FC2ブログ
2006.11/03(Fri)

Mz☆インタビュー♪Negative(2005年12月30日) 

              20061103001329.jpg

Mzインタビュー・バックナンバー第6弾はNegativeJonne Aaron
昨年(2005年)12月、ニューアルバム(Anorectic)製作中の話やヨーロッパツアーなどについて話してくれています。


【More・・・】

20061103001345.jpg

オフィシャルページを見ると今3rdアルバム製作のためにスタジオ入りしているとありますが、それは順調に進んでいますか?
 -今のところは順調にいっているよ。いつもスタジオ入りするとまず最初は順調に行くんだ。(笑)
今までのとこはほんとに順調にいってるとおもうよ。いつも問題がでてくるのはギターの録音が始まるときなんだ。町中までギターの2人を探し歩きにでなきゃならないからね。(笑)
Hollolaって田舎のPetraxってスタジオでレコーディングしてるんだ。Lahtiって町から30kmぐらい離れたとこにあるスタジオだよ。今までのとこ2週間スタジオに入っててね、いろいろ演奏したりして楽しかったよ。それにほら、時々わぁ~ってはめはずしたりもしてね。(笑)

夏のインタビューの時に新しい曲が5,6曲出来てると言っていましたが、秋の間にまた新しい曲はできましたか?
 -あぁ、もちろんできたよ。今現在も作ってるとこなんだ。まだすべての歌詞ができてるというわけではないんだ。

曲を作る時に最初にできるのは、曲のほうですか?それとも歌詞のほうですか?
 -曲のほう。歌詞は自分の経験から書くことが多いからいつも頭の中にはあるんだけどね。
僕たちの次のアルバムは今までの中で一番Negativeなアルバムになると思うよ。次のアルバムで僕たちの進む道がはっきり決まると思んだ。音楽性とかこれからどういう方向に進んでいくかといったようなね。
次のアルバムで3枚目になるし、たくさん演奏もこなして上達してきたし、歌のほうにも今まで以上に自信がついてきたしね。
とにかくもっとロックンロールしててヘビーなサウンドになりそうだよ。僕がNirvanaの大ファンだからそれをベースにしたような感じになるかもしれないな。うーーん、まだはじめたばかりなんで、最終的にどういうサウンドに仕上がるかを話すのは早すぎるかもしれないけど、今とってもいい気分でやってるよ。
新しいアルバムの製作中の名前があってね、Klasikko(クラシッコ←クラシックの意味)って呼んでるんだよ。もちろんアルバム発売時には別のタイトルがつくけどね。とりあえず今製作中につけてるアルバムのタイトルがKlasikkoなんだ。

スタジオでレコーディング中におもしろいことってなんですか?
 -うーーーん、そうだな。おもしろいことは常に起こってるよ。前回のアルバムも同じとこでレコーディングしたんだけどね、サウナもついてるし、朝食、昼食、夕食とすべてついてて大きなカントリーハウスみたいなとこでね、ちゃんとそういうことの世話をしてくれる人がいるんだ。だから自分たちで料理する必要もないし、歌詞を書いたりレコーディングに集中できるわけなんだ。
あっそれから、そこでフリーの時間に大きな4輪バイクにはじめて乗ったよ。ほらオジー・オズボーンが乗ってて転んで怪我したようなやつ。生まれて初めて乗ったんだ。それはとても楽しかったよ。
とにかく僕たちメンバーはお互いに気が知れてる兄弟みたいなもんだしね。時々は飲みすぎたりもしちゃうけどレコーディング中はみんなと結婚してるようなもんだよ。(笑)

反対につまんないとかたいくつなことはありますか?
 -うーーーーーんとね。(としばらく考えてから・・・)正直に、あえていえば、ドラム、ベース、ギター・・・とかから録音していって歌のパートが一番最後にくるからそれかな。それでもはじめから終わりまでみんないっしょにレコーディングには付き合うようにしてるんだ。ほかには思いつかないな。そうだ。一番退屈なのは僕たちのバンド名Negativeかもしれないな。(笑)

夏にヨーロッパでフェスに出演しましたね。それから秋にはドイツツアーがありましたね。現地での反応はどうでしたか?
 -正直びっくりしたよ。僕たちのことをたくさんの人が知っていてくれたんだ。
ヨーロッパでは僕たちのPVがMTVでよく流れてるようで、現地で発売になったシングル2枚もそこそこいいとこいったし、ヨーロッパではすでにHIMはよく知られていてすごい人気があるからHIMが僕たちほかのフィンランドのバンドにヨーロッパに進出していくドアを開いてくれたんだと思うよ。
現地での反応はすごくよかったよ。最初に出演したオープンフェスでは1万人を超える観客がいてね、僕たちがその日のメインアクトだったんだよ。オーディエンスの反応もよかったしね。
次のアルバムが発売されたら、日本、ヨーロッパ、そしてフィンランドをツアーする予定だよ。
これまではまだまとまった大きなツアーって感じはしなかったからね。今度はひとつのまとまった大きなツアーに出来たらいいなと思ってるんだ。
ドイツのオーディエンスはロックンロールをストレートに受け止めてくれるんだ。もちろん日本のオーディエンスもね。今から2月に予定されてるHIMとRasmusといっしょにまわるヨーロッパツアーが待ち遠しくてしかたがないんだ。

フィンランドの3つの人気あるバンドがいっしょにツアーするってすごくいいですね。それは誰のアイディアだったのですか?
 -Ville(HIMのフロントマンVille Valo)のアイディアだよ。Villeに電話したら彼が「こんなアイディアがあるんだけど?」って話してくれてね、「もちろん!」って即返事したよ。うまい具合にちょうどスケジュールも合ったしね。

このメンバーでフィンランド国内でツアーってことはありえますか?
 -うーん、ないと思うね。今回のまでだと思うよ。お互いのスケジュール調整が難しいと思うし、僕たちもアルバム完成しなきゃいけないしね。
昔はフィンランド人特有の成功した人にたいするねたみみたいなのがあって、バンド同士が競争しあってた時期があったと思うんだけど、最近ではそういうのがなくなってとてもすばらしいことだと思うんだ。これはどの国のバンドにも言えることだと思うんだけど、ひとつのバンドが国外で成功したら、そのバンドが出てきた国の他のバンドにも目が向けられるようになると思うんだ。
たとえば日本のバンドがヨーロッパで成功したとしたらほかの日本のバンドにも目が向けられるようになるかもしれないよね。
今ではフィンランドのバンドが他のフィンランドのバンドをサポートすることができるようになって、それはとてもすばらしいことだと思うよ。

ところで日本のバンドを何か知っていますか?
 - う~ん、あっ、Girlsってバンドいた?Ex-Girlsだったかな? 知ってる?

う~ん、知らないです。ごめんなさい。
ところで「Sweet & Deceitful」の限定盤がフィンランドで発売されましたね。その中に「Touchless」という未発表曲が入っていますが、その曲は新しく作った曲ですか?それとも昔作った曲ですか?
 -その曲は昔作った曲だよ。確か98年か99年ごろの曲だよ。今までの2枚のアルバムになぜか収録されないままになってたんで、じゃぁ今回いれてみよう!ってことになったんだよ。とってもきれいな曲だと思うよ。デモとかも作ってみたりしてたんだけどね、なぜか今までずっと日の目を見ないままに構想を練ってた感じで、今回やっとこの曲を収録できるチャンスがやってきたんだ。
日本ではすでに「ツアーエディション」って限定盤がでてるからね。今回はフィンランドの限定盤ってことになったんだ。

その曲は昔作った曲ということですが、自分で一番最初に作った曲は何だったか覚えていますか?
 -「God Likes Your Style」! 以前シングルに収録された曲がそうなんだ。(注・フィンランドで発売されたAbout My Sorrowのシングル盤に収録されています。)この曲は97年か98年のはじめごろに作った曲だったと思うよ。正確には覚えてないけどその頃に作った曲だよ。最初に作った頃とはだいぶ変わっちゃったけどね。出来立ての頃はね ♪ディ!ディ!ディーディ、ディディ!♪って感じでKissみたいな曲だったんだ。ドラムの音で始まったりしてね。

さて季節は今冬ですが、フィンランドの冬で何が一番? -う~ん、なんにも思いつかないよ。
(しばらくしてから・・・) あっ!クリスマス!それから・・・雪かな。寒いのは好きじゃないんだ。

今日はどうもありがとうございました。
(2005年12月30日 フィンランド、ヘルシンキにて。)

Negativeオフィシャル
Negative My Space
このブログ内Negative紹介
スポンサーサイト



【編集】 |  06:50 |  Moi Moi Suomirock ☆ 現地Interviews  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

おォ~i-189 そういえばこのインタビューの時はJonneまだ髪が長かったんですねi-179
でもギター2人は未だにダブルトラブルなんですね(笑) Larryはしっかりしるんだかなんだかよくわかりませんねぇi-229
でも私もGirlsってバンド知りませんi-202i-202
これから益々そのあまり好きではないとゆう長ぁ~い冬が来ますねi-181i-203 とりあえず今日はドイツでライヴとゆうことなので、ぜひとも頑張って欲しいですi-237i-185
paperi | 2006.11.03(金) 11:12 | URL | コメント編集

>Paperiさん、

この頃、Jonneまだ髪長かったですね~。なつかしい。i-179
ギタリスト2人はこれから!って肝心な時にいなくなっちゃったんでしょうかね。i-229
まぁ、無事レコーディング終わってよかったですね。ギターソロもばっちりはいってるし。i-236
Girlsってバンドは実際にいるのかどうか私もわかりません。なにか他のバンドとごっちゃになってるのかも?
そうです。ながぁ~い冬が始まったばかりです。i-181でも、ちょうど急に寒くなった時にドイツでうらやましい!ツアーがんばってきてほしいですね~。i-185
Hiro | 2006.11.03(金) 11:42 | URL | コメント編集

HIM、Rasmus、Negativeのツアーはすごいですね。見てみたい!

インタビューに出てきた日本のバンド、eX-Girlというバンドがいますよ。フィンランドでもアルバム出してツアーした経験があるそうです。でも本当は日本人じゃなくてケロケロ星人だそうですけど。
Ai | 2006.11.03(金) 13:15 | URL | コメント編集

>Aiさん、

HIM、The Rasmus、Negativeのツアー、豪華すぎますね~。またやってくれればいいのになぁ。

ex-Girlってバンド、実在するんですね。情報ありがとうございます。しかもフィンランドでアルバムだしてツアーまでしたことあるとは驚きです。
あっでも、日本人でなくてケロケロ星人なんですか?v-535v-535v-17
Hiro | 2006.11.03(金) 17:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |