2015.12/29(Tue)

Michael Monroe ☆ Lemmy Kilmister (Motörhead)は地に足のついたジェントルマンだった 

今朝起きたら信じられないニュースが目に飛び込んできました。MotörheadLemmy Kilmister が癌で亡くなったというニュース。
彼のバンドMotörheadは12月6日フィンランドの独立記念日にヘルシンキのHartwall Areenaでライブをしたばかり。ライブ評を読んでみたら、調子はあまりよくなかったようですが、まさかいきなりなくなるなんてほんとにびっくりでした。

彼の最後から3番目の公演となったヘルシンキ公演では彼と友達だったMichael Monroeがゲスト出演をしていました。
こちらフィンランドの日刊誌IltalehtiにそのMichael Monroeのコメントが書かれていました。

「可能なベストの状態ではないことには気がついた。ライブはちゃんとこなしてはいたが、いつもの陽気な彼自身ではなかった。」

Lemmyの最後から3番目となったヘルシンキのHartwall AreenaであったときのことをMichaelは語りました。
体調が良くないことには気がついたものの、なくなったことにはびっくりだったと。

「癌だったなんて全く知らなかった。また元気になってほしかった、、、。」

MichaelLemmyに会ったのは80年代初期にロンドンでだった。アメリカ人シンガーのStiv Batorsがお互いを紹介してくれ、MichaelLemmyはすぐに仲良くなった。

LemmyはHanoi Rocksと俺のスピリットを気に入ってくれたんだ。そして彼とは良い友達になった。ロンドンにいた時代は彼とよく会うことがあった。」

友情は一緒の出演へと導いた。Michaelは何度もMotörheadのライブに出演したことがある。5年前はMotörheadのUKツアーのオープニングアクトをMichaelのバンドが勤めた。

2011年に発売されたMichael Monroeのアルバム『Sensory Overdrive』収録曲「Debauchery as a Fine Art」で2人はデュエットもした。

Lemmyは大きなハートの持ち主で、礼儀正しいジェントルマンだったとMichaelは語ります。

「彼はいいやつだった。酒を飲もうと何をやろうと、彼のパーソナリティはかわらなかった。」

そして人気さえも彼を変えなかった。

「名声におぼれなかった。その反対だった。一緒にツアーした時、オープニングバンドのバンドがちゃんとサウンドチェックができたかとか、他にもいろいろと気を使ってくれた。」

MichaelはLemmyが亡くなったからそういってるわけではなく、Motörheadの人物として素晴らしいやつだったからだと。
Motörheadロックミュージックに大きな影響を与えたとも語る。

「大きな損失、偉大な人物、偉大なバンド。彼のスタンスは俺達誰もが見習うべきだ。」

MichaelのFacebookにはLemmyとのツーショット写真がUPされています。こちら

Lemmy - one of the True Rock'n'Roll Greats of all time. And always a wonderful friend. I miss you very much! Love & Respect, *Michael*

Julkaissut Michael Monroe 29. joulukuuta 2015


そして80年代初期にStiv Batorsと3人で撮った写真も。

Another great memory... Me, Stiv Bators and Lemmy in London in the early 80's. *Michael*(photo: Justin Thomas)#motorhead

Julkaissut Michael Monroe 29. joulukuuta 2015


R.I.P. Lemmy。


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Michael Monroe マイケル・モンロー Motörhead Lemmy Kilmister レミー

【編集】 |  22:18 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック