FC2ブログ
2019.11/10(Sun)

Children Of BodomのAlexi Laiho バンド事実上解散の理由をヘルシンキ新聞に語る 

Alexi Laiho Semifinal 2019

先日Children Of Bodomから3人のメンバー、Henkka、Janne、Jaska脱退表明!脱退を発表した3人を含む現メンバーでの最後の公演を12月15日ヘルシンキのアイスホールで行うというショッキングなニュースが飛び込んできました。

それに続いて、脱退する3人が所有する会社AA & Sewira Consulting Oyが10月1日にバンド名Children Of Bodomの商標権をこのあと5年間獲得したニュースが流れ、これまたびっくりでしたが、そのことについて詳しくはこちらを。

Children Of Bodom からメンバー3人脱退!さらにびっくりなことが。

このあとAlexi Laihoはフィンランドの音楽雑誌SOUNDIのインタビューに答えてます。
そのインタビューの訳はこちらを。
Children Of Bodom メンバー3人脱退続報!

そのインタビューでは、1年ほど前に3人からすでに脱退の話が出ていたのにもかかわらず来年のTuskaメタルフェスに出演が発表されていたなど、なぞの部分もあったのですが、Alexi Laiho本人が誤解を生みたくないということで、ヘルシンキ新聞のインタビューに答えています。



気になる方も多いかと思うので、和訳してみます。

12月15日、現メンバーでの最後のCildren Of Bodomの公演がヘルシンキのアイスホールで行われます。
脱退する3人がバンド名の商標権を獲得、その3人はバンドを続ける意思が今のとこないようなので、Cildren Of Bodomはその公演をもって事実上解散になります。
このことについてはこう語っています。

「これは双方の同意で決めたことであって、お互いにプラスになるように俺たちは今やめる。俺は誰についても悪くいうなんてことはしたくない。」

ステートメントに書かれてたこと以外は話すつもりはなかったものの、その後で報道されたバンド名の商標権の話などで誤解を与えてしまったようなので、話をすることにしたようです。

「後の報道で俺がその会社とバンドからクビになった印象を与えてしまったように思える。そんなことはなかったのにだ。」

「去年の段階で、俺たち双方が3人が脱退することに同意していた。俺は脱退する3人について悪い感情は持ってない。彼らも俺に対してそうであることを願ってる。そうでなきゃ12月のツアーを一緒にすることはできないと思う。そのことからも俺たちの関係はいいってことがわかると思う。このメンバーでレジェンダの終わり方をする。」

アレキシはバンドから3人が同時に脱退というのは珍しいと認めると同時に4人が20年以上一緒にバンド活動やってきたとことも珍しいと。彼らとはいい仕事をしてきたが、それが終わることへの悲しみは認めないと。

「悲しみは後でやってくるかもしれない。それより新しいバンドについてエキサイトしていたい。思うに、最後のショーの後それなりの悲しい時期があり、それから反転して光を灯すんじゃないかと。」

もしバンド内ですでに去年3人がやめることに同意していたのに、なぜ来年のTuskaフェス出演が決まってたのか?についてはこう答えています。

「まだ来年末まで一緒にやる予定でいた。
その最初の予定は、3人が続ける元気がなくなったといった時に考えていた。彼らには家族が増えるなど、家族的な理由があった。彼らの決心を尊重する。そんなに簡単なことではないが、彼らは長いことやり遂げてきた。俺自身には妻と彼女の娘がオーストラリアに住んでいて、俺の妻は俺の人生のスタイルを理解してくれている。家を離れてることが多いが、いつも戻っていく。そして彼らにすべてを注ぐ。それ以上に重要なことはない。」

予定が変更になったのは秋のロシア公演の時だったそうです。

「俺たちはバンド内でよくケンカもした。その喧嘩の原因のほとんどが俺だったことは認めるよ。その喧嘩はいつも小さなささいな誤解から始まった。元妻とも同じような喧嘩をしたよ。」

ロシアでバンド内の意見が最悪に相違してしまい、バンドの物語はそこで終わってしまったかのように。そのほとぼりが冷めて、4人は最後のフィンランドツアーをやることに同意。

「俺たち一緒の終わりがそのロシアで起こらなくて幸いだった。そんなことにでもなってたらク〇だったよ。今俺たちはOKの仲で、一緒にフィンランドツアーをやって、つまらない喧嘩はやらないって決めた。」

脱退する3人が所有する会社がバンド名Children Of Bodomの商標権を獲得したことについては、

「その会社から抜ける時に、バンド名の権利を失うことはわかってた。脱退する3人は音楽を続けるつもりはないと俺は理解したんだが、それなのになぜバンド名がほしかったのかは理解できないが、ほしければ持っておけばいい。」

Children of Bodom のバンド名が使えないことがアレキシの計画を妨げることはなく、アレキシとダニエルはすでに新しいバンドの新ドラマーと新ベーシストを決めていて、キーボードは途中で、新バンドで来年春ぐらいにはライブを始める予定とのこと。

新しいバンドについては
「バンドのメンバーは変わるが、これはディザスタではない。俺が曲を書いてきたから、今後も曲を演奏できる権利は俺が持ってる。新メンバーのバンドはとても強力で、今より新しくフレッシュになるよ。」

というわけで、まとめると、3人の脱退はすでに去年決まっていて、当初の予定では来年末まで続けるつもりだったところ、秋のロシア公演で喧嘩になり、そこでバンドが解散してしまいそうになったものの、双方が落ち着いて考え、12月のツアーを行い脱退することに落ち着いたようですね。
脱退する3人がなぜ今になってバンド名の商標登録をしたのかはわからないものの、その会社をアレキシが抜ける時点で、バンド名の権利をなくすことはアレキシも承知していたようですね。
今後はアレキシはギタリストのダニエルとすでに新しいバンドを結成していて、キーボードが決まればメンバーもそろい、来年春ぐらいからライブ活動を続ける予定のようです。

脱退する3人も今は音楽活動はしないと思っていても気が変わることはあるかもしれないし、アレキシは新バンドで活動を続けていくということで、ファンにとって好きなバンドの解散はとてもつらいと思いますが、見守るしかないですね。

また何か情報が入ればこちらか、もしくはFBのもいもいフィンロックでお伝えします。
Facebookの方もどうぞよろしく。

トップの写真は今年8月ライブ会場で偶然見かけたときのアレキシです。ダニエルと一緒にいました。
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル Children Of Bodom チルボド ボドム アレキシ・ライホ Alexi

【編集】 |  17:00 |  Finnish bands紹介一覧表 ☆ A~Z  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |