2018.01/12(Fri)

3人のメタルシンガーで結成されたPowerless Trio ツアースタート! 

Powerless Trio Jarkko Tiitinen
(Photo: Jarkko Tiitinen)

3人のメタルシンガーTarotista や Nightwishで知られる Marco Hietala、Charon や Harmaja で知られる JP Leppäluoto、 Amoral で知られる Ari Koivunen の3人で結成されたPowerless Trio 1月25日Raaheを皮切りにツアースタート!

このトリオ、おなじみの曲を彼らのアレンジで歌うそうであります。
この3人で歌ってみたらとってもよく聴こえたので、オーディエンスの前で歌うことにしたそうであります。

MarcoAri、双方にオープンハートで新しいことを調査する子供心が適度に住んでいる。Marcoは何事も分析し、すべてがきっちり当てはまってないとだめなタイプだ。とはいえ、ゆったりとだ。Ariはふだんはリラックスしてるが、仕事となると学者っぽくなり、計画したとおりにやりたいタイプだ。おれはその2人をごちゃ混ぜにしちゃうタイプだ。」
とJP Leppäluoto

こちらはそのPowerless Trio初のビデオです。



Powerless Trio ツアースケジュール!
1月25日 Raahe, Raahesali - Katso lisää
1月26日 Iisalmi, Eino Säisä-sali - Katso lisää
1月27日 Oulu, Madetojan sali - Osta liput
2月1日 Lahti, Sibeliustalo - Katso lisää
2月2日 Mikkeli, Mikaeli - Osta liput
2月3日 Jyväskylä, Paviljonki - Osta liput
2月7日 Helsinki, Savoy-Teatteri - Katso lisää
2月8日 Tampere, Tampere-talo - Katso lisää
2月9日 Kuopio, Puikkari - Katso lisää

この時期フィンランドにいる方で聴いてみたいって方はぜひ!
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland メタル Powerless Trio Marco Hietala Leppäluoto Ari Koivunen

【編集】 |  23:58 |  Ari Koivunen  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.05/22(Tue)

Amoral ☆ 新ミュージックビデオWrapped In Barbwire公開! 

毎年恒例になったFinland Fest今年の開催が今週土曜5月26日と迫ってきました。

以前AmoralもAri Koivunenもこのフィンフェスに出演したことがありますが、今回はAri Koivunenをヴォーカルに新しくなったAmoralとして来日が決まっています。そのAmoralから新しいミュージックビデオ「Wrapped In Barbwire」が本日公開になりました。



 Amoral - Wrapped In Barbwire

このビデオの監督はValtteri HirvosenでヘルシンキのPhotopartnersスタジオで撮影!

Finland Fest 2012(出演:AMORAL / INSOMNIUM / PROFANE OMEN / SWALLOW THE SUN スペシャルゲスト:ANTHEM)について詳しくはこちらを。当日券もあるようです。

Amoralはその翌日名古屋で開催されるOwari Metal Festivalにも出演が決まっています。詳しくはこちらを。

来日の前に明日23日中国でもライブがあるAmoralですが、アジアツアーについては彼らのTwitterで報告があるようです。ファンの方要チェック!

Amoral オフィシャル
Amoral Facebook
Amoral Twitter

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

【編集】 |  14:42 |  Ari Koivunen  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.01/16(Fri)

Amoral ☆ ニューシングル”Year Of The Suckerpunch”! 

  Amoral promo Photo By Uzi Varon
   (Photo by Uzi Varon)

昨年このブログでもお伝えしたようにAmoralの新ヴォーカルに決まったAri Koivunenをバンドに迎えてのはじめてのシングル”Year Of The Suckerpunch”本日フィンランドのラジオで初オンエアー!
YleXでは18時10分頃初オンエアーとなるようです。(日本時間の17日午前1時10分ごろ。)
こちらYleXのMediasoitinのページの「Avaa medeisoitin omaan ikkunaan」をクリックでラジオ生放送を聴くことができるかもしれません。お試しください

この曲の作詞作曲はギタリストの Ben Varonによるもので、2月11日に発売予定。
Misfitのカヴァー ”Dig Up Her Bones”が同時収録される予定です。

AmoralはハメーンリンナにあるSound Supremeスタジオでのレコーディングを終え、ただ今ミキシング段階だとのこと。
Ari Koivunenをヴォーカルにむかえて初めてとなるこのニュー・アルバムは5月に発売の予定です。

Amoral オフィシャル
Amoral MySpace

ランキングに参加中。フィンロック普及を望まれる方クリックしていただけるとうれしいです。キートス!
FC2 Blog Ranking

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  13:49 |  Ari Koivunen  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2008.11/25(Tue)

Ari Koivunen ☆ Amoral の新ヴォーカルに決定。 

  Amoral promo Photo By Uzi Varon
    (Photo by Uzi Varon)

2006年5月”FINNISH MUSIC DAYS IN TOKYO”で来日、今年の夏ヴォーカルのNikoの脱退が表明され新ヴォーカルを募集中だったAmoralから新ヴォーカルが彼らのオフィシャルにて発表になりました。

昨年のフィンランドのIdolsでメタルな曲を歌いみごと優勝、今年5月FINLAND FEST 08とAstro Hallのニューブラッドで初来日をはたしたAri KoivunenがAmoralの新ヴォーカルだと発表になりました。

新ヴォーカルの応募には全世界中から50名ほどの応募があり、その中からAri Koivunenが選ばれました。
AriとAmoralはこれまでにすでにひそかに練習を重ねておりAmoralにとって4枚目となるアルバムのレコーディングに来月からはいり、来年春頃にニューアルバム発売予定とのこと。

このニュースについて詳しくはこちらAri Koivunen Japan Blogをご覧ください。

Amoral オフィシャル
Amoral MySpace

ランキングに参加中。フィンロック普及を望まれる方クリックしていただけるとうれしいです。キートス!
FC2 Blog Ranking

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  22:45 |  Ari Koivunen  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2008.09/11(Thu)

Ari Koivunen ☆ 「Becoming」からのセカンドシングル「Tears Keep Falling」PV公開 

       Ari Koivunen promo
        (Photo By Ville Juurikkala)

2007年春フィンランドのIdolsで優勝!
デビューアルバムの「Fuel for the Fire」はフィンランドのナショナルチャート12週連続1位というフィンランドのアーティストとしての記録を作り、今年5月初来日を果したAri Koivunen待望のセカンドアルバム「Becoming」から「Give Me A Reason」に続くセカンドシングル「Tears Keep Falling」のPVが公開になりました。

この曲はAri Koivunenバンドによるもので作詞はキーボードのVili Ollilaによるもの。
PVのほうは今年8月Sonic Pump -studioにてVillage Road FilmのOwe Lingvall 監督により撮影されました。

いや、ちょっとメンバーにやけているようにもみえてしまいますが、このPVこちらからご覧ください。

Ari Koivunen オフィシャル
Ari Koivunen MySpace
Ari Koivunen Japan Blog

ブログ・ランキングに参加中。フィンロックの普及を願う方ワンクリックお願いします。キートス!
FC2 Blog Ranking

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

【編集】 |  11:30 |  Ari Koivunen  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP |  NEXT
海外 音楽 北欧 ロック