2014.02/22(Sat)

Alexi Laiho (Children Of Bodom) ☆ ラジオロックJussi69インタビューにて(その2) 

   Alexi Laiho Radio Rock

フィンランドのラジオロックのDJをしている Jussi69 (The 69 Eyes)のゲストに登場したChildren Of Bodom のフロントマンAlexi Laihoのインタビューその2です。インタビュー映像はこちらを。

Jussi69 来週ツアーに出るんだよね。

Alexi 今週木曜にでる。

Jussi69 じゃこのインタビューを愛すべきリスナー達が聞く頃にはカナダにいるんだな。どのくらいの期間?

Alexi う~んと6週間ちょっとだと思う。

Jussi69 1,2週間前に連絡取ったとき俺のスケジュールにびっくりしてるの聞いて俺の方がびっくりしたんだが、COBのツアースケジュールはすごくハードに思える。俺たちの誰もCOBのようにハードスケジュールでツアーする奴はいないんじゃないか?

Alexi う~ん、すぐには思いつかないが、確かに俺たちハードにツアーしてる。俺はそのことについてはすごくラッキーだと思う。この仕事してて誰も疲れきったなんていう奴はいないし皆ついてきてる。それはとても自然なことなんだ。俺は17歳、18歳ぐらいの時に将来世界中を忙しく周ってやるんだって決めた。そして成人の歳になってからずっと世界中を周ってきた。きっと俺が体験してきたような生き方がどんなものかってわかる奴は誰もいないんじゃないかって思う。

Jussi69 今までにもう今日はライブやる元気がないってことはなかった?

Alexi もちろん時にはとにかく疲れきっててそういうこともある。もう限界で家に帰りたいって思ったこともあるが、今やってることじゃなく他の事をしたいって思ったことは一度もない。

Jussi69 もちろん。じゃ食あたりや熱がでたり疲れきってる時に「Are you dead yet?」って観客に叫ぶ元気はどうやってだす?

Alexi 実際にそんな状況になったことはある。特にライブ開始30分ぐらい前にまだバスの中にいて布団の中で汗かきながら震えて泣いてたり。それでもキャンセルすることはできない。キャンセルってオプションはないんだ。そういう時技術的な問題が出てキャンセルにならないかとひそかに願う時もある。(笑)それは酷いときこえるかもしれないが、ほんとにものすごくしんどい時があるんだ。ステージに出るときが一番しんどいが、そのあとなんとか楽になる。アドレナリンてのは不思議な力をもってるものでもりあがって熱中してくるとしばらくの間しんどいことは忘れる。合間にドラムセットの後ろに行って吐いたりもあったりでもちろん痛い。でもなんとかこなしてこれた。

Jussi69 その状況はよくわかる。俺も病気でライブした経験はある。俺の場合盲腸が飛び出したことがある。それでもライブは続けて終わってから救急車を呼んだんだ。医者からは止められたんだがひとつライブはキャンセルしたがその後また続けた。

ってことです。

誰でも時には病気になってしまうもんですが、ツアー中になるときついですね。

Alexi Laiho Official Facebook

Jussi69 Official Facebook

Radio Rock


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル COB アレクシ・ライホ Alexi Laiho Jussi 69 Radio

【編集】 |  14:00 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
カウンター

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2015.05.23(土) 17:07 |  | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2015.05.23(土) 17:10 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック