2008.04/11(Fri)

Ari Koivunen ☆ ヘルシンキ On The Rocks (2008年3月6日) 

      Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08

Finland Fest 2008で5月に初来日が決定したメタルなアイドルシンガーAri KoivunenのライブがヘルシンキのOn The Rocksで行われた。この日は日本からかけつけたファンも合わせ総勢15名の応援団が集合。
まずはヘルシンキにある日本レストラン歌舞伎でお食事会。次から次に出てくる日本料理を満喫しながら皆さん話しに花が咲く。フィンランドにいながらなんだか日本にいるみたいな感覚にとらわれた。(笑)そしてはちきれそうなお腹をかかえ、凍りついてつるつるの歩道を滑りそうになりながらも歩いて会場であるOn The Rocksへと向かった。


【More・・・】

中に入っていくと、1階にあったチケット売り場がない。
あれ???と思いながら地下の会場に降りていくとクロークのそばに売り場が移動してた。
この日の当日券は12ユーロで、クローク代は2ユーロ。荷物を預け時計を見ると22時40分ぐらい。日本の国旗も無事到着!(笑)

ショータイムの予定は23時だったので、日本から来た友達と2列目あたりを確保してドリンクを飲みながらおしゃべりしてたらBGMの音楽が小さくなってスモークがもくもく。
いよいよだ!バンドメンバーがステージに登場し始めると大きな歓声があがった。最後に彼らしいラフなスタイルでAriが登場!うぅぅ、しかし最初はライトがチカチカまぶしすぎてAriが逆光になりよく見えない。(苦笑)
そんな中、目をごしごししているとオープニングナンバーの「Don’t Try To Break Me」が聴こえてきた!
この日のライブは彼のデビューアルバムからの曲を中心に、新曲も2曲披露。新曲にもかかわらず観客はけっこうのって体を動かしていた。
この日のアリはよくおしゃべりしリラックスした感じ。途中で自分のパパに「ロンケロ2つ!」(注・ロンケロとはフィンランドのアルコール。)と注文。歌の途中に彼のパパがそのロンケロをステージにお届けする姿も。(笑)
Sonata ArcticaのTony Kakkoにささげると始まったのはTonyが提供した曲「Losing My Insanity」!カラオケチャンピオンでもありカバー曲もお得意のアリがこの日歌ったのはDeep Purpleの「Burn」で、まかせときな!という歌いっぷりだった。
この日の年齢制限は23歳から少しさげて20歳以上。今回は最前にけっこう年配の女性が陣どっていたせいか、Ariが前に出てきて歌っていても前回のように髪をさわってる人は見かけなかった。(笑)

本編が終わり、時計をみると、・・・えっ?まだ0時少し過ぎ。前回は2時間たっぷりあり最終のバスにのるため最後の曲で泣く泣く会場をあとにしたのだが、今回はそんな心配はいらなさそうだ。。。
と思っているうちにドラマーをのぞいたメンバーとAriが再びステージに登場。
素敵なバラード「Angels Are Calling」が聴こえてきた。
観客も手をあげ左右に揺らしながらいっしょに合唱。
「次に何を演奏しようか・・・?」と始まったのがRainbowの「Spotlight Kid」。実は私はしらない曲だったのだが、会場にきてたくわしい友達から教えてもらった。
メンバー紹介も入り最後に聴こえてきたのは「Hear My Call」だ。シングルにもなり大ヒットした曲だけに会場が沸きあがった!途中でステージから下りてきて観客をハグハグしていくアリ。アリの大ファンのPHIPHIさんもハグされてちょっと照れくさそう!
最後はメンバー一同ステージ前に並びお辞儀をしてこの日のライブ終了。
そのあとステージにのこってた水のペットボトルを最後に観客にむかってプレゼントしていた。

ただ前回が2時間たっぷりのライブだったからか今回は短くてちょっと物足りなさがのこった。
セカンドアルバムのレコーディングとあわせてライブ活動も平行している彼らだが、前回のときと比べるとその疲れがちょっとうかがえる感じもした。
それと今回ステージパフォーマンスでもう少しファンサービスがほしいと思った。
Idolsで優勝してバンドメンバーを集め、いきなりデビューとなった彼なので、まだ慣れないことも多いと思うが、優勝しただけある歌声!を彼は持っている。
この先どう成長していくか見守って行きたい。

さてアンコールが終わって時計を見ると0時半少し前!これなら最終のバスに余裕で間に合う!
友達と雑談してたらまたまたAgnes発見!ハグハグ!
そういえば、Ariのインタビューが載ってる「メタ通」を持ってきていたのだ。PHIPHIさんがアリパパとおしゃべりしていたので、アリパパに渡してもらおうと話かけると・・・
「アリはバックステージにいるからドアをノックして自分で渡しなさい。」
といわれたものの、そんな大胆なことしていいのかわかんなかったので、近くで別の友達と話しをしていたキーボードのViliに渡してもらうことにした。
そうこうしているうちに時計をみると0時50分ぐらい。ぎゃぁ~急がないと乗り遅れるぅぅぅ。
友達に急いで別れを告げ、信号無視(皆さんはしないでください。)でバスターミナルにダッシュ!
出発の数十秒前になんとかセーフ!

バスが出発しようとした時一人の男性が「このバスTurkuに行く?」と聞いてきた。
「行かないが、今すぐのればTurkuにいける。」とバスの運ちゃん。はてな???と思っていると、Turku行きは出たばっかりだが、どちらも空港経由なので空港でTurku行きに乗りかえできるという意味だったようで、空港でその男性は「料金はあっちのバスで払う。」と告げ降りていった。
うとうとしながらさらに1時間バスにゆられ寝過ごすこともなく3時前無事家に帰りつくことが出来ました。ふぅ~。

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

               Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

               Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

               Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

               Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

               Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

               Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 

          Ari Koivunen On the Rocks 06.03.08 


Ari Koivunen オフィシャル
Ari Koivunen MySpace
Ari Koivunen Japan Site
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

【編集】 |  11:30 |  Ari Koivunen  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
カウンター

Comment

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2008.04.11(金) 12:11 |  | コメント編集

>PHIPHIさん

なつかしいでしょ~。なんかここのところ忙しくてやっとこさUPできました。
昨年秋に観たライブがよかったからちょっと期待しすぎてたとこあったかもしれなねぇ。
まぁ、どのバンドにも調子よいときと悪い時あるからね。
ほんと、もうちょっと曲増やしてほしかったよね。
I Flyもいい曲だよね。
えっ?先週のライブも同じ曲順で同じ曲?(笑)
もう決まってるのかな?春のツアーで演奏する曲順って?そういえばこの日セットリストおいてなかったような気がしたけど・・・?
毎回同じで曲順とかみんな覚えてたりするのかな?

来週またあるよね。
先月Uni観に行った会場だったね。
あそこステージけっこう広いよ。
来週のはあのTikTakのヴォーカルの名前もあったけど、カヴァー曲演奏するの?
じゃぁ、曲目も違うし(笑)ぜひいって観てきてくだされ~。
Hiro | 2008.04.11(金) 12:27 | URL | コメント編集

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2008.04.11(金) 13:58 |  | コメント編集

なんか、もはや疲労?で、ルーティンワークと化してしまっているのでしょうか。。
ワタシは、やっぱりライヴそのものには、アレもコレも、ツッコミどころ満載だったわけで、今振り返ってもね…
まあ、期待しているよ、うん。。これから。

日本では、フェス以外にもなんかやってくれはったら嬉しいけど、まあほかにやらんでも、ちょっとでもゆっくりと、気分転換・息抜きできる時間があったら、イイね!

それと、…ちょっと、ヒロさん。。今気づいたが、Tシャツのシュミが、ちょっと、ヤバイよ。。?
…やっぱりなぁ。。
ミカラモーン | 2008.04.11(金) 18:01 | URL | コメント編集

>PHIPHIさん

えっ、もうアリくんのやることみえみえ?(笑)
いや、でもセットリストがずっと同じってのはびっくり。。。
まだ1枚しかアルバムでてない時期はあまり選曲の余地がないけど、シングルのBサイドの曲いれてみたり、せめて曲順ぐらい普通かえると思うんだけどなぁ。。。
アリくんならカヴァー曲だってお手のものなのになぁ。。。
それじゃ、何回も観に行ってるファンってもう次なに演奏するかわかるってわけ・・・?
この曲演奏したらもう終わりとか・・・?
え~、それにはちょっとびっくりだわ。。。
うん。Petraちゃんは歌とっても安定してる。TikTak解散して残念。
ところで、そのprincess princessってなに?日本のバンド?
来週のライブは普通のライブと選曲違うみたいだし(笑)、行ってきたら?Petraちゃんとのデュエットもありそうよね!
Hiro | 2008.04.11(金) 21:14 | URL | コメント編集

>ミカラモーンさん

セットリストがずっといっしょってのはびっくりしてしまいましたよ。

>ルーティンワークと化してしまっているのでしょうか。。

ほんとになぁ、なんかそれっぽくも。。。。?どうりでセットリストがおかれてなかったはず。

>ツッコミどころ満載だったわけで

やっぱりそうかぁ。もっと大きな会場だったり、野外だとライブ自体の感じがちょっと違ったかもしれないとは思うんだけどねぇ。。。
でもまぁ、これからの成長を期待しながら見守っていきましょ。

>気分転換・息抜きできる時間があったら

ほんとやね。今までかなりハードスケジュールだったみたいだからよけいに。
でもきっと日本はこっち以上にスケジュールびっしりだと思うが・・・。e-330
ヨンネなんかはじめてのだったか2回目の来日だったかのとき、スケジュールがもう分刻みで、くらっときて一瞬倒れたとかどっかのインタビューで語ってたよ。。。

>Tシャツのシュミが、ちょっと、ヤバイよ。。?

実は私も写真UPしててTシャツに気がついた。(遅いって!笑)
もらいもんかな?
Hiro | 2008.04.11(金) 22:39 | URL | コメント編集

日本人軍団が活躍(?)した日ですね!(笑)

同じ時間(?空間かな?)の話&写真だけど3人とも異なってておもしろいです♪
ARI君来日するときには元気になってくれてると期待してます。

運転手さんの対応フィンっぽくて微笑ましいですね(笑) でもTurkulへ着いたら草木も眠る丑三つ時???
 | 2008.04.14(月) 09:46 | URL | コメント編集

>響さん

日本人軍団いってきましたよ!(笑)

>3人とも異なってておもしろいです

見た人それぞれによって感じ方は違うと思うので、他の人のレポも面白いですよね。

アリくん、今現在超多忙なスケジュールではないかと思うのですが、来日までに何とかレコーディングも終えて、持ってる力を出し切れるといいですね。

その最終のバス、ふだんからあまりお客いなくて(苦笑)運転手さんもてもちぶたさ?
私が乗るバスは確かPori行きだったと思うんですが、空港からTurkuまで2時間ちょっとぐらいかかるのかな?朝の5時前後には到着するんでないかと思います。
Hiro | 2008.04.14(月) 10:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック