2018.02/04(Sun)

フィンランドのグラミーことEMMA GAALA 2017 受賞者! 

フィンランドグラミーことEMMA GAALA 2017 の授賞式が昨日行われました。
賞を一番多くとったのはHaloo Helsinki! でした。
受賞者の皆さんおめでとうございます!

受賞者リストはこちら:

Vuoden naissolisti(女性アーティスト): Evelina

Vuoden miessolisto(男性アーティスト): Antti Tuisku

Vuoden yhtye(バンド): Haloo Helsinki!

Vuoden albumi(アルバム): Haloo Helsinki!: Hulluuden Highway

Vuoden tulokas(ニューカマー): Leo

Vuoden rock-albumi(ロックアルバム): Haloo Helsinki!: Hulluuden Highway

Vuoden metallialbumi(メタルアルバム): Battle Beast: Bringer of Pain

Vuoden biisi(ソング): Alma: Chasing Highs

Vuoden pop-album(ポップアルバム)i: Antti Tuisku: Anatude

Vuoden hiphop-albumi(ヒップポップアルバム): JVG: Popkorni

Vuoden klassinen albumi(クラシックアルバム): Kamus Quartet: Homonculus

Vuoden jazz-albumi(ジャズアルバム): 3TM: Form

Vuoden tuottaja(プロデューサー): Jurek

Vuoden iskelmäalbum(イスケルマアルバム)i: Matti Esko: Järvenpää-Kauriala

Vuoden etnoalbumi(エスノアルバム): Maija Kauhanen: Raivopyörä

Vuoden lastenmusiikkialbumi(チャイルドミュージック): Robin Hund & hans glada orkester: Alla ropar ett hej!

Kriitikoiden valinta(審査員のチョイス): Litku Klemetti: Juna Kainuuseen

Vuoden artisti (yleisöäänestys)(一般投票によるベストアーティスト): Cheek

Vuoden musiikkivideo (yleisöäänestys)(一般投票によるベストミュージックビデオ): Cheek: Enkelit

Vuoden myydyin albumi: Haloo Helsinki(ベストセラーアルバム)!: Hulluuden Highway (51 239 myytyä levyä)

Vuoden striimatuin kotimainen biisi(ベストストリームソング): Reino Nordin: Antaudun (11 589 507 striimiä)

Vuoden live(ベストライブ): Ultra Bra

Kultainen Emma(ゴールド賞): Niko Nordström

Erikois Emmat(特別賞): Pekka Säilä と Popeda

Vienti(輸出賞) Emma: Alma

誰がノミネートされてたか気になる方はこちらEMMA GAALAのサイトをチェックしてみてください。

メタルアルバム部門のノミネートはこちらでした:


注目されたのはBattle Beastとそのバンドを脱退した(メディアではクビになったと報道されてました)Battle Beastの設立者のAnton Kabanenが設立したバンドBeast In Blackがノミネートされてたこと。受賞は Battle Beastの『Bringer of Pain』が受賞!


ロックアルバム部門のノミネートはこちらでした:


受賞したのはHaloo Helsinki! の『Hulluuden Highway』でした。
彼らはベストアルバム、ベストバンド、51 239 枚の売り上げでベストセラーも受賞しているほど今人気のバンドですが、どちらかというとロックよりポップスかと思うんですが、まぁポップロックもあるので、ロックといえばロック
先日行われたフィンランド演歌イスケルマガーラでもベストバンドとベストアルバムを受賞していて、エンマガーラではロック扱い、イスケルマガーラはイスケルマという演歌系の賞を与えるガーラでの受賞でジャンルが幅広すぎてびっくりな感じです。
この受賞についてコメント欄など見ると、彼らはポップスじゃないのか?とか、ポップバンドと思ってたとか、中にはロックは消滅したとか、やはり彼らをロックバンドとみてた人は少ないように思えました。
フィンランドメタル王国といわれているようですが、一般のフィンランド人がよくきいてるのは一般のラジオ局でよくかかるポップスであったりイスケルマであったりするので、特にポップ部門は激戦でもあり、ロック部門にいれたのかなぁ…と思ったりもしました。

それと51 239 枚の売り上げで昨年度のベストセラーというのも、CDの売り上げがどんなに落ちているかがわかる気がします。
人口は違うものの日本のゴールドディスクは10万枚以上の売り上げで、フィンランドは現在その10分の一の1万枚でゴールドディスク、2万枚でプラチナ(日本は25万枚)でかなり差があります。
その1万枚も売れないアーティストやバンドのほうがほとんどなので、ミュージッシャンで生活していくのは結構厳しい現実があるように思います。なので、フィンランドのアーティストは生活していくのにバンド活動の他に仕事している人も多いとききます。
フィンランドの国内バンドのライブは週末、金曜と土曜に集中してあるので、平日仕事をしていても週末ライブ活動ができたりもあります。フィンランドはライブ開始時間も遅いので、平日にあると翌日仕事を考えると人が集まらないのもあるかと思います。
バンド活動でCDの売り上げでは生活費にはならないので、ライブをやって収入を得る。またはバンドのマーチャンの売り上げも大事と聞きます。ただライブを取り付けるのは知名度が必要になるし、知名度がないと見に来てくれる人も少ないので、知名度が低いとライブ状況も厳しいものがあると思います。しかもフィンランドはチケットが安い。20ユーロ(約2750円)以上のバンドは人気があるバンドで、知名度低いとそれ以下です。5ユーロ~10ユーロぐらいもけっこうあります。そういう場合は会場も小さいので、収容人数も少ないです。

というわけで、好きなバンドに関してはサポートの意味も含めCDを買い、なるべくライブに通い、マーチャンを買うように心がけてます。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック メタル グラミー EMMA GAALA

【編集】 |  17:44 |  Awards♪  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
カウンター

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2018.02.13(火) 19:54 |  | コメント編集

●>秘密のコメントをくださった方へ

はじめまして。

この記事が情報収集の役に立ったならうれしいです。
いろいろ聴いてみてください。

人口弱の国なのでかなりの人気がないとCDの売り上げだけで生活するのは厳しい人多いと思います。

タンペレのYo‐Talo入ったことがないのでよくわからないんですが、タンペレが治安が悪いというような話は聞いたことないです。
Kuudes Linjaはずいぶん昔に1度だけ行ったことがありますが、友達が一緒だったし、怖い目にあったとかはないですが、市の中心部からは少し離れていて、近くのKallio地区は夜に女性が一人で歩かないほうがいいというような話は聞いたことがあります。
それからカイサニエミ公園あたりを夜通らないほうがいいかと思います。
他にも人は多いですが、中央駅付近では結構スリが多いと聞くので気を付けたほうがいいかと思います。
とはいえ、ヘルシンキにライブみに出て、とくに危ないと感じたことはないです。

もし来られるなら気を付けながら楽しんでください。
ライブ後とか、バンドの皆さん普通に会場内で歩いてたりもあるので、要チェックです。
Hiro♪ | 2018.02.16(金) 23:55 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2018.02.17(土) 10:15 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック