2015.12/29(Tue)

Michael Monroe ☆ Lemmy Kilmister (Motörhead)は地に足のついたジェントルマンだった 

今朝起きたら信じられないニュースが目に飛び込んできました。MotörheadLemmy Kilmister が癌で亡くなったというニュース。
彼のバンドMotörheadは12月6日フィンランドの独立記念日にヘルシンキのHartwall Areenaでライブをしたばかり。ライブ評を読んでみたら、調子はあまりよくなかったようですが、まさかいきなりなくなるなんてほんとにびっくりでした。

彼の最後から3番目の公演となったヘルシンキ公演では彼と友達だったMichael Monroeがゲスト出演をしていました。
こちらフィンランドの日刊誌IltalehtiにそのMichael Monroeのコメントが書かれていました。

「可能なベストの状態ではないことには気がついた。ライブはちゃんとこなしてはいたが、いつもの陽気な彼自身ではなかった。」

Lemmyの最後から3番目となったヘルシンキのHartwall AreenaであったときのことをMichaelは語りました。
体調が良くないことには気がついたものの、なくなったことにはびっくりだったと。

「癌だったなんて全く知らなかった。また元気になってほしかった、、、。」

MichaelLemmyに会ったのは80年代初期にロンドンでだった。アメリカ人シンガーのStiv Batorsがお互いを紹介してくれ、MichaelLemmyはすぐに仲良くなった。

LemmyはHanoi Rocksと俺のスピリットを気に入ってくれたんだ。そして彼とは良い友達になった。ロンドンにいた時代は彼とよく会うことがあった。」

友情は一緒の出演へと導いた。Michaelは何度もMotörheadのライブに出演したことがある。5年前はMotörheadのUKツアーのオープニングアクトをMichaelのバンドが勤めた。

2011年に発売されたMichael Monroeのアルバム『Sensory Overdrive』収録曲「Debauchery as a Fine Art」で2人はデュエットもした。

Lemmyは大きなハートの持ち主で、礼儀正しいジェントルマンだったとMichaelは語ります。

「彼はいいやつだった。酒を飲もうと何をやろうと、彼のパーソナリティはかわらなかった。」

そして人気さえも彼を変えなかった。

「名声におぼれなかった。その反対だった。一緒にツアーした時、オープニングバンドのバンドがちゃんとサウンドチェックができたかとか、他にもいろいろと気を使ってくれた。」

MichaelはLemmyが亡くなったからそういってるわけではなく、Motörheadの人物として素晴らしいやつだったからだと。
Motörheadロックミュージックに大きな影響を与えたとも語る。

「大きな損失、偉大な人物、偉大なバンド。彼のスタンスは俺達誰もが見習うべきだ。」

MichaelのFacebookにはLemmyとのツーショット写真がUPされています。こちら

Lemmy - one of the True Rock'n'Roll Greats of all time. And always a wonderful friend. I miss you very much! Love & Respect, *Michael*

Julkaissut Michael Monroe 29. joulukuuta 2015


そして80年代初期にStiv Batorsと3人で撮った写真も。

Another great memory... Me, Stiv Bators and Lemmy in London in the early 80's. *Michael*(photo: Justin Thomas)#motorhead

Julkaissut Michael Monroe 29. joulukuuta 2015


R.I.P. Lemmy。


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Michael Monroe マイケル・モンロー Motörhead Lemmy Kilmister レミー

【編集】 |  22:18 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.12/25(Fri)

The Local Bandからクリスマスメッセージ 

The Local Band Promo

フィンランドのラジオロックにUPされたThe Local Bandからのメッセージです。こちらから観てみてください。

Archieがかけてますが、Alexi Laiho、Jussi69Olli Hermanの3人からです。

Jussi69: ほーほーほー!ラジオロックのリスナーに。
Alexi: 俺達The Local Bandだ。
Olli: 平和なクリスマスとハッピーニューイヤーを願ってる。
Jussi69 :ラヴ・ユー!

ってことです。

そしてこちらThe Local BandのFacebookにて、なぜThe Local BandのCDがワールドワイドに発売されてないのか、ミュージックビデオが見れない国があるのかについてJussi69が答えてます。

「The Local Bandのメンバーは4つの違うバンドから成り、違うレコード会社との契約があり、バンドそれぞれの契約がある。簡単に言うとレコード会社のポリテックスがあリ、調整するには時間がかかる。ただそれは俺達の仕事ではなく、マネージャーの仕事だ。俺達はこうやって一緒に楽しくやれることでハッピーだ。そして来年早いうちに問題が解決することを祈っている。なぜ俺がレコードショップXのリンクをたびたび張っているかというと、このショップはワールドワイドに数日のうちに発送してくれ、俺が思うに安いと思う。

俺達がすきなのと同じぐらい、皆がこのEPを気に入ってくれることを願ってる。」

ということです。日本盤が出ているので、日本での購入は簡単でしかもDVD付!
ぜひ買って聴いてみてください。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック The Local Band Alexi Jussi69 Olli Archie

【編集】 |  01:51 |  The Local Band  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.12/16(Wed)

Michael Monroe 審査員コーチ継続のThe Voice Of Finland シーズン5来年1月8日スタート 



12月5日ヘルシンキTavastia昼夜2公演をパワフルにやってくれたMichael Monroeですが、来年1月8日からスタートするシンガーのリアリティオーディション番組The Voice Of Finlandにて審査員コーチを継続!
来年のシーズン5の審査員コーチはシーズン4と同じ顔ぶれで、Michael Monroeのほかに、Tarja Turunen、Redrama(ヒップホップ/ラップシンガー)、Olli Lindholm(イスケルマシンガー)。Michael Monroeはシーズン1からずっと審査員コーチを務めています。

こちらにその審査員コーチたちが出演する告知映像がUPされてます。

生放送になる前の録画収録には無料で参加できます。
場所はTurkuのLOGOMOホール (Köydenpunojankatu 14, Turku) 。
無料入場チケットはこちらLippu.fiにて予約できます。
開場は収録スタートの2時間前より。30分前には入場しておく必要があります。

<2人バトル収録>
・2016年1月4日(月) 15.30-18.00
・.2016年1月4日(月) 19.00-21.30
・2016年1月5日(火) 15.30-18.00
・2016年1月5日(火) 19.00-21.30

〈ノックアウト収録〉
・2016年1月11日(月) 17.30-21.00
・2016年1月12日(火) 16.30-20.00

チケットは無料なのでトゥルクにいて機会がある方はぜひ!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland The Voice Of マイケル・モンロー

【編集】 |  10:38 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.12/13(Sun)

Raskasta Joulua エスポーMetro Areena公演をSoneraがストリーム! 

Kuva/Photo © Ville Juurikkala 2015

Julkaissut Raskasta Joulua 24. marraskuuta 2015


ヘビークリスマスことRaskasta Jouluaツアーの12月18日エスポーMetro Areena公演を携帯電話通信事業者Sonera(ソネラ)が無料ストリーム!

こちらSoneraのニュースによりますと今年2015年のRaskasta Joulua ツアーのメイン公演になるエスポーのライブをモバイルのSonera Viihdeで無料でみれるそうです。

最近やっとスマホを買い替えたばかりで、モバイルのアプリにまだついていけてないのでありますが、ダウンロードできるSonera Viihde があったので、興味ある方は探してみてください。
このライブストリームは無料とのことですが、アプリ自体が無料かどうかはアプリをみてご確認ください。
すでにSoneraとTV契約してる方はTVのチャンネル31で見れるようです。

今年のRaskasta Jouluaのアルバムはアコースティックになっています。
トラックリストはこちら。
 1. Heinillä Härkien Kaukalon – Marco Hietala,Jarkko Ahola,JP Leppäluoto,Tony Kakko
 2. Tulkoon Joulu -Antti Railio,Tommi Salmela,Kimmo Blom
 3. Pieni Rumpali – Tony Kakko
 4. Konstan Joululaulu – Ville Tuomi
 5. Mielenrauhaa – Jarkko Ahola
 6. Sylvian Joululaulu – Ari Koivunen
 7. Tähti, Tähdistä Kirkkain – Antony Parviainen
 8. Joulu, Juhla Parahin – Marco Hietala,JP Leppäluoto,Tommi Salmela,Pasi Rantanen
 9. Ensimmäinen Joulu – Pasi Rantanen,Antti Railio,Kimmo Blom
 10. Tonttu – Marco Hietala,JP Leppäluoto

このCDはワールドワイドにこちらのネットショップで購入可能です。

こちらはラジオNovaステージのアコースティック映像です。




テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland Raskasta Joulua ヘビークリスマス

【編集】 |  15:07 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2015.12/10(Thu)

The Local Band ☆ EP 『Locals Only -Dark Edition』発売! 

The Local Band Locals Only Dark Edition kansi

フィンランドロック界のオールスターバンドThe Local BandのデビューEPLocals Only -Dark Edition』がフィンランドと日本で発売になりました。

このThe Local Bandのメンバーまだ知らない方こちらです。
・ギター:Alexi Laiho (CHILDREN OF BODOM)
・ドラム:Jussi69 (THE 69 EYES)
・ヴォーカル:Olli Herman (RECKLESS LOVE)
・ベース:Archie Cruz (SANTA CRUZ)

このすごいメンツで80年代なつかしの曲をカヴァーしています。

トラックリストは:
 1. Sunglasses at Night – Corey Hart
 2. Untouched – Jessica Origliasso, Lisa Origliasso, Toby Gad
 3. Promises In The Dark – Pat Benatar, Neil Giraldo
 4. Out Of The Darkness – Steven Van Zandt
 5. Hazy Shade Of Winter – Paul Simon
 6. The Darkest Side of The Night – Fred Mollin, Stan Meissner
 7. Waiting For Darkness – Ozzy Osbourne

日本盤にはDVDもついてます。
フィンランド盤と日本盤ちょっと違うので、コレクターの方にはいいかも。

The Local Band CD

この中から「Sunglasses at Night」のミュージックビデオが公開になってます。8月のTavastia公演、東京、日本のラウパ、ヘルシンキのリンナンマキ遊園地などの映像がちりばめられてます。ただし、これが見れるのは今のところフィンランドのみのようです。



日本でも早くみれるようになるといいですね。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Local Band EP Locals Only Dark Edition

【編集】 |  23:20 |  The Local Band  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2015.12/08(Tue)

Nightwish ☆ 来年夏フィンランドで2公演! 

Nightwish promo

フィンランドシンフォニックメタルバンドNightwishのFacebookオフィシャル発表によると、来年夏フィンランド国内で2公演行うそうです。

2016年6月30日(木)フィンランド中部セイナヨキで開催されるProvinssiフェスのヘッドライナー出演と2016年8月20日ヤムサのHimos Parkにてこれは単独公演だと思います。

Provinssi出演はフェスとはいえ、単独と同じ演奏時間が予定されているそうです。Nightwishと同じ日にはFive Finger Death Punch、ほかの日にはRammstein、Biffy Clyro、Bring Me The Horizon などの出演が予定されています。フィンランドの国内バンドやアーティストも多数出演します。

Himos Park公演のオープニングアクトはArch Enemy。ほかのオープニングアクトは後日発表とのこと。

Provinssiフェスのチケットはこちらで購入できます。
 ・PROVINSSI 2016 -LIPPUJA の右横に「Suomeksi」(フィンランド語)とある矢印をクリックすると英語表示も選べます。
 ・またはこちらTikettiでも購入できます。(右上部のFacebook、Twitter、インスタの記号の横のENをクリックすると英語表示に切り替わります。)

Himos Park公演についてはこちらを。

チケットは今年の12月11日(金)9時(日本時間16時)よりLippupalveluLippupisteTiketti にて発売開始!
今年12月31日まで発売のアーリーバードチケットは62,50€より。
2016年1月1日より68,50€ユーロになります。

フィンランドで彼らを見てみたいという方はチャンスです。

Nightwish soittaa ensi kesänä Suomessa vain yhden festivaalikeikan! Provinssin kaikki lipputyypit myynnissä: www.provinssi.fi/liput

Julkaissut Provinssirock 8. joulukuuta 2015

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland シンフォニック メタル ナイトウイッシュ Nightwish Provinssi フェス Himos 野外

【編集】 |  11:34 |  Nightwish  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.12/03(Thu)

Von Hertzen Brothers ☆ アルバム『APPROACH』発売10周年記念コンサート 

10 YEAR JUBILEE SHOW! APPROACH IN KULTTUURITALO - APRIL 1st, 2016We are almost TOO excited and happy to announce...

Julkaissut Von Hertzen Brothers 30. marraskuuta 2015


Von Hertzen Brothersのセカンドアルバム『Approach』発売から10周年を記念して、来年2016年4月1日にヘルシンキのKULTTUURITALO にて記念コンサートを行うことが告知されました。
このアルバムはデッドラインのプレッシャーなく優しく思いやりに包まれ出来上がったユニークなアートのひとつだと。

このコンサート前半は『Approach』収録曲をトラックリスト順に演奏。後半は自分達のお気に入りのVon Hertzen Brotehrsの曲を演奏。いくつかのサプライズがあるそうです。

この記念コンサートになぜヘルシンキのKulttuuritaloが選ばれたかは、この会場はこのアルバムにいくつかの理由で深く関連しているからだそうです。ミュージックビデオ「Kiss A Wish」はそこで撮影され、初めてのTV放送ライブをそこで演奏した。(Emma Awards 2007 で「Let Thy Will Be Done」 を演奏。)さらにBest Rock Album of The Yearを受賞した会場でもあり、その会場はアルヴァ・アールトが設計したものだそうです。

チケットはこちらLippupalveluTiketti で好評発売中!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock VHB Von Hertzen Brothers Approach アルヴァ・アールト

【編集】 |  16:34 |  Von Hertzen Brothers  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック