2012.12/26(Wed)

フィンランドで2000年代もっとも売れてるアルバム! 

クリスマスも終わり今日26日はTapaninpäivä(ボクシングディ)という祝日です。
クリスマスは家族ですごす習慣のあるフィンランドですが、ボクシングディには友達宅訪問もOKなようです。

さてこちらヘルシンキサノマットのニュースにこの2000年代にこれまでに一番フィンランドで売れたアルバムが載ってました。
つい最近このブログでも紹介した事のあるアルバムです。
とにかくすごい人気な用です。

何だと思いますか?

答えはこの下。


【More・・・】





これまで2000年代にフィンランドで一番売れてるアルバムは今年11月16日に発売になったばかりのアルバム「Vain Elämää」!

Vain Elämää kansi

このアルバムにはこの秋放送され大人気を得た同名の音楽バラエティ番組で歌われた歌が収録されています。
この音楽バラエティ番組では7人のフィンランドの人気アーティストたち Kaija Koo、Cheek、Erin、Jonne Aaron、Katri Helena、Neumann、Jari Sillanpää が1週間カントリーハウスに滞在。
それぞれが1日ホストを務めほろっとくるような思い出話とともに他のアーティストがホストの曲を歌うという番組。

11月半ばに発売になったばかりというのにこれまでに 160 000枚の売り上げを記録し、2000年代最も売れたアルバム堂々1位に!
人口弱のフィンランドのゴールドディスク枠が 10 000枚で、そのゴールドディスクの売り上げ獲得も容易でないフィンランドで1ヶ月あまりでこれだけの売り上げは驚異的ともいえます。
それだけこの番組が人気あったということにもなります。

フィンロックファンとしてはこの番組にNegativeのJonne Aaronがでてたのは、お茶の間でも広い年齢層に知られるきっかけになったのではと思うのでうれしい限りです。

このアルバム「Vain Elämää」の第2弾はすでに75 000枚の予約が入っているそうです。

ちなみにこれまでの2000年代最も売り上げの多かったのは2001年に発売になったAnssi Keraのアルバム「Nummela」が約157 000枚、続いて Jenni Vartiainenの「Seili」146 778枚、次にYöの「Legenda」146 502枚とのことです。

このVain Elämää 出演アーティスト7人が一同に出演するコンサートが今月28日と30日にエスポーのアリーナで予定されています。この人気なので盛り上がることだろうと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  15:26 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック