FC2ブログ
2019.04/22(Mon)

Santa Cruz ☆ Archie Cruz インタビューいろいろまとめ 

Santa Cruz 2019 Promo

一人バンドに残ったArchie Cruz新メンバーPav Cruz (ギター)、Ero Cruz(ベース)、Toxy Cruz(ドラム)を迎え新しいスタートをきったSanta Cruzですが、新曲「Changing of Seasons」をリリース。
その新曲「Changing of Seasons」のリリックビデオも公開になりました。こちらです。



歌詞が、炎を通り抜け、地獄からよみがえる。壊れはしない。復讐の時が来た。、、、、君の裏切りはうんざりだ!とか脱退したメンバーにいってるんじゃないかと取れるような歌詞もあって、ちょっと複雑な気持ちになったり、、、ですが、同時に俺はなにがあっても負けない!成功してやるという意気込みにもとれます。

このシングル発売に合わせて、Archie がフィンランドのあちこちのメディアでインタビューを受けていたので、まとめてみたいと思います。

まずこちらはYleXのインタビューです。



昨年春にアメリカツアー中にバンドの他のメンバーJohnny、Middy、Tazzyが脱退した時の状況についてこう語っています。

シアトルでツアーバスから放り出され、他のメンバーがUSツアーキャンセルを決めた。さらにそのあと予定されていたすべてのライブもキャンセルになった。Archieには何が起こったのか、いまだによくわからず霧に包まれたようで、そのことはトラウマになっている。爆発を待っていた圧力鍋がUSツアー中に爆発したようだったと。

メンバーの間ではもう長いこと意見の相違があった。他のメンバーが違う方向に進みたがったり、ずっと不満があった。
バンドをやるには誰か一人リーダーがいるべきであり、新バンドではそのリーダーは自分だ。

バンドの脱退劇ではArchieの酒の飲みすぎが原因のようにされたが、ツアーに出る前に仕事に力を入れて、酒はほどほどにすることに決めていた。
Archieによると、ツアーバスにたくさんのロッカーたちが詰め込まれて、お互いのエゴがぶつかりあい、自分への対応が悪いと感じそれを容認できず不適切な対応をとってしまったのかもしれないと振り返っています。
そのあとは一時酒はやめ、今はほどほどにしているそうです。

昔知られているロックンロールライフと比べると今のロッカーたちは弱虫になった。ロックンロールの3原則なんて最高なのは2年ほどだ。それを超えたら手に負えなくなる。自分の管理をしっかりして、ロックスターでいるよりビジネスマンでいなきゃならない。

カムバックソングの「Changing of Seasons」はこれまでのSanta Cruzのサウンドよりメタルコアサウンドが強くなっている。
この変化は自然でもあるが、プロデューサーがDisturbedia や Five Finger Death Punchia などもプロデュースしたことのある Kane Churko だということもある。

目的はアメリカに戻り、途中になったことをひきついでいくことだ。秋にはアメリカに戻る予定で、アメリカのマーケティングを頭にいれ、次のアルバムはアメリカでラジオオンエアーされやすいようなモダンなハードロックアルバムになる。

それはもうフィンランドのバンドではなく、アメリカのラジオで普通にオンエアーされるアメリカのサウンドだ。

ニューアルバムはもう出来上がっていて秋に発売になる予定。曲も演奏もすべてArchieが一人でやり、新しいバンドはSanta Cruzがどんなバンドなのかがはっきりわかると。

Dave Grohl だって、Foo Fightersの最初のアルバムはソロで作ったし、Santa Cruzでは自分がバンドのリーダーであり、誰にもじゃまされることなく自分のビジョンでやっていきたいと語っています。心はもうアメリカのようです。

他にも3つインタビューが掲載されていたのですが、長くなるので、気になる方は続きを読む【More・・・】を開けて読んでください。

【More・・・】

こちらはフィンランド日刊紙Ilta Sanomatのインタビューです。



この記事でもなぜJonny、Middy、Tazzyが自らバンドを脱退することになったかについて語っています。
それは結婚みたいなもので、手の中で壊れてしまった。長年たまってたものがツアー中に爆発してしまった。
ツアーの途中のシアトルで普通の休日だったとこへ、意見が合わなくなり、他のメンバーは脱退、ツアーはキャンセルすると言い出した。その前にもベーシストのMiddyが喧嘩して手首骨折してツアーキャンセルの危機があった。それはOKではなかった。
彼らは彼らにない権力を使い始めたんだ。例えばライブをキャンセルとか彼らが決めることではない。なので俺は頭に来た。そしたら俺はツアーバスから放り出されたんだ。
しばらくその場で何が起こったのか考えてみて、その晩はシアトルのモーテルに泊った。そのあとNYへのフライトを予約し、そこで1週間過ごした後フィンランドに戻った。

この脱退について他のメンバーからArchieが責められたけど、マネージャーからコメントには答えないよう言われた。
すべての責任が俺にあるよう、悪者扱いされた気分になった。
その前数年、酒におぼれロッカーの人生に自分が支配されてたことは認めるが、そのせいでみんなにそうなったのはすべて俺の責任だと思われてしまった。
それまで明日はないような生活をしていた。それが続くと自分を大きく消費してしまうことになった。

フィンランドに帰国した後すぐにイタリアに飛び、そこで将来どうするかを考えた。
結果がどうなるか、半年間酒を飲むのをやめてみた。
多くのやつらから、俺がアル中で俺のせいでこうなったと責められた。なので、それは俺の責任じゃなく、酒におぼれたのは他の奴らだってことを証明してやりたかった。
それでパーソナルトレーナーをつけ、健康的な生活スタイルをするよう心がけたら、大きな変化が現れたことにすぐ気が付いた。
毎日パーソナルトレーナーとトレーニングをし、ヘルシーな食事を心がけ、内面の平和を見つけるようにした。

イタリアで目標を決めた。その一つが新メンバーでバンドを続けること。最初にギタリストとしてBrody DeRozie が加入したものの、すぐにPav Cruzに入れ替わった。その後でベースのEro Cruz、ドラムのTaxy Cruzが加入した。そして音楽のスタイルをラジオオンエアーされやすく、若いリスナーにうけるよう変えた。

元メンバーとは連絡が途切れたままだが、とれたからといってそれが役立つとは思えない。

アメリカ移住を今計画している。その時が来るまで、ヘルシンキのカラサタマに住みながら待つ。

大きな夢はSanta Cruzがアメリカでブレイクすることだ。それには時間がかかるだろうけど、時間と今はエネルギーもある。
子供のころからアメリカにあこがれてた。アメリカで人生を築き上げたい。
豪邸、カッコいい車、そして美しいワイフ。それが夢だ。

とのことです。

そしてこちらは別の日刊紙Iltalehtiのインタビューです。



このインタビューでもアメリカツアー中に何が起こったかを聞かれ話しています。
シアトルの空港近くにいたところ、自分たちのツアーバスから放り出され、他のメンバーからもうバンドメンバーじゃないといわれた。自分の家と安全が持っていかれたようでショックに陥った。一晩をモーテルで過ごし、翌日NYの友達のとこへ行った。その後はじめから始めるつもりでフィンランドに戻った。

USツアー中に起こったことは、驚きはしなかったと。
もう長いことよくない関係が続いてて、ツアーの途中で圧力鍋が爆発した。そこで起こったことはかなりトラウマになっていて、霧に包まれている。

皆の多くは酒がこうなった大きな原因だと思ってるようだが、それはあまり関係ない。酒を原因にするのは簡単なことだが、そのツアーではそんなに飲んではなかった。

もう長いこと音楽的な意見の相違でいつ、どこであろうとメンバー間の関係は悪化していた。

3度目のUSツアーにでるのは多分間違いだったと思う。もうその前のヨーロッパツアーで、この状態が続けば、続けることは無理だといっておいた。とはいえ、ツアーはもう決まっていたので、自分の仕事のモラルではキャンセルはできなかった。なのでツアーに出たんだ。

突然のクビは音楽業界ではよくあることだ。
でも俺の目標はメンバーをクビにすることではなかった。自分のまわりに小さな家族を作ろうとしたんだが、それは前のメンバーとは実現できなかった。

全てには何か意味があると思う。今現在はこれまでになかったぐらいうまくいってる。

オフィシャルには2007年にSanta Cruzはスタートしたがそれ以前もうずいぶん前、小学校の時に友達と一緒にパンクバンドを組んだのがそもそもの始まりだった。
最初の曲はフィンランド語だったが、英語を勉強してからは歌詞が英語に変わった。フィンランド語はあまり詩になる言語ではなく、英語の方が好きだった。

昨年他のメンバー脱退の後、まず新ギタリストBrody DeRozieを雇ったものの彼はあっけなくすぐに脱退した。
ロシア人のPavel からコンタクトがあり、自分はBrodyよりいい!といわれ彼のビデオをみたら、ほんとにそうだった。
自分のとこに週末招待しジャムセッションしてみたら、俺たちは同じバンドで演奏しなきゃいけないと実感した。Brodyはそれを察して抜けたんだ。

バンドを続けることがわかってからは他のプレイヤーからも直接コンタクトがあったものの、次のアルバムは自分で一人作りたかった。

その前は意見の相違から自分が作りたいように作れなかった。前はコントロールするプロデューサーがいたんだ。なので、次のアルバムはすべて自分で曲を作り、すべて自分で演奏すると決めた。そこから続けていくと。

なので夏の間デモを作り、プロデューサーにKane Churkonをみつけ、秋に3カ月ラスベガスにレコーディングに行った。
まず曲を作り、アルバムを作り上げた。そのあとで、Pavと一緒に誰をメンバーにするか考えた。俺には決まったドラマーがいたが、彼は新しい曲をプレイすることができなかったので、彼をクビにしざるをえなかったが俺たちは今でも良い友達だ。

Pavに加えてバンドにベーシストEemi ”Ero Cruz” Lamberg とドラマー Tuomas ”Toxy Cruz” Lehtonen が加わった。
この中でEemiは小学校の時一緒にバンドを結成した子供時代からの友達だ。新メンバーをアメリカに集め練習を始めた。

なぜならバンドは国外市場を目指してるからレコーディングはアメリカで行った。

アルバムは秋に発売になるが、先行シングルとしてこの春「Changing of Seasons」が発売になった。

Santa Cruzのサウンドは、ハードロックからグラムロックとまで言われてたりしていたけど、ニューアルバムはモダンなメタルになる。
これまでは過去のバンドたちにお辞儀をしていたが、ニューアルバムは自分のサウンドになる。が、ジャンル分けするなんて愚かなもので、してほしくはない。よいか悪いかだけで充分だ。

バンドの名前Santa CruzはArchieが所有しているが、これまでの曲は彼が所有してるというわけじゃないから、元メンバーが演奏したきゃしても問題はない。ただ元メンバーの予定は全く知らない。もしファンが望めば自分のライブでも昔の曲は演奏する。

バンドは結成してもう10年以上になるけど、まだブレイクしたとは言えないとArchie。

今は氷の表面をコンコンと叩いてる状態で、もし次のアルバムでブレイクできなかったら、その次のアルバムで試みる。基礎になることはたくさんやった。メタリカだってブレイクする前に5枚アルバムを出してるだろ。

とはいえ、以前のファンの中にはよく思わないやつもいると思うが、この新しいアルバムでは7倍もの新しいファンができると予言。

この夏いくつかのフェス出演のあと、8月にアメリカツアーが始まる。

自分は難しい人間だと認めるし、自分にも問題はあった。ただ問題解決方法が昔と今じゃ違う。昔は気に食わないことがあればウィスキーにたよっていたが、今はジムにいき、サンドバックをぶんなぐったり、トレーニングして解決する。

酒をきっぱりやめたわけではなく、ほどほどには飲むが、2人のパーソナルトレーナーがいて、低炭水化物の食事を心がけている。
目標はJared Letoだ。

音楽界は競争が激しく2週間ほど怠けていたら、誰かに自分の場所を奪い取られたりする。そのためには健康管理は大事だ。

Archieが気分良くなった理由の一つにはブロンド美人の影がある。
彼女の名前はDaylonで、モデルのサーファーだ。2016年のツアーで知り合い、コンタクトを取り始めた。
今では彼女と呼べる存在だとのこと。


そしてラジオ局Suomi Rockのインタビューにも答えてます。
FBのもいもいフィンロックに和訳をしておいたので、こちらで読んでみてください。



というわけでざっと訳してみました。

総合してみると、昨年春USツアー中に他のメンバーが脱退したのは、酒の問題よりもそれ以前からたまっていたバンドの音楽の意見の相違からすでに関係が悪くなっていたところへ、新しい相違が生まれ、Archieはツアーバスから放り出され他のメンバーは脱退となったようですね。Archie本人はその時の状況はトラウマで霧に包まれていてよく覚えてないみたいな。
この件についてはそのうち他のメンバーの話も聞いてみたい気がします。

バンドを続けることにし、まず新ギタリストにバンドのファンでコンタクトとってきたPavが決まったものの、以前は意見の相違から自分が思うようにアルバムが作れなかったため、次のアルバムはすべてを自分一人でやることにしレコーディングした後で、他のメンバーを探し、小学生の頃一緒にバンドを作ったEemi(Ero)に声をかけ、彼がベースに。Santa Cruzのファンでドラム演奏の映像と一緒にコンタクトとったドラマーTuomas(Toxy)が加入。春にシングル発売、秋にアルバム発売!
という予定のようですね。

アメリカでのブレイクを頭に置いているようで、次のアルバムのサウンドはどうしても変わってしまいそうですが、とりあえず新メンバーよさそうだし、まずはニューアルバム聴いてみたいと思います。
アルバムはArchie一人でレコーディングしてるとのことで、ライブだとまた違うかとも思うので、ライブも見てみたいなと思います。

どうしても前のメンバーが恋しくなってしまいますが、こればっかりはどうしようもないので、脱退したメンバーも今後何か音楽活動があることを祈っておきましょう!

スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド ロック Santa Cruz サンタ・クルーズ 新メンバー

【編集】 |  17:20 |  Santa Cruz  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |