FC2ブログ
2010.04/09(Fri)

ラジオ・ロック・クルーズ ☆ The 69 Eyes 他 (Baltic Princess 2010年3月27~28日) 

           Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010


最近少し暖かくなり急に雪が溶けつつあるフィンランドですが、まだまだ雪の残っていた3月の終わり27日(土)と28日(日)にフィンランドのラジオ局Radio Rock(ラジオ・ロック)主催の1泊のクルーズに参戦してきた。最初にこのクルーズを知ったときにはキャビンはもうすでに満席。
ほぼあきらめていたものの出発3日前に1人用と2人用のBキャビンに空きができたとニュースにUPされていた。お~行きたい!
でも一人で参加はさびしいなぁ~と一緒に参加してくれる人を探していたところこちらに留学中の知り合いが参加してくれることになりさっそくキャビンを予約!行くことになった。

【More・・・】

便利にもこの町内を通るこのクルーズ用のチャーターバスがあったのでそれを利用。

ただし出発日には出発ターミナルで17時15分からサプライズゲストのライブがあり私の乗ってたバス到着はそれよりあと・・・で中のターミナルにはいったらちょうどこのライブがおわったとこだった。がくっ・・・。
このサプライズバンドは今年2月に本国フィンランドでデビューアルバムを発売、3月にはすでにUKでもデビュー!
L.A.ロックを感じさせてくれるKuopio出身のReckless Love!ヴォカールのOlli(オッリ)が若かりし頃のマイケル・モンローとディヴ・リー・ロスを合わせて2で割ったかんじで超気になっていたので見逃してがっくり。
このReckless Love7月には日本デビューも予定されているようです。

今回のクルーズは27日(土)18時30分ヘルシンキ発で夜エストニアのタリン到着、船上泊、翌日28日(日)13時タリン発で同日16時30分ヘルシンキ着という1泊のクルーズ。

エストニアはEU国のためパスポートコントロールもなく人でいっぱいの出発ターミナルで待っていると18時ごろゲートがあいた。今回のクルーズ船は2800人乗りのBaltic Princess!

入り口でかもめ(?)のようなマスコットが待ち受けていて入船してくる人と無理やり(笑)写真撮影。この写真はほしい人はあとで買うことができる。
そしてそのあとみんなに配られていたものはコンドーム。(笑)
ちなみに今回のクルーズはK-20 (年齢制限20歳以上)でした。

一休みしたあと6階のバーでなにやらあるみたいだったのでいってみたらホットドック早食い競争がはじまった。
立候補した女性2人と男性2人にラジオ局のスタッフらしきの5人で一人当たり5個のホットドックの早食い競争!
なんと優勝者には今年8月にPoriで行われるSonisphere Festival(HIM、The 69Eyes、 Apocalyptica、Iron Maiden、Mötley Crüe他出演)のチケット2日券をプレゼント!
さて参加者一気にホットドックを食べ始めるかとおもいきや・・・おいおいこれ早食い競争だろ?って疑いたくなるぐらいみんなとろい。
なんかもうゆっくり味わって食べてるじゃありませんか~。
うぅぅ・・・。おいしそう~。おなかすいてたし~。(笑)
女性一人はすでに2本目あたりで退散。
一番に食べ終わったのはラジオ局のスタッフだったので2番目に食べ終わった男性がチケットゲットしてました。司会のJone (ヨネ)さんがこんなに時間かかるなら次からはホットドックは3個にしたほうがいいな・・・といっておりました。(笑)

その後船内を散策。インフォがあるロビーにTシャツやCD等を販売しているテーブルがありその横に4人の男性が手持ちぶたそうに座っていた。通り過ぎた後で「あれ?もしや・・・。」と振り向くとそこにすわってたのはこの日出演のDoom Unitのメンバーだった。
そういえばさっき誰かのサイン会があるとアナウンスがあったなぁ~と思い出した。
ちょうど誰もサインしてもらってる人がいなかったので戻ってそこに用意されていたポストカードにサインしてもらった。

この日のライブは21時から2時30分ごろまでの予定だったのでライブにそなえてカフェで軽く食事。
となりのさっき早食い競争のあったバーでカラオケをやっててそのカラオケをバック・ミュージックに食べることになってしまったけどみんな下手(などと人のことは言えませんが・・・。)で今一テンションが上がらない~。(笑)

さてこの日のタイムテーブルは以下の通り。
 21.00 Herra Ylppö & Ihmiset
 22.30 Kotiteollisuus
 24.00 Doom Unit
 01.30 The 69 Eyes


最初のライブが始まる21時少し前に会場のホールにいってみると今までみたことのあるクルーズ船上ライブとは大違いでステージが大きいのにまずびっくり!しかもなんと2階席もある!
人はまだあまりあつまってなくてステージ前に設置されたフェンスの前には誰もいなかった。

この日のお目当てはトリのThe 69 Eyesだったのでそれまでのバンドは2階席の最前にすわってみることに。
最初のバンドHerra Ylppö & Ihmiset(へッラ・ウルポ & イヒミセット)が始まる頃には結構人があつまってきた。このバンドはMaj Karma解散後ヴォーカルのHerra Ylppö が結成したバンドでフィンランドのTVやラジオでは彼らの曲はよく耳にしていた。
生のライブははじめてだったけどHerra Ylppöのワンマンバンドというかんじで正直いって他のメンバーは全然印象にのこらなかった。このヴォーカルのHerra Ylppö はスキンヘッドでTVやラジオできいてたイメージよりもサウンド的にはロックぽくって彼の動きにカリスマ性みたいなものも感じたもののう~ん個人的にはそれほど盛り上がるほどでもなかった。

       Radio Rock Risteily Herra Ylpö 27-28.03.2010


1時間で彼らのライブはおわり30分休憩。
その休憩時間に司会のJoneさんがでてきてなにやらポエム読みコンテストなるもをしていたけど今一意味不明でよくわからなかった。

2番手に登場したのはフィンランドではかなりの人気をもつメタルバンドKotiteollisuus(コティテオッリスース)だった。このバンドのヴォーカルJouni Hynynen(ヨウニ・ヒュニュネン)はフィンランドの女性にも人気ありフィンランド一セクシーな男性にも選ばれたことがあるほど。・・・とはいえ日本人が一般的にセクスィーなイケメンに想像するタイプとはちと・・・いえかなり違うかも。
スリー・ピースのバンドで私にはどうもどの曲もメロディとリズムが同じように聴こえてしまってずっときいてるとちょっとあきてきた。彼らの人気の秘密はきっとフィンランド語の歌詞にあるのだろうと思う。

50分ほどで終わったと思ったらアンコールがあった。アンコールにでてきたJouniはシャツをぬいでたけど胸がたれてて、うぅ~ん彼がフィンランド一セクシーな男性に選ばれたというのがどうも不思議でしょうがなかった。
もう何年も前になるけどラジオでよくながれてきてて唯一好きな曲があったものの、それを演奏してくれなかったのはちょっとがっかり!

    Radio Rock Risteily Kotiteollisuus 27-28.03.2010


30分の休憩の後登場したのはこのクルーズの主催者Radio Rockのコンテストで優勝して一躍注目を集めたDoom Unit!ロック系のバンドかと思っていたらサウンドは結構ヘビーでちょっとイメージがちがった。
2階席から見てると音はしっかりしているものの地味な感じのステージで途中で観客の最前まで割り込んで一番のってヘッドバンしていたReckless Loveのヴォーカルにばかり目がいってしまった。上から見てると彼が一番目立っていたのである。

    Radio Rock Risteily Doom Unit 27-28.03.2010


45分ほどでこのバンドが終わりこの日のお目当てのThe 69 Eyesのライブにそなえてステージ前に。

すると司会のJoneさんが現れなにやら男の乳首コンテスト(笑)なるものが始まった!
観客からコンテストに参加した男性はシャツをぬいで一人ずつステージに現れ自分の乳首を自慢!観客の反応をみてJoneさんが合格か不合格かを決めていく。(笑)
とはいえ引き締まったボディの方はあまりいなくてどっしり系のかたが大半。

優勝者はどうやって決めたのか今一不明ではあったものの、その発表前にさっきのフィンランド一セクシーな男性にえらばれたことのあるKotiteollisuusのJouniもシャツを脱いでステージに登場。いっしょにでてきたHerra Ylppöと熱い(?)キスをかわすなどして歓声(?)をあびてました。

なんかよくわからないこのコンテストのあとステージ前Bazieのまん前2列目を確保!と思ったらJoneさんがステージにもどってきてRadioRockのネーム入りのネックストラップを観客に向かって投げた!・・・と思ったらそれにつられて酔っ払いネンのでかいお兄ちゃんがとなりに割り込んできたではありませんか。

もうすでに出来上がっていて、たったまま半分寝てるので時々よりかかってきて重い!
しかも最後のバンドともなれば床には割れたグラスの破片がゴロゴロ。それにこぼれたお酒で靴の裏がべりべり床にくっつく状態でThe 69 Eyesの登場を待った。

予定の午前1時30分を少しすぎたぐらいにメンバーがステージに登場!Jussiはドラムの後ろにいくと立って観客に挨拶!いよいよ始まる!

聴こえてきたのは昨年秋に発売になったニューアルバムのアルバムタイトル曲「Back in Blood」だ!
そこへ黒尽くめでサングラスのJyrkiが登場!女性の黄色い歓声と酔っ払いネンの太い歓声がみだれあって飛びかう!
最新アルバムからの曲の合間にこれまでのヒット曲が飛びかう!
「Dead N’Gone」や「Dead Girls Are Easy」などではサビの部分でかなり観客ももりあがっていたもののおなじみの少し前の曲のほうが観客の反応がいいような気がした。

彼らのギターサウンドにはダークながらも繊細な部分をも感じる。最新作ではそれにさらにロック色がぐ~んと強くなった感じだ。
ヴォーカルのJyrkiは2、3曲目あたりからけっこう汗だらだらでマイクスタンドをもちあげ動き回ったりドラム台にあがって腰をふりふり!
途中ステージから下りてフェンス前に出てきたりのサービスも。

ドラムはステージ後ろであまり目立たない存在という場合が多いが彼らの場合はドラマーJussi専用の照明がドラム横に設置されていて時々鍛えられたボディでドラムをたたくJussiを照らしだす。

最初となりにいたよりかかってきて重かった酔っ払いネンは途中で後ろにさがってほっとしたものの、となりになった女性とその彼女の前にいた最前の男性が後ろをふりむいて横でいちゃつくもんでかなりじゃまだった。もうぅそんなことは後ろでやってください。
そこに途中で割り込んできた女性もいたりでとにかくぎゅーぎゅーで押されまくり途中で踏ん張りきれなくなって降参。少し後ろにさがった。

途中でふと後ろを振り向くとなんとななめ後ろに知り合いが・・・。お互いに上に上げたこぶしをひらいて握手して再会を喜んだ。(笑)

本編の最後は「Devils」!
ダークな感じのロッケン・ロールできめメンバーステージからおりると当然のようにアンコールの声がとぶ!
するとすぐにステージにもどってきた。Jussiは飲みかけとおもうビールの缶を最前にいた女の子に体を伸ばして手渡すサービスぶり。
そしてそのJussiにスポットがあたり聴こえてきたのは彼らのライブではおなじみの「Brandon Lee」!お決まりで途中でJussiの不気味な声も響き渡る。

そして最後は?Jyrkiが「今日はこのクルーズ船に2500人の人がきてる。みんなもう眠たいか?」ときくと観客から「Eeeeei」(眠たくない)と声がかえってくる。そして「You wanna ROCK?」とJyrki!聴こえてきたのは彼らの大ヒット曲「Lost Boys」!そうやっぱり最後はこれしかない!って感じで最高にもりあがってこの夜のライブ終了!

           Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

           Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

         Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

         Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

    Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

           Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

         Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

         Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

    Radio Rock Risteily The 69 Eyes 27-28.03.2010

The 68 Eyes セットリスト
 1.Back in Blood
 2.Dead N’ Gone
 3.Perfect Skin
 4.Kiss Me Undead
 5.Gothic Girl
 6.The Good, The Bad & The Undead
 7.Dance d’Amour
 8.Dead Girls Are Easy
 9.Hunger
 10.Feel Berlin
 11.Never Say Die
 12.Devils
~アンコール~
 13.Brandon Lee
 14.Lost Boys

時計の針をみると午前2時30分を少しすぎたとこ。
ライブ中にみかけた知り合いたちと話をしているうちにあっという間に時間が過ぎていった。しかも冬時間から夏時間にかわる夜だったので時計を1時間進ませ午前3時が午前4時に!
といってもただ時計の針を進ますだけで特になにもありません。(笑)

翌日はエストニアのタリンに半日おりることもできたものの、起きてうごきだしたのはお昼頃。(笑)

まずは12時からBingoがあったのでいってみると、あれ?ほんとにあるんかな?ってぐらい人が少ない。(笑)
出てきた司会者もこんなに人が少ないのは初めてだということで参加したい人に手をあげてもらったら必要最低人数に達していなかったものの、2枚買う!って人もいてなんとかすることに。
でも並んでいるうち後から来た人もくわわって4ユーロのBingo券を買う人の列は伸びてきてましたが。

そのBingoはみごとはずれ!でもはずれ券の抽選でRadio RockのTシャツとカラオケDVDが当たったのでラッキー!

そのあとは食事をして免税店で買い物もすませキャビンでまったり。
14時からPeer GüntのライブがありキャビンのTVで時々その様子が映るのでそれをみてたけどやっぱり会場にいってみると最後の曲だった。

ライブあとThe 69 EyesのBazieがいたので話かけようと思ったら別の女の子たちに先に話しかけられ横の方でまってるとPiimä(ピーッマ/サワーミルク)のTシャツを着た気のよさそうなお兄ちゃんに話しかけられ話をしてたらBazieはいつの間にやらどこかにいってしまってました。

    Radio Rock 27-28.03.2010
     (バルト海上にて近くを通った船)

ほぼ定刻の16時30分ごろヘルシンキに到着。皆さんお土産にビールやらお酒類をいっぱい買い込んでゴロゴロとひっぱって帰ってました。中には降りてからの通路で座り込んで寝ちゃってる人も。

いつも家族で行ってたクルーズとは一味ちがったクルーズでなんといってもステージが大きかったのは見応えあったし、ライブがいくら遅く終わっても帰りのバスを気にしなくていいというのはクルーズならでは!

また好きなバンドがでたら参加してもいいな~と思いました。

Ouluからお付き合いいただいたNさん、お疲れ様でした!

追加こちらにそのRadioRockクルーズで出番前のThe 69 EyesのJussi69のインタビュー映像がUPされています。
「Veera haastatteli Jussi69:ä.」をクリック!
最後の方でKotiteollisuusのJouni、司会のJone、HerraYlppöが横からわりこんできて画面を占領してます。(笑)
みなさんかなり出来上がってるようです。


The 69 Eyes オフィシャル
The 69 Eyes My Space
The 69 Eyes Official Mobile Blog
The 69 Eyes Official Twitter
The 69 Eyes Fan Club In Japan

Herra Ylppö & Ihmiset MySpace

Kotiteollisuus オフィシャル

Doom Unit MySpace

Reckless Love MySpace

ランキングに参加中。フィンロック普及を望まれる方クリックしていただけるとうれしいです。キートス!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

【編集】 |  15:26 |  The 69 Eyes  | TB(0)  | CM(7) | Top↑

Comment

お疲れ様でした!
ユルキ、サングラス外して、綺麗な瞳を見せてくれたらいいのに~~~!
ほんと、立派なステージですね!!
そこらのちょっとしたクラブよりも大きくないですか?
しかい酔っぱライネンがもたれかかってきたり、カップルがいちゃついたり、
楽しみ方はそれぞれだけど、最前列じゃなくてもいいじゃないの~!って思いますよね・・・。

ヨネさんは司会業もお忙しそうですね!
カッコイイし人気ありますからねぇ。
わけのわからないコンテストも、おかしい~!
フィンってそういうの好きですね(笑)

凍ったバルト海の写真、素敵!!!
えりこびっち | 2010.04.10(土) 19:29 | URL | コメント編集

>えりこびっちさん

Jyrkiたまたま撮った写真にはなかったんですが途中でサングラスはずしてました。汗でちょっとパンダにはなってましたが、そこがまたかわいい。e-266

で、そう!ステージ大きかったんですよ。
ちょっとしたクラブとかライブのあるバーとかよりずっと大きかったですよ。
2階席もあったし船上だということをすっかり忘れてしまいました。
しかしほんと。フィンランドのライブじゃもう酔っ払いネンはつきものですがもたれかかられると重いわ頭の上にグラス持ち上げられるとこぼれてきそうで・・・。
おまけにとなりで抱き合っていちゃいちゃしてるカップルはいるわでもう後ろいって!と思いました。(笑)

Joneさんは司会業すっかりいたについてますね~。
あのわけのわからないコンテストはほんとフィンランドならではかも。(笑)

お天気は悪かったけど氷が浮かんでてきれいでした~。
Hiro | 2010.04.10(土) 22:56 | URL | コメント編集

こんな素敵なクルージングにお誘いいただいて本当にありがとうございました!
おかげさまでいろんなバンドを一堂に見ることができて、バンドの勉強になりました!!
The 69 Eyesも初めて見ることができて、感激です!!
スキンヘッドの人のバンド(笑)、案外好きだったので、また図書館にCDチェックしに行ってきます~!!
来年もこのクルージングあるといいいですね★
Hiroさんもお疲れ様でした!
なつみ | 2010.04.11(日) 21:34 | URL | コメント編集

>なつみさん

いえいえ、こちらこそ。遠くからお付き合いありがとうございました!
私はどうもThe 69 Eyesの出番が待ち遠しくて他のバンドがあまり目にはいってなかったかもしれませんが(笑)あのスキンヘッドの人のバンド気に入りましたか?新しい発見があったようでそれはよかった!
またCDチェックしてみてくださいね。

このRadio Rock クルーズ9月に第2弾が予定されているようです。
http://www.radiorock.fi/risteily/
Stam1naの名前もありますよ~。
しかしStam1naとユーモアバンドのEläkeläisetって・・・かなりジャンルに幅がありそうです。・・・ってかありすぎ。
でも酔っ払いネンになってしまえばジャンルに関係なく盛り上がりそうな気がします。w
 | 2010.04.12(月) 09:15 | URL | コメント編集

ご無沙汰してスミマセン!!

Reckless Love、私もお気に入りです!!
久し振りにロックスター誕生!という感じ。
ルックスだけでなく、Vo、良い声してますよね。
 | 2010.04.14(水) 15:33 | URL | コメント編集

>???(名前がありませんでした。)さん

Reckless Love私もかなり気になってました。
デビューしたてとはいえヴォーカルのOlliはもうすでにロックスターの風格をもっているので
初心をわすれずがんばってほしいですね。

 | 2010.04.14(水) 19:47 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011.03.28(月) 23:10 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |