FC2ブログ
2012.11/16(Fri)

Nightwish ☆ その後Anetteとは? 

 Nightwish promo Ville Akseli Juurikkala
  (Anette在籍時のプロモ写真:Photo by Ville Akseli Juurikkala)

先週末本国ヘルシンキHartwall Areenaでコンサート&映画「Imaginaerum」のプレミア公開のあったフィンランドのシンフォニックメタルバンドNightwishですが、こちらフィンランドのメディアMTV3のニュースで10月はじめNightwishを脱退した前ヴォーカルAnetteとのその後を聞かれ、Tuomas Holopainenは以下のように答えています。

代役でVo.をしているFloor Jansenのファンの受けはよいが、中にはAnetteに戻ってきてほしいと思うファンもいてファンが混乱しているのではないか?には

「そういうことが起こらないほうが不思議だ。ただ俺たちは16年間やってきててその間に3回メンバーチェンジがあった。なのでそのことはそんなに大きなことではない。俺たちはソープオペラでも俳優でもなく、バンドだ。一番重要なのは音楽であるべきだ。」

Tuomasの話によればメンバーチェンジの後バンドメンバーの気持ちが軽くなったそうですが、Anetteとの関係を全く断ったわけではなく連絡はとっているそう。

「今後のことを考えたときの実務上のことなどをオルガナイズしている。経済上のことやそれをどうするかとか。必要なことはちゃんと連絡を取り合っている。」と。

そしてこちらフィンランドの国営放送YleXのニュースによると、映画「Imaginaerum」は完成までに5年かかっているそうで、その道中アイデアはかなりかわってきたそうです。

「最初はアルバム収録曲それぞれの短編映画を作る予定であったが、監督Stobe Harjuのアイデアでその最初のアイデアを残したひとつの長編映画にすることになった。とはいえ最初に考えてたアイデアとはかなりかけ離れたものになった。でも最終的な仕上がりはよいものになった。」と。

この映画にすでに脱退したAnetteが出演していることについては

「それが気になるってことはもちろんない。この映画はAnetteがまだバンドにいた1年ほど前に撮影していて、彼女の脱退についてはお互いに納得してのことであってそれ以上のことはないし、映画自体アルバムに基づいてできたもので、そのアルバムではAnetteがヴォーカルをしている。なのでそれが特にどうってことはない。」

この映画が上映されたことについては

「すばらしい気分だ。と同時に将来についてすぐに何か考えなければという気持ちにもなった。これは立ち止まる瞬間ではなく次に進むステップを与えてくれた。今度は2年後どんなことをするか考えなければ。」とのこと。

このNightwishの映画「Imaginaerum」はフィンランドの映画館で11月23日公開予定。
この映画Nightwishのメンバーも小さな役で出演しているそうです。

こちらのニュースによるとこのヘルシンキでのコンサート&映画公開のあとヘルシンキのバーバッカリにてアフターパーティがあり、もちろんImaginaerumワインも登場!盛り上がってたようです。

追加 こちらフィンランドのThe Voiceの記事(11月19日付)に、Anetteが脱退したのは誰のせい?いったい何があったのか?にTuomasが答えています。

「おだててるようでもあるが、このことがそんなに人々の興味を引くというのは俺たちは自分達のキャリアのある時点で感情を惹きつける何か大きなことをやったに違いない。もしヴォーカルがかわって誰もそのことに興味を持たないというのもいやに違いない。

これはプライベートなことであって俺達がそれについて解析する義務はないし、双方の理解の下で起こった離婚のようなものだ。俺たちが知らせるべきと思ったことはすでに知らせてある。それより俺たちの目は将来を向いている。」とのこと。

Nightwish オフィシャル
Nightwish MySpace
Nightwish Facebook
Nightwish Twitter
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  15:07 |  Nightwish  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |