2013.01/07(Mon)

ゾンビロック FLESH ROXON 誕生! 

フィンランドはクリスマス休暇も終わり祝日明けの7日から多くの学校で新学期がスタート。
平常生活が戻ってきました。

さてなにか新しいバンドをお探しの方にこんな生きのよいパンクロックバンドはどうでしょう?

北欧のゾンビロックバンド「FLESH ROXON」!
3人のタトゥ男性、ダブルベース、テーパードヘア、パンクロックへの情熱、Bクラスのホラー映画を一緒にすると地獄からの一箱のサイコが誕生、またの名を FLESH ROXON ともいう。

Flesh Roxon Promo

メンバーは
Nicky Rothen- ギター&ヴォーカル
Mr.Willy - ダブルベース(コントラバス)& バックヴォーカル
Peter Cordell- ドラム

ケミ - タンペレを軸に1年ほど前2012年1月に結成されたFlesh Roxonは独自の型破りの地をブラウする。
2010年タンペレのとあるレストランで2人のケミ出身のろくでなしミュージッシャンNicky Rothen と Petri Torkellが現地のベースプレイヤーMr Willyとであったことからすべてがはじまった。
一緒に飲み明かした3人は同じことに興味を示し、ケミ出身の一人が酔っ払って自分に火をつけようとしたときも皆で一緒に笑い明かした。より豊かな経験をした3人はそれぞれの道を歩んでいたものの2年ほど前に再び集まりリアルアクションに入ることになった。
パンクとサイコを愛するケミ出身の2人がプロモ写真撮影のためベーシストなしで突っ立ってるとき、前に会ったベーシストのことを思い出し、タクシー代で彼を呼び出し写真に加わった。プロモ写真撮影も無事終わり、ならばこの3人でバンド結成してやっていこうぜ!ってことになったのであった。

長い音楽経験とそのノウハウを知っているトリオは独自の情熱を臆面なくゾンビロックに集結。
パンクとサイコを愛する者にB級ホラー映画のヴィジュアル的な美しさとスプラッターの世界をテーマに伴えることによりFlesh Roxonの音楽にその姿勢、演奏スキル、騒がしさ、ユーモア、危険性というのものが組み合わさることになった。特に危険性は充分だ。結成後この1年ほどのライブでの人々のいろんな意見に磨かれ、さらにそれはスタジオにも引き継がれ、その結果として現在レコード会社も設立したLive Nationが興味を持ち、それが熱意になりお金をかけてくれることになった。そうなったことによりB級ホラーと良質のパンク、男性ボディ美が爆発したデビューアルバムが今年2013年春に発売となる。

ということでこちらがデビューアルバムのジャケット!

     Flesh Roxon Kansi

そしてとってもユニークなゾンビロックミュージックビデオ「Back From Your Grave」はこちらです。
この終わり方どうやら続きがあるようですね。


 Flesh Roxon - Back From Your Grave

Flesh Roxon Facebook
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  12:33 |  Finnish Bandsの紹介  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック