FC2ブログ
2007.01/19(Fri)

バンド紹介☆Don Johnson Big Band 

            20070119115330.jpg

            (Photo by Joseph Rodriguez)
まだ携帯電話が黒しかなく大きくて不便だった1996年頃、Johannes Laiho, Tommy Lindgren & Kari Saarilahtiの3人が高校の音楽教室で知り合い、ブルースのカバー曲を演奏し始めた。2年後キーボード奏者であるLaihoのホーム・スタジオに集まるようになり、その頃新しくジャズとアメリカのポリス・シリーズが大好きなPekka Mikkonenが加わり現在のメンバーがそろうことになる。
当時まだバンド名が決まっていなかったところ、練習場の予約受付のおばちゃんからバンド名を聞かれたときに、Mikkonenの頭にとっさに浮かんだDon Johonson Big Bandがのちにも彼らのバンド名として残ることになる。
2000年自費製作のアルバム「Support de Microphones」は、自分達での地道なプロモーションと、ヘルシンキのバーで偶然に出会わせたGiant Robotのキーボード奏者Kim Rantalaの出会いをきっかけに彼らの名前が広まっていき、自主制作としてはフィンランド国内で最高の売り上げを誇るひとつのアルバムとなった。
その後、Universal Musicと契約。
2003年先行シングルとなった「One MC, One Delay」はフィンランド国内で大ヒットとなりこの曲は2004年に開催されたフィンランドのグラミー賞ともいえるフィンランド最大の音楽大賞「Emma Gaala」で年間最優秀曲を受賞。
2003年に発売になった彼らのアルバム「Breaking Daylight」はフィンランドのオフィシャルアルバムチャート初登場の1位に輝き、3週連続の1位を記録。アルバム売り上げは3万枚を超えプラチナディスクを受賞。
同2004年のEmma-Gaalaでは年間最優秀Hiphop/Danceアルバム賞をも獲得。
2006年、サードアルバム、その名もずばり「Don Johnson Big Band」発売。同年5月に東京で開催されたFinnish Music Days In Tokyo 2006に出演のため初来日を果す。
彼らのサウンドはHiphopのカテゴリーに入れられていそうだが、サクソフォーンやフルート演奏が入るなど、サウンドだけ聴くとジャズぽくもあり、歌の部分だけ聞くとけっこうポップにも聞こえひとつのカテゴリーに入れてしまうことは不可能な気がする。
まだ知らない方はMy Spaceでぜひ試聴してみてください。

そのDon Johnson Big Bandのメンバーは
Tommy Lindgren - ボーカル
Johannes Laiho - ピアノ、シンセサイザー
Kari Saarilahti - ドラム、ギター、ベース
Pekka Mikkonen - サックス、フルート

アルバム
Support de Microphones (2000)
Breaking Daylight (2003)
Don Johnson Big Band (2006)

シングル
One MC, One Delay (2003)
Jah Jah Blow Job (2003)
Road (2006)
Busy Relaxin' (2006)
Private Intentions (2006)
              (2007年1月現在)

Don Johnson Big Band オフィシャル
Don Johnson Big Band My Space
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  19:51 |  Finnish Bandsの紹介  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●666HIM

この じようほう Liinaさんからですか? かのじよは elonkerjuuと unikulbiの たんとうもしています。あした このページの こと かのじよに れんらくします。どうも! いま vares2という えいがが じようえい してますが おもしろいえいがです! かんとくの aleksiと かれの いえで さわいだときは ヘビイのみで えいがの サウンドトラツクは フインランドの ヘビイ オンパレイド... 1ねんまえ くらい のみやで Lordiの れんちゆうと のむ チヤンスが ありました... まだ ゆうめいに なるまえで マスクを してないので だれが だれか わからないけどど たのしい よるでした! Stage lost & foundと いう コース... Mr. Lordiは えいがのブロデユーサーの Markusの かいしやで はたらいてます。 で Lordiが ユーロビジヨンで ゆうしようした あと いちばの コンサートは かれの プロデユース。あのとき いちばに 10まんにん きて まちは こんらん...? バツク ステージに まぎれこめて しあわせ! Kiitos Markus! プライベート ラインの サミーのおくさんは むかし レニンゲラード カウボイーズの サツケと いしよで そのころ かのじよと しりあいでメイデイ イブに f-1の ミカ サロとかと しよくじに きたよる ヒムの コンサートが タバステイアで あつて 1998ねんで それが さいしよの ヒムの ギツグを みた ときです。 Lindeが name listに いれてくれて まだ あんまり ゆうめいでは ないころ....キルシや みんな みにきましたけど だれも しらなくて... そのころは ビイレは あかワインが ひだり て みぎは たばこと いうころ です? すごい コンサート!666HIM! では また...
kabuki-aki | 2007.01.20(土) 09:57 | URL | コメント編集

●kabuki-akiさん、

差出人の名前が書かれてなかったので、誰からだったのかわかりませんが、Liinaさんだったのかな?
おぉ、なんとUniklubiも担当されてるんですね。
ニューアルバム、とっても楽しみにしてるとお伝えくださ~い。
Uniklubiは、フィン語だけど日本でもHIMとかNegativeが好きな人にはけっこう受けそうですよ。v-218
最近映画全然観てなくて「vares2」知らないんですが、映画のサウンドトラックがヘビーオンリーってのはさすがフィンランド!
以前マスク無しのLordiの皆さんと飲む機会があったんですか~?
Mr.Lordiは有名になってから一度週刊誌に素顔がのっちゃいましたよね。でも、他のメンバーの素顔は全然わかりません。
あの優勝祝賀会、TVで観てましたがもう凄い人。v-12大統領とかも来てたし、バックステージにまぎれ込むことができたなんてラッキーですよぉ~!
おっ、っでHIMの初ライブ1998年だったんですね。デビュー当時でまだそんなに知られてない頃ですよね。HIMと出会う運命にあったのかもしれませんねぇ!いいなぁ~。
キルシともそんな以前から知り合ってたんですね。
彼女も有名になったのはTV番組の司会からなのかな?私はあの意地悪な司会者役の番組で知りました。
しかしミカ・サロとかすごい顔ぶれじゃないですか~。もう~すごすぎる!
そういえばVilleは赤ワインが好きだとどっかで読んだことがあります。タバコは今でもステージで離せないようですが、なんとデビュー当時は赤ワインもだったんですね。今はたばこプラス時々ビールですかね?吸いながら歌えるってのが凄いですわ~。
Hiro | 2007.01.20(土) 23:03 | URL | コメント編集

●666HIM

はは... きのう HIMの あたらしい 5きよく ききました! やはり ヘビイでした! とても よかつたです! あたらしい レコードが きたいできます! アメリカの プロデユサーも きにいつて いるそうだから あんまり かわらないと おもいます? HIMの さいしよのタバステイア コンサートは 1996です。そのあと 3かい えんそうしています。Greatest Lovesongsが でたのが 98ねん... ながい つきあいだなあ... では また! 666HIM
kabuki-aki | 2007.01.21(日) 13:58 | URL | コメント編集

●>kabuki-akiさん

きゃぁ~な・・なんと、新曲を5曲聴かれたんですね。いいなぁ~。とってもへビィ~でしたか?
いやぁ~ん、アルバム発売が待ち通しすぎるう~。
HIMの一番最初のTavastiaコンサートは1996年でしたか~。
アルバムデビュー前からTavastiaでライブなんて凄いですよ。やっぱり才能があったんですね~。
akiさんは、そのアルバムデビュー前からのおつきあいなんですよね。もう、これは運命的なものにちがいありません。e-68
Hiro | 2007.01.21(日) 16:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |