FC2ブログ
2020.12/28(Mon)

ApocalypticaのEicca Toppinen ☆ 2ミリオンユーロの損失と失業手当の申請 

Apocalyptica Eicca Tuska 2017

ニューアルバム『CELL‐0』を1月に発売後、フィンランド、アメリカ、ヨーロッパツアーで96都市をツアー予定だったApocalypticaですが、3月12日のフィンランドのトゥルク公演の後、すべてのツアーがキャンセル、延期に。

こちらフィンランドの国営放送YleのサイトでApocalyptica Agency Oyの社長であるEicca Toppinenが今年の状況をインタビューに答えています。



今回のツアーで今のところ唯一となったトゥルク公演は、チケット購入者の3分の一ほどは来なくて、観に来た人たちも出演者の自分達も、いつものようにライブに没頭できないスタートとなり、観客にすべてを忘れさせ没頭できるようになるまで時間がかかったそうですが、最後はみな他のことを考えずライブを楽しめたみたいです。

その時はまだ今後の状況がわからず、いくつかのライブは延期にし、早ければ春中には、遅くても秋にはツアー再開ができるのではないかと思っていたと。

この時Eiccaはすでに別居していて、次の週開けに女優の奥さんとの離婚届を出す予定で、Eiccaの4月は闇の中にいるようだったと。

23年間の結婚生活に終止符を打っただけでなく、他にも失ったものはたくさんあったそう。
今年発売になったニューアルバム『CELL‐0』制作には8万ユーロ(約1012万円)かかり、ローンを組まずに済んだそうです。
その前のアルバム制作には15万ユーロ(約1898万円)のローンをくんだそう。
これから始まるツアーのためすでに4万から5万ユーロ(約506万円~632万円)ほど費用を費やしていた。
ツアーするには、クルー、サウンドミキサー、照明、トラック1台分ぐらいを担当するテクニシャンと自分達だけではない。
飛行機代、ホテル代、人件費など1週間ベルリンでかかる10人の費用は1万ユーロ(約126万円)ほど。

昨年度のApocalyptica Agency Oyの売り上げ金は412 000€(約5213万円)で、今年はツアーのおかげで2ミリオンユーロ(約2億5千280万円)、来年は1ミリオンユーロの予定だったものの、ツアー延期で予想が大きく外れてしまった。
ツアーができないかわりに春にストリーム配信をしたが、それもそれ専用のスタッフを雇わなければならなく、それで収入を得るのはなかなか難しい。
今年すでに4回ストリームライブを行ったが、提供が多くて、だんだん熱意が下がってきたとのことで、今後は素晴らしいアイデアに出会った場合のみ行う予定とのこと。

今年は何も買わない日がつづいていて、ジョギングに出る時も10年前に買ったものを身に着け、新しく買ったものはニット帽だけ。
今現在、貯金とたまに入る奨励金で生活をたてていて、ローン返済は休止中。
ヘルシンキとSipooの境界にあった仕事場として借りていたコテージは光熱費を含めると年間1万ユーロ(約126万円)ほどかかるので、あきらめ引っ越した。(リハーサルルームを小さい場所に引っ越しをしていたのがそうでないかと。)

Business Finland から支給された奨励金7万ユーロ(約885万円)で、メンバー4人の2か月間の給料を払い残りの利用法は公開できないよう。

今年はコロナで特別に起業家でも3か月分2100ユーロ(約26万円)の失業手当を申し込むことができ、支給まで3か月かかり、支給されたと思ったら、これまでの年の著作権料が入り、失業手当は返金しなければならなかったそう。

若いころからアルコールを飲むようになり、だんだん飲む量が増え、アルコール依存症になってしまい、よいことより悪いことの方がうわまわってきたことに気が付き、この2年ほどはアルコールをたっているそうです。
業界では競争率が高く、酔っぱらってステージに立ったライブに観客はチケット代は払いたくない。ステージに立つ以上体力的にも精神的にも良いコンディションであるべきだということで、今はメンバー全員ほぼアルコールは断っているそうです。

コロナで仕事がなくなり時間ができたので、少年時代からの夢だったボクシングの趣味を始めたそうです。

というわけで、ざっと訳してみましたが、ツアーができなくなった今年はクルーなども含めミュージッシャンの皆さんは経済的にもかなりの打撃を受けているようですね。

マーちゃん買うなり、ストリームがあればチケット買うなりして、自分のできることでサポートできたらいいですよね。
ということで、ささやかながらも今年はほとんどライブにも行ってないのにバンドTは増えていっています。

今後のコロナの状況がまったく予想できませんが、ワクチン接種も始まったので来年だんだんと落ち着いてきて少しづつでも生ライブが復活してくることを祈っておきましょう。

ちなみにフィンランドの音楽組合の加入者へのアンケートでは96%のミュージッシャンが、今年ツアーがなくなり同じように仕事をなくしたと答えているそうです。
フィンランドの生音楽の輸出が今年は75%ほど減り、世界的に名が知れてる人達に曲を提供しているAlma MiettinenやTeemu Brunila をのぞいて、状況はかなり厳しい年となったようです。
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロメタル Apocalyptica Eicca Toppinen エイッカ 新型コロナ

【編集】 |  12:42 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2020.12/27(Sun)

Reckless LoveのOlli HermanデュオのアコースティックライブをヘルシンキのHRCよりストリーム配信! 

Reckless Love Olli Herman HRC Helsinki

セルフタイトルのデビューアルバム発売から10周年を迎えたReckless Love はその10周年記念ツアーを今年行う予定でしたが新型コロナで延期になり、夏にライブをストリーム配信したのに続き、今夜12月27日(日)20時(日本時間12月28日3時)よりオッリ・ヘルマン・デュオとしてヴォーカルのオッリ&ギタリストのペペのアコースティックライブをヘルシンキのHard Rock Cafe よりストリーム配信します。
チケットは9.99€(+手数料)で、こちらSemiLiveのサイトで購入でき、ストリームのアーカイブは48時間観ることができます。

チケット購入後登録したメールアドレスにストリームが観れるサイトのリンク(アカウント作成の必要あり)と観るために必要なコード番号が届きます。
最新情報ではライブ後ZOOMでミート&グリートがあるそうです。
残念ながら、私はパソコンにZOOMが入ってないので無理ですが、できる方はぜひZOOMチャットに参加してみてくださいね。

Reckless Love Olli Pepe Tavastia

オッリ・ヘルマンはフィンランド語の歌詞でソロ活動もしていますが、Reckless Loveとして今年の夏ニューシングル「Loaded」をリリース。来年3月に延期になっていたUK&ヨーロッパツアー”MERRY METAL MADNESS TOUR”はさらに2022年に延期になっています。
先月フィンランドのTV番組に出演したオッリ・ヘルマンは今年ミュージカル出演が予定されていた他、Reckless Loveとしては100公演ぐらいのライブが予定されていたものの、すべてキャンセルまたは延期になってしまい、今副業としてヘルシンキの小中学校の臨時教師をしているとのことで、算数から宗教まで何でも教えていると語っていました。この出演時にはぺぺと一緒に「Loaded」をアコースティックで披露していて、その時の映像はこちらフィンランドの国営放送Yle Areena にて、残り10ヶ月ほど観ることができます。
この出演については以前おしらせしたこちらを!
フィンランドのTVでReckless LoveのOlliとPepe アコースティックライブ披露!コロナで始めたOlliの意外な職業は?

新しくReckless Loveオンラインショップもできてます。要チェック!



バンドのFBページのバンドメイのスペルが一つたりないのは、1度FBを乗っ取られ、乗っ取った人がバンド名を変更してしまったからだそうです。早く戻るといいのですが。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック メタル Reckless Love Olli Pepe Hard Rock

【編集】 |  17:50 |  Reckless Love  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2020.12/14(Mon)

マイケル・モンローとアンディ・マッコイの最近の仲は? 

Hanoi Rocks
(2007年9月5日Hanoi Rocksから『「Street Poetry)が発売になり、ヘルシンキのAnttilaでサイン会があったときの写真です。)

こちらフィンランドの日刊紙に「マイケル・モンローとアンディ・マッコイの最近の仲は?」という記事があったので紹介してみます。



先日フィンランドのSuomiRockラジオが開催したEläköön SuomiRock Gaala でバンドの功績をたたえられてElämäntyö(エラマントュオ)賞をHanoi Rocksが受賞!
新型コロナのためMichael Monroe、Andy McCoy、Sami Yaffa、Nasty Suicide の4人はリモートで授賞式に参加しました。
その時の映像です。



上記日刊紙のマイケルの話によると、この前最後にこの4人が顔あわせたのは、Demolition 23のヘルシンキTavastia公演でのことだったそうです。Andyをジャムセッションしないかとステージに呼んだのが最後。その時のドラマーはJimmy Clarkだったものの、他の4人はそろってたとのこと。それ以来この4人が同時に集まることはなかったそうです。

「評価されたってことはとっても嬉しく感じる。俺たちはいろんなことでポジティブな影響を与えたことは確実だ。こういう賞を受賞するのはとっても素晴らしい。」
マイケル・モンロー

それに対してアンディは
「この賞は自分には特になんの価値も感じない。ロックンロールの世界の発展にHanoi Rocksが影響を与えたことに気が付かないやつがいたらそいつは盲目だ。」
とのこと。今更何言ってるんだってとこでしょうかね。

この受賞をきっかけにHanoi Rocksが復活するのではないか?という噂については
(ちなみにそんな噂があったことは知りませんでした。)

マイケルの答えは
「ノーといっておく。
これにはHanoi Rocks再結成の話はない。俺とアンディの仲が戻ったのではないかという話を耳にすることがあるけど、仲が戻るもなにもない。なぜなら喧嘩して別れたわけではない。アンディとはもう10年以上もただ特に関係がないだけだ。

80年代に一緒にバンドを始めた。そしてバンドのドラマーがなくなりサミが脱退したので、バンドを維持することができなかった。その時に道が分かれはじめ、ソロ活動をはじめ、うまくいった。」

90年代半ばにアンディはアンジェラとフィンランドに戻り、その後マイケルも戻った。

「アンディはベランダから落ち、奇跡的にも助かった。アンディは歩くリハビリを始め、おれは最初の妻がなくなったことから立ち直ったとこで、2000年初頭にHanoi Rocksの4枚組CDボックス発売記者会見で再び会った。 アンディは俺の曲を評価してくれるようになり、フィフティフィフティで曲を作りはじめ俺たちの関係はよくなった。

復活したHanoi Rocksを自分の人生最後まで続けようとさえ思っていた。もしそれが楽しければね。でも途中でそうではなくなった。個人的な問題が関係してきて、昔のことを掘りだしたくはない。結果的にこれ以上続けないことになった。

アンディに何度も、もう辞めたいのか?って聞いた。そうこうしてるうちに俺なしではなんぼでもないみたいな態度になってきた。俺じゃ物足りないんなら、ソロ活動していいと思い始めてきた。その時点で、楽しいライブになるか、悪夢のライブになるかわからないままツアーに出る気にはならなくなった。」

そのあと日本、イギリス、ヘルシンキのTavastiaでフェアウエル公演をやってバンドは終止符を打った。

アンディは
「バンドメンバーの間でお互いに問題はなかった。

お互い何を思っているかわかるぐらいの関係だった。13歳のころからの友達で、親が違う兄弟のようなものだ。意見が違うことがない兄弟なんてのもあり得ない。」

「Netflixで上映されたMötley Crüeについての映画『The Dirt』にはいらいらした。映画の中でRazzleがなくなる事故にあう前、Vince Neilのカリフォルニアにある大きな住宅でパーティしていたように描かれてたが、実際はRedondo Beachの2ルームの小さな住まいだった。」
そうで、Sami Yaffa, Tommy Lee、Vinceの妊娠中の彼女とAndyは酔いつぶれていたようです。

「俺はそこでVinceをのぞいて生きてるRazzleを見た最後の人だった。また後で会おうといったのが最後だった。

皆この事故で重傷を負ったのが他にもいたことを忘れてしまっている。事故した相手の車に乗っていた2人のティーンエージャーは首から下が一生マヒしてしまったんだよ。」

その2人が今一緒にエキサイトしていることが!
Hanoi Rocksのアルバム『Oriental Beat』の紛失していた一番最初のテープが見つかり、1982年にミキシングがよくなったこのアルバムをミキシングし直してるそうで、2021年春頃に、このアルバムが元々こうであるべきだったアルバムになり再発売になる予定だそうです。

「そのアルバムは俺たち抜きでミキシングされ、そのためカオスになり俺たちのキャリアが2年間スローダウンになった。」
とAndy。この新しいOriental Beatアルバムのギターはもっとかっこよくなっていると。

MichaelはSamiとNastyは今でも仲のよい友達だそうです。

「もしAndyと仲の良い友達であったなら、リボーンのHanoi Rocksを続けていただろう。もし自分にとっていい奴じゃなかったら関係は続かない。怒りだって持っていればつらい感情がこもっているが、そういう感情はもってない。

Andyとは必要に応じて連絡を取る。Hanoi Rocksの名前は2人で持っているから、どちらか一人で決めることはできないし、決めようとも思わない。」

というわけで、ざっと訳してみましたが、2人は特に喧嘩別れしたわけでもないし、親友ではないもののなにか用事があれば連絡を取ることもあるという関係でしょうかね。
この記事を読むと、今のところHanoi Rocksの復活はありそうにはないですね。

とりあえず新しくミキシングされた『Oriental Beat』の発売を待ちましょう!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Hanoi Rocks ハノイロックス マイケル・モンロー アンディ・マッコイ

【編集】 |  15:27 |  Hanoi Rocks  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2020.12/12(Sat)

アンディ・マッコイバンドのミニ・ドキュメンタリー「Andy McCoy、The AM Band」公開! 

Andy McCoy Promo 2019

Andy McCoyと彼のバンドについて、バンドのテクニシャンであるレオ・クレチメル(Leo Krechmer)は新型コロナで仕事がなくなった時間を利用して、ミニ・ドキュメンタリーを制作しました。題して「Andy McCoy、The AM Band」!

撮影は今現在Andyが住んでいるこの小さな田舎町のレコーディングスタジオです。
夏に新型コロナ感染が少し落ち着き、いくつかのフェス開催が可能で、そのフェス出演前にこの町内のスタジオでリハーサルがありその時に撮影されたものです。

このドキュメンタリー、設定から英語、フィンランド語、ロシア語、そして日本語字幕を選ぶことができます。
機会あって日本語訳を担当しました。ぜひ観てみてください。


Andy McCoy, The AM band

詳しくは こちらBURRN! Onlineのニュースもチェックしてみてくださいね。



Andy McCoyバンド:
 Andy McCoy:ヴォーカル&ギター
 Dimi Dallas:ギター
 Matthew Janaitis:ベース
 Christian ”Tikka” Wentzel:ドラム
 Johnny Crash:キーボード

AndyとベーシストのMatthewにこの町内で会う機会がありました。
Andyからのメッセージを BARKS【連載】Hiroのもいもいフィンランドに書いたのでぜひ読んでみてください。



この会って話を聞いた時点では、11月にスタジオ入りしてニューアルバムのレコーディングをして、来年早いうちに発売したいと語っていましたが、それは多分2月に延期になっていた来日公演を頭に入れてのことだったと思うので、来日がさらに延期になってしまい、予定も変わってきたのではないかと思います。
年内に前作からもう1本MV公開予定だとも言ってましたが、これもコロナで予定していた撮影が延期になったのではないかと思います。

BURRN! Onlineの方にもニュース載ってるのでのぞいてみてください。



日本のファンが大好きで、来日を心待ちにしていました。
新型コロナでなかなか先の予定が立たないですが、早くコロナがおさまり普通にライブができる日が戻ってきてほしいですね。
ニューアルバムの曲もできているようなので、楽しみに待ちましょう.。

さて余談ですが、このブログではおなじみのアンディ・マッコイバンドのMatthew Janaitisですが、自分のインスタで先日料理のライブストリームをやってました。
彼はビーガンなのでメキシコ料理のビーガンブリトー!
興味ある方観て挑戦してみてください。



男性で料理するっていいですよね。肉食べない私からするとビーガン料理ってのがまたいいです。
そういえば会った時にアンディも料理が好きだといってました。泊ってたマシューに手料理を作っていたとかで、どんな料理だったのか聞かなかったけど気になります。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  01:12 |  Andy McCoy  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2020.12/08(Tue)

Michael Monroe ☆ スキー事故で重傷を負った友達に捧げるチャリティ・シングルリリース! 

Michael Monroe Fight Back Blues

10年前フリースタイルのスキー事故で脳損傷を負ってから、元の生活を取り戻そうとリハビリを頑張っているPekka Hyysalo(ペッカ・ヒューサロ)と6年前にチャリティイベントで知り合い友情を深めてきたMichael Monroeは、この秋30歳を迎えたPekkaに彼に捧げる曲「Fight Back Blues」を作ってアコギを弾きながら彼に披露したところ、とても感動され、急きょレコーディングしてチャリティシングルとしてリリース!

ベースにSami Yaffa(サミ・ヤッファ)、ドラマーにJussi Vuola(ユッシ・ヴオラ)、ヴォーカル、ギター、ブルースハーブをMichaelが担当!

この曲を聴いたり、観たりすることで得られる収益金はすべてPekkaの身内が脳損傷を負った人たちの支援に設立した「Fight Back」基金に寄付されます。

🎧聴くのはこちらから!

見るのはこちらYouTubeで!


Michael Monroe - Fight Back Blues

詳しくはこちら BARKS【連載】Hiroのもいもいフィンランド を読んで見てくださいね。
Michaelも含め、皆がきいて涙ぐんでしまったPekkaの言葉もあります。



Michael Monroeは毎週木曜夜にライブ映像を公開しています。
そのことについて詳しくはこちらBURRN! Onlineを。



Michael Monroeは12月4日にタンペレで予定されていたSami YaffaとLindeとのアコースティックライブをストリーム配信予定でしたが、新型コロナの新たな制限によりライブ開催が困難になり、1月30日に延期になりました。
その頃にはライブ開催が可能であればいいですが、今現在先はよめないので、このストリーム配信についてはFBのこちらイベントページや会場のG Livelab Tampereのサイトなどで今後の情報をお確かめください。



そしてこちらMichael Monroeのインスタの投稿によると、この「Fight Back Blues」のTシャツが12月10日に発売になるそうです。ただスペシャルエディションで50枚限定!
とてもゲットできそうにないので、人気に答えて追加でますように 🙏



まずはこのチャリティソング「Fight Back Blues」を聴いたり観たりして寄付しましょう!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Michael Monroe マイケル・モンロー Fight Back

【編集】 |  13:23 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |