FC2ブログ
2020.12/14(Mon)

マイケル・モンローとアンディ・マッコイの最近の仲は? 

Hanoi Rocks
(2007年9月5日Hanoi Rocksから『「Street Poetry)が発売になり、ヘルシンキのAnttilaでサイン会があったときの写真です。)

こちらフィンランドの日刊紙に「マイケル・モンローとアンディ・マッコイの最近の仲は?」という記事があったので紹介してみます。



先日フィンランドのSuomiRockラジオが開催したEläköön SuomiRock Gaala でバンドの功績をたたえられてElämäntyö(エラマントュオ)賞をHanoi Rocksが受賞!
新型コロナのためMichael Monroe、Andy McCoy、Sami Yaffa、Nasty Suicide の4人はリモートで授賞式に参加しました。
その時の映像です。



上記日刊紙のマイケルの話によると、この前最後にこの4人が顔あわせたのは、Demolition 23のヘルシンキTavastia公演でのことだったそうです。Andyをジャムセッションしないかとステージに呼んだのが最後。その時のドラマーはJimmy Clarkだったものの、他の4人はそろってたとのこと。それ以来この4人が同時に集まることはなかったそうです。

「評価されたってことはとっても嬉しく感じる。俺たちはいろんなことでポジティブな影響を与えたことは確実だ。こういう賞を受賞するのはとっても素晴らしい。」
マイケル・モンロー

それに対してアンディは
「この賞は自分には特になんの価値も感じない。ロックンロールの世界の発展にHanoi Rocksが影響を与えたことに気が付かないやつがいたらそいつは盲目だ。」
とのこと。今更何言ってるんだってとこでしょうかね。

この受賞をきっかけにHanoi Rocksが復活するのではないか?という噂については
(ちなみにそんな噂があったことは知りませんでした。)

マイケルの答えは
「ノーといっておく。
これにはHanoi Rocks再結成の話はない。俺とアンディの仲が戻ったのではないかという話を耳にすることがあるけど、仲が戻るもなにもない。なぜなら喧嘩して別れたわけではない。アンディとはもう10年以上もただ特に関係がないだけだ。

80年代に一緒にバンドを始めた。そしてバンドのドラマーがなくなりサミが脱退したので、バンドを維持することができなかった。その時に道が分かれはじめ、ソロ活動をはじめ、うまくいった。」

90年代半ばにアンディはアンジェラとフィンランドに戻り、その後マイケルも戻った。

「アンディはベランダから落ち、奇跡的にも助かった。アンディは歩くリハビリを始め、おれは最初の妻がなくなったことから立ち直ったとこで、2000年初頭にHanoi Rocksの4枚組CDボックス発売記者会見で再び会った。 アンディは俺の曲を評価してくれるようになり、フィフティフィフティで曲を作りはじめ俺たちの関係はよくなった。

復活したHanoi Rocksを自分の人生最後まで続けようとさえ思っていた。もしそれが楽しければね。でも途中でそうではなくなった。個人的な問題が関係してきて、昔のことを掘りだしたくはない。結果的にこれ以上続けないことになった。

アンディに何度も、もう辞めたいのか?って聞いた。そうこうしてるうちに俺なしではなんぼでもないみたいな態度になってきた。俺じゃ物足りないんなら、ソロ活動していいと思い始めてきた。その時点で、楽しいライブになるか、悪夢のライブになるかわからないままツアーに出る気にはならなくなった。」

そのあと日本、イギリス、ヘルシンキのTavastiaでフェアウエル公演をやってバンドは終止符を打った。

アンディは
「バンドメンバーの間でお互いに問題はなかった。

お互い何を思っているかわかるぐらいの関係だった。13歳のころからの友達で、親が違う兄弟のようなものだ。意見が違うことがない兄弟なんてのもあり得ない。」

「Netflixで上映されたMötley Crüeについての映画『The Dirt』にはいらいらした。映画の中でRazzleがなくなる事故にあう前、Vince Neilのカリフォルニアにある大きな住宅でパーティしていたように描かれてたが、実際はRedondo Beachの2ルームの小さな住まいだった。」
そうで、Sami Yaffa, Tommy Lee、Vinceの妊娠中の彼女とAndyは酔いつぶれていたようです。

「俺はそこでVinceをのぞいて生きてるRazzleを見た最後の人だった。また後で会おうといったのが最後だった。

皆この事故で重傷を負ったのが他にもいたことを忘れてしまっている。事故した相手の車に乗っていた2人のティーンエージャーは首から下が一生マヒしてしまったんだよ。」

その2人が今一緒にエキサイトしていることが!
Hanoi Rocksのアルバム『Oriental Beat』の紛失していた一番最初のテープが見つかり、1982年にミキシングがよくなったこのアルバムをミキシングし直してるそうで、2021年春頃に、このアルバムが元々こうであるべきだったアルバムになり再発売になる予定だそうです。

「そのアルバムは俺たち抜きでミキシングされ、そのためカオスになり俺たちのキャリアが2年間スローダウンになった。」
とAndy。この新しいOriental Beatアルバムのギターはもっとかっこよくなっていると。

MichaelはSamiとNastyは今でも仲のよい友達だそうです。

「もしAndyと仲の良い友達であったなら、リボーンのHanoi Rocksを続けていただろう。もし自分にとっていい奴じゃなかったら関係は続かない。怒りだって持っていればつらい感情がこもっているが、そういう感情はもってない。

Andyとは必要に応じて連絡を取る。Hanoi Rocksの名前は2人で持っているから、どちらか一人で決めることはできないし、決めようとも思わない。」

というわけで、ざっと訳してみましたが、2人は特に喧嘩別れしたわけでもないし、親友ではないもののなにか用事があれば連絡を取ることもあるという関係でしょうかね。
この記事を読むと、今のところHanoi Rocksの復活はありそうにはないですね。

とりあえず新しくミキシングされた『Oriental Beat』の発売を待ちましょう!
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Hanoi Rocks ハノイロックス マイケル・モンロー アンディ・マッコイ

【編集】 |  15:27 |  Hanoi Rocks  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.05/12(Fri)

Andy McCoy ☆ この秋発売予定のニューアルバムから先行シングル「The Way I Feel」発売! 

Andy McCoy The Way I Feel kansi

日本ではHanoi RockなどでおなじみのAndy McCoyからニューシングル「The Way I Feel」発売!

こちらフィンランドの音楽雑誌SOUNDIによると、
「耳に残るメロディと12弦ギターの響きからこの曲の制作上のタイトルは「The West Coast Song」だった。この曲はアンジェラと一緒にLAに引っ越しを考えてた時にできた曲だ。パラダイスのかけらを探しに出る旅に。万国共通の現実逃避の一例だ。」
Andy McCoy

今年のAndy McCoyのバンドメンバーは以下の通り。
Andy McCoy (ボーカル&ギター)
・Pate Kivinen (キーボード)
・Matthew Janaitis (ベース)
・Gustaf Standertskjöld (ドラム)

この曲にはHanoi RocksやNew York Dolles、Michael Monroeバンドなどで知られるSami Yaffaのお兄さんJone Takamäkiがゲスト出演しているそうです。

このAndy McCoyのニューシングル「The Way I Fell」こちらSpotifyで聴けます。

CDシングルも300枚限定でプレオーダーしてましたが、すでに完売のようです。

AndyMcCoy、この夏フェスティヴァル出演も予定しているそうです。
まだタイトルがついてないアルバムはこの秋発売予定です。お楽しみに。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Andy McCoy アンディ・マッコイ ハノイ・ロックス Hanoi Rocks

【編集】 |  13:57 |  Hanoi Rocks  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2016.12/04(Sun)

Andy McCoy feat. Ville Valo のクリスマスシングル「Xmas Song」ミュージックビデオ公開! 

Andy McCoy Ville Valo Xmas song Kansi


新しく設立されたレコード会社「Ainoa Productions」からAndy McCoy feat. Ville Valo のクリスマスシングル「Xmas Song」が発売になることをお伝えしましたが(こちら)、そのミュージックビデオが公開になりました。



メンバーは:
ギター&ヴォーカル: Andy McCoy
バッキングヴォーカル: Ville Valo
バッキングヴォーカル: Roxsy Surowiak
サクソフォンi: Jone Takamäki
ベース: Matthew Janaitis
ドラム: Gustaf Standertskjöld
キーボード: Pate Kivinen

ということで、Ville Valoは控えめにバッキングヴォーカルをやっています。
サクソフォンはHanoi RocksやNew York Dolls、現在はMichael MonroeバンドのベーシストでおなじみのSami Yaffaのお兄さんです。
このミュージックビデオでは楽しいクリスマスではなく、その裏にあるホームレスなどの影のクリスマスを考えさせてくれる映像になっているように思います。

このクリスマスシングルフィンランドの独立記念日である12月6日にSpotifyで聴けるようになるほか12月7日にこちらLevykauppa ÄxにてCD発売。
プレオーダー受け付け中でしたが、300枚限定発売ですでに予約完売のようです。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Andy McCoy Ville Valo アンディ・マッコイ ヴィッレ・ヴァロ

【編集】 |  12:50 |  Hanoi Rocks  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2016.07/23(Sat)

Hanoi Rocks & David Bowie写真展 トゥルクのLogomoで開催中! 

ただいまHanoi RocksとDavid Bowie の写真展トゥルクのLogomoで開催中。

Hanoi Rocks 写真展の Justin Thomas はLed Zeppelin、Diana Ross、Stevie Wonder、Oasis、Guns N’ Rosesなどの写真もおなじみな世界的に有名なカメラマン。1982–84年、インド、イスラエル、ニュー・ヨーク、イギリス、日本などHanoi Rocksに同行して当時のHanoi Rocksをバンド外も含めて撮った写真だそうです。

David Bowie 写真展のGavin EvansはNew York Times や Sunday Timesのカメラマンとしても知られ、Juliette Binoche、Daniel Craig、Dusty Springfield、Morrissey、Iggy Pop、Ozzy Osbourne、Björk、Terry Gilliamなどのアーティストを撮影したことでも知られるカメラマン。

こちらはフィンランド国営放送YleのMichael Monroeインタビュー映像(英語字幕付き)です。


こちらYleの記事です。

「楽しかったことがよみがえってくる。バンドの黄金期だったころがとてもよく表れている。」

「興味持ってくれる人がいたらいいな。これはその当時の俺たちがどんなだったかのセットだ。」

とMichael Monroe。

「JustinはHanoi Rocksのファミリーの一員みたいな存在だったので、これらの写真には実の姿が現れている。」

Logomoに展示されている写真は100点ほどあり、Michael本人も見たことない写真があるそうで素晴らしいサプライズがあるとのこと。

「Up Around The Bend」ビデオ撮影時の写真と同じ歌ってるポーズを付けるMichael。
映像の中でMichaelはこのビデオは夜通しかけて撮影し、ヘリコプターから降りてくるシーンは夕方の設定だけど、実際は朝方撮ったそうです。

Hanoi Rocksのスタイルは当時とても独特なもので、当時の彼らの衣装にそれがよく表れているそうです。
例えばAndy McCoyとパンツの縫い目にスカーフを縫い付けたことがある。当時そんなものは他で見たことがないと。

Hanoi Rocksの初期のころには、名声とお金がはいることを公にも言っていたそうだけど、実際にはお金は入ってこなかったが、名声と知名度は上がったとMichaelは笑って語った。

「なんにしてもHanoi Rocksと自分のキャリアには誇りを持っている。」

簡単な道を選んだことはないし、自分の魂を売ったこともない。
自分が良い気分でいれば、鏡に自分を映し出すこともできるし、夜ぐっすり寝ることもできると。

イスラエルの細い通路で撮った写真に男の子が銃を手に持った写真があることについて、銃を手に持った男の子が突然現れたそう。

80年代初期にイスラエルに行った時、嘆きの壁の前で撮った写真についてイスラエルでは自分は女性に見られ、そこは男性のみ訪れることができる場所で、身の危険を感じ、石投げの刑にされる前にその場を去ったそうです。

そしてBowieの写真展と同時に行われていることについて、Bowieはメンバー皆何らかの形で影響を受けているので、一緒の展覧会でとても光栄に思うそうです。

付け加えて、この写真について映像内で話してます。

Hanoi Rocks Yle Kuvanäyttely
(Yleの映像より)

このピンクの羽根はカメラマンのJustin Thomasが手に入れた本物のダチョウの羽根で扇子だそうで、それを撮影に使ったそう。
この時のゴールドのパンツは日本で買ったもので、短すぎて合う靴がなく色がぴったりくるピンクのソックスにしたそうであります。

こちらはトゥルクのニュース記事

「Justin(カメラマン)は俺たち家族の一員のようになった。カメラを持ってようが、持ってなかろうが関係ない。だからこそ彼はHanoi Rockaの黄金期を親近でプライベートに撮ることができた。Hanoi Rocksは絶好調の時で、それは写真を通して現れている。素晴らしい写真展なので、みんな見にきてくれ。」とSami Yaffa。

このHanoi RocksとDavid Bowie の写真展トゥルクのLogomoで7月22日(金)‐8月7日(日)まで開催。
入り口Logomo Kitchen。
オープン:
 月‐金 11-19
 土‐日 12-18
入場料:大人11ユーロ (12歳未満無料)
     ファミリー券 29ユーロ(大人2人+ 子供 16歳未満)会場窓口のみ販売
チケットはこちらで購入できます。
またはR-Kioski でイベント番号113709、またはイベントのタイトル「HANOI ROCKS & DAVID BOWIE VALOKUVINA」で購入可能。
ファミリー券は会場のみ販売なので、大人券も多分会場でも購入可能じゃないかと思います。
詳しくはフィンランド語ですがこちら。(英語が選べたので英語表示にしてもフィンランド語しか出てきませんでした。)

この写真展、こちらの記事によるとトゥルクの後は8月12日‐9月1日ヘルシンキで開催のようです。
Hanoi Rocks はKaapelitehdas、David BowieはPannuhallにて。(ただ今現在Kaapelitehdasのイベントページにはまだ表示されてません。)

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Hanoi Rocks ハノイ・ロックスデヴィッド・ボウイ 写真展 トゥルク ヘルシンキ

【編集】 |  11:19 |  Hanoi Rocks  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.09/15(Tue)

Andy McCoy ☆ 外国人にホームレスに間違えられる。。。 

Andy McCoy Art 2013

解散はしてしまいましたが、Hanoi Rocksのギタリストでも有名なAndy McCoyこちらの記事によると、ピンナップモデルのシニ・アリエルのオーストラリア人の彼氏がヘルシンキでシニがホットドックを買いに離れた間にAndyを見かけたそう。

その彼氏はAndyが誰だかわからず、お腹をすかしているホームレスだと思い10ユーロ渡したんだそうです。
そしてAndyはそれを受け取ってその場を去ったそうであります。

そのAndy McCoyはこの秋 Pelle Miljoona Oy のツアーメンバーに加わわり、Sleepy Sleepers とともに11月13日から12月12日までの約1ヶ月Rock Circusツアーを行うことが発表になりました。

そのRockCircusツアースケジュールは以下の通り。

11月13日 Kuopio, Jäähalli (+ Kotiteollisuus)
11月14日 Oulu, Energia-areena (+ Juliet Jonesin Sydän)
11月19日 Hämeenlinna, Verkatehdas
11月21日 Lahti, Lahti-halli (+ Melrose ja Francine)
11月26日 Tampere, Pakkahuone
11月27日. Kouvola, Lumon areena (+ Viikate)
11月28日. Lappeenranta, Kisapuiston jäähalli (+ Kotiteollisuus)
12月3日 Helsinki, The Circus
12月4日 Helsinki, The Circus
12月9日 Rock Circus -クルーズ (+ Kotiteollisuus ja Melrose)
12月11日 Rauma, Kivikylän areena (+ Kotiteollisuus)
12月12日. Jyväskylä, Paviljonki-areena (+ Kotiteollisuus)


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Andy McCoy アンディ・マッコイ ホームレス Rock Circus

【編集】 |  22:27 |  Hanoi Rocks  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT