FC2ブログ
2007.08/06(Mon)

Myötätuulirock (Part4) ☆ Bleak、VHB、Timo Rautiainen、Apulanta (2007年6月17日) 

            20070806163856.jpg

AgnesのインタビューあとBleakのライブに駆け込んだ。
雨がさらにひどくなってきてカッパも傘も持ってはいたものの、傘は後ろの人の邪魔になってしまうだろうし、カッパを着るにしてもすでに濡れてしまった上に着るのは・・・と思い、そのまま雨の中ライブ観戦。
実はこのバンド、デビュー当時からなかなか気にいっていて、この日はじめてみる彼らのライブを楽しみにしていたのだ。

【More・・・】

スウェーデン人の女性シンガーAna Johnssonとデュエットしたフィンランド映画「Jadesoturi」のテーマ曲「Fate」はとても美しい曲でAnaがいなくてもライブで聴けて感動した。しかしとにかく寒くて震えながら観た。
「僕たちが野外ステージに立つといつも雨が降るんだよなぁ。そして終わると雨が上がるんだ。」
とボーカルのCalebが冗談ぽく言っていたが、彼らのライブが終わるとほんとに雨がやんだ。(笑)
雨の中寒さに震えながら観ることになったが、それなりに楽しむことができた。
          20070806165007.jpg

         20070806164838.jpg


そのあとPrivate Lineのインタビューへ。
テント付近に行き周りを見渡すとすぐにSammy発見。
ちょっと待ってて・・・とSammyが席をはずした時にCarmen GrayのNicklasが通りかかったので、当日のセットリストを聞いてみた。
するとバックステージパスの裏に書いてる・・・と見せてくれたが雨のためか消えかかっててよくわからない。
そこへSammyが戻ってきたのでNicklasにはまた後で・・・と、Private Lineのインタビューへ。
また少し雨が降ってきたのでテント内にはいったらEliazがまん前に座っていて2人で答えてくれることになった。
インタビューを無事終え、会場に戻るとVon Hertzen Brothersのライブが後半に差し掛かっていた。彼らのサウンドを聞いてるとやっぱり壮大なインドのイメージが浮かんできた。
          20070806170200.jpg

      20070806170112.jpg

            20070806170253.jpg

        20070806170334.jpg


そのあとでNicklasを探してみるが見つからない。そこへ、キーボードのJ.J.が通りかかったのでたずねてみるとNicklasは会場内を出歩いているんだろう・・・ということで、他のメンバーといっしょにその日のセットリストを思い出しながらドラマーのO.Jが紙に書き上げてくれた。感謝!
ライブはTimo Rautiainen、そしてApulantaと続いた。
Timo Rautiainenは以前Timo Rautiainen&Trio Niskalaukausで活動。歌詞がフィンランド語にもかかわらずドイツあたりのメタルファンには知られていたようだ。現在はソロで活動中。
            20070806171321.jpg

Apulantaは歌詞がフィンランド語で、フィンランド国内ではかなりの人気を持つロックバンドだ。フィンランドに住んでいればラジオなどで必ずといっていいほどながれてくるのでおなじみの曲も多い。
            20070806172003.jpg

       20070806172030.jpg

この2つのライブ、ちょこっとのぞきには行ったものの、この日雨にぬれてしまいとにかく寒い!ほんとに寒かった!
けっきょく最後はテント内でこの日のトリであるNegativeのライブに備えて待つことにした。

Myötätuulirock (Part1) ☆ Carmen Gray
Myötätuulirock (Part2)☆ Private Line
Myötätuulirock (Part3)☆ Agnes

Bleak オフィシャル
Bleak My Space
Von Hertzen Broters オフィシャル
Von Hertzen Brothers My Space
Timo Rautiainen オフィシャル
Timo Rautiainen My Space
Apulanta オフィシャル
Apulanta My Space
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  23:43 |  Von Hertzen Brothers  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |