2014.08/29(Fri)

Von Hertzen Brothers ☆ 6作目のスタジオアルバムはカナダでレコーディング! 




こちらVon Hertzen Brothersのオフィシャルによると、来年初め頃Spinefarm Recordsより発売予定の6作目のスタジオアルバムカナダレコーディングとのこと。

前作「Nine Lives」に続くアルバムのプリプロダクションを Mikko, Kie & Jonne Von Hertzen の3兄弟とグラミー賞にノミネートされたカナダ人プロデューサーGarth ‘GGGarth’ Richardson (Biffy Clyro, Atreyu, Rage Against The Machine, etc.)にレギューラーメンバーのドラマーMikko Kaakkuriniemi とキーボード奏者の Juha Kuoppala で行い、それが完成したら9月にカナダに飛びプロデューサーRichardson所有のヴァンクーヴァーにあるThe Farmスタジオにてレコーディングだそうです。このスモールマウンテンサウンドスタジオではこれまでにAerosmith, AC/DC, Metallica や The Cultなどがレコーディングしたことがあるそうです。

ミキシングはJuno Awards受賞者でMetallica, Nickelback and Alice In Chainsなども手がけたことで知られるカナダ人のRandy Staubが担当。Alice In Chainsではグラミー賞ノミネートもしているそうです。

プロデューサーのGarthは
Von Hertzen Brothersと一緒に仕事をすることは夢がかなった。彼らはこの惑星でもっともクールな奴らである以外に自分が知っている限り最も勤勉なバンドだ。このアルバムはみんなのiPod、携帯、タブレットに入るであろう。音を大きくしてロックに備えろ。彼らは楽しませてくれること間違いなし!」
と語っています。

Mikko Von Hertzen
「この5年間はインターナショナルな基盤を作るためハードに仕事をしてきた。そして今6作目のアルバムの作成にはいった。共通の思い、それは準備を整え目標に向かって進む必要があった。まず最初のアイデアはするべきことを知っていて、経験があり、ヴィジョンをもち、何か具体的に俺たちの音楽に提供できるプロデューサーを探すことだった。
Garthとは最初のミーティングでピンと来るものがあった。そして何が心強かったかというと俺たちの新しいマテリアルに対する熱意だった。もちろん俺たちはThe Farmのようなスタジオでレコーディングすることを心待ちにしている。そこには伝説的なヴァイブがある。そしてもっとエキサイティングなことはトップ・オヴ・ザ・ラインチームと一緒に俺たちの音楽を作り上げることだ。
Randy Staubは別世界クラスのプロで紹介の必要はないだろう。Randy と Garthとの仕事は何もいうことはなく明らかであろう。」

とのことです。

そしてこちらヘルシンキ新聞(Helsingin Sanomat)の記事によると、Von Hertzen Brothersの6作目のスタジオアルバムは2015年3月発売予定。

彼らのマネージャーVirpi Immonen.の話によると、そのニューアルバムはUSA、ヨーロッパ、日本で発売予定とのこと。

プロデューサーのGarth Richardsonは8月始めにヘルシンキ入りしており、バンドのNosturiのトレーニングキャンパスでプリプロダクションを行い6月にヴァンクーヴァーのスタジオに移り6週間レコーディングが予定されています。

「ワールドクラスの条件の下でレコーディングできることはこれまでのハードワークの賞をもらったようなものだ。」

そうです。




バンドは日曜日にヴァンクーヴァーに向けて出発のようですね。

Von Hertzen Brothers オフィシャル
Von Hertzen Brothers Facebook
Von Hertzen Brothers Twitter
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Von Hertzen Brothers スタジオアルバム カナダ レコーディング

【編集】 |  22:43 |  Von Hertzen Brothers  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック