FC2ブログ
2006.11/05(Sun)

Mz☆インタビュー♪Uniklubi(2006年2月24日) 

             20061105004953.jpg

Mz現地インタビュー・バックナンバー第7弾はタンペレ出身、とってもメランコリーなハードロックバンドUniklubi
2006年2月24日Turku発1泊2日のSilja Europaクルーズ船上ライブがあり、その船上でJussi(写真中央)とAntti(写真左)がインタビューに答えてくれました。Pasi(写真右)も最後に顔をのぞかせてくれました。

さてJussiAntti、「日本」で思い浮かべるものは?もし女性だったらUniklubiのどのメンバーと付き合いたいか?などなど答えてくれています。


【More・・・】

あなた達のセカンドアルバム「Kehä」(ケハ-輪とかサークルの意味)が昨年秋に発売になり、すぐにゴールドディスクを獲得しましたね。そのアルバムについて語ってもらえますか?
Jussi-前回のアルバムに比べたら統一感があると思うな。演奏にも、もっと力が入ってきてるし、ギターのサウンドがぐっと前面に出てきてると思うよ。
Antti-それに付け加えて、ダーク色が濃くなってる。サウンド面ではよりハードになってるよ。ファーストアルバムではデビュー前に、Jussiが15歳ぐらいから20歳ぐらいまでの5年間に作った曲が寄せ集められてる感じだけど、このセカンドでは自分達の進んでいく道がはっきりしてきたのもあって、ダークでよりハードな仕上がりになったよ。
Jussi-あぁ、ロック色が増したね。それに、この1年ぐらいの間に書いた曲を集めたので統一感もでてきた。

デビューアルバムはプラチナディスクを獲得しましたね。このセカンドアルバム製作にあたってプレッシャーみたいなものはありましたか?
Jussi-ちょうどいい程度にプレッシャーがあったかな。(笑)もちろん自分達の見せ場でもあるし、自分達の実力を見せてやるぞ!って思ってたよ。
Antti-僕達はやれる!って自信があったし、自分達の曲にも自信があったし、プロデューサーやミキサーの人にも信頼があったし、そういう意味では特に大きなプレッシャーってのはなかったな。でも、反応がどうでるかちょっと緊張はしたかな。
Jussi-セカンドアルバムも、あともうちょっとでプラチナディスクってとこまでいってるんだ。

うれしいニュースが早くきけるといいですね。ところで曲を作る時、詩と曲どちらが先にでてきますか?
Jussi-手をとりながらいっしょに生まれてくるって感じだな。テーマを決めてピアノをひいてるうちにメロディーがでてきて・・・って感じかな。僕はまずテーマを決めるんだ。そうするとメロディーと歌詞がそれについてくるんだ。
Antti-僕はTeemu(ベーシスト)の曲の作り方を知ってるよ。彼の場合は先に曲ができて歌詞がついてくるって感じだよ。

ティーンの頃にはどんなバンドの音楽を聞いていましたか?
JussiApulanta(アプランタ←フィンランド語で歌うロックバンド)、それからマイケル・ジャクソン!最初に聞いた曲ってのは思い出せないんだけど、つぎつぎに彼のいろんな曲を聞いていったな。
Antti-僕はとにかくありとあらゆるパンクを聞いてたよ。大人のやつらにパンクを通じて自分の持ってるこ異なる意見ってのを見せつけてやりたかったんだ。それからだんだんと年とってくるにしたがって、聞くジャンルも広がってきたんだけどね。最初はパンクから始まって、最初に演奏してたのもパンクだったよ。

Uniklubiの前に組んでたバンドとかありますか?
Antti-僕は十以上のバンドにいたよ。多すぎてバンド名はいちいち覚えてないぐらいだよ。(笑)そのバンドの中には本気でシリアスにやってたバンドもあるんだ。とにかくいつもどこかのバンドで演奏してたよ。
Jussi-僕にとってはUniklubiが最初のバンドなんだ。その前にスクールバンドみたいなのはあったけどね。

あなた達の歌詞はフィンランド語ですが、これからもずっとフィンランド語で歌っていくつもりですか?
Jussi-これから先のことは誰もわからないけど、当分はずっとフィンランド語で歌っていくよ。フィンランド語の歌詞にはまだまだ奥深いものがあると思うんだ。これが自分達のやりかただし、今歌詞を英語に変えなきゃいけない理由もないと思うんだ。これからもフィンランド語で通していくと思うよ。
Antti-Uniklubiが英語で歌ったらUniklubiでなくなってしまうと思うんだ。Uniklubiはフィンランド語で歌うバンドなんだ。

この2月にHIM、The Rasmus、Negative がいっしょにヨーロッパツアーに出ましたね。もしUniklubiが誰か他のバンドといっしょに国外ツアーにでるとしたら、どんなバンドといっしょにでたいですか?
Jussi-う~ん、これは難しい質問だな。
Antti-そうだなぁ。今の質問に名前に上がったバンドならどのバンドといっしょでもすばらしいと思うよ。他にもそんなにビッグな名前のバンドでなくてもいいと思うな。
Jussi-いっしょでなくて自分達だけでツアーにでれたら、それが一番サイコーだと思うよ。(笑)

お金の心配をしなくてよいなら、どこに旅行に行きたいですか?
Jussi-少し前に2週間インドに行ってきたんだ。次に行くとしたらロスかな。そう!次回はロスに行こうと思ってるんだ。
Antti-僕はエジプトかな。ほらピラミッドとか見てみたいな。それから東南アジアなんかも興味あるな。タイとかに長期のホリディでいけるといいな。もちろん、日本や中国にも行って見たいけど、中国ってもすごく広いよね。広すぎて一体どこに行ったらいいのかわかんないぐらいだよ。
Jussi-僕はバンドとして日本に行って演奏できたらサイコーだと思うよ。聞いた話じゃ、日本の観客はすごいのりがいいんだってね。

「日本」という言葉を聞いて一番に思い浮かぶものは何ですか?
Jussi-うぅ~ん・・・ちょっと待って。(と考え込む。)
Antti-僕が一番に思い浮かべるのは「サムライ」だな。それだけじゃなくて、日本の歴史も思い浮かんでくるよ。
歴史にとても興味があってね、歴史の本をたくさん読んでるんだよ。一番最初に思い浮かんだのはそうだけど、現在の日本で思い浮かぶのはエレクトロニクス!(笑)
Jussi-僕はね、日本の女の子!ほら、スカートはいてパンクの格好してる女の子たちいるよね。髪の毛ピンクにしたりしてね。とっても決まってると思うんだ。

もしあなたが女性なら、Uniklubiのどのメンバーと付き合いたいと思いますか?
Antti-この質問には答えがすぐにでてきたよ。メンバーみんなの性格を知りつくしてるから、誰とも付き合ったりしないよ。(爆)
Jussi-同意見だな。う~ん、でも僕はみんなと付き合ってみるよ。(笑)ほら「The Bold And The Beatiful」(注・フィンランドで人気のアメリカのソープオペラ)みたいな感じでさぁ、ちょっとづつみんなと付き合うんだ。(笑)

それじゃぁ、もしあなたがダニだったら誰の枕に入り込みたいですか?
Jussi-世界中のあちこちの枕に入り込んじゃうよ。
Antti-メグ・ライアン!特に大ファンってわけでもないし、彼女の出演した映画がとっても好きだというわけでもないんだけどね。きれいな女性だと思うよ。

最後に今年の予定を教えてください。
Jussi-とにかくライブをいっぱいこなしていって、秋になったら新しい曲の練習なんかもはじめようと思うんだ。
年末にはね、なにかスペシャルなものを計画してるんだ。びっくりするような何かをね。残念ながら今はそれが何かは話せないんだけどね。
Antti-デビューアルバムが発売されてからというもの、がむしゃらにライブをこなしてきたからね、今回はとりあえず5月までライブをしてまわって、1ヶ月休暇をとって、夏になったらとにかく出来る限りのロックフェスに出演する予定なんだ。秋になったらしばらくライブ活動は休憩ってことになるかな。

今日はどうもありがとうございました。

(2006年2月24日 Turku-ストックホルム間Silja Europaにて。)

Uniklubiオフィシャル
Uniklubi My Space
スポンサーサイト



【編集】 |  07:29 |  Moi Moi Suomirock ☆ 現地Interviews  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

Hiroさん、こんにちはi-179
こちらには初めてのコメントです。

>Uniklubiのどのメンバーと付き合いたいと思いますか?

出た!この質問(笑)
本当に訊いちゃったんですねi-237
Jussiはなかなかの悪女になりそうですねぇi-235

>もしあなたがダニだったら誰の枕に入り込みたいですか?

この質問も可笑しい~!

Anttiはメグ・ライアンなんですね。
フィン人ミュージシャンでメグ・ライアン好きって多いんですかね?
他の誰かもメグ・ライアン好きって言ってたような気がします。

JussiはApulanta好きなんですね。私と同じi-189(笑)
フィン語で歌ってるのは彼らの影響も大きいんかな。

Uniklubiが日本に上陸する日はやってくるんでしょうか。
まだまだ先の話っぽいですよね…i-229
知られる機会さえあれば絶対人気出ると思うんですけど。

ところで、写真の真ん中はJussiですよね?
前に比べて痩せて見えますね。
megumi | 2006.11.05(日) 09:00 | URL | コメント編集

>megumiさん、

初コメントありがとうございます。e-68

>本当に訊いちゃったんですね
おもしろそうだったからほんとに聞いちゃいましたよ。

>Jussiはなかなかの悪女になりそうですねぇ
そうかもよ。Jussiってソープオペラ(昼メロ)こっそりみてたりして。i-229

このダニの質問はへサリのウィークリーマガジンのインタビューによく使われてるんで、聞いてみました。

>フィン人ミュージシャンでメグ・ライアン好きって多いんですかね?
他にも誰か好きってミュージシャンいましたか?
Anttiの「特に大ファン」でないと言い訳するとこがおもしろいとおもいませんか・・・?

Jussi、Apulanta好きみたいですよ。
何かのインタビューでも言ってました。歌詞がフィン語だし、影響もらってるとこあるんでしょうね。

日本上陸、フィン語だからなかなか難しいかもしれませんが、サウンドとか受けそうですよね。
5月のFinland Music Daysあたりいいと思うんですが。リクエスト送ってみたらどうでしょう???

この写真の真ん中Jussiですよ。彼、このときは少しやせてたかもしれません。v-221
Hiro | 2006.11.05(日) 09:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |