2017.01/21(Sat)

Michael Monroe ☆ スポーツガーラにてスキージャンプをやめた理由を語る 

この1年間に活躍したスポーツ選手に賞を与えるスポーツガーラでフィンランドのイスケルマシンガーJuha Tapio(ユハ・タピオ)とサクソフォンで共演したMichael Monroeですが、こちらフィンランドの日刊紙のインタビューで、昔やっていたスキージャンプをやめた理由を語っています。




若いころスキージャンプをやっていたことがあるものの、何度も転んでひざがもたないのでその趣味はやめたそうであります。
Michaelのお兄さんはスキージャンプを続けフィンランド選手権にでるほどだったそうです。
Lahtiの大きいジャンプ台から飛んだこともあるそうで、そのことについてはお兄さんを誇りに思うそうであります。
そしてライブはハードでスポーツと同じようなものだと。
ただこの日は足180度開脚するには不可能なパンツだそうで、それはないと。
ということで、以前もコラボしたことのあるJuha Tapioとサクソフォンで共演しました。

こちらはMichaelのインスタグラム。(もし見えない場合はこちらです。)



こちらは共演前の2人。笑




ちなみに今年のスポーツガーラで、年間スポーツ大賞を受賞したのは昨年リオデジャネイロでのパラオリンピックで金メダリストLeo-Pekka Tähtiでした。彼はロンドン、北京、アテネのパラオリンピックでも金メダルを獲得しています。

日本でもおなじみなとこでは、F1レーサーのキミ・ライッコネンもフィンランドのスポーツの外交官賞を受賞して出席していました。
写真はこちらを。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Michael Monroe マイケル・モンロー スポーツ大賞 スキージャンプ F1

【編集】 |  11:49 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック