2012.03/04(Sun)

Reckless Love ☆ Olli Herman インタビュー (2012年2月24日) 

Reckless Love promo Ville Akseli Juurikkala
 (Photo by Ville Akseli Juurikkala)

2010年セルフタイトルのデビューアルバム「Reckless Love」をひっさげてデビューすると同時にフィンランドで人気の芸能雑誌Suosikkiの表紙を飾りUKツアーもこなし、80年代L.A.メタルの雰囲気をいっぱい漂わせるキャッチャーな彼らの曲はこちらのTVやラジオでも順調にオンエアー中!

同年日本デビューも果たし早々にLoud Parkで初来日!好調なスタートをきったフィンランドのヘビーロックバンドReckless LoveのフロントマンOlli HermanがヘルシンキのTavastiaで2回公演のあった当日ライブ前に待ち合わせ場所に時間きっちりに現れ笑顔でインタビューに答えてくれた。

【More・・・】

Reckless Love Tavastia 24.02.2012


まず最初にあなたたちのバンドReckless Loveを紹介してもらえますか? 

俺たちReckless Loveはとても気のよいヘビーバンドなんだ。英語で言うとメリーメタル!80年代の影響を受けたポジティブなエネルギーを持った気のよいロックバンド。なぜ80年代かというとほんとのロッケンロールが活きづいていた最後の時代でロッケンロールとは何かってことに気づいたから。それは楽しくもある。少し前に発売になったセカンドアルバムは「Animal Attraction」で、その前のファーストアルバムは「Reckless Love」!この2年間イギリス、ヨーロッパなどいろんな国をツアーしてまわった。日本にも一度いったことあるよ。

あなたたちのセカンドアルバム「Animal Attraction」は去年の10月に発売になりましたが、デビューアルバムは2010年発売で短い間隔で発売になっていますね。その短期間の間にフィンランド国内はもちろんのこと国外もツアーしてまわっていましたが、その間に新しいアルバム用の曲を作る時間は充分にありましたか?

そのアルバムの曲作りやレコーディングに半年ほどかかっていてその半年の間にフィンランド国内で54回ぐらいのライブをやってて、、ウィークディの月、火、水、木とスタジオにはいってて週末金~日にライブをやってた。とても忙しかったけどそれがいい具合にアルバムに現れてると思うんだ。ライブな感じ。あまり手を加えすぎてないというかオリジナルなピュアさが残ってる磨いてないダイヤモンドって感じかな。

セカンドアルバムの曲はすべて新しい曲ですか?それとも昔の曲もはいっていますか?

だいたいは新しい曲なんだけど、たとえば「Animal Attraction」のギターリフは2004年にできていたものなんだ。曲そのものはまったく新しいけどレコーディングの直前にこのギターリフが合わないか?入れてみたらどうかな?ってことでその部分だけいれてみたんだ。まだレコード会社と契約できてないデモ時代の一部を今の曲に取り入れてみるってのはファンにとっても面白いと思うんだ。

では曲はどんなときに生まれますか?

俺たちのギタリストPepeが作曲をして俺が歌詞を書いてるんだけど、Pepeの頭の中ではいつもラジオが鳴ってて随時新しい曲が聞こえてくるんだ。(笑)特に夢によく出てくるんだよ。それで夜起きてマイクにスイッチ入れてアコースティックギター弾きながら歌って録音するんだ。それを俺に渡して俺がそれに歌詞をつけるんだ。

どんなバンドをよく聴いていますか?それらのバンドから影響を受けていますか?

Van Halen、Kiss に Def Leppardo の3つは絶対で、他にも80年代のバンドが好きでよく聴いてる。Mötley Crue、Guns N'Roses、Poison、Winger、Warrant、White Lion、Whitesnake などとにかくいろんな好きなバンドがいるよ。その中でも最初にあげた3つのバンドは特別だ。あとBon Joviからも影響受けてるな。それから今回の「Animal Attraction」には最近のポップ・ミュージックなどからも取り入れてる部分があって、たとえば「Hot」の間奏のギターソロのリズムはBritney Spears風だったり。(笑)他にも「On The Radio」にはほんの短い部分だけどKaty Perryからきたものもある。Lady Gagaから影響受けてる曲もちょこちょこあったりでモダンなポップ・ミュージックを80年代ヘビーとミックスした感じ。

一昨年Loud Park出演で来日しましたが日本に行ったのはその時が初めてですか?

そう。初めての日本で今のとこ最後にいったのがそのとき。でもこれが最後になるとは思わないよ。日本からいつまた来るのって聞かれるんだけど今のとこまだ何も決まってなくて、現在はイギリスに力を入れてるとこなんだ。でも日本から招待がき次第すぐにいくよ。前回の日本はすごくよかったからね。

日本のオーディエンスはどうでしたか?

最初はまだ俺たちのことあまり知らなかったようだけど何曲か演奏したらみんなのってきて気に入ってくれたと思う。日本ではMötley Crueとか今もなおビッグなバンドだと思うし日本で80年代メタルは根強く人気で終止符が来ることはないと思うんだ。

ツアー中はライブ会場とホテル以外でどこかに行く時間はありますか?

あまりないな。もちろん合間にはフリータイムを持てることもあるけどそのまますぎてしまったりで。(笑)

じゃ今までに行ってみたいのに行き逃した場所はいっぱいありますね。

たくさんある。たとえばパリには3回いったけどライブ会場とホテルだけで市内には出たことないし、東京も市内をいろいろ周ってみたかったけどライブの翌日に帰国で午前中ちょこっとまわりを見ただけ。お土産を買ったぐらいかな。
 
日本で何が一番印象に残りましたか?

日本のオーディエンス!日本のオーディエンスは礼儀正しいと同時に熱狂的でもあってすばらしい。なんていうか熱狂的でありながらそれがとってもピュアな印象を受けたんだ。

日本食は大丈夫でしたか?

もちろん。寿司をいっぱい食べたよ!

その昔Hanoi Rocks、最近ではHIMやThe Rasmusの凄腕マネージャーでおなじみの Seppo Vesterinen があなたたちのマネージャーになったニュースを最近ききましたが、どういういきさつで彼がマネージャーになったのですか?

俺たちからきいてみたんだ。(笑)SeppoはThe Rasmusのマネージャーになったのを最後にこの10年ぐらい他のバンドは受け入れてなかったんだ。Hanoi Rocksはずいぶん前の話だし現在はHIMとThe Rasmusだけで、彼は自分が好きで聴くバンドでないと受け入れてなくて、だめもとでとりあえずたずねてみようってことになって。そしたらびっくりしたことに彼俺たちの音楽が好きでマネージャーを引き受けてくれることになったんだ。彼がチームに入ってくれたことはすばらしいよ。

あなたたちはデビューアルバム発売後すぐに国外でツアーがあったりと順調なスタートをきってますが、今回 Seppo Vesterinen がマネージャーになったこともあるし次はアメリカ上陸を狙っていますか?

そう願っているけど今すぐにってことではないんだ。アメリカ市場はとても大きいからいきなりってわけにはいかず時間がかかると思う。まずはイギリスに力をいれて日本にも行きたいし、そのあとでアメリカがどうなるか。(笑)

フィンランドのバンドが国外に進出するときまずはドイツあたりからですがあなた達はいきなりイギリスに進出しましたね。

そうなんだ。ドイツを飛ばしちゃったけどもちろんドイツにもいくよ。

あなた達の「HOT」と「Animal Attraction」のミュージックビデオはL.A.で撮影されていますが、L.A.までいって撮影しようってことになったのは誰のアイディアだったのですか?

「On The Radio」もL.A.で撮影したんだけど、「HOT」のビデオ撮影のときがちょうど去年の今より1ヶ月先あたりで、夏の曲なのに外には雪があって木に葉もないし外で撮影するわけにはいかず、スタジオで撮影するしかないと思ってたときに誰かがL.A.で撮影したら?っていったんだ。歌詞の中にも”Hot like California”ってあるしってことで。そしたらユニヴァーサル側もよし!そうしようってことになって2週間後にはL.A.に飛んでたんだ。信じられないぐらいに話が早く進んだよ。

その3本のビデオはそのときにすべて撮影したのですか?

後の2本は去年の秋に撮影しにいったんだ。

ではL.A.で撮影中に楽しかったこととか思い出に残ってることとかありますか?

現地の有名な伝統的な場所にはすべていったよ。Whisky a Go Goとかね。「HOT」のビデオで思い出に残ってるのはL.A.から500kmぐらいの荒野に撮影に行くのにビデオにも出てくるライトバンを買って運転していったんだ。現地で500ドルぐらいでそんなに高くなかった。朝3時に出発して一日中撮影した後その日の夜11時ごろ帰ってきてくたくたになったな。あ、それからSteel PantherとVan HalenのPanamaをL.A.のHouse Of Bluesでプレイしたんだ。「Animal Attraction」のビデオで印象に残ってるのはBaywatchのシーンが楽しかった!もしL.A.にいったらベニス・ビーチとかサンタモニカ・ビーチには必ず行くと思うんだ。最初サンタモニカ・ビーチに撮影にいったんだけどそこでは撮影できなくて隣のマリブ・ビーチにいったんだ。ビーチにいるのは好きだし、そこで撮影できるなんてすばらしかった。

「Animal Attraction」のビデオには3人のタイプの違う女性がでてきますが、あの女性は同一人物なんですか?

ああ、そうだよ。オフィスシーンではダークヘアー、車のシーンでは大きなヘアーでビーチではブロンド。

それでその現地で買ったライトヴァンはどうなったんですか?

あ、あれは現地に置いてきた。ビデオ監督のとこに置いてきたよ。

じゃ次回行ったときにまた使えますね。

ははは。そうだね。

この春はフィンランド国内ツアーの他いくつかの国外でのライブが入っていますね。夏は夏フェスが待ってると思いますが、さっきも少し話しにでましたが日本に行く予定はいまのところないんですね?

今決まってるのはイギリスのDownloadフェスティヴァルとフィンランド国内はたくさん出演予定で、今のとこ日本の予定はないけど日本にも行きたいし行くことができたらすばらしいな。

夏の後の予定は何か決まっていますか?

イギリスツアーがどこかで入るかもしれないけどまだはっきりしたことは秋になってみないとわからないな。他に予定があるのもあるけど今の段階ではまだ発表できなくて。100%確実に決まったら発表になるよ。

では最後に日本のファンにメッセージを。

くよくよしないで。人生はほんとに楽しいもんだ。俺たちは君たちの人生にサウンドトラックを提供する。俺たちがまだ来ないからってがっかりしないで。俺たちまた行くって約束するから。Hang on!
                    
                                (2012年2月24日ヘルシンキにて)


Reckless Love

Reckless Love promo Ville Akseli Juurikkala
 (Photo by Ville Akseli Juurikkala)

Olli Herman(vo), Pepe(g), Hessu Maxx(dr),Jalle Verne(b)

2001年フィンランドのクオピオで結成。当時はカヴァーバンドをプレイしていたがそのうち自分達で作った曲を演奏するようになりバンド名現在のReckless Loveに。
2005年クオピオがPopcity市に選ばれ他3バンドとともにPopcityツアー、7月末にはクオピオの他のバンドとスウェーデン、ノルウェー、デンマークを周るスカンジナヴィアツアーに。
2007年ヴォーカルのOlliはスウェーデンのバンドCrashdietに前ヴォーカル死亡の後加入するものの2008年7月に脱退。
2009年ドラマー交代。Hessu Maxxが加入して現在のメンバーがそろう。
同年4月ユニヴァーサル・ミュージックと契約。6月8日にオフィシャルシングル「One More Time」、10月15日にセカンドシングル「Beautiful Bomb」発売。
2010年2月24日デビューアルバム「Reckless Love」発売。同年7月には日本でも発売になり秋にLoud Park出演で初来日。
同年11月にはデビューアルバムのボーナストラック付クール・エディションを発売。
2011年10月5日セカンドアルバム「Animal Attraction」発売。日本でも1週間後の10月12日に発売!
80年代L.A.メタルがお好きな方にはとってもお勧め!

Reckless Love Animal Attraction kansi
最新アルバム 「Animal Attraction」 ☆ ボーナストラック付の日本盤についてはこちらを。

最新ミュージックビデオ 「On The Radio」まだの方はこちらを。



 Reckless Love - On The Radio

Reckless Love オフィシャル
Reckless Love Facebook
Reckless Love Twitter
Reckless Love MySpace
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  16:35 |  Reckless Love  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック