2014.03/17(Mon)

Eicca Toppinen (Apocalyptica) ☆ ロシアの列車で暴力にあう 

    Apocalyptica Eicca

こちらフィンランドの日刊紙Iltasanomatの記事によると、フィンランドチェロメタルバンドApocalypticaの創立者でチェロ奏者のEicca Toppinenロシア暴力にあったそうです。

その事件は先週金曜日ロシアツアー中サンクトペテルブルグからモスクワに夜行列車で移動中におこったそうです。
Eiccaはバンドやクルーと列車の食堂車にいたそうですが、彼とクルーの1人がトイレを探しに行ったときにおこったそうです。
照明係と一緒にトイレをまってたら3人の男性がやってきていきなり殴られたそうです。

Eiccaは耳介を怪我して出血する傷、照明係は目の周りが黒くなったそう。

原因は食堂車に30人ぐらいのフィンランド人がいてそれが気に入らなかったんじゃないかとのこと。

Eiccaは列車のガードマンを探し警察を呼んでもらい、暴力を振るった3人はそれを認め警察官にあやまり3人はそれ以上のことからは逃れたそうです。

こちらの記事によるとその暴力を振るった3人は警察官にはあやまったけどEicca達にはあやまらなかったそうです。

いきなり殴られたりとかちょっとこわいですね。

Apocalyptica オフィシャル
Apocalyptica オフィシャルFacebook
Apocalyptica My Space
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロ メタル Apocalyptica Eicca Toppinen ロシア 夜行列車 暴力

【編集】 |  13:34 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック