2015.04/28(Tue)

今年のユーロビジョンフィンランド代表パンクバンドPertti Kurikan Nimipäivätの記念切手発売! 

日本ではあまりなじみではないと思いますが、毎年ヨーロッパとその周辺の国の代表が集まり競い合うユーロビジョン・ソングコンテストというヨーロッパで人気の歌の祭典があります。
フィンランドはどうも成績が悪くて、これまでに一度だけ2006年にモンスターロックバンドLordiが優勝しました。
その後も成績はいまいちで、もう一度メタルバンドTeräsbetoniを代表に送り出したこともあるものの、ファイナルに進出はできたものの22位という結果に。

そのユーロビジョンソングコンテストに今年フィンランド代表に決まったのが知的障害者によるパンクバンドPertti Kurikan Nimipäivät(ペルッティ・クリカン・二ミパイヴァット)!
フィンランドの郵便局Postiのニュースによると、彼らの支援をこめてユーロビジョンソングコンテストが開催される前の週の月曜日5月11日に彼らの記念切手を発売することが発表になりました。
デザインはこちら!かっこいい!

PKN postimerkki 2015

切手シートにあるメンバーのイラストはギタリストのPertti Kurikkaによるものだそうです。

PKN postimerkki 2015

彼らの日常を収めた抱腹絶倒の音楽ドキュメンタリー映画「パンク・シンドローム」はただ今日本でも公開中。
この映画について詳しくはこちらを。

そしてこちらがそのユーロヴィジョン今年のフィンランド代表曲。


Pertti Kurikan Nimipäivät - Aina mun pitää

タイトル「Aina mun pitää」を直訳すると「いつもやらなきゃいけない」で、いつも掃除しなきゃいけない、いつも洗物しなきゃいけない、いつも仕事に行かなきゃいけない、いつも医者に行かなきゃいけない、パソコンにむかえない、TVがみれない、友達にさえ会えない、いつも家にいなきゃいけない、いつもやることやらなきゃならない、いつもちゃんと食べなきゃいけない、いつもちゃんと飲まなきゃいけない、キャンディ食べちゃいけない、ジュースも飲んじゃいけない、お酒さえ飲んじゃいけない、いつも休まなきゃいけない、いつも寝なきゃいけない、いつも起きなきゃいけない、いつもシャワー浴びなきゃいけない・・・などと歌っております。

イギリスの雑誌the Guardianは彼らが優勝するだろうと予測したそうです。
彼らが代表になったことについてはフィンランド国内でも賛否両論ありますが、以前優勝したLordiがフィンランド代表になったときも国の恥だといってた反対派もいたことだし、さて結果はいかに。

記念切手といえば今年の9月にはフィンランドの世界的に成功した6バンドNightwish、HIM、Apocalyptica、Children Of Bodom、Hanoi Rocks、The Rasmusの記念切手も発売予定です。このことについてはこちらをご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ユーロビジョン Pertti Kurikan Nimipäivät 記念切手 パンク・シンドローム

【編集】 |  12:04 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック