2015.04/11(Sat)

Michael Monroe ☆ David Hasselhoff ショーにゲスト出演! 

Michael Monroe Kalevala koru 08.04.2014

フィンランドのSub TVにて「David Hasselhoff ショー」なるものが始まったのですが、第2回目にMichael Monroeゲスト出演!

David Hasselhoff はフィンランドでも「ナイトライダー」や「ベイウォッチ」で知られていますが、なぜフィンランドのTV用の彼のトークショーがフィンランドで放送されているのかはなぞです。冬にフィンランドにきていて芸能ニュースでは話題になってはいたのですが、そのとき撮影されたトークショーが今放送されています。
その第2回目のゲストはMichael Monroe、元Nightwishのスウェーデン人シンガーAnette Olzon、有名コックのHenri Alén。
トークショーの司会がDavid Hasselhoffなので会話のほとんどは英語です。このときの放送分はこちらMTV Katsomoで見ることができます。(あと58日間見ることが可能です。)

この中でMichaelにその服装とルックスでフィンランド、北欧、または世界でMichaelだとわからないことがあるのか?と聞かれて、自分は有名でないことで最も有名だと答えてます。
歌い始めたのは、家族が音楽ファミリーで、母がピアノ弾いてて5歳ぐらいの時からレッスンを受けて、おじいちゃんはチェロ奏者でクラシック音楽をやってて、その父(ひいおじいちゃん)はオーボエを吹いててジャン・シベリウス(フィンランドの有名な作曲家)と友達でシベリウスがひいおじいちゃんに教えたそうです。
なのでクラシック音楽は知っていたが、70年にTVでブラック・サバスのライブ・イン・パリをみた時なんてパワフルなサウンドなんだとびっくり。クレージーシンガーオジー・オズボーンのロン毛をみて俺だってやってやる!と思ったのがロックシンガーになるきっかけだったそうです。
そして今でも驚くべき元気と若さをたもってるのは音楽のおかげ?と聞かれて、そう、音楽が若さの源だと答えています。
ニューアルバムはこの秋発売予定。前作は発売後4日間でゴールドディスク、その前のアルバム「Sensory Overdrive」クラシックロックマガジンの読者投票で2011年のイヤー・オブ・アルバムに選ばれたことも語っています。

DavidはMichaelとカラオケで歌う前までは自分は歌えると思ってたが、それは間違いだった。一緒にHighway To Hellを歌ったら彼はハイウエイ・トゥ・ヘブン、自分はハイウエイ・トゥ・ヘルに聴こえたそう。
そしてDavidは家に帰ってMichaelの真似をして歌ったら次の日声がでなくなったそうで、どうやって声を保つのか?
の質問には30日ぶっ続けでライブのこともあるが、歌うテクニックがあるとのこと。その練習も受けたことがあると。
そのわーという声について、Michaelが生まれた日のことをお母さんに聞いた話では、その夏は天気がよかったのに、生まれた日はどしゃ降りでその夏はそのあともずっとモンスーンみたいに雨が続いたとかで、天がないていたと。笑

そしてThe Voice Of Finlandで突如暴れるMichaelの映像をみていったい何がおこったのか?
Michaelの返事はとても退屈だったからと。長い一日でいいシンガーもいなくて、なにも起こらない時間もあって観客はつまらないだろってことで、何かおこさなきゃってことで暴れたそう。笑
Davidはここでみててもフィンランドの観客は静かだと。わーというと反応するけどすぐしーんとなって不思議だと。するとMichaelはちょうどこの暗い天気みたいだと。Davidも起きても暗いし、明日もまた暗いし、昨日も暗かった・・・(撮影があったのがちょうどその暗い時期だったかと)
Michaelはエネルギーは人生の楽しみからくる。自分は健康で生きてることでハッピーだ。元気ならよい日だと。

Michaelは自分の好きなことで生活できる。それが一番であって、ハリウッドに豪邸も、車もリムジンサービスもいらない。
でもハーモニカはあきらめることできないだろうといわれ、ハーモニカはいつも持ち歩いてると取り出し、サイン入りハーモニカをDavidにプレゼント。そして吹き方をコーチ。

番組の最後の方でベイウォッチのジャケットをプレゼントしてもらい、最後はDavidとMichaelのデュエットで終わります。
ベイウォッチのテーマ曲を歌うとき、ベイウォッチ番組中にあるような救命に行く時ビーチをスローモーションで走る動きがあったりです。笑
ビーチ・ボーイズのCalifornia Girlsでは最後の方歌詞”I wish they all could be California girls”の最後の部分をMichaelはScandinavian girlsにかえて歌っています。笑



以上Michaelの部分の大まかな内容でした。

そして「ベイウォッチ」について語るMichaelの映像(フィンランド語)はこちら。(あと295日みれます)

「ベイウォッチ」はきいたことはあるが観たことはない。世界一人気番組だってことも聞いたことがあるが、だからこそよけいに自分の趣味ではないと。でも「ナイトライダー」は好きで観ていたそうで、なぜなら武器は出てこなくて車だけだろ?と。一番好きなTVシリーズは「コロンボ」で、それも武器は使わないし、同じく「マクガイバー」も武器を使わなくて好きだと。去年秋に足の手術したあとTVをよく見ていた。「ナイトライダー」もみていたそうで、とってもクールな番組だと。

そのMichael Monroeのこの夏のライブスケジュールはこちらです。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック デヴィッド・ハッセルホフ マイケル・モンロー Michael Monroe

【編集】 |  19:17 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック