FC2ブログ
2006.10/19(Thu)

Mz☆インタビュー♪Bloodpit(2005年7月23日) 

              20061018231543.jpg

Mzインタビュー・バックナンバー第3弾はマンセロックことこれまたタンペレが生んだ4人組ロックバンドBloodpit!ボーカル&ギター担当のMatthauの実のお兄さんはNegativeのギタリストChristus
このインタビューは昨年(2005年)7月にKarkkilaで開催されたSunset Beach Partyフェス会場にてMatthauとギターのPaavoが答えてくれました。
このとき、インタビューを始めようとしたときにあることが起こりました。そのあることとは・・・。

【More・・・】

実は忘れもしないその出来事とは、インタビューを始めようとしたとき、Matthauが手に持っていたビールのグラスを座っていたイスの上において席を立ちました。・・・とそのとき、蚊ににた足の長い虫がぶ~んと飛んできたのをそばにいたPaavoがバチンとたたいてくれたかと思ったら、その叩き潰された虫が落ちたのがMatthauの置いて行ったビールの入ったグラスの中。私達のドリンクを手に持ってもどってきたMatthauに虫のことを伝えると、指でつまんでぱくん!と食べちゃいました。
このとき、彼は大物になるぞ!という予感がしました。
では、インタビューお読みください。

新しいシングル「Platitude」が 発売されたばかりですが、私個人としてこの曲とっても気に入ってます。PVも偶然みたのですが、すごく気に入りました。PVの中で ジャック ニコルソンを演じているのはMatthauあなたですね!?
Matthau- そうそう。僕だよ。「シャイニング」って映画のジャック・ニコルソンを演じてるんだ。自分たちで演じようってことで Paavo(パーボ)とAleksi(アレクシ)が少女を演じてて Alarik(アラリク)がウエンディを演じてるんだ。監督は女性役には美人のモデルさんを使いたかったんだけどね、自分たちで演じてみたかったんだ。それにモデルの女性はノーメークでの出演を断ったのでどっちみちその話は没になってね。ほら、ウエンディはメイクなんてしてないからね。
Paavo- 自分たちで演じたほうがずっとよかったと思うよ。
Matthau- あー、ほんとにそうだよ。自分たちで演じてすごくおもしろかったよ。

「シャイニング」って映画を題材にするというアイディアは どこからでましたか?
Matthau- PVの製作会社のほうから話が出て、いくつかの案をだしてもらってそのなかから選んだんだ。
Pitkäniemiってとこにある精神病院で2日かけて撮影したんだ。
Paavo- とてもこわそぉーなところでね。
Matthau- そうそう。幽霊がでるとかってね。そこの場所の管理人は 夜そこに泊まるっていってたんだけど怖くなってとても泊まれなかったってよ。
Paavo- 僕はあんなとこになにをくれるっていっても絶対に泊まらないな。 

そのPVの撮影でなにかおもしろかったこととかありましたか?
Matthau- PaavoとAleksiが少女を演じてる場面で 血が飛び散ってるとこ、そのときに使われた血ってのがシロップといちごのスープ(フィンランドではよくあるデザート用のベリーをちょこっと煮込んで片栗粉でとろみをつけてお砂糖で味付けした素朴なスープ。)、それに染髪料をまぜてつくったものでものすごいにおいがしたんだ。
Paavo- 冷たい床にねころがって、その上にその作った血をぶっかけられてすごかったよ。水とか加えてなかったから、とにかくねばねばでくっついて ワンピースが脱げなくてね。 切り裂かなきゃならなかったんだよ。
Matthau- そのうえシャワーとかもなくてね。
Paavo- そのひどいにおいをつけたまま車にのらなきゃならなかったよ。

ところで、ワンピース着たのはそのときがはじめてですか?
Paavo-(笑)もちろん、はじめてだよ。
Matthau-(爆笑)いやいや、以前にも着たことあるんじゃないの?

CDジャケットを見るとMatthauとPaavoの名前が作詞作曲ででてますが、主に曲は2人が作っているのですか?
Matthau- まず僕がだいたいの曲の構想を作ってPaavoが手直ししたりメロディーを作ったりとか、2人で半分づつってとこかな。作詞のほうは僕が1人でしてるんだ。

8月にデビューアルバム「Mental Circus」が発売されますが、どのようなサウンドに仕上がってますか?
Paavo- 僕たちのデビューシングルになった曲 「Out To Find You」とはまったくちがったサウンドになってるよ。最初録音するときにテーマにそったものにしようってことで、アルバムのテーマがEvilなんだ。収録されてる曲はこのテーマにそってる曲だよ。
Matthau- あとね、大人っぽいサウンドに仕上がってるよ。

Bloodpitのファンは若い子が多いですよね。
Matthau- あぁ、平均的なファンの年齢は15歳から20歳ぐらいかな。いまのとこはね!

歌詞は英語ですが、国外進出も考えていますか?
Matthau デビューシングルの「Out To Find You」は他の北欧諸国でも発売になったし、来月にはイタリアのベネチアのフェスにも出演が決まってるし、これから先のことはわからないけど他の国にも進出できたらいいなとおもってるよ。

すでに日本にもBloodpitのファンはいますが、日本にも行ってみたいですか?
Matthau-日本にはすでに僕たちのプログを作ってくれてる人もいるし行けることを願ってるよ。

何か知ってる日本語ってありますか?
Matthau- うーーーん、ちょっと待って。(しばらく 考えてから・・・)正直なところなにも知らないよ。なにか教えてよ。
Paavo- Matthau-san。(← 「さん」に注目!)

んじゃぁ、これは。(鼻を指差して)Nenä のことを Hana(鼻)といいます。(フィンランド語で Hana は水道の蛇口。)
Matthau- Nenä が Hana・・・。(と繰り返す・・・)
Paavo- 友達が今4ヶ月間日本に交換留学生でいってるんだ。あと2ヶ月ぐらいしたら帰ってくるから日本語教えてもらえるよ。ところで「ニーハオ」って日本語?

いやーそれは 中国語ですよ。Päivää! って意味です。
Matthau-日本語でMoi!はなんていうの?

それは「Konnichiwa」です。
Matthau-Konnichiwa・・・Konnichiwa・・・じゃぁKiitos!はなんていうの?

「Arigatou」です。
Matthau- Arigatou・・・ Arigatou・・・
Paavo- じゃぁSikaってなんていうの?

「Buta!」です。
Paavo- えっ!? Buta? Buta Buta・・・(といいながら、なにかがおかしいらしくて2人して笑いまくってました。)

そういえばフィンランド語で 「ものすごっく暑い」ってのをSika Kuuma(シカ クーマ)Sika=ブタ、Kuuma=暑い)っていいますが、なんでSikaなんですか?たとえばPossu(ポッス)もブタって意味なのになぜPossu Kuuma(ポッス クーマ)とは言わないんですか??? (日ごろ 不思議に思ってたのでSikaの話題が出たついでに聞いてみました。)
Matthau- Possu Kuumaぁぁ・・・(と大笑い)。ほらSikaはこう大きいやつだよ。Possuは子豚のこと。だから、こーーーんなに大きいんでものすごいって意味だよ。
Paavo- そうそう。ほら普通Sikaは食べるけどPossuは食べないよ。

日本のロックファンをタンペレで洋服とかのショッピングに連れて行くとしたらどこに連れて行きますか?
Matthau- ショッピングかぁ。それならぜったい蚤の市をお勧めだな。

自分でも蚤の市で買い物しますか?
Matthau- もちろん、しょっちゅう買い物するよ。ほら今身につけてるものだってパンツはちがうけど、他のものはほとんど蚤の市で買ったものだよ。いろんなものが見つかるよ。

最近メディアでフィンランド料理について話題になってますが、(イタリアの首相とフランスの大統領がフィンランド料理について暴言をはいたもので・・・) 日本人にお勧め料理ってありますか?
Paavo- ラスキソース!(Jonneのお勧めでもあった脂肪分たっぷりの肉入りブラウンソース)
Matthau- ムスタマッカラ!(これまたJonneのお勧めにもあった血入りブラックソーセージ)
うーーん、なんだろな。わかんないなぁ・・・。そうだ!マッシュポテトとミートボール!かな。

フィンランドで一番美しい場所は?
Matthau- こりゃ難しい質問だな。うーん、Kissanmaa(キッサンマー=日本語に直訳すると猫の国)かな。
僕たちは タンペレの キッサンマー出身なんだ。
Paavo- いいところだよ。
Matthau- Paavoは今でもそこに住んでるよ。
Paavo- あぁ、そこから抜け出せないんだ。(笑)

無人島になにか3つ持っていけるとしたら 何を持っていきますか?
Matthau- ギター、ペン、それから ノート!
Paavo- サッカーボール、ラジオ、プレステ!

TVなかったらプレステできないんじゃぁないですか?
Paavo- あっそうか・・・。
Matthau- おい、ゲームソフトもなかったら できないじゃないかよ。(大爆笑)
(ちなみにPaavoが無人島に持っていきたい3つのゲームソフトはSan Andreas、Pro Evolution Soccer 4 にアイスホッケーゲーム!だそうです。

夏のフェスのあとの予定は?
Matthau-秋になったらライブをいっぱい行う予定なんだ。アルバムも発売されるからね。今までよりももっとたくさんライブを行うよ。それから次のアルバムの曲作りもね。最初のアルバム3枚は間をあけずに早いスペースで出す予定なんだ。
Paavo- ほら、バンドによっては一枚アルバムだしたら次のアルバムは3年後とかでファンに忘れられてしまうかもしれないからね。

今日はどうもありがとうございました。
( 2005年7月23日 フィンランド、KarkkilaのSunset Beach Partyにて。)
スポンサーサイト



【編集】 |  07:04 |  Moi Moi Suomirock ☆ 現地Interviews  | TB(1)  | CM(4) | Top↑

Comment

来た来たーーーーー!!
Bloodpitだーーーーーv-10v-81
しかもPaavo~~~v-238
この写真、PaavoとMatthauって、こんなに身長差があるんですか??
Paavoって案外ちいさいのでしょうか?

そんなことより、突っ込みどころ満載すぎて、どうしましょう(笑)
ドリンクを取ってきてくれたMatthauに感動するも、虫を食べるその行動がよくわからんし。

あのPVのPaavoとAleksiのイカツイ双子のシーン、血まみれで倒れてるところがフラッシュして、ちょっとコワイのですが、あれはイチゴスープなんですね!
ベタベタのまま車に乗り込むふたりを想像したら面白い!

やっぱりムスタマッカラがオススメなのですねぇ。
さすがタンペレっ子ですね。
でもあの色が、なんとも食欲をそそらない・・・。
そんなに「めっちゃおいしい!」とは思いませんでした・・・ゴメン、Matthau。
次回フィンランドに行ったら、ラスキソースに挑戦します!

しかし無人島に持っていくもの、Matthauはアーティストっぽいけど、Paavo、あんたは子供か!(笑)

あ、それから
>ファンの年齢は15歳から20歳ぐらいかな。いまのとこはね!

ハイ!現在ではその倍の年齢のワタクシの心をつかんでますわよv-218

最後に「ぶ~たv-16」がやっぱり聞きたいです!
そんなにウケるなんて、なにかあるのかもしれませんね!
えりこびっち | 2006.10.19(木) 18:16 | URL | コメント編集

>えりこびっちさん、

でました!Paavo!この頃は髪の色がブラウンなんですよ。
身長の差、私もあとで写真見てこんなに差があったんだ~!と驚きました。v-12Matthauが高すぎるのかも知れませんね。

ドリンクをとってきてくれて、わぁ~すごい優しい人だぁ・・・と思ったすぐあと、虫食べて目が点になってしまいました。e-263とっても面白い人のような気がします。

あのPV、Alarikは女装が似合ってるのにPaavoとAleksiはまったく似合ってなくて面白い。あの血も苺スープとかでできてると思えば、なんだかおかしいですね。

そう、タンペレといったらMustamakkaraですよぉ~!ところが実は私もあんまり好きではありません。v-436かなり独特の味がするようにおもいます。
ぜひ今度きたらラスキ・ソース試してみてください。(^-^)

Paavoとプレステは切っても切れない関係かもしれませんね~。しかし、無人島だとまず電気が通ってなさそうですね。e-263

フィンランドって前にでてくるファンって若い子が多くて、その倍以上も歳がある私なんぞはかなり浮いてます。でも、年上のハートe-265もばっちりつかんでたりするよね。

ブ~タって響きがなんだかとってもかわいい!今度えりこびっちさんがPaavoとお会いできるチャンスがあったら、ぜひブ~タのお話をしてみてください。v-290何がおかしかったのかいまだになぞです。v-356
Hiro | 2006.10.20(金) 22:58 | URL | コメント編集

Hiroさん、またまたこんばんは~!
こちらのインタビューは私のBloodpitファンブログでも紹介させていただきました。その節はありがとうございました!
Hiroさんがちょうど映画「シャイニング」がお好きだった事が、話が盛り上がるいいきっかけになりましたよね!私はスプラッタ恐い~(>_<)


そして、えりこびっちさん、こちらでは初めまして♪
日本では大人に人気(!?)のBloodpitですね☆私はPaavoに「Mita" kuuluu?」(フィンランド語で、ごきげんいかがですか)を「Buta kuuluu?」とパロって言って苦笑されました(汗)
とりあえず意味?は通じたようですが☆

Mataleena | 2006.10.22(日) 17:58 | URL | コメント編集

>Mataleenaさん、

「シャイニング」の映画観たときはこわかったですよぉ~!v-12
でもこのPVは怖くなくて、面白いです。最初見たときかなり強烈な印象を残してくれました。BloodpitにやられてしまったのがこのPVなので、ぜひたくさんの人にみてもらえたらなぁ~と思います。「シャイ二イング」見たことのある人には興味深いかも。最後に壁打ち破ってのぞくMatthauの顔、不思議とジャック・ニコルソンを若くしたみたいに見えちゃいます。

このインタビューはMataleena さんのBloodpitファンブログ(オフィシャル!)にも掲載していただいてありがとうございました。

「Buta kuuluu?」ブラピファンの合言葉にしましょうか?v-290
Hiro | 2006.10.23(月) 08:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

☆ BLOODPIT☆ Matthau〈Vo,G〉 & Paavo〈G〉 日本初独占インタビュー! ☆新しいシングル「Platitude」が 発売されたばかりですが、私個人としてこの曲とっても気に入ってます。PVも偶然みたのですが、すごく気に入りました。PVの中で ジャック 
2006/10/23(月) 01:01:08 | Bloodpit Japanese Fan Blog
 | BLOGTOP |