2017.04/18(Tue)

Eläkeläiset のニューアルバムにVille ValoやTuomas Holopainenなど150人のアーティストがゲスト参加! 

Eläkeläiset Humppa on Finland Kansi

今週4月21日に発売になるフィンランドEläkeläiset のニューアルバム「Humppa of Finland」になんと150人ものアーティストがゲスト参加!

Eläkeläiset はちょっとユーモアバンドといった感じで、このニューアルバムの写真からもタイトルからもTOM OF FINLANDをもじったものだというのがわかります。
(TOM OF FINLNDについてはこちら「話題の切手 Tom Of Finland!」をご覧ください。)

そしてこちらフィンランドの音楽雑誌SOUNDIの記事にその参加者1欄がでてました。

自分の好きなアーティストが参加してるかどうかは下のリストから探してみてください。
とっても読みにくいので、日本のロックメタルファンにも知られているであろうロックメタル系アーティストを太字にしてみました。

Abdissa Assefa (Bomfunk MC’s), Abhorrence, Aki Tykki (Happoradio), Aku Syrjä (Eppu Normaali), Aleksi Pahkala (Duplo), Amen (Lordi), Anne-Mari Kivimäki (Suistamon Sähkö, Puhti), Antti Anatomia (Negative), Antti Hynninen, Antti Tammela & Sari Peltoniemi (Noitalinna Huraa), Antti Tuisku, Ari Taiminen (Koljosen Tiekiista), Arttu Kuosmanen (Santa Cruz), Arttu Tolonen, Asa, Black Peider, Bob Malmström, Cleaning Women, Diablo, Eduardo Martinez (Flaming Sideburns), Emma Salokoski, Esa Holopainen (Amorphis), Espe Haverinen (22 Pistepirkko), Faarao Pirttikangas, Hannes Kett & Joel Alex (Shiraz Lane), Hannu Leiden (Havana Black), Heikki Helastinen, Hoss Siivonen (Nylon 66’ers), Hyrde Hyyrynen (Stam1na), Iiro Rantala, Ile Kallio (Hurriganes, Big Rock Band), Ilkka Mattila (Juhani Harsia), Ilmari Koivuluhta & Sakari Rantala (humppatekniikka), Ilmari Pohjola, Jaake Nikkilä (Valonkantajat), Janne Haavisto (Laika & the Cosmonauts), Janne Joutsenniemi (Stone, Ylppö), Janne Wirman (Children of Bodom), Jarkko Martikainen (YUP, Luotetut miehet), Jepa Lambert (Voice of Humppa 2013), Jim Pembroke (Wigwam), Jimi Tenor, Joey Luumäki (Ne Luumäet), Jonne Järvelä (Korpiklaani), Joose Berglud (Stupidot), Jouko Hiltunen & Pekka Kärhä (Jalla Jalla), Jouni Hynynen (Kotiteollisuus), Juha Kannas (Kelpo Pojat), Juha Lehti (Sir Elwoodin hiljaiset värit), Juha Torvinen (Eppu Normaali), Juissi Vainiola (Maaseudun tulevaisuus), Jukka Nevalainen & Tuomas Holopainen (Nightwish), Jukka Takalo (Aknestik), Jukka Taskinen & Jarno Pousi (Black Magic Six), Jukkis Kiviniemi (Janne Haavisto & The Shubie Brothers), Jussi Hyyrynen (Wöyh), Jyrki Mäki (Radiopuhelimet), Kaarle Viikate, Kai Hahto (Nightwish), Kaino Liimatainen (humppalogistiikka), Kalle Taivainen (Xysma), Kari Aalto (Pertti Kurikan nimipäivät), Kimmo Pohjonen, Kirsi Ylijoki (Cherry and the Vipers), Kivi Larmola (Lunatunes), Kursk, Kämy Kämäräinen (Neljä Ruusua), Lasten Hautausmaa, Lauri Tähkä, Litku Klemetti, Läjä Äijälä, Maike Valanne, Mara Balls, Maria Hänninen, Maria Laiho (Thee Ultra Bimboos), Mariska, Marko Annala (Mokoma), Marko Kantola (Nightingales), Markus Euren & Marko Tarvonen (Moonsorrow), Markus Tukia (Barefoot Brothers), Martti ja Pantse Syrjä (Eppu Normaali), Martti Servo, Matti Mikkola (Saimaa), Mia Kosunen (Voice of Humppa 2016), Miika Söderholm (Pojat), Mika Jussila (Finnvox), Mikko Huusko (Karkkiautomaatti), Mikko Kaakkuriniemi (Von Hertzen Brothers), Mikko Karmila, Mikko Von Herzen (Von Herzen Brothers), Milla Palovaara (Go Go Gods), Mirel Wagner, Noora Louhimo (Battle Beast), Olavi Uusivirta, Olli Krogerus & Timo Kämäräinen (Toot Toot), Olli-Matti Wahlström (CMX), Otra (Psychoplasma, Mana Mana), Pasi Heikura (Alivaltiosihteeri, Jahnukaiset), Paula Vesala, Pauli Hanhiniemi, Pave Maijanen (Royals, Rock’n Roll Band), Bazie & Timo-Timo (69 Eyes), Pedro Hietanen, Pekka Gröhn (J. Karjalainen), Pekko Käppi, Pelle Miljoona, Pentti Dassum (Deep Turtle), Pentti Ilola (Juliet Jonesin Sydän), Petteri Rajanti (Motelli Skronkle), Rane Raitsikka, Reckless Love, Riku Purtola (Klamydia), Safka Pekkonen (Slam, Hassisen Kone, Popeda), Sami Kuoppamäki (Kingston Wall, Anssi Tikanmäki Orchestra), Samu Haber (Sunrise Avenue), Samuli Laiho (Hearthill), Samuli Putro, Samy Elbanna (Lost Society), Sepi Kumpulainen, Susan Aho (Värttinä), Swallow the Sun, Teemu Bergman (Pää kii, Juice Normaali), Teho Majamäki, Tero-Petri Suovanen (Limonadi Elohopea), The Valkyrians, Thelo Ekow, Thonoslono (SMC Lähiörotat), Timo Kaukolampi (KXP), Timo Kotipelto (Stratovarius), Tokela (Melrose), Tommi Liimatta (Absoluuttinen Nollapiste), Tommi Lindell, Tommy Lindgren (Don Johnson Big Band, GC Caravan), Toni & Sipe (Apulanta), Tony Kakko (Sonata Arctica), Tuomas Prättälä, Unto Helo (Rytmihäiriö), Vesa Wahlroos (Ajattara), Ville Valo (HIM), Villu Tamme (J.M.K.E), Vilunki 300, Wallu Valpio, Wimme Saari, Yari, Ykä Järvinen (Freak-Ed) ja Ziggy Leppänen (Pääkköset).

このブログでおなじみなとこではHIMのVille Valo、NightwishのTuomas Holopainen とツアードラマーだった Kai Hahto 、Santa CruzのArchie (本名Arttu Kuosmanen)などなど名前があります。あ、NegativeのベーシストAnttiの名前もありますね。
このほかにここには発表されてないインターナショナルなアーティストもいるそうです。

アルバムのトラックリストはこちらなんですが、、、

1. Elanto
2. Humppamaa
3. Robotti humppa
4. Humppaan ilman housuja
5. Humppaprinsessa
6. Humppakanavahumppa
7. Humppapaini
8. Humppateltta
9. Humppa hallelujaa
10. Humppakeikka
11. Karannut humppa
12. Humppapeto
13. Karjala
14. Humppavitsaus
15. Pilattu humppa
16. Humpan hinta
17. Humppasissi
18. Varakas mummo
19. Onneksi sentään on humppaa

上記SOUNDIの記事内にこの収録曲のオリジナル曲がでてました。

Eläkeläiset Humppa Of Finland original

なので替え歌じゃないのかと思います。
なぜReckless Loveはシングルにもなってない曲なのか?不思議ですが、知ってる曲もけっこうあるので、どんな替え歌になってるのかきいてみたい気がします。

ちなみにこのバンド名Eläkeläiset(エラケライセット)とは、定年退職して年金生活をしている人たちのことです。

【追加】こちらのニュースによると、ゲストの皆さんはトライアングルを鳴らしているそうです。

リストに名前がないけど、Reckless Loveも参加してたようですね。




スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland Eläkeläiset HUMPPA OF FINLAND Ville Valo Tuomas Holopainen

【編集】 |  14:16 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.04/10(Mon)

Tuska 20周年記念チャリティソング発売に! 

Tuska 20 Song

先日お伝えしたTuska Open Air Metal Festival 20周年記念チャリティソングが発売になりました!
こちらです。


Tuska20 – The Anniversary Song

この曲に参加しているのはこのアーティストたち(プロデューサーやミキサーも含む)。
Esa Holopainen (Amorphis),
Nino Laurenne (Thunderstone, Sonic Pump Studio)
Marco Hietala (Nightwish)
Jaska Raatikainen, Alexi Laiho, Daniel Freyberg, Janne Wirman (Children of Bodom)
Gas Lipstick (ex- HIM / Hallatar)
Tomi Joutsen, Santeri Kallio (Amorphis)
Kai Hahto (Wintersun, Nightwish)
Marko Annala & Tuomo Saikkonen (Mokoma)
Lordi
Timo Kotipelto, Lauri Porra, Jens Johansson (Stratovarius)
Roope Latvala & Janne Joutsenniemi (legendary Stone)
Noora Louhimo (Battle Beast)
Pasi Rantanen (Thunderstone)
Jari Mäenpää & Teemu Mäntysaari (Wintersun)
Antti Hyyrynen (Stam1na)
Burton (HIM)
Samy Elbanna (Lost Society)
Archie Cruz (Santa Cruz)
Ville Sorvali (Moonsorrow)
Netta Skog (Ensiferum)
Mikko Karmila (Finnvox Studios)
Mika Jussila (Finnvox Studios)
Tuska プロモーター Jouni Markkanen(ex-Sub-Urban Tribe, Tuska Open Air Metal Festival)
高崎晃(Loudness)
Gus G (Ozzy Osbourne, Firewind)

この曲のダウンロードは5ユーロでこちらFind You のサイトで購入できます。期間は7月3日まで。
ケイタイへのダウンロードはできないようなのでお気を付けください。
他に寄付などもできるようですね。

このチャリティソングで得た収益は諮問機関のメンバーによって決まったいろいろなチャリティ基金に寄付されるそうです。

これ予告編は映像ありましたが、歌ってる映像があったらさらにいいのになぁ。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Tuska 20周年記念 チャリティソング

【編集】 |  21:05 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2016.11/01(Tue)

フィンランドロック界2015年度長者番付! 

毎年11月1日にフィンランド長者番付が大々的に報道されます。
以前はロック界の長者番付とジャンルわかれて報道されてたもんですが、最近はロック・メタル自体が低迷気味なせいか、見当たりません。

ここMTVにミュージッシャンの長者番付が発表されてたので、その中からロック・メタルミュージッシャンを拾ってみます。(注:知名度の高いアーティストのみ取り上げられています。)
① ansiotulot (勤労所得) ② pääomatulot (そのほかの収入) ③ 返税 ④ 追加税(ユーロ)

Lauri Ylönen (The Rasmus): ①152 425,13(約1758万円) ②3 412 750,19(約3億9364万円) ③ 370, 96(約4万3千円)

Ville Valo(HIM), ① 111 352,99 (約1284万円) ② 206 727,63 (約2385万円) ③ 282,38 (約3万3千円)

Tuomas Holopainen (Nightwish): ① 178 103,36 (約2054万円) ② 30 732,67 (約355万円) ③ 6 308,24(約73万円)

Eino Toppinen (Apocalyptica Eicca): ① 173 111,51(約1997万円) ④13 463,01(約155万円 追加税)

Samu Haber: ①137 916,80(約1590万円) ②36 294, 63(約419万円) ③14 434, 86(約167万円)

Jonne Liimatainen (Jonne Aaron): ① 129 405,80 (約1500万円) ④10 137,98 (約117万円追加税)

Marko Hietala (Nightwish): ① 63 299,43 (約730万円) ② 19 494,93 (約225万円) ③124,23(約1万4千円)

Matti Fagerholm (Michael Monroe): ① 32 020, 12 (約369万円) ②168,98(約19500円) ③3 998,77(約46万円)

Antti Hulkko (Andy McCoy): ①7 630, 14 (約88万円)② 0,88 ③ 5 309,28 (約61万円)

だんだん追加されてきてるようなので、あとでまだ名前が載るかもしれません。

The Rasmusは今目立った活動はしていませんが、こちらの記事によると現在LA在住のフロントマンのLauri Ylönen はフィンランド全体の長者番付89位だそうです。ラウリ、すごいですね。

The Rasmus Helsinki-päivä Kaisaniemi 12.06.2012

ちなみに2013年度のフィンランドロック界長者番付はこちらを。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド ロック 長者番付 2015年 Ville Valo Lauri Tuomas Holopainen

【編集】 |  14:50 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.08/09(Sun)

今年のRaskasta Joulua (ヘヴィークリスマス)ツアー発表! 

Raskasta Joulua
(昨年のRaskasta Jouluaツアーメンバー)

ロック/メタルなアレンジでクリスマスソングを歌うRaskasta Joulua (ヘヴィークリスマス)ツアーが今年も発表になりました。
このツアー去年が10周年でヘルシンキのアイスホールで締めくくりましたが、今年もタンペレのTähtiAreena、トゥルクのLogomo やエスポーの Barona Areenaなどアレーナクラスの会場を含め24公演が予定されています。今年の最終公演は12月20日Viking Graceのクルーズ船上ライブです。

今年の出演者はTony Kakko、JP Leppäluoto、Elize Ryd、Antti Railio、Ari Koivunen、Ville Tuomi、Antony Parviainen、Pasi Rantanen、Tommi ”Tuple” Salmela、 Kimmo Blomなど。会場によって出演者はかわります。
ツアーバンドの方はこのツアーの生みの親であるErkka Korhonen(ギター)をはじめとし、Mirka Rantanen(ドラマー)、Tuomas Wäinölä(ギター)Erkki Silvennoinen(ベース)、Vili Ollila(キーボード)。

Raskasta Joulua(ヘヴィークリスマス) 2015 -ツアー
 ・11月24日. Iisalmi, Eino Säisä -sali
 ・11月25日. Kajaani, Kaukametsäsali
 ・11月26日. Kuhmo, Kuhmotalo
 ・11月27日. Kokkola, Snellman-sali
 ・11月28日. Rovaniemi, Lappi Areena
 ・11月29日. Oulu, Madetojan sali
 ・11月30日. Raahe, Raahesali
 ・12.月1日 Ylivieska, Akustiikka
 ・12月2日. Savonlinna, Savonlinnasali
 ・12.月4日 Turku, Logomo
 ・12月5日. Ilmajoki, Ilmajoki-halli
 ・12月7日. Joensuu, Carelia-sali
 ・12月8日. Varkaus, Warkaus-sali
 ・12.月9日 Hämeenlinna, Verkatehdas
 ・12月10日. Mikkeli, Mikaeli
 ・12月11日. Jyväskylä, Paviljonki
 ・12月12日. Kuopio, Niiralan jäähalli
 ’12月13日. Pori, Promenadisali
 ・12月14日. Lahti, Sibeliustalo
 ・12月15日. Kuusankoski, Kuusaasali
 ・12月17日. Lappeenranta, Lappeenranta-sali
 ・12月18日. Espoo, Barona Areena
 ・12月19日. Tampere, TähtiAreena
 ・12月20日. Viking Line, Viking Grace (Turku)

チケットはクオピオを除き8月7日(金)よりTikettiLippupisteLippupalveluで発売になります。
例外的にクオピオは8月12日(水)より発売。

これまでにRaskasta Jouluaアルバムは4作発売になっており、プラチナディスクやゴールドディスクとなっています。
今年も11月にRaskasta Joulua -unpluggedアルバムが発売になるようです。

このRaskasta JouluaについてはBARKS【連載】Hiroのもいもいフィンランドvol.5 にかいてますので、興味もたれた方はのぞいてみてください。

メタルファンの方でツアー中フィンランドに来る予定があれば一味違ったクリスマスライブをぜひ。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル ヘビークリスマス Raskasta Joulua

【編集】 |  23:12 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2015.08/02(Sun)

夏の無料ライブ! 

フィンランドの夏は夏フェスの宝庫でありますが、無料ライブもちょこちょこあるんですね。

その無料ライブについてBARKSの連載「Hiroのもいもいフィンランド」で書いてみました。
こちらです。

写真下はヘルシンキのEspan LavaであったReckless Loveの無料アコースティックライブの写真です。

Reckless Love Espan Lava Helsinki 16.07.2015

Reckless Love Espan Lava Helsinki 16.07.2015

Reckless Love Espan Lava Helsinki 16.07.2015

ライブの後は自然と撮影会サイン会に!

Reckless Love Espan Lava Helsinki 16.07.2015

Reckless Love Espan Lava Helsinki 16.07.2015

Reckless Love Espan Lava Helsinki 16.07.2015

詳しくはBARKSの記事を読んでみてください。

フィンランドに来た時はなにかサプライズに出会うといいですね。幸運を祈っておきます。

夏にヘルシンキに来た時には穴場カフェがあります。
詳しくはこちらを。今年は8月30日まであいてます。機会があればぜひ。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック 夏のイベント 無料ライブ 撮影会 サイン会 穴場 カフェ

【編集】 |  15:58 |  フィンロック・プチ情報  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP |  NEXT
海外 音楽 北欧 ロック