2014.04/15(Tue)

Olli Herman (Reckless Love) ☆ 持ち物拝見! 

Olli Herman T T

ただ今フィンランドのリアリティ音楽番組「Tähdet tähdet」に出演中のReckless LoveのフロントマンOlli Hermanですが、TOP3に進出をきめました。

先週はテーマがディスコでした。

まずは番組スタート時に他の勝ち抜いてきた人たちと歌ったKool and the GangのCelebration!の映像はこちら

個人ではDaft PunkのGet Luckyを歌いました。映像はこちら
髪をストレートにロングにすると女性なみにきれいですね。

さらに女性シンガーIrinaとPariisin kevät の Kesäyöを披露!
オフィシャルにフィンランド語で歌うのはこれが初めてだったそうです。
その映像はこちら

そしてこちらの映像インタビューで持ち物を紹介しています。

・ロッケンローラーに必要なドライシャンプー。

・喉を守るために必要なスカーフ。(この自分には高級すぎるというヴィトンのスカーフは2年前のクリスマスに奥さんからのプレゼントだったそうです。)冬の氷点下でも寒くなく風が通らなくて最高のスカーフだそうです。これまでにもらったプレゼントの中で最高のものと。

・前の週のメタルテーマの時Van HalenのJumpの時にも履いていたステージシューズ。
今はピンク色をしてるけど元々は白だったそうで、まずは金色に、次は緑に、そのあと白に戻したけどいまいちでピンクに、次は黄色、そしてまたピンクに塗ったそう。ステージでよくはいてたシューズだそうですが、このかわりになるシューズは特に用意してなく、最近はステージではブーツをよく履くそうです。
かなりくたびれてみえるけどステージでジャンプしたりとか、足首をしっかりサポートしてくれ自分にぴったりのシューズだそう。

・仕事用の白いグローブ。ステージのライトに当たるとまだ白くはみえるけどこんな感じでけっこう汚れてきてると。

・ブレスレットはいつもつけてるそうで、腕時計はディーゼルで重いのでいつもつけてればジムに通う必要はないと。笑
黒のディーゼルの時計も持ってるそうです。ブレスレットは安物でどこかに引っかかったりして切れることもあると。

・ロッケンローラーの必需品パンダナ。使用方法は多様で手首にまいたり、パンツの後ろポケットに突っ込んだり、拭き物にも使えると。

・サングラス。ステージでも使ってるが途中ではずして置いておくと、ステージ前にセキュリティのよくない会場ではあとでステージにとりにもどってもすでに盗まれてると。
サングラスしてると街角で見つかることはないか?の質問には、この髪があるから見つからないってことはないそうで、どちらかというとロックスターのイメージがあってサングラスかけたほうがわかりやすいそうです。

・モニターイヤホーン。これは仕事に必要で忘れることができない。自分達のステージとか今の番組でも使っているそうで、セットになってるワイヤレスの発信機も忘れられないと。

・他にモーターヘッドのステレオイヤホーン。バンドのファン商品と思われそうだけどすごく音がいいそうです。そして耳が覆われるのでツアーバスの中で聞くのに最高。特に他の人と話をしたくない気分のときとか。このイヤホーンをつけたままうとうとすることもありいい音楽を聴きながらいい夢が見れるそうです。

というわけでOlliの持ち物紹介でした。

先週のTähdet tähdetでは視聴者投票により女性シンガーのIrinaが落選。
TOP3進出したのはOlli Hermanのほか、イスケルマタンゴシンガーのJari SillanpääとIdols優勝者Diandraの3人です。
次回のテーマはレゲエとミュージカルの2つだそうです。
日刊紙の人気投票ではJariが1位、少数差でDiandraが2位ということでがんばれOlli!

Reckless Love オフィシャル
Reckless Love Facebook
Reckless Love Twitter
Reckless Love MySpace

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック メタル Reckless Love Olli Herman Tähdet

【編集】 |  15:52 |  Reckless Love  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック