2015.02/19(Thu)

これまでのユーロビジョンフィンランド代表の選択ミス投票! 

Julkaisu käyttäjältä Nightwish.


今年で60周年を迎えるヨーロッパで毎年開催されているユーロビジョンソングコンテストはヨーロッパ中が注目する歌の祭典!

フィンランドはたった1度だけ2006年にモンスターメタルバンドLordiが優勝を持ち帰った以外は結果がどうもいまいち。
毎年今年こそは!と前評判はよいなどと報道されるものの、だいたい最終的な各国の投票結果の集計をみているうちにしゅん・・・となることが多いのですが、フィンランドの国営放送Yleでこれまでに候補にあがったのに代表に決まらなかったアーティストの中からこの曲が代表に決まればよかったのにという10曲がこちらにUPされています。

この中に2000年にユーロビジョン候補だったNightwish の「Sleepwalker」が。
この頃私は育児で忙しくみてませんでしたが、当時一般投票結果に審査員投票がくわえられ代表者を決めていたようで、 一般投票ではNightwishがダントツ1位、ところが審査員投票を加えた結果当時あまり知名度のなかったNina Åströmが代表にきまったそうです。

この選択ミス候補に上がってる曲を全部知ってるわけじゃないですが、Nightwishを代表に選ばなかったのは大きなミスだったと思います。

Nightwish が2000年にユーロビジョンフィンランド代表の予選に出ている映像がこちらでみれます。
(日本から観れるかどうかがわからないので観れなかったらごめんなさい。)
髪の短いTuomasが若い!

それにしても一般投票でだんとつだったというのになぜに審査員は落としたんでしょうねぇ。
Tarjaのオペラ調のヴォーカルはユーロビジョンでもいけそうなのに、やっぱりメタルは無理だと思ったのでしょうかね。

そのNightwishは今やワールドツアーをするほどのフィンランドを代表する人気バンドにのし上がり、今年の12月にはロンドンのウェンブリーアリーナのコンサートも決まってます。
そして彼らが今度ユーロビジョンに参加することはまずないと思います。

今年のユーロビジョンすでにフィンランド代表を決める予選が始まっていますが、知的障害者たちで結成されたパンクバンドPertti Kurikan Nimipäivätがかなり有力ではないかと思います。彼らの愛ある笑いにあふれた日常に元気をもらえる抱腹絶倒の音楽ドキュメンタリー映画「パンク・シンドローム」はただ今日本でも公開中のようです。
さて今年はどういう結果に?

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル Nightwish ナイトウィッシュ ユーロビジョン パンクシンドローム

【編集】 |  09:45 |  Nightwish  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック