2017.12/06(Wed)

Tarja Turunen ☆ バーブーダ島のハリケーン被害復旧救済に多数ゲスト参加のチャリティソング発売! 



Tarja Turunen カリブ海のバーブーダ島のハリケーン被害復旧救済に1970年にJosé Felicianoが作曲したクリスマスソング「Feliz Navidad」を多数のゲストを迎えレコーディング。12月8日にチャリティソングとして発売!

Irmaハリケーンがバーブーダ島の90%の建物と車を破壊してしまったそうです。

「アンティグアに住まいを持っていたことがあり、多くの友達が住んでいる。現地の人はまさかそれほどの被害が起こる予想などしていなかっただろう。ちょうどクリスマスアルバム『From Spirits and Ghosts』の仕上げをしていた時にこのハリケーンがカリブ海を襲った。すでにクリスマス気分になっていた時、島の住民たちはこれから訪れるクリスマス、そのあと訪れるクリスマスも悲惨であることに気がついた。彼らの将来に明かりをともすため何かしたかった。バーブーダ島の住民を救うため、愛する友人たちを誘うにはクリスマスはいい理由になった。この「Feliz Navidad」シングルの収益すべてを寄付することにした。その時が来たら集まった資金がちゃんと相手に届くよう自分が管理する。」

とのこと。

このチャリティクリスマスソングにはMichael Monroe、Doro Pesch、Sonata Arcticaの Tony Kakkoa、Amaranthの Elize Rydiä、EpicaのSimone Simons、Lacuna CoilのCristina Scabbi、 Within TemptatioのSharon den Adel、NightwishのFloor Jansen、 Joe Lynn Turneri、Poets of the FallのMarko Saaresto、StratovariusのTimo Kotipelto、Blind GuardianのHansi Kurschがゲスト出演とのことです。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland Tarja Turunen クリスマスソング チャリティ マイケル・モンロー

【編集】 |  21:35 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック