2015.01/28(Wed)

HIM ☆ ドラマーGasの脱退についてフロントマン Ville Valo のコメント 


Julkaisu käyttäjältä HIM.


HIMのドラマーGasの脱退の決断についてはバンドメンバーもびっくりだったようですが、こちらヘルシンキ新聞Helsingin sanomatHIMのフロントマン Ville Valo のコメントが載ってました。

「学生時代からの知り合いで16年間一緒にやってきたということもあり、これはとても個人的なことである。なんだかちょっと足か手が引きちぎられ、また歩くか握手するかを再度覚えなきゃならないような状態だ。

それを聞いたときは顎が地に着いた感じだった。とてもびっくりした。何か新しい挑戦のためにバンドを去るというのはとても勇気がいることだ。

このことで頭にきたとかがなかったのは少しばかり驚いた。もし仮に理由が中年期の危機であろうとなんであろうと本人の決断は尊重するべきだ。」

Ville

HIMの今年の予定にGasの脱退は影響しない。なぜならバンドは休みに入るからだ。1年半にわたったワールドツアーは昨年末のTavastiaでのHelldoneで締めくくったところで、今のところ次のライブ予定ははいってない。

「俺達は少しの間休息をしてトレーニングキャンパスに行こうって予定だったんだが、その予定は次は何をするかって考え直す必要がある。最初の驚きから少しはかかると思うが、すべてが揃えばバンドは2016年に活動再開すると信じている。」

HIMのFacebookにUPされたGasのドラムを機械で補うというのはささやかなジョークであり、実際のところHIMは新しいドラマーを捜すことになるが、公開募集して試しにドラムを叩いてもらうなんてことはない。

「俺達のバンドはこれまですべて友達を通してやってきた。しかしすべての橋は燃え尽きて今はそういう友達は少ない。最初に自分がドラムを叩いたらどうかと提案しようと思った。給料はあがるだろう。」

「覚えておかなくてはいけないのはGasは俺達の最初のドラマーではない。俺達には4人ドラマーがいた。それを考えるとスパイナル・タップを思い出す。」

スパイナル・タップとはバンドのドラマーが何度も交代するパロディ映画である。

新しいドラマーを見つけることはそう簡単なことではない。Villeによると長いキャリアを持つバンドはファミリーみたいなもので、そこに誰かがジャンプしてはいってくるというのはなかなか難しいだろうと。

「このことについては冷静になって考えるのがよいだろう。」

「とにかくこのことはバンドにとっては何か新しいものが入ってくることになるだろう。新ドラマーとともに新しい風が入ることになる。」

「熟練したスキルレスのドラマー、例えばBlack SabbathのBill Wardようなプレイし始めるとすぐに誰かわかるようなドラマーが俺達のバンドにはしっくりくると思う。」

とのことです。

急がずじっくりバンドにぴったりのドラマーが見つかるといいですね。

Gas本人からの脱退についてのステートメントはこちらを。

マネージャーさんのコメントはこちらを。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル HIM Gas脱退 Ville Valo

【編集】 |  17:39 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック