2014.04/09(Wed)

Olli Herman (Reckless Love) ☆ ステージに投げ込まれるもの 

Reckless Love Gloria 22.03.2014

ただ今フィンランドのリアリティ音楽バラエティ番組「Tähdet tähdet」(スターズ スターズ)に出演していろいろ話題の多いReckless LoveOlli Hermanですが、こちらMTV3の記事でステージに投げ込まれるものの話をしています。

Reckless LoveOlli Hermanロックキャリアは2009年バンドがレコード契約を交わし翌年デビューアルバムが発売になってからスタートすることに。デビュー後は順調にライブも行っているが、彼のロックスターはもっと前にファンからスタートしたそうです。

「それは90年代にGuns N' Rosesから始まった。当時はまだ距離のある愛だったがその音楽とイメージのファンになって追ってるうちに自分の人生がだんだんとかわってきてロックスターになりたいって結論になった。」

Olliは振り返る。

何年かの間ライブを行っていくうちいろいろな思い出ができたそうですが、中には不思議に思ったことも。

「名前をタトゥしてたり、一部のファンは国境を越えて追ってくる。それはいつも素晴らしい瞬間で心からお礼を言いたい。彼らのためにこれをしているんだ。もし自分だけのために音楽やってたらいまだにガレージにいたさ。」

フィンランドでは最初のフェス出演の時人気が具体的になってきた。OlliのバンドはAnkkarockの日曜日のオープニングだった。

「ファンがステージ前のフェンスに駆け込む様子をみたら立ち止まって考えてみないわけにはいかなかった。わお!この雰囲気だ!って。」

人気上昇に伴い勢いづきステージに投げキス以外のものが飛んでくるようになった。

「ビール瓶からパンツまでいろんなものが飛んでくる。ぬいぐるみや花なんかも。UKツアーの思い出に袋いっぱいの下着が集まった。とはいえもちろん自分では使用してないが。(笑)」

ファンからの他のプレゼントは喜んで保存してるものもあるそう。

「いろいろなファンアートをもらって、それはツアーバスに保存している。ぬいぐるみもバスにおいておいたんだがバスの所有者がそれにうんざりして一束捨ててしまった。」

ということで保存してもらうにはファンアートがいいようですね。

さてそのOlliですが、先週の「Tähdet tähdet」はメタルがテーマ!Timo Kotipeltoがゲストコーチで皆に指導!
OlliはVan HalenのJumpをとってもホットな衣装で披露!
一般の視聴者には刺激的すぎたのか投票結果はぎりぎりのところでセーフで次回進出を果たしました。
ちなみに落選したのはオペラ歌手のLaura Pyrröでした。

OlliのJumpのパフォーマンス映像はこちらを。後姿に注目。
この放送あとあちこちで後姿クローズアップの写真が出回ってました。

こちらにその衣装合わせをしている映像があります。

子供の頃からVan HalenのファンでDavid Lee Rothの衣装の感じで多くの観客の前でしりを出すのがどういうものか感じてみたかったそうです。

次回の選曲がでました。テーマはディスコ。現在4人残っていて、次回はデュエットも披露のようです。

 Irina: Hung up (Madonna)
 Diandra: Sata kesää, tuhat yötä (Paula Koivuniemi)
 Jari Sillanpää: Sunny (Boney M)
 Olli Herman: Get Lucky (Daft Punk)

デュエット
 DiandraJari Sillanpää: Up Where We Belong (Joe Cocker & Jennifer Warnes)
 IrinaOlli Herman: Kesäyö (Pariisin Kevät)

ということでOlliはついにデュエッとでフィンランド語の歌詞の歌を歌うことになるんでしょうかね。

Reckless Love オフィシャル
Reckless Love Facebook
Reckless Love Twitter
Reckless Love MySpace

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock メタル Reckless Love Olli Herman Tähdet

【編集】 |  15:18 |  Reckless Love  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック