2014.02/28(Fri)

新小児病院への寄付を募る フィンランドのライブエイド誕生!テーマ曲はTuomas Holopainen、多数の人気アーティストが参加! 

昨年あたりから新しい小児病院建設にむけてあちこちで寄付を募るキャンペーンが行われています。

今日のニュースによれば音楽業界もそれに参加!
Live Aid ULS2017 (ULSは新小児病院の略)が企画されてるそうです。

こちらSoundiMTV3ラジオNovaのニュースをまとめると、この企画は「We Are The World - Perfect Day」ってな感じで、5月に発売予定のテーマ曲「Lohtu」をNightwishのフロントマンTuomas Holopainenが担当!
Tuomasがまず作曲をし、Simo Jurek Reunamäkiと一緒に作詞、アレンジ。そのあとReunamäkiがレコーディング、プロデューサーを担当。

こちらのRadio Rockの記事によると、Tuomasはこの曲はタイムレスで、チャリティ用に作った曲というのではなくひとつの独立した曲ということをベースに作ったそうです。

そしてこの5月はじめ発売予定のこの曲には多数のフィンランドの人気アーティスト達が出演!
Cheek, Chisu, Jari Sillanpää, Jenni Vartiainen, Jesse Kaikuranta, Johanna Kurkela, Jorma Uotinen, Juha Tapio, Lauri Tähkä, Lauri Ylönen, Lilli Paasikivi, Matti Salminen, Pekka Kuusisto, Peter Franzén, Riki Sorsa, Samu Haber, Samuli Edelmann に Vesa-Matti Loiriといった顔ぶれだそうです。

このミュージックビデオの監督はDome Karukoskiで、一般の人が撮影した映像をちりばめる構想でただ今そのビデオを募集中とのこと。ほんのささいなことでも人生に価値を感じさせるような映像を募集だそうです。

そして2015年6月にフィンランドではこれまでに例をみない規模のチャリティコンサート「Live Aid ULS2017」を開催予定!
会場に集まった人だけでなくフィンランドのMTVを通じてTV放送も予定されているそうです。

この新小児病院Uusi Lastensairaala 2017支援基金の代表Anne Bernerの話では1985年にBob Geldofが主催したライブエイドをみて心を動かされ、その人々を助けたいという気持ちがずっと心に残っていたそうで、今回のこの新小児病院計画当初から同じような何かをフィンランドでしたいという夢があったそうです。今回のアーティストが一致団結する Live Aid ULS2017プロジェクトはその一部で、フィンランドの音楽シーンに歴史を作ろう!とのことです。

詳しくは5月にこのテーマ曲「Lohtu」とミュージックビデオ公開の時に発表だそうです。

ちなみにこの「Lohtu」(ろふとぅ)には慰安とか気が休まるといった意味があります。

ということでこのフィンランドライブエイド気になります。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ライブエイド Live Aid ULS2017 Lohtu Nightwish Tuomas Holopainen

【編集】 |  10:49 |  Nightwish  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック