2013.03/28(Thu)

Jonne Aaron ☆ ソロアルバムからのファーストシングル「Taivas itkee hiljaa」3月29日発売! 

フィンランドのロックバンドNegativeのフロントマンJonne Aaronの歌詞がフィンランド語のソロアルバム「Onnen vuodet」(オンネン ヴオデット / ハッピー・イヤーズ)は4月26日発売!

そのソロアルバムからのファーストシングル「Taivas itkee hiljaa」(タイヴァス イツケェー ヒリヤー / ザ・スカイ・クライズ・サイレントリー)3月29日デジタル発売!

こちらにその曲がUPされてます。


Jonne Aaron - Taivas itkee hiljaa

なんとなく歌詞からこの曲で歌っている8月生まれの男の子はJonne本人のことでは?と思いました。
実際の思い出なのかフィクションなのかはわかりませんが。

自分あまり詩の才能ないもので歌詞をざざっと直訳してみました。細かい言葉のニュアンスは難しいですが、だいたいこんな内容の歌詞です。
それをこのメロディで歌われるとほろっときてしまいます。

Taivas itkee hiljaa

 8月の朝
 この世界に
 男の子が産着にくるまれた
 母は喜びで泣いた
 12歳の時、母と残った
 父が去った時すぐ自分の中でなにかが痛んだ
 傷は時が癒してくれる
 誰かそう言えるようになる時がくる

 そしてそう、空(天)が静かに泣いている、自分の窓の向こうで
 そしてそう、空(天)が静かに泣いている

 堅信スクールの始まった時
 初めて君をみた、
 君は初雪のように美しかった
 早く地に残った
 地元の河川、
 2人でよく朝早く
 一緒に学校に向かった,歩きながら
 家のほうにむかった時
 少女が川でなくなるのをみた

 そしてそう、空(天)は静かに泣いている、自分の窓の向こうで
 そしてそう、朝が夜にかわる、冬がやってくる

 あの時君が何をしていたか
 力尽きた時
 友達たちの周りには涙しか残らない

 そしてそう、空は静かに泣いている

 ここに濃い木のチェスト
 そこの同じ玄関に
 少し座った
 感情が起き上がる

 そしてそう、空(天)が静かに泣いている、自分の窓の向こうで
 そしてそう、朝が夜にかわる、冬がやってくる

 あの時君が何をしていたか
 力尽きた時
 君の思い出の周りには涙しか残らない
 そしてそう、空(天)が静かに泣いている

追加 3月29日フィンランドのMTV3のKorkoen KeraにJonneゲスト出演。このときの映像はワールドワイドにこちらMTV3 Katsomoで見れると思います。

内容は:Tシャツとスエットパンツをお土産に持ってきたJonne。グッズは自分でもデザインしているそう。このスエットパンツ着てるときの女性が一番セクシー?と聞かれ、女性は寝起きが一番美しいと。
ソロシングルの歌詞にある「少女が川でなくなるのをみた」という部分をつっこまれるJonne。この曲は特に個人的な曲で自分の人生のこと、友達の人生のこと、フィクションとそうでないもの、創作するときはすべてが自由だと。
ソロアルバムには多彩な曲が収録されているとのことで、レコ社とシングル曲をきめるとき、曲を作るときはすべてがシングルになるように作ってるのでどの曲でもよいといったそうです。このソロアルバムにはフィンランドのイスケルマのルーツがはいってると。
創作はクレージーとの境界線にあって、この3年ぐらいの間絶えず頭の中に曲が浮かんで、生まれつきクレージーなのにさらにクレイジーになったと(笑)
この夏は70ほどのソロライブが予定されているJonneですが、Vain Elämääで共演したCheekはアイスホール2回公演を完売したことについて、Jonneはダンスステージにたつと。
これまでに3回ソロライブを行って気がついたことは観客がおじいちゃんまで年齢、性別に関係なくいて素晴らしいと。このソロアルバムを子供がきいて気にいて成長すればフィンランドの伝統が引き継がれることになるだろうと。

Jonne Aaron Official Facebook

Negative オフィシャル
Negative Facebook
Negative Twitter
Negative My Space
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  21:20 |  Negative  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
カウンター

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2013.04.04(木) 07:37 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック