2017.12/26(Tue)

HIM 最後のHelldoneいよいよ明日スタート! 

HIM Helldone 2017

フィンランドの超大物メタルバンドHIMが今年で解散を発表!この秋国外でのフェアウエルツアーを行ってきましたが、いよいよ明日からHIM最後の母国フィンランドツアーがスタートします。
HIMが年末年始ヘルシンキのTavastiaで行っているHelldoneが拡大。オウル、タンペレ、セイナヨキを含む5会場でフェアウエルとなるHelldoneが開催になります。チケットはすべてソールドアウト!

日本から観に来られる方もいると思いますが、特に明日のヘルシンキのアイスホール(Jäähalli)公演の入場にご注意を!

2017年12月27日Helldone アイスホールタイムテーブル:
 ドアオープン : 17.30
 Jimsonweed : 18.40 頃
 The 69 Eyes : 19.40 頃
 HIM : 21.00 頃

タイムテーブルに『頃』とあるのはフィンランドらしい。
スタートが遅れる可能性は大なのでそのつもりで。

最終日のTavastia公演もそうですが、チケットに購入者の名前が入っています。
これまでも年末のHIMのTavastia公演では名前入りのチケットのこともありましたが、IDチェックはされなかったという返信もいただきましたが、今回このアイスホールは主催者がLive Nationと大きなプロモーターで、チケット購入時にチケットに名前が入り、入場の際に本人確認が行われると告知されていましたが、FBのイベントページにこの名前入りのチケットについてよく質問が入っているのですが、チケットの名前の変更はできないということ。
これはチケット即完売が予測され、高額転売を防ぐためバンド側からの依頼だったそうで、入場の際チケットに記載されている名前と入場者の本人確認が入るそうです。顔写真付きの名前がわかるパスポートなどの身分証明書を持参してください。
チケットにはチケットを購入した人の名前が入るため、複数のチケットを購入していた場合、すべてに購入者の名前が入っているため、そのチケットに名前が入ってる購入者と一緒に入場する必要があります。
どのくらい厳しいのかはわかりませんが、ネットなどの転売で購入され、チケットに名前がある人が入場しない場合は、入場できない可能性もあるのでお気をつけください。
何人かのチケットを一人が購入した場合、前がとりたいため早くから並びたい人と、早くから並びたくない人がいる場合どうするんだ?って質問をしてる人がいましたが、チケットに名前がある人と一緒に入場してくださいということでした。
そして、本人確認に時間がかかることが予想されるため、早めに会場に到着するようにとのこと。
まだ並べる時間の規制は見かけませんが、規制が出なければフェアウエルということもあり、国外からのファンも多いと思うので、朝早くから並ぶファンもいるかもしれません。
アーリーエントリーチケットも出ていたので、それをお持ちの方はチケット販売サイトから入場のお知らせが届いているのではないかと思います。
普段私がよく行くフィンランドのバンドのライブではたとえ最前でもそれほど押されることはないのですが、HIMの場合、国外からの熱狂的ファンがたくさん駆けつけると思うので、一般チケットの入場が始まると押される可能性あると思います。
押されるだけでなく、無理やり体当たりで割り込もうとする人もいるかもしれません。
夏にHIMが出演したTuskaフェスでは、それほど前でもなかったのに、国外ファンの体当たり割り込みとかひどくてかなり迷惑でした。
フィンランドでも酔っ払いネンの迷惑な人はたまにいますが、ライブ会場でのマナーは国によってさまざまかと思います。
その点お気を付けください。

明日のアイスホールは私も行きますが、最初スタンディング券だけ発売だったのが、即完売のためスタンド席が即発売になり、スタンディング券がとれなかったためと思われ、突然現れたスタンド席をゲットできたので、スタンド席から眺めます。

少し前のインタビューでHIMのVille Valoは解散後もメンバーそれぞれ音楽を続けるだろうと。
Ville本人は、別のバンドを組むのか、ソロ活動するのかまだはっきりはわからないようです。
こちらのHelsingin SanomatのインタビューでVille ValoはHIM 解散後新しいプロジェクトがうまくいかなくてお金が必要にでもなったら2024年のRuisrockに出演するかも?とジュークを言ってます。
フィンランドでは最近、人気絶頂のアーティストが活動休止宣言をして大々的にフェアウエルコンサートを開いた後、しばらくして活動再開もよくあるので、HIMの場合はわかりませんが、再結成の可能性もゼロではないかもしれません。

Helldoneいける方は最後HIMの世界に思いっきり酔いしれてきてください。
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル HIM フェアウエル Helldone The 69 Eyes アイスホール

【編集】 |  12:58 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.12/25(Mon)

フィンランドのバンドからクリスマスメッセージ! 

クリスマスももう終わろうとしてますが、フィンランドロックバンドReckless LoveSanta CruzTemple Ballsからクリスマスの動画メッセージを最新の『BARKS【連載】Hiroのもいもいフィンランド』に掲載してます。
ニューイヤーメッセージ付きもあるので、ぜひのぞいてみてくださいね。こちらです。




Reckless LoveのOlliとPepe。ヘルシンキのTavastiaにて。
Reckless Love Olli Pepe Tavastia

Santa Cruz。ヘルシンキの人気ロックバーThe Riffにて。
メッセージ動画撮影時、ArchieはThe Local Bandのリハーサル中で不在でしたが、最後の写真撮影には間に合いました。
Santa Cruz The Riff

今年のLoud & Metal Maniaで来日したTemple Balls。来日前10月のヘルシンキNosturiにてJimi、Arde、Nikoの3人。
Temple Balls Jimi Arde Niko Nosturi

そのほかにロックファンお勧めのクリスマスソングも紹介してます。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Reckless Love Santa Cruz Temple Balls BARKS

【編集】 |  16:37 |  Reckless Love  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.12/16(Sat)

Temple Balls ☆ デビューアルバム『Traded Dreams』日本盤発売! 

Temple Balls Traded Dreams kansi

先月東京で開催されたLoud & Metal Maniaで初来日を果たしたフィンランドの若手ハードロックバンドTemple Ballsの本国フィンランドでは今年2月に発売になったデビューアルバム『『Traded Dreams日本盤ワードレコーズより発売!
日本盤にはボーナストラック3曲収録されています。

Traded Dreams日本盤収録曲
01. イントロ
02. オフ・ザ・グリッド
03. フリーク・フラッグ
04. ヘル・アンド・フィーリン・ファイン
05. ウィ・スタンド・トール
06. マッド
07. レッツ・ゲット・イット・オン
08. ハング・オン
09. ライド・アロング
10. シックス・ウェイズ・トゥ・サンデー
11. アンダー・マイ・フィート
日本盤限定ボーナストラック》
12. ホール・ロッタ・ロージー(AC/DC カヴァー)
13. マッド(デモ)
14. シックス・ウェイズ・トゥ・サンデー(デモ)

今年の夏ボーナスシングルとして発売になったAC/DC カヴァー曲「ホール・ロッタ・ロージー」が収録されています。

アルバムジャケットのイメージではメタルですが、曲はエネルギッシュな80年代を思い出させてくれるようなハードロックです。
ぜひ手に入れて聴いてみてください。
自筆サイン入りカード付限定セットもあります。➡こちら



先月来日時の様子をまとめたビデオも公開になってます。
まだの方こちらです。



日本滞在とっても楽しんだようであります!



まだまだ若いのでこれからの活躍に期待!注目を!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック ハードロック Temple Balls テンプル・ボールズ Traded Dreams 日本盤

【編集】 |  13:26 |  Temple Balls  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.12/10(Sun)

Negativeの元ギタリスト Sir Christus 亡くなる 

Negative

12月7日の深夜、え、嘘だろ?っていうような情報をFBで見かけたんですが、うそではなくほんとでした。😢

今は活動休止中ですが、Negative元ギタリストで知られるSir Christus が今年2017年12月7日に39歳の若さで亡くなったニュースが伝わってきました。

NegativeのFBにもアップされました。



あちこちのメディアで報道されてましたが、死亡の原因などは報道されてません。







まさかのニュースでほんとにショックで悲しいです。😢

自分がとったChristusの昔の写真、いくつか集めてみました。

Negative

Negative

Negative Sir Christus

Negative

Private LineのJackと。
Negative Sir Christus Private Line Jack

Negative Sir Christus

Negative Sir Christus

そのうちこのメンバーでNegativeの活動再開してほしいという願いは残念ながらもうかなわなくなりました。
Negative

Rest In Peace Sir Christus 💙

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Negative 元ギタリスト Sir Christus クリストゥス 死亡

【編集】 |  02:46 |  Negative  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2017.12/08(Fri)

Ilari Hämäläinen ☆ 2枚のアルバム『Varjo』(影)と『Valo』 (光)本日発売! 

Ilari Hämälainen Varjo Valo

2009年のフィンランドフェストで来日したことのあるフィンランドロックバンドNakedを覚えているでしょうか?そのNakedでベースを担当していたIlari Hämäläinenイラリ・ハマライネン)ソロアーティストとして歌詞がフィンランド語の2枚のアルバム『Varjo』(影)と『Valo』 (光)本日発売!
・ 『Valo』 (光)にはフィンランドのアーティストやバンドのカヴァー曲を収録。原曲が英語の場合フィンランド語に訳されフィンランド語の歌詞がついています。
・ 『Varjo』(影)には自分のプライベートなことを歌にした自分の作った曲が収録されています。

「この2枚セットの『VALO』 & 『VARJO』アルバムのアイデアはいろんな段階で浮かんできて、その一つはクルーズとかいろいろなイベントでパーティバンドの中でカヴァー曲を演奏してきたミュージッシャンとして。一つは音楽業界でカヴァーバンドアーティストとそうでない正真正銘のアーティストの間に生まれる違いをどの段階かで突き破ってやりたいというものだった。60年代は皆カヴァー曲をやってて今とは時代が違った。最近は自分でつくった曲を歌わないアーティストが多い中、差をつけられるのに納得がいかなかった。」

「自分は典型的なフィンランド人男性で、自分の気持ちや考えを話すことが苦手だ。なにか口に出すと、失敗しそうに感じた。なのでそれを曲に託して歌うことにした。そうすることで新しい息がかかり、気持ちを声にしてもセンシティブな感情を殺してしまうことなく、音楽によって曲を語る側と聞く側の間に適度な空間ができ、それぞれが自分の解釈にとることができる。」

「来年の春は2つのミュージカル出演が予定されていて、そのあと今回のアルバムのツアーができることを願っている。ヨーロッパでレコード解約できるよう来年初めからこの2枚のアルバムの英語ヴァージョンを作る予定だ。すでに6,7曲ほど英語ヴァージョンができている。」

とのことです。まずはフィンランド語ヴァージンSpotify🎶で聴いてみてください。
フィンランド語を習ってる方にもいいかもしれません。

こちらが『Valo』
こちらが『Varjo』

こちらはフィンランドのバンドBroadcastの80年代のヒット曲「You Break My Heart」をフィンランド語にし、アレンジした曲「Niin huokaa maa」のMVです。



Ilari Hämäläinenイラリ・ハマライネン) 気になった方、彼のFBも要チェック!イイネもよろしく。
写真はアルバム発売前にあったリリースパーティでのライブ写真です。



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Ilari Hämäläinen イラリ・ハマライネン Valo Varjo

【編集】 |  13:39 |  Ilari Hämäläinen  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.12/06(Wed)

Apocalyptica ☆ フィンランド独立100周年を祝いジャン・シベリウスのひい孫Lauri Porraと「フィンラディア」を演奏! 

Apocalyptica Lauri Porra Finlandia

今年のフィンランド独立100周年を祝い、フィンランドチェロメタルバンドApocalypticaフィンランドの作曲家ジャン・シベリウスのひい孫でStratovariusなどでも知られるLauri Porraとコラボ。
ジャン・シベリウスによって作曲された交響詩『フィンランディア』をアレンジして演奏!今年の100周年を祝う12月6日独立記念日にその映像がアップされました。こちらです。



「俺たちは自分の国に感謝するとともに幸せでもある。この価値を世界に紹介したい。フィンランドフィンランドの国民にこれまで以上の愛と叡智をこの後の100年に願う。」

とのことです。

この映像に挿入されているビデオクリップはArte TVのドキュメンタリー「Loud. Hard. Magical.- The Sound of Finland」からのものです。



フィンランド独立100周年おめでとう!🎉

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロメタル Apocalyptica シベリウス Lauri Porra フィンランディア フィンランド独立100周年

【編集】 |  22:18 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2017.12/06(Wed)

Tarja Turunen ☆ バーブーダ島のハリケーン被害復旧救済に多数ゲスト参加のチャリティソング発売! 



Tarja Turunen カリブ海のバーブーダ島のハリケーン被害復旧救済に1970年にJosé Felicianoが作曲したクリスマスソング「Feliz Navidad」を多数のゲストを迎えレコーディング。12月8日にチャリティソングとして発売!

Irmaハリケーンがバーブーダ島の90%の建物と車を破壊してしまったそうです。

「アンティグアに住まいを持っていたことがあり、多くの友達が住んでいる。現地の人はまさかそれほどの被害が起こる予想などしていなかっただろう。ちょうどクリスマスアルバム『From Spirits and Ghosts』の仕上げをしていた時にこのハリケーンがカリブ海を襲った。すでにクリスマス気分になっていた時、島の住民たちはこれから訪れるクリスマス、そのあと訪れるクリスマスも悲惨であることに気がついた。彼らの将来に明かりをともすため何かしたかった。バーブーダ島の住民を救うため、愛する友人たちを誘うにはクリスマスはいい理由になった。この「Feliz Navidad」シングルの収益すべてを寄付することにした。その時が来たら集まった資金がちゃんと相手に届くよう自分が管理する。」

とのこと。

このチャリティクリスマスソングにはMichael Monroe、Doro Pesch、Sonata Arcticaの Tony Kakkoa、Amaranthの Elize Rydiä、EpicaのSimone Simons、Lacuna CoilのCristina Scabbi、 Within TemptatioのSharon den Adel、NightwishのFloor Jansen、 Joe Lynn Turneri、Poets of the FallのMarko Saaresto、StratovariusのTimo Kotipelto、Blind GuardianのHansi Kurschがゲスト出演とのことです。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland Tarja Turunen クリスマスソング チャリティ マイケル・モンロー

【編集】 |  21:35 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック