメント欄に書いてみました。
しかし倒産とは・・・。今回は残念でしたね。

でもOn The Rocks楽しんできてくださいね。

・・・と書いてさっきOn The Rocksチェックしたら
あちゃ・・・、ヘビー・クリスマスRaskasta Jouluaのプライベートパーティで21時から23時までは招待客のみとなってます。e-330
Hiro | 2008.11.21(金) 22:06 | URL | コメント編集

>Mika Ramoneさん

インタビュー記事楽しんでもらえてよかったです。
みんな日本行きたがっているので実現するといいね。
タンペレは楽しかった。彼らとってもフレンドリーでファンサービスもたっぷりだし。
日本のファンにも早く彼らのライブみてもらいたいです!
Hiro | 2008.11.21(金) 22:13 | URL | コメント編集

>えりこびっちさん

しかたないとはいえいきなりのブラピのキャンセル残念でしたよね。
ほんとせっかくアレクシボタンのデジカメ特別に用意してこられてたと思うのに。。。(もしかしたらあったかも?笑)

月曜日のOn The Rocks誰かな?と観てみたんですが、例のaRIちゃんたちのでるヘビークリスマスRaskasta Jouluaですが、これプライベートパーティになってます。
21時から23時までは招待状がないと入れないみたい・・・。e-330

PS.
上のインタビューにでてきたカンネルマキのパブで今日ムスタの名前がありました。
Hiro | 2008.11.21(金) 22:31 | URL | コメント編集

●ありゃりゃ(笑)

Hiroさん、えりこびっちさん

もう笑うっきゃないですね(失笑)

せっかくドラえもんにAleksiボタン作ってもらったのにぃ(だからないって?/笑)
えーん(ノд<。)Ravin先生の注射とサーモンクリームスープがぁぁぁ

観たかったライウ゛はUni→Bloodpit→Ariと3連発で逃げられました。トホホ(;^^)

こういうハプニングも旅の醍醐味と思ってポジティヴにいきたいと思います(^-^)

何だったらカルメンさん達のオススメ観光コース行って来たいと思います(笑)




tommie | 2008.11.22(土) 02:16 | URL | コメント編集

>tommieさん

ひゃぁ~もう今回のライブ計画・・・残念でしたね。
せっかくドラえもんにアレクシボタン作ってもらえたのに。
とりあえず次回までお預けですね。
Ravin先生の注射は今回無理ですが、サーモンクリームスープは他のレストランでも食べれると思うので試してみてください!

上のインタビューを参考にカルメンさんたちのお勧めコース楽しんでください。
明日、日曜日の正午からSenaatintori (Tuomiokirkko白い大聖堂の前の広場)でクリスマス・シーズンの家族向けのオープンイベントがあるみたいです。
明日は日曜日ですが、クリスマスシーズンなのでお店も正午から開いてると思います。
Hiro | 2008.11.22(土) 09:16 | URL | コメント編集

●遅くなりました~

この前仕事(バイト?)帰りに、携帯からこのインタビューを読んで、読み逃げしてました(^^;)

インタビュアーのHiroさんまでも楽しそうな雰囲気が伝わってきましたよ~。
このバンドも、メンバー同士がとっても仲がいいですよねぇ。
フレンドリーでとっても優しかったメンバーが思い出されます(^u^)
O.J.とNicklas、二人してお相撲さんが四股を踏む真似をしてくれましたよね~w

ニューアルバムはまだ手元に届いてないのですが、聴くのが本当に楽しみです!!
好きなバンドが新しいアルバムをリリースして、その成長を感じ取る事ができるのって、ものすごく嬉しいし幸せですよねv-238

それにしても、”He’s Left To Fight this World Alone” で違う人が歌ってるって気づかない方がおかしいと思うんですけどね~!
マイスペで聴いただけですが、それでも「あれ?これ、Nicklasじゃない人が歌ってる?」と思ったのに。
それすらわからない人に、アルバムのレビューなんて書くなんて、何を聴いて書いてるの?って思います。

CG、本当に来日して欲しいと思います!!
"Lost In My Mind Again"で盛り上がりたーい!!
そしてO.J.のあのパワフルなドラミングも、また生で聴きたい!

次回フィンランドへ行った時には、CGおすすめスポットに行きたいなぁ~。
えりこびっちさんと同じく、Kalteribaariには、ぜひとも行ってみたいです。

O.J.はコテージに招待してくれるかなぁ~(笑)
IKKO | 2008.12.02(火) 06:22 | URL | コメント編集

>IKKOちゃん

コメントありがとう!
読み逃げでも読んでもらえてたらうれしいです!
メンバーほんとにフレンドリーで取材も楽しくできました。

>O.J.とNicklas、二人してお相撲さんが四股を踏む真似をしてくれましたよね~

彼ら楽しい人たちですよね。この前のタンペレでもしてたし。よっぽど相撲がすきなんでしょうかねぇ?そういう日本の国技に興味を持ってくれてるってのはうれしいですよね。

>”He’s Left To Fight this World Alone” で違う人が歌ってるって気づかない方がおかしいと思うんですけどね~

でしょう~。あれ私もマイスペできいてあれ?これLappeかな?と思いましたもの。あの曲だけ感じがちがってたし。

>それすらわからない人に、アルバムのレビューなんて書くなんて、何を聴いて書いてるの?って思います。

ねー。そうですよね。あのレビュー書いてる人たち、アルバムほんとに最初から最後まで全部聴いてるんでしょうかねぇ?と私も思いましたわ。

>CG、本当に来日して欲しいと思います!!

本人達もすっごく日本に行きたいみたいなので来日早いうちに実現できるといいね~!
そしたら"Lost In My Mind Again”はぜったいやってくれると思います。
O.J.の生のドラミングをIKKOちゃんが早くまた観れる日がきますように!

>Kalteribaariには、ぜひとも行ってみたいです。

おぉ、カンネルマキまでいってみますか?どんな人が来てるのかも気になりますよね。ぜひいってみてください!

>O.J.はコテージに招待してくれるかなぁ~

言ったからには招待してもらいましょう!(笑)
Hiro | 2008.12.02(火) 11:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック