2013.01/28(Mon)

The Voice Of Finland 

今日はかなりどんより天気と思ったら吹雪いてきたフィンランド南部です。

さて最近はIdol、Talent、XーFactorとかいろんなオーディション番組がありますが、シンガーのオーディション番組The Voice of Finlandの第2シーズンがスタートしました。

この番組では4人の審査員コーチがまずは後ろ向きで挑戦者の歌声だけ聞いて、自分のチームにいれたければボタンを押しイスが回転、振り向いた審査員コーチが一人ならそのコーチのチームに。2人以上振り向けば挑戦者が入りたいチームを選ぶことができます。
各チーム12人の挑戦者をチームに入れることができ、第2段階ではコーチが自分のチームから2人づつを選び歌の対戦、次に進んでいく人をコーチが選びます。
そのあとは視聴者も投票でき、視聴者とコーチの投票で勝ち進んできたそれぞれのチーム代表が決まり、最後はそのチーム代表4人で決勝戦!
優勝者はレコード会社と契約が出るという番組。

このThe Voice Of Finlandの審査員コーチにはジャンルの違う4人の人気フィンランド人アーティスト達が選ばれていて、第1シーズン、第2シーズンと同じ顔ぶれになってます。
その4人とはロック界からMichael Monroe、イスケルマ(日本の演歌っぽい)界からPaula Koivuniemi、フィンランド語ロック/歌謡曲界からLauri Tähkä、ヒップホップ界からElastinenといった顔ぶれ。

ど素人も挑戦できるIdolとは違い応募者の中から選ばれた挑戦者はセミ・プロやプロのシンガーもいてレベルが高い感じがします。
最初に選ぶのが歌声だけきいてなのでいくらルックスがよくても歌声で審査員コーチの心を射とめることができなければ落選となります。

そしてなんと今回はこのThe Voice Of Finlandがくじにまでなりました。

お店にいけばこんな広告も。

   VoF

自分の好きな審査員コーチを選ぶことができ、1枚4ユーロで1等は10万ユーロ!(今のレートで1,230万円ぐらいかな)。
はずれ券を返却すると、第1週から10週目までは5人に2千ユーロ、11週から17週は2人に1万ユーロが当たるチャンスも。

   VoF

このくじについてはフィンランド語ですがこちらを。ネットでも購入可能です。
売り上げにより人気が高かった審査員コーチのくじでコーチの優勝者も決定のようです。

今現在ではPaula Koivuniemi 30%、Michael MonroeとElastinenが28%、Lauri Tähkä 18%となっています。

   VoF

フィンランドのスーパーやR-Kioskiにある上の写真のVeikausコーナーではいろんなくじのほかロトなども買うことができます。

先週末なにげにフィンランドで人気のお笑い番組PUTOUSをみていたら、このThe Voice Of Finlandのパロディがありとても面白かったので紹介します。
司会者、審査員コーチ等、服装から顔、声、動作まで特徴をものすごくとらえてて、知ってるとすごく笑えました。
そのパロディの映像はこちらMTV3のKatsomoを。

日本で映像がみれるかどうかわかりませんがThe Voice Of Finlandの映像はこちらにUPされています。

ちなみに第1シーズンのThe Voice of Finlandで優勝したのはElastinenチームのMikko Sipolaでした。


Mikko Sipola - Put out the Fire

ただこういうオーディション番組ではデビューしてみたら優勝しなかった人が大人気というのはよくあることで、実質的にThe Voice Of Finalnd 第1シーズンからデビューした中で一番の人気となったのはPaula Koivuniemiチーム代表となったJesse Kaikuranta


Jesse Kaikuranta - Vie mut kotiin

彼のこのミュージックビデオはフィンランドのロック写真家でもおなじみのVille Juurikkala監督によるもの。フィンランドはメタル王国といわれたりもしてますが、実際にTVやラジオではメタルやハードロックはあまり流れることはなく日本の演歌っぽいイスケルマはかなり強い人気を持っています。

他に第1シーズンからレコード契約できたのはMichael Monroeチーム2位だったMikko Herranen


Mikko Herranen - Lasinen maa

そして同じくMichael MonroeチームにいたKrista Siegfridsがレコード会社と契約したニュースが先週飛び込んできました。彼女は現在行われている今年のユーロビジョンソングコンテストのフィンランド代表を決めるUMK(Uuden Musiikin Kilpailu)に挑戦していてファイナル進出を果たしています。
彼女のUMKの映像はこちらを。

同じくUMKの決勝戦には去年フィンランドのIdol優勝者Diandraも進出しています。こちらはそのDiandra の ミュージックビデオ「Outta My Head」。ダンス・ポップス系が好きならお勧め。

話はずれましたが、今年のThe Voice Of Finlandまだ全チーム12人がきまってませんが、今後きになります。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  09:55 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2013.01/24(Thu)

フィンロック ☆ プチ情報 (2013年1月24日) 

相変わらず寒いフィンランドです。
でも来週はまた気温が上がって雨予報も。踏みしめられた雪の表面が溶けて再び凍りつくとつるんつるんでものすごく怖いのでできれば予報外れて雪希望!雪かきも文句言わずしますので(笑)お願い。

さてフィンロックプチ情報です。

Carmen Gray 新曲「Fall In Love」発売!
4月に4作目のアルバムを発売予定のフィンランドのロックバンドCarmen Grayですが、ファースト先行シングル「Life Can Be Beautiful」に続くセカンドシングル「Fall In Love」が発売になりました。歌詞つきビデオなので歌詞とあわせてきいてみてください。
そして今こちらThe Voiceのサイトでこの新曲「Fall In Love」の感想を聞いています。
いいなと思った方はKylläをクリックしてください。今現在Kylläの投票率はは77%となっています。



Lordiのニューアルバム「To Beast Or Not To Beast」発売日変更に。
フィンランドのモンスターロックバンドLordiのニューアルバム「To Beast Or Not To Beast」の発売日が1週間早くなり3月1日発売に。
アメリカでは3月19日発売予定。日本盤は調べてみましたが今のところわかりません。
Lordiは4月はじめからヨーロッパツアーが予定されています。

Negative新曲「The World Is In Your Arms」披露!
先週末HyvinkääとHelsinkiのVirgin OilでソールドアウトのライブのあったNegativeですが、新曲「The World Is In Your Arms」をライブで披露!こちらに映像あがってました。



Famma Gaala 一般投票開始!
フィンランドのグラミーとも言われるEMMA GAALAに対抗してアルバムの売り上げ等に関係なく賞を与えようと始まったFEMMA GAALA今年は2月15日にHelsinkiのVirgin Oilにて開催。
ただいま一般投票を受付中。ノミネートは去年5回以上ライブを行ったバンドだそうです。
ノミネートリストはこちら
投票したいバンドをクリック。
 Nimi(名前)
 Sähköpostiosoite(メールアドレス)
 Perustelusi tai muuten vaan palautetta Femmagaalasta(その理由またはFemma Gaalaあてのメッセージ)たぶん書かなくても可。
最後にÄänestä をクリック。投票は一度限りです。

では皆さんHyvää loppuviikoa!(よい週後半を!)

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  16:53 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.01/21(Mon)

フィンロック ☆ プチ情報 (2013年1月21日) 

先週はこの辺りでも-30℃ぐらいまで気温が下がり冬真っ盛りのフィンランドです。
でも日は確実に長くなってます。

さてひさびさにフィンロック情報を集めてみました。

Stala & So. ニューアルバム「Play Another Round」2月22日発売!

Stala So promo Marko Saari
 (Photo by Marko Saari)

なんとも楽しいフィンランドのロックバンドStala & So.からセカンドアルバム「Play Another Round」2月22日発売!
そのニューアルバムにはすでに先行発売になっているシングル曲「Rock Until I'm Done」の他全11曲を収録。
2月はじめにはこのアルバムからのセカンドシングルとなる「The Boys Are Having Fun」発売!ミュージックヴィデオも公開になるそうです。
ニューアルバム「Play Another Round」の先行リスニングパーティは発売日前日2月21日18時よりヘルシンキのBar Bäkkäriで開催。アルバムリリースライブは発売日当日2月22日Bar Bäkkäriの2階Green RoomでオープニングアクトにBand Of Vipersを迎え行われます。(入場料はクローク代込みの6ユーロ)
今現在決定している「Play Another Round」ツアー日程は以下のとおり。(追加もありとのこと)

 2月22日 Green Room, Helsinki
 2月23日 Main Street, Riihimäki
 4月24日 LeBonk, Helsinki
 4月25日 Torvi, Lahti
 4月26日 Redneck, Jyväskylä
 5月18日 Rautaruukki, Karkkila

UniklubiのJussi Selo フィンランドのノーベル作家F.E. Sillanpääの誕生125年を記念して曲を製作と。
こちらAamulehtiによるとフィンランドのロックバンドUniklibiのフロントマンJussi Seloは彼の出身地であるハメーンキュロ出身のフィンランドで唯一のノーベル作家F.E. Sillanpää(F.E.シッランパー)誕生125年を記念してのSillanpääの書いた作品のテキストをベースに曲を作るとのこと。
Jussiは彼の本を読んだことはないものの「Nuorena nukkunut」という本をプレゼントされたそうで、近いうちに取りかかるそうです。
同じくハメーンキュロ出身のLovexのギタリストSammy Blackとしても知られるSami Saarelaがこの作家の誕生125年を祝うイベントのロゴを製作。SammyはSillanpääの誕生の家や彼が若い頃住んでいた家にもいったことがあり彼は地元では重要な人物だと。そのSammyのデザインしたロゴはAaamulehtiの記事のトップにあります。

Slashのヘルシンキ公演のオープニングアクトにMichael Monroe!
2月19日にヘルシンキのHartwall Areenaで予定されているSlashのオープニングアクトにスペシャルゲストとしてMichael Monroeが発表になりました。
チケットはこちらLippupisteで購入できます。まだ十分余裕があるようでアリーナのスタンディング券もあるようです。

そのMichael Monroeはフィンランドでただいま放送中のシンガーのオーディション番組The Voce Of Finland第2シーズンの審査員コーチを引き続きやっていますが、今シーズンの挑戦者の中にフィンランドで人気の連続ドラマSalatut Elämät(略してSalkkarit)に以前出演していた女優さんがいて、彼女のことに気がついたのは審査員コーチ4人の中Michaelだけ。そのときにそのドラマのファンであるといっていたのですが、こちらMTV3のニュースによるとMichaelがこのドラマのファンだというのは本当だそうです。
 「皆俺が冗談言ってるんだろうと思ったかもしれないけど、ほんとのことなんだ。」
とMichael。
奥さんと一緒に住み始めてこのドラマをみるのが共通の趣味になったそうでドラマはこれしか見てないそうです。

NegativeのJonne Aaron ソロアルバム発売後はソロツアー!
この春フィンランド語の歌詞のソロアルバムを発売すると発表したNegativeのフロントマンJonne Aaronですが、こちらフィンランドのMTV3のニュースによると、そのソロアルバム発売後はソロツアーを行う予定だそうです。
 「バンドのメンバーはわかってくれてると願うしそう信じてる。自分にはこんなによいバンドメンバーがいて恵まれている。俺たちは一緒にいろんなことを長いことやってきた。素晴らしい曲も準備できてるんだ。」
 「どっちみちソロアルバムは作るつもりでいたし、それが番組(Vain Elämää)の人気によって今作ることになった。」
とJonne。
そのJonneも出演したフィンランドで大人気となった音楽バラエティ番組「Vain Elämää」は昨日フィンランドのTV番組等に与えられるVenla Gaalaでベスト芸能番組を受賞しました。

Turmion Kätilöt 3月28日にライブ活動再開 !
12月のはじめにVo.のMC Raaka Pee こと Petja Turunen が一過性脳虚血発作で緊急入院、無期限活動休止になったTurmion kätilötですが、入院先の病院で次のアルバム製作にはいり、彼らがメインアクトに予定されていて一時はキャンセルになったMetalOrgyが3月28日にNosturiで開催決定。Turmion kätilöt がステージに帰りたつほかCold Cold Ground、Deathchain、Fear Of Domination の出演が予定されています。

では皆さん Hyvää alkuviikkoa! (よい週初めを!)

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  09:56 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.01/19(Sat)

Negative の Jonne Aaron ☆ タンペレのJussinHessu文化賞受賞 

 Negative Tammerfest 17.07.2010

こちらフィンランドの国営放送局 Yle 他のニュースによると、フィンランドのロックバンドNegativeJonne Aaronが地元タンペレの「JussinHessu文化賞」を受賞したとのこと。

この賞は1991年からタンペレで貢献した文化人や者に与えられている賞で、これまでにPopeda、Rajaportin sauna(
sauna ),Soriサーカス,Epe Helenius,Juice,Pikku kakkonen(子供向けTV番組)、タンペレのKauppahallなどが受賞しています。

この受賞についてJonneは

「この賞が特別に感じるのはJuice(今は亡きタンペレのアーティスト)がこれまでに受賞した中にいること。他の芸術家の作り出したフィジカルな作品をもとっても評価する。」

と鉄デザイナーJarmo Jurkka作の賞の像を受け取るさいにJonneはコメントしたそうです。

この記事にはJonneは中央ヨーロッパ、ロシア、日本で人気があるとかかれてます。

これまでにJonneは2004年日本の雑誌BURRN!で賞を取り(確かシャイニングスター賞ではなかったかと?)2010年最もポジティブなタンペレ人を受賞しています。

ロックファンにはNegativeのフロントマンとして知られるJonneですが、昨年秋にフィンランドのTVで放送になった音楽バラエティ番組Vain Elämääシリーズが大人気となりお茶の間でも幅広く知られるようになりました。
この番組内で出演者が歌った曲を収めたアルバムは発売後2ヶ月弱ですでに25万枚ほどの売り上げとのことで、ゴールドディスク枠が1万枚のフィンランドでは驚異的な売り上げを記録しています。

その成果でしょうか。本日ヘルシンキであるNegativeのライブはバンドがライブ告知を出したとたんいきなりソールドアウト!になりました。

そのJonne は Popedan や Suvi Teräsniska などに曲を提供したりもしていて、この春歌詞がフィンランド語のソロアルバムを発売予定です。

Negativeの新作も待ち遠しいですが、ソロのほうも楽しみですね。

追加 地元タンペレ地方のAamulehtiにはJonneの映像ものっていたので付け加えます。こちらです。



Jonne Aaron Official Facebook
Negative オフィシャル
Negative Facebook
Negative Twitter
Negative My Space

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  23:32 |  Negative  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2013.01/13(Sun)

HIM @ Helldone Tavastia ヘルシンキレポ 2012年12月29日 

HIM Helldone 29.12.2012

HIMファン恒例の年末ヘルシンキのTavastiaクラブでのHellDone フェスティヴァルが2年間お休みの後昨年2012年に復活!
昨年末は年末4日間にわたり開催され、HIMが4日間のメインアクトでした。

チケットは発売直後に売り切れ、世界中のHIMファンがTavastiaにやってきたことかと思います。

そのHellDone2日目の12月29日に行ってきた。

ヘルシンキの老舗クラブTavastiaはこちら

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  11:43 |  HIM  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2013.01/09(Wed)

The 69 Eyes ☆ Jyrki 69 ユニセフの親善大使としてニカラグア共和国に! 

The 69 Eyes promo 2012

こちらフィンランドの国営ラジオ局YleXの記事によると、1月26日からヨーロッパツアーがスタートするヘルシンキヴァンパイアことThe 69 EyesのヴォーカルJyrki69はユニセフの使者もやっていますが、そのユニセフの親善大使として1月12日から1週間中央アメリカのニカラグア共和国に行くそうです。

この一年ぐらいユニセフと計画を立てていたそうで、ニカラグア共和国内での家庭内暴力、児童の性的搾取、子供の人身売買といったようなシリアスな問題があることを広めるキャンペーンの国際フロントマンとして現地のユニセフから招待がきたとのこと。

Jyrki 69 の話によるとこのことは真剣に受け止め、びっくりしたと。現地からはニカラグアを世界中に広めてほしいといわれているそうです。

バンド名はロック、コミック、特定のジャンルの映画などポップカルチャーに由来していることについて、
The 69 Eyesでいろんな仕事をしていると最終的にこのユニセフの使いは?って質問にたどり着き、そのメッセージはメタル雑誌やヴァンパイア映画のファン雑誌などまでにも届くことになると。

ニカラグア共和国についてはあまりニュースもはいってこないし、この国を皆に知ってもらうことは大きな挑戦である。
実際にJyrki 69 も中央アメリカの抱える問題については今まで特に深く考えたことがなかったものの、今回親善大使としていくことになり国の状況を知ることができたそうです。

「以前はジャングルとアドベンチャーというイメージがあったけど、今はニカラグアは中央アメリカで最も貧しい国であること、国民の半分以上が18歳以下であること、総人口はフィンランドとほぼ同じだということを知った。」

そして多くの子供たちは貧窮のため学校に行くかわりに働かないといけない。労働条件や仕事内容は約束されたものとは違う。
それはとても厳しいものであるが、それも人生にほかならないと。

今回のニカラグア訪問の目的のひとつに人身売買にあった被害者の子供に会うことがあるそうで、会う心の準備はできてますか?には、

「自分の使命は現地の状況を確かめ、そのストーリーを持ち出すことにある。そういうものはそこにはいっぱいあると思う。それはそんなに簡単な問題ではないが、その中にも無理やりでも何かポジティブなものを見出さないといけない。」

そういう状況を目にするのは難しいか?には少し考えて

「以前ケニアのエイズ患者のサポートセンターに行ったことがあり、そこでは死を目にすることになった。もちろんそういう状況を目にするのは難しいものがあるが、それもただ人生にほかならない。」

なぜこういう人道的なことにロッカーが興味を持ったのか?の質問には

「自分達のバンドは広範囲でポップカルチャーに由来していて、それは楽しいことである。その反面、そのことを利用して他の人の目をあけさせる少し違ったことを持ち出すこともできる。そしてそれは自分に与えられた義務でもある。ハートには他の事にも対するスペースというのもがあるべきだ。」

チャリティに鋭いエッジを伴うと興味深くなるものだ。

「ノルウェーのユニセフにDimmu Borgiriaを親善大使にするべきだといったことがある。」

とのこと。

このニカラグア訪問の旅行のサウンドトラックには Rolling Stones の曲「Undercover of the Night」とClashのアルバム「Sandinista」をチョイスしたそうです。

目的を果たせる意味ある訪問になるといいですね。
Hyvää matkaa!

The 69 Eyes オフィシャル
The 69 Eyes オフィシャルFacebook
The 69 Eyes My Space
The 69 Eyes Official Twitter
The 69 Eyes Fan Club In Japan
THE69EYESFCJP Twitter (日本語でのいち早い情報はこちらを)

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  22:39 |  The 69 Eyes  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.01/07(Mon)

ゾンビロック FLESH ROXON 誕生! 

フィンランドはクリスマス休暇も終わり祝日明けの7日から多くの学校で新学期がスタート。
平常生活が戻ってきました。

さてなにか新しいバンドをお探しの方にこんな生きのよいパンクロックバンドはどうでしょう?

北欧のゾンビロックバンド「FLESH ROXON」!
3人のタトゥ男性、ダブルベース、テーパードヘア、パンクロックへの情熱、Bクラスのホラー映画を一緒にすると地獄からの一箱のサイコが誕生、またの名を FLESH ROXON ともいう。

Flesh Roxon Promo

メンバーは
Nicky Rothen- ギター&ヴォーカル
Mr.Willy - ダブルベース(コントラバス)& バックヴォーカル
Peter Cordell- ドラム

ケミ - タンペレを軸に1年ほど前2012年1月に結成されたFlesh Roxonは独自の型破りの地をブラウする。
2010年タンペレのとあるレストランで2人のケミ出身のろくでなしミュージッシャンNicky Rothen と Petri Torkellが現地のベースプレイヤーMr Willyとであったことからすべてがはじまった。
一緒に飲み明かした3人は同じことに興味を示し、ケミ出身の一人が酔っ払って自分に火をつけようとしたときも皆で一緒に笑い明かした。より豊かな経験をした3人はそれぞれの道を歩んでいたものの2年ほど前に再び集まりリアルアクションに入ることになった。
パンクとサイコを愛するケミ出身の2人がプロモ写真撮影のためベーシストなしで突っ立ってるとき、前に会ったベーシストのことを思い出し、タクシー代で彼を呼び出し写真に加わった。プロモ写真撮影も無事終わり、ならばこの3人でバンド結成してやっていこうぜ!ってことになったのであった。

長い音楽経験とそのノウハウを知っているトリオは独自の情熱を臆面なくゾンビロックに集結。
パンクとサイコを愛する者にB級ホラー映画のヴィジュアル的な美しさとスプラッターの世界をテーマに伴えることによりFlesh Roxonの音楽にその姿勢、演奏スキル、騒がしさ、ユーモア、危険性というのものが組み合わさることになった。特に危険性は充分だ。結成後この1年ほどのライブでの人々のいろんな意見に磨かれ、さらにそれはスタジオにも引き継がれ、その結果として現在レコード会社も設立したLive Nationが興味を持ち、それが熱意になりお金をかけてくれることになった。そうなったことによりB級ホラーと良質のパンク、男性ボディ美が爆発したデビューアルバムが今年2013年春に発売となる。

ということでこちらがデビューアルバムのジャケット!

     Flesh Roxon Kansi

そしてとってもユニークなゾンビロックミュージックビデオ「Back From Your Grave」はこちらです。
この終わり方どうやら続きがあるようですね。


 Flesh Roxon - Back From Your Grave

Flesh Roxon Facebook

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  12:33 |  Finnish Bandsの紹介  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.01/04(Fri)

NegativeのJonne Aaron ☆ 今年春フィンランド語の歌詞のソロアルバム発売! 

    Radio Aalto concert Negative 12.06.2011

去年の秋フィンランドで放送された音楽バラエティ番組「Vain Elämää」に出演したNegativeのJonne Aaronですが、この番組が大人気となり、Jonneにフィンランド語でうたってほしいという意見も多かったようでその要望に答えこの春に歌詞がフィンランド語のソロアルバムを発売予定とのこと。

こちらワーナー・ミュージック・フィンランドによると、

「その番組の視聴者からポジティブな意見がたくさんかえってきた。30歳になったら歌詞がフィンランド語のアルバムを発売したいという思いがずっとあった。そして今年その30歳になる。この3年ぐらいそのアルバム用に曲を作っていたんだ。」

とJonne。

そのアルバム製作にはラップランドで年末ぐらいからはいっていて、この春に発売予定だそうです。

このソロアルバム発売によってNegativeが終わりというわけではなく、JonneはNegativeの次のアルバム用の曲もたくさん作っているそうです。

「歌詞がフィンランド語の曲はすでに60曲ぐらいストックがある。フィンランド語、英語、両方の曲をペンがさびて書けなくなることのないよう書き続けている。」

とのことです。

JonneはこれまでにSuvi Teräsniska、Popeda、すでに亡くなった Topi Sorsakoskiなどに歌詞がフィンランド語の曲を提供してヒット曲を生み出しています。
Negativeのアルバムはフィンランドでこれまでに10万枚以上の売り上げだそうです。
(ちなみに人口弱のフィンランドのゴールドディスクは現在1万枚です。)

その大人気となった音楽バラエティ番組「Vain Elämää」についてはこちらを参考に!
この番組で歌われた曲を集めたアルバム「Vain Elämää」は短期間でフィンランドで2000年代一番売れたアルバムを記録しているほどの人気です。

Jonne Aaron Official Facebook
Negative オフィシャル
Negative Facebook
Negative Twitter
Negative My Space

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  12:37 |  Negative  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.01/04(Fri)

フィンロック ☆ プチ情報 (2013年1月4日) 

さぁ、年があけ平常に戻ったフィンランドです。

今年最初のフィンロック・プチ情報いってみます。

Turmion kätilöt - Vo.のMC Raaka Pee が入院中の病院にスタジオ!

Turmion Kätilöt promo Ismo Korhonen
 (Photo by Ismo Korhonen)
12月のはじめにVo.のMC Raaka Pee こと Petja Turunen が一過性脳虚血発作で緊急入院、活動休止になったTurmion kätilötですが、こちらフィンランドのメディアMTV3のニュースによると、そのVo. Petjaは病室にスタジオを作り今2曲目のベースになるものを録音しているそう。彼の話によると
「個室を与えてもらうことができたので、録音するにはちょうどいい。他にすることもないし。俺たちの曲は電気さえあればどこにいてもできるんだ。ただドラムとヴォーカルはちゃんとしたスタジオが必要になるけどね。それに俺の声はまだ完全に戻ったわけじゃないから怒鳴り声はあとになる。」
今の体調のほうは
「基本的なことが完全ではなく、バランスがまだうまく取れなくて普通に歩けないでいる。とはいえ昏睡状態でない限りレコーディングを阻止するものはない。ステージには無理やりにでももどってやる。」
「普通はこんなクリエイティブな仕事をするにはお酒が必要になってくるものだけど、ここではそれは飲めない。でも反対に頭がふらついてちゃんと歩けないから、これは酔ってる状態に似てるとも言える。」
確実に約束はできないけど、ニューアルバムは今年中に発売になる予定で、秋に始まる予定のツアーにあわせて発売予定だとのこと。
ということで早くよくなるといいですね。

Michael Monroe 大晦日のカウントダウンイベントに出演!
毎年大晦日にヘルシンキの大聖堂前セナーティントリ広場で行われている新年を向かえるカウントダウンイベントにMichael Monroeが出演!
まったく知らなくて年が明けるころTVつけたらMichaelがでててびっくり。
このときの映像こちらYle Areenaで見れます。(注:見れるのは残り26日)
彼がでてくるのは45分30秒ぐらいにショート・インタビュー、1時間ぐらいのとこでJumping Jack Flash & Gimme some Lovin'を歌い、その後カウントダウンのあとの花火点火も彼が!

Children Of Bodom ニューアルバムのレコーディング中!
Chirdren Of Bodom 昨年末からニューアルバムのレコーディングにはいっているようで、次のアルバムはブラックメタル、メタル、オールドスクール・ブラックメタル、メロディ、ソロ、そしてよいアルバムに必要なものがブレンドされているようです。そして最も重要なのはそこに新しいアイデアとア・ラ・COBがあることだそう。
こちらChildren Of BodomのFacebookにスタジオからのヴィデオグリーティングなどもUPになってるのでチェックを!

YleX リスナー投票「2012年ベスト国内アルバム」投票結果!
フィンランドの国営ラジオ局YleXが行っていた「2012年ベスト国内アルバム」投票で1位に輝いたのは今人気絶頂のStam1naの「Nocebo」、2位はKarri Koiraの「K.O.I.R.A」、3位はMokomaの「180 astetta」。
そのほかの投票結果はこちらを。

ただいまフィンランド全国で恒例の Levyale 開催中!
1月20日までフィンランド全国でCD, レコードのセールLevyale開催中!
セール対象商品はお店に寄って違うようです。このセールに参加している対象店リストはこちらを。一番下に参加しているネットショップもあるので日本からのオーダーも可能かと思います。このチャンスをお見逃しなく。

今年の国外アーティスト、ライブスケジュール!
今現在わかっている今年2013年にフィンランドで予定されている国外アーティストのライブスケジュールはこちらを!
けっこう大物がそろってますね。

では皆さんよい週末を!Hyvää viikonloppua!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  00:14 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2013.01/03(Thu)

The 69 Eyes / Baby Jane ☆ Tavastia ヘルシンキ レポ(2012年12月20日) 

      The 69 Eyes Tavastia 20.12.2012

クリスマスも迫った12月20日(木)にヘルシンキの老舗クラブTavastiaでヘルシンキヴァンパイアことThe 69 Eyesのライブがあったのでいってきた。

オープニングアクトが秋にヘルシンキのNosturiであった時と同じスウェーデンのバンドBaby Jane!
このバンド前回なにも知らずにみて一発で気に入ったバンドでまたこの組あわせでみれるなんてラッキーである。

20時開場の20分ほど前に会場にいってみるともうすでに並んでる人も。
とにかく寒かったのでそのまま並ばず隣のレストランバーで一休み。

開場の時間を少しすぎてから行き中に入りクロークにコートを。ひさびさにきてみるとクローク代のお値段が3ユーロに値上がりしていた。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  13:34 |  The 69 Eyes  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2013.01/01(Tue)

明けましておめでとうございます ☆ Hyvää Uutta Vuotta! 

フィンランドも2時間ほど前に年が明け2013年がスタートしました。

あけましておめでとうございます。Hyvää Uutta Vuotta!

昨年はアクセス数500 000を達成。訪れていただいた方々ありがとうございました。
今年もフィンランド現地からフィンロック情報お届けしていきたいと思っています。
新年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて年がかわるとき、ヘルシンキ大聖堂前のセナーティントリ広場で毎年イベントが行われ年明けのカウントダウンとともに花火があがるんですが、今年はそのイベントにMichael Monroe出演!

そのイベントこちらYle Areenaにて29日間みることができます。(外国からも見れるそうです。)
Michaelが登場するのは45分30秒ぐらい(ショート・インタビュー)と1時間ぐらいのとこ(ライブJumping Jack Flash & Gimme Some Lovin')その後カウントダウンのあと花火点火もやってます。
興味ある方お早めにみてください。

ではでは新年が皆様にとってハッピーでロックの神様がいっぱい微笑んでくれる年となりますように。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  02:22 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP | 
海外 音楽 北欧 ロック