2017.02/28(Tue)

Ville Valo (HIM) がAndy McCoy としばらく仲違いだった理由 

Ville Valo HIM Olet mun kaikuluotain

今年のフィンランドのグラミーことEmma Gaalaにて「Olet mun kaikuluotain」が一般投票年間ベストミュージックビデオ賞を受賞したHIMのVille Valoですが、こちらこちらフィンランドのタブロイド紙セイスカ情報によりますと、昨年Ville ValoとAndy McCoyしばらくの間、まったく口をきかず仲たがいしていたようです。

その理由はVilleの発表したこの曲「Olet mun kaikuluotain」にあったようです。
Villeがイスケルマガーラにて語った話によると、フィンランドのベテランミュージッシャンTumppi VaronenのバースディパーティにいったVille Valo、前からきたAndy McCoyに頬を平手打ちされたそう。理由は放送禁止用語を交えて「お前、今じゃイスケルマ歌ってるのか。これはマルミの挨拶だ。5本の指の。」
(マルミというのはヘルシンキ東部の地域のことだと思いますが、その地域で平手打ちの挨拶がよくあるのかどうかはわかりません。)

Villeも言い返し、2人はその場を去りその後口をきかない間柄だったそうですが、Andyが機嫌よくクリスマスシングルでコラボの話を持ち掛けてきて和解。
VilleはAndyに「Olet mun kaikuluotain」のシングルに5本の指を描きプレゼントしたそうであります。
お互い気は短いものの、長く根に持つタイプではないそうです。

この原曲はJohn Denverの 「Annie’s Song」(1974年)でフィンランドのミュージシャンHectorがフィンランド語の歌詞をつけ、1976年フィンランド人シンガーFreemanがカヴァーしたほか、1999年にはバンドMenneisyyden Vangitがカヴァーしてフィンランドでよく知られた曲だそうです。
2人の喧嘩の原因になったというEmma Gaalaも受賞したVille Valoの「Olet Mun Kaikuluotain』のミュージックビデオはこちら。


Ville Valo - Olet Mun Kaikuluotain

このオフィシャルビデオについて詳しくはこちらを。
「Ville Valo (HIM) ☆ ソロシングル「Olet Mun Kaikuluotain」オフィシャルビデオ公開!」

実は私もこの曲を聞いたとき、Ville、あなたもついにイスケルマシンガーになっちゃったかと思ったのでありました。
イスケルマとはフィンランドの演歌/歌謡曲といった感じ。
バラード曲をフィンランド語で歌うと大抵イスケルマに聴こえちゃいます。

仲直りできてよかったですね。

2人が仲直りできたクリスマスシングルはこちら


Andy McCoy - Xmas Song (feat. Ville Valo)

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Ville Valo Andy McCoy イスケルマ 喧嘩 仲直り

【編集】 |  16:23 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック