2013.07/06(Sat)

Michael Monroe ☆ Ruisrock 2013 Festari-TV 

昨日今年のRuisrock 2013に出演したMichael Monroeですが、そのRuisrockのフェスTVにて昔のRuisrock出演を振り返っています。


 Ruisrock 2013 Festari-TV: Michael Monroe

話の内容は

「Ruisrockではいつも素晴らしいライブができる。Ruisrockではいつもそうだ。
Hanoi Rocks時代の83年の時が面白かった。このフェスに初めて出演の時だった。」

とのことで、

「空港でRazzleが悪臭弾を投げて、税関の係員がソックスとか靴とか調べてるときに一握りほどの悪臭弾が落ちて、ひとつでも酷い匂いなのにそこらあたり一面腐った卵の匂いがして、そこへちょうど同じくWhitesnakeのメンバーがやってきて、これは彼らのためだ思われ、彼ら長いこと引っかかってたよ。俺が去ろうとしたときCoverdaleがやってきて、君が悪臭弾投げたのか?ってきかれて、ごめん。俺のソックスが臭っただけだって答えといた。笑」と。

2000年にソロで出演したときは素晴らしかったとのことで、観客まで2mぐらいの距離をダイビングしたり、マイクのコードがはずれてステージから飛び出しそうになったのをうまい具合につかんだりもしたそうでここのフェスで悪いライブはやったことないと。

Ruisrockの素晴らしいとこは、ここにはマジックがある。フィンランドで最初に開かれたフェスでいまだに続いてる。そして毎年よくなってるよ。Mertsi(主催者)はすごくよくやってくれてる。キートスMertsi!このフェスは夏のハイライトのひとつでもあるし、なにかマジックを持ってる。このフェスが開催されてるルイスサロは素晴らしい場所でもあるしマジックを感じるしなんていうかユニークでもあると。

こちらヘルシンキサノマットの記事によると、去年このRuisrockで50歳の誕生日を祝ったMichaelですが、RuisrockのメインステージにHanoi Rocksで初めて出場してから今年30周年を迎えるそうです。
Michaelは2001年から毎年出演していることになり、今後も続くだろうと。

そしてこちらYleXの記事によると、これまでにシンガーのオーディション番組The Voice of Finlandの審査員コーチを務めたことについて、それがバンド活動を妨げることはなかったそうです。

「目にとまることが増えるってことはよい意外にない。今では次世代の人たちが自分を受け入れてくれるようになり10歳以下の子供も俺に興味もってくれたりもする。例えば電車でヘルシンキにでようとするとそこにかわいい子供達が列を作って俺に会おうとしてくれてたり、70~80代の人が年齢に関係なく俺のスタイルを好きだといってくれる。それはロックに年齢は関係ないってことの証だ。」

「8月終りからまたツアーにでる予定だけど、もしThe Voice OF Finlandが続くなら、自分は出演を続けるだろう。メデアは宣伝にもなり皆の目にとまることになる。」

「タブロイド誌の作り上げた噂は、もし保護する盾がなければ相手をすごく傷つけることにもなる。罪のない人たちを傷つけることのないようプレイベートライフは守ることにしている。くだらない噂が酷いことをもたらすことだってある。悪い報道は最低、ポジティブなのはポップだ。」

とMichael。

Michael Monroe オフィシャル
Michael Monroe Facebook
Michael Monroe Twitter
Michael Monroe MySpace

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock 北欧 マイケル・モンロー Michael Monroe 音楽

【編集】 |  14:49 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック