FC2ブログ
2020.12/28(Mon)

ApocalypticaのEicca Toppinen ☆ 2ミリオンユーロの損失と失業手当の申請 

Apocalyptica Eicca Tuska 2017

ニューアルバム『CELL‐0』を1月に発売後、フィンランド、アメリカ、ヨーロッパツアーで96都市をツアー予定だったApocalypticaですが、3月12日のフィンランドのトゥルク公演の後、すべてのツアーがキャンセル、延期に。

こちらフィンランドの国営放送YleのサイトでApocalyptica Agency Oyの社長であるEicca Toppinenが今年の状況をインタビューに答えています。



今回のツアーで今のところ唯一となったトゥルク公演は、チケット購入者の3分の一ほどは来なくて、観に来た人たちも出演者の自分達も、いつものようにライブに没頭できないスタートとなり、観客にすべてを忘れさせ没頭できるようになるまで時間がかかったそうですが、最後はみな他のことを考えずライブを楽しめたみたいです。

その時はまだ今後の状況がわからず、いくつかのライブは延期にし、早ければ春中には、遅くても秋にはツアー再開ができるのではないかと思っていたと。

この時Eiccaはすでに別居していて、次の週開けに女優の奥さんとの離婚届を出す予定で、Eiccaの4月は闇の中にいるようだったと。

23年間の結婚生活に終止符を打っただけでなく、他にも失ったものはたくさんあったそう。
今年発売になったニューアルバム『CELL‐0』制作には8万ユーロ(約1012万円)かかり、ローンを組まずに済んだそうです。
その前のアルバム制作には15万ユーロ(約1898万円)のローンをくんだそう。
これから始まるツアーのためすでに4万から5万ユーロ(約506万円~632万円)ほど費用を費やしていた。
ツアーするには、クルー、サウンドミキサー、照明、トラック1台分ぐらいを担当するテクニシャンと自分達だけではない。
飛行機代、ホテル代、人件費など1週間ベルリンでかかる10人の費用は1万ユーロ(約126万円)ほど。

昨年度のApocalyptica Agency Oyの売り上げ金は412 000€(約5213万円)で、今年はツアーのおかげで2ミリオンユーロ(約2億5千280万円)、来年は1ミリオンユーロの予定だったものの、ツアー延期で予想が大きく外れてしまった。
ツアーができないかわりに春にストリーム配信をしたが、それもそれ専用のスタッフを雇わなければならなく、それで収入を得るのはなかなか難しい。
今年すでに4回ストリームライブを行ったが、提供が多くて、だんだん熱意が下がってきたとのことで、今後は素晴らしいアイデアに出会った場合のみ行う予定とのこと。

今年は何も買わない日がつづいていて、ジョギングに出る時も10年前に買ったものを身に着け、新しく買ったものはニット帽だけ。
今現在、貯金とたまに入る奨励金で生活をたてていて、ローン返済は休止中。
ヘルシンキとSipooの境界にあった仕事場として借りていたコテージは光熱費を含めると年間1万ユーロ(約126万円)ほどかかるので、あきらめ引っ越した。(リハーサルルームを小さい場所に引っ越しをしていたのがそうでないかと。)

Business Finland から支給された奨励金7万ユーロ(約885万円)で、メンバー4人の2か月間の給料を払い残りの利用法は公開できないよう。

今年はコロナで特別に起業家でも3か月分2100ユーロ(約26万円)の失業手当を申し込むことができ、支給まで3か月かかり、支給されたと思ったら、これまでの年の著作権料が入り、失業手当は返金しなければならなかったそう。

若いころからアルコールを飲むようになり、だんだん飲む量が増え、アルコール依存症になってしまい、よいことより悪いことの方がうわまわってきたことに気が付き、この2年ほどはアルコールをたっているそうです。
業界では競争率が高く、酔っぱらってステージに立ったライブに観客はチケット代は払いたくない。ステージに立つ以上体力的にも精神的にも良いコンディションであるべきだということで、今はメンバー全員ほぼアルコールは断っているそうです。

コロナで仕事がなくなり時間ができたので、少年時代からの夢だったボクシングの趣味を始めたそうです。

というわけで、ざっと訳してみましたが、ツアーができなくなった今年はクルーなども含めミュージッシャンの皆さんは経済的にもかなりの打撃を受けているようですね。

マーちゃん買うなり、ストリームがあればチケット買うなりして、自分のできることでサポートできたらいいですよね。
ということで、ささやかながらも今年はほとんどライブにも行ってないのにバンドTは増えていっています。

今後のコロナの状況がまったく予想できませんが、ワクチン接種も始まったので来年だんだんと落ち着いてきて少しづつでも生ライブが復活してくることを祈っておきましょう。

ちなみにフィンランドの音楽組合の加入者へのアンケートでは96%のミュージッシャンが、今年ツアーがなくなり同じように仕事をなくしたと答えているそうです。
フィンランドの生音楽の輸出が今年は75%ほど減り、世界的に名が知れてる人達に曲を提供しているAlma MiettinenやTeemu Brunila をのぞいて、状況はかなり厳しい年となったようです。
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロメタル Apocalyptica Eicca Toppinen エイッカ 新型コロナ

【編集】 |  12:42 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019.06/08(Sat)

Apocalyptica ☆ 9作目となるスタジオアルバムのレコーディング終了 

Apocalyptica Plays Metallica By Four Cellos

9月の来日が待たれるApocalypticaですが、9作目となるスタジオアルバムのレコーディング終了!

こちらの記事によるとニューアルバムはヘルシンキのSonic Pump スタディオでレコーディングされ、全曲インストルメンタルだそうです。



Apocalypticaはこの春から4人目のチェリストにヘルシンキ・フィルハーモニー・オーケストラのLauri Kankkunen(ラウリ・カンックネン)を加え北米ツアーを行いました。
ただ今夏フェス出演中ですが、Lauriがツアーメンバーにいるようなので、来日公演もそうかもしれませんね。

Apocalyptica一夜限りのヘッドラインショー!
2019年9月24日(火)東京 恵比寿 LIQUIDROOM
チケットはすでに発売中です。

一夜限りということで、Apoが日本でみれるこの機会をお見逃しなく!

詳しくはこちらCreativemanのページをご覧ください。

なかなかこちらまで更新できてませんが、FBの「もいもいフィンロック」は随時更新中です。
FBのアカウントある方で、フィンロックお好きな方はFBの方もどうぞよろしく!

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロ メタル Apocalyptica アポカリプティカ 来日 アポ

【編集】 |  23:49 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019.04/14(Sun)

Apocalyptica 待望の単独来日決定! 

Apocalyptica Plays Metallica By Four Cellos

Apocalypticaの来日が発表になりました

チェロでメタリカのカヴァーを収めたデビューアルバム 『PLAYS METALLICA BY FOUR CELLOS』ワールドツアーを行ってきたアポカリプティカですが、ついに日本公演が発表になりました!

一夜限りのヘッドラインショー!

2019年9月24日(火)東京 恵比寿 LIQUIDROOM

チケット一般発売:5/18 (土) 10:00am~
チケット先行発売:
・クリエイティブマン 3A 会員先行
  期間:4/12 (金) 15:00 ~ 4/15 (月) 18:00
・クリエイティブマン モバイル 会員先行
  期間:4/12 (金) 18:00 ~ 4/15 (月) 18:00

やっとの単独公演!
この機会をお見逃しなく!

詳しくはこちらCreativemanのページをご覧ください。



昨年秋のヘルシンキTavastia公演レポBARKSに掲載しているので、まだの方のぞいてみてくださいね。




先日FBでApocalypticaのQ&Aがライブ中継で行われましたが、その時の映像こちらにアップされています。



今レコーディング中のApoのスタジオに実は元Santa CruzのJohnnyことJoonasがいるんですよね。
これまでにEiccaのインスタやストーリーに後ろ姿や横顔が写ったりしてましたが正式にJoonasを紹介してます。



ということで、今レコーディングしている次のアルバムのプロデューサーが気になったのでライブQ&Aで質問したら答えてもらえました。
プロデューサーは自分達だそうです。元Santa CruzのジョニーことJoonasはエンジニアとのことでした。
ニューアルバムは今年終わりか来年初め頃になるんじゃないかという話をQ&Aの時にしていました。

来日、そしてニューアルバム楽しみですね。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロメタル Apocalyptica アポカリプティカ 単独来日決定

【編集】 |  17:29 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019.01/13(Sun)

フィンランドのTV番組に賞を与えるKultainen VenlaでのApocalypticaゲストパーフォーマンス映像! 

Apocalyptica Tavastia 22_09_2018

先日行われたフィンランドのTV番組に賞を与えるKultainen Venla(クルタイネン・ヴェンラ)にゲストでライブパフォーマンスをしたApocalypticaの映像がこちらYle Areenaに上がっています。
MetallicaのThe Unforgiven / Orionを披露しています。
公開期限がとりあえずとしか書かれてなく、国外からもこちらでみれるので、早めにみてくださいね。



Apocalypticaは40ヶ国で170公演以上を行ったPlays Metallica By Four Cellosワールドツアーを昨年のフィンランド国内ツアーをもって終了!
最後のTavastiaは追加2公演出ましたが、3公演ともソールドアウト!
ミーグリもあり、参加してきました。
その時のレポまだの方はBARKSに記載されてますのでぜひ読んでみてくださいね。




Apocalypticaは今年5月にUSツアーが予定されている他、夏には夏フェス出演が予定されています。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロ メタル Apocalyptica アポカリプティカ Metallica Kultainen Venla

【編集】 |  10:50 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.12/07(Fri)

Apocalyptica Agency ☆ フィニッシュ・ミュージック・エクスポート・アワード受賞! 

Apocalyptica Finnish Music Export Award 賞 受賞
(写真:ApocalypticaオフィシャルFBより)

フィンランドの音楽を世界に輸出、広めることに成功、貢献した企業に贈られるFinnish Music Export Award(フィニッシュ・ミュージック・エクスポート・アワード)を、第4回目の今年Apocalyptica Agencyが受賞

受賞の理由は:
「彼らのキャリアを通して、Apocalypticaはフレッシュなボーダーブレイカーであり、オープンマインドを作り上げた先駆者である。彼らは枠にとらわれずジャンルの違う音楽からインスピレーションを受け、彼らを通じてApocalypticaはロックとクラシックアーティストをワールドワイドなステージに持ち上げた。彼らのブランドであるチェロロックは、素晴らしいフィンランドの音楽のエクスポートだけでなく、音楽のジャンルを超えた協奏曲の素晴らしい例である。」

こちらMusic FinlandのFBページにこの授賞式の写真がアップされてます。のぞいてみてください。



Apocalypticaはデビューアルバム『Plays Metallica by Four Cellos』発売から20周年を記念して、この2年ほどこの記念のワールドツアーで170公演以上を行ってきました。残念ながら日本単独はありませんでしたが、昨年Loud Parkに出演しています。

今回のツアーを記念して「Plays Metallica By Four Cellos - A Live Performance」の 2CD+DVD Digipak が12月7日発売になります。
DVDにはフィンランドのサヴォリンナのオラビ城での公演、CDには地元ヘルシンキのTavastia公演が収録されているそうです。



この賞Finnish Music Export AwardのプレートはヘルシンキのTavastiaに飾られるそうです。Tavastiaに行くことがあれば要チェック!

Apocalypticaは来年2月2日に開催されるフィンランドのグラミーことEMMA GAALA授賞式に出演が決まっています。



ただしこの出演は1曲だと思います。
この授賞式はTVで生中継されます。
国外からみれるかどうかわかりませんがネットでも中継されると思います。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland チェロ メタル 受賞

【編集】 |  00:19 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT