2017.07/22(Sat)

HIMのVille Valo 解散について 

HIM promo 2017

今年を持って解散を発表したHIMですが、こちらKaaoszineでその理由などについて話してます。

この夏フィンランドで2つのフェス出演をしたHIMですが、このインタビューはTuuriで開催された、現地のフィンランド最大のデパートのオーナーVesa Keskinen50歳の誕生日を祝うMiljoonarockフェスでのインタビューです。



その前にはヘルシンキで開催されたTuska Open Air Metal Festivalに出演しましたが、ヘルシンキのフェス出演はこれが後にも先にも初めてだったそうです。今後のバンド活動をどうするか?と話していた時に、Tuskaフェスの主催者の一人から出演しないか?と話が来たそうであります。

‐ 次のアルバム用の曲もできては来ていて、新メンバーのKosmoとのアルバムも作りたいとは思っていたが、トレーニングキャンパスにメンバーが集まって練習しても、よい曲ながらも必要とするほどの特別によいという部分が感じられなく、俺たちはどんなにいいバンドかを皆に見せつけてやろうと思えるようなものが欠けていた。なのでどうするかという話がでた。メンバー皆他のこともやってるし、優先することが皆それぞれ違ってきてもいた。自分だけが決めることではないし、これは皆の人生であり、これと決め手になるものが感じられないとなるともちろんそれはストレスにも感じ取れた。思ったのはまだバンドに勢いがあり皆が興味を持っているときにやめた方が、ズルズル長引かせるよりスマートに感じた。それは結構珍しいことで、多くのバンドは長く続けすぎるのが普通だ。
HIMはメンバー皆が作り出すサウンドから成り立ってるが、そのHIMのサウンドのフォーマットにこれという決定的な新しいものが生まれてこなかったし、それに対するパーフェクトな解決法が出てこなかった。それは例えば金のカゴに閉じ込められてる感じで、成功してきたものがあるがそこに閉じ込められてて出られないといったような状態。例えばAC/DCがそうだが、彼らはうまく成功してきている。反対にU2はいろんな挑戦をしてきている。ただそれはアーティスト的に俺たちにはできない。それはうまい例えにはならないが、アルバムのアイデアはあったものの、なんとなくそれは違う方向に感じた。うまく説明ができないが、すべてがなんかこううまくあてはまってない感じがした。そしてそれがなぜなのかわからない。その解決法がわからなければ、みな満足できないし、うまくいくわけがない。

この秋のライブをDVDに収めて発売するというような予定はあるか?については、
‐ ライブDVDというのはつまらないことがよくある。そして、このライブを録画するというとカメラが構えられていて観客もそれがストレスになってしまうこともある。サウンドはうまくミキシングできるが、映像はそうとばかりはいかない。特別なこと、例えばステージで転ぶとか、そういうことは偶然起こることであってあらかじめ予測できない。今のところDVDに収めて発売する予定はない。何が起こるかはライブ時々で違ってくる。なので、実際にライブを観に来るのが一番だ。

解散後の予定は?
‐ 音楽をずっと続ける。バーチャルリアリティゲーム(ダウン・ワールド・スパロウ?に聴こえますがいまいち不明)に曲を作るプロジェクトがある。この手のゲームについてはよく知らないが、これまでに自分がやってきた音楽とは違うもので、興味深い。ちょっとツイン・ピークスっぽいのもで、新しいチャレンジになる。自分はラウドな音楽が好きで、同時にメロディアスなものも好きだ。それからどんな音楽が個人的に好きで、どんな音楽になるかを考えてみたらHIMになったんだが、どうなるかはみてみよう。(笑)

ということです。

インタビューの中で断言はしてないですが、フィンランド国内でもライブがあるみたいで、Helldone以外にあるのかどうかはまだわかりません。今年のHelldoneがどのような形になるかもまだわかりません。
その今年のHelldoneについては8月7日に発表があるそうです。
FB.に大晦日のHelldoneのイベントページができてるのを見かけましたが、あれはファンらしきがあるだろうという予測から勝手に作ったイベントページのようでオフィシャルではないのでお気を付けください。

HIM最後のHelldoneこれまで通りTavastiaで開催ならキャバが700人ぐらいだったと思うので、チケットはものすごい争奪戦になると思います。行こうと思われてる方はまずこのチケットゲットを勝ち取る必要があります。幸運を祈っておきます。


スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック ラヴメタル HIM Ville Valo インタビュー 解散

【編集】 |  22:12 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.03/10(Fri)

HIM ☆ フェアウエルツアーロンドン追加公演発表! 

HIM promo 2017

今年いっぱいをもって解散が発表されたフィンランドラブメタルバンドHIMですが、先に発表されていたフェアウエルツアーにロンドン公演が追加されました。



12月19日(火)イギリス ロンドン ROUNDHOUSE 追加。

すでにイギリス3公演はソールドアウトになっているようですが、そのほかのツアー日程はこちらをご覧ください。
・「HIM 解散を発表!12月にフェアウエルツアー! 」

他にUSAとフィンランド国内ツアーは後日発表とのことで、HIMのフェスともいえる今年のHelldoneフェスについては7月中旬発表のようです。ということで、フィンランド国内ツアーはHelldoneと一緒に発表になるんではないかと予想。



このフェアウエルツアーに日本公演が加わる可能性は残念がら非常に低いと思うので、HIMが生でどうしてもみたい方は今発表されてる公演に行かざるをえないと思います。
ちなみにヨーロッパのスタンディングのライブは整理番号などなく、中に早く入って場所取ったもの順がほとんどだと思うので、チケットを後でとっても早くから並べば前が取れる可能性は大。どれくらい早くから並べばいいかはバンドによります。

年末のHelldoneは毎回すごい人気でチケット争奪戦が激しいので、チケット購入のサイトがアクセス多数でなかなか入れず、入れたと思ったらもう予約完売だったりします。行きたい方幸運を祈ります。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ラブメタル HIM ヒム ヴィッレ・ヴァロ Ville Valo 解散 フェアウエルツアー

【編集】 |  11:27 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.03/06(Mon)

HIM 解散を発表!12月にフェアウエルツアー! 

HIM Helldone 29.12.2012

悲しいニュースが伝わってきました。HIM 解散がアナウンスされました。
今年フェアウエルツアーを行い26年のキャリアに終止符をうつと。



HIMのFBにVille Valoのステートメントが発表になっています。
この英語がいまいちよくわからなかったので、こちらフィンランドの音楽雑誌フィンランド語に訳されたステートメントがのっているので、それを訳してみました。

「4分の一世紀のキャリアを経てHIMは道の最後にたどり着いたと感じる。新しい眺め、香り、サウンドにスペースを与えるため、自分たちはさようならと言わなければならない。俺たちはパターンを完成し、パズルを解き、鍵をかける。ありがとう。」

HIMは1991年にVille Valo、ギタリスト Mikko 〝Linde″ Lindström とベーシストの Mikko "Migé" Paananen により結成これまでに8枚のスタジオアルバムを発売。4年前の2013年に最後のアルバムとなる『Tears on Tape』を発売しています。

「2017年の終わりに俺たちは自由に解放される。その前に皆にラストチャンスとして俺たちのライブパフォーマンスを体験させたい。それは涙を流すのではなく、ラブメタルの賛美の栄光を祝おう。」とベースのMige

今発表されている夏フェス出演の他、HIMフェアウエルツアーはこちら。
6月
14日スペイン BARCELONA RAZZMATAZZ
15日 スペイン MADRID LA RIVIERA
16日 スペイン SANTANDER SALA ESCENRIO
17日 ポルトガル PORTO HARD CLUB

7月
01日 フィンランド HELSINKI TUSKA FESTIVAL
13日 フィンランド TUURI MILJOONAROCK

11月
24日 ロシア ST PETERSBURG DK LENSOVETA
25日 ロシア ST PETERSBURG DK LENSOVETA
26日 ロシア MOSCOW CLUB STADIUM LIVE
28日 ポーランド WARSAW STODOLA
29日 ドイツ HAMBURG DOCKS

12月
01日 ドイツ BERLIN COLUMBIAHALLE
02日 チェコ PRAGUE FORUM KARLIN
04日 ドイツ LEIPZIG HAUS AUENSEE
05日 ドイツ MUNCHEN TONHALLE
06日 スイス. ZURICH X-TRA
0日7 イタリア MILAN ALCATRAZ
08日 ドイツ KOLN PALLADIUM
09日 ルクセンブルク. ESCH-SUR-ALZETTE ROCKHAL
11日 オランダ AMSTERDAM PARADISO
12日 オランダ TILBURG 013
14日 スコットランド GLASGOW BARROWLAND
15日 イギリス NOTTINGHAM ROCK CITY
16日 イギリス MANCHESTER ACADEMY
17日 イギリス LONDON ROUNDHOUSE

今発表されているフェアウエルツアーのチケットは3月8日(水)午前9時発売とのこと。
USとフィンランドのスケジュールは後日発表とのことです。

まだ発表されてはないですが、なんとなく大晦日にHelldoneがあり、それをもって解散になるのではないかという気がします。

最近目立った活動がなく、最近のインタビューでVilleはソロプロジェクトの予定があると語っていたので、とっても残念ですが来るときがきたか、、、という気がしました。

残念ながら日本はないですが、どこかに行けそうな方はチケットがとれることを祈っておきます。

このHIMの解散ニュースは日曜夜にもかかわらずフィンランドのメディアで大きく報道されています。


















テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ラブメタル HIM ヒム 解散 フェアウエルツアー Ville Mige Linde

【編集】 |  00:51 |  HIM  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2017.02/28(Tue)

Ville Valo (HIM) がAndy McCoy としばらく仲違いだった理由 

Ville Valo HIM Olet mun kaikuluotain

今年のフィンランドのグラミーことEmma Gaalaにて「Olet mun kaikuluotain」が一般投票年間ベストミュージックビデオ賞を受賞したHIMのVille Valoですが、こちらこちらフィンランドのタブロイド紙セイスカ情報によりますと、昨年Ville ValoとAndy McCoyしばらくの間、まったく口をきかず仲たがいしていたようです。

その理由はVilleの発表したこの曲「Olet mun kaikuluotain」にあったようです。
Villeがイスケルマガーラにて語った話によると、フィンランドのベテランミュージッシャンTumppi VaronenのバースディパーティにいったVille Valo、前からきたAndy McCoyに頬を平手打ちされたそう。理由は放送禁止用語を交えて「お前、今じゃイスケルマ歌ってるのか。これはマルミの挨拶だ。5本の指の。」
(マルミというのはヘルシンキ東部の地域のことだと思いますが、その地域で平手打ちの挨拶がよくあるのかどうかはわかりません。)

Villeも言い返し、2人はその場を去りその後口をきかない間柄だったそうですが、Andyが機嫌よくクリスマスシングルでコラボの話を持ち掛けてきて和解。
VilleはAndyに「Olet mun kaikuluotain」のシングルに5本の指を描きプレゼントしたそうであります。
お互い気は短いものの、長く根に持つタイプではないそうです。

この原曲はJohn Denverの 「Annie’s Song」(1974年)でフィンランドのミュージシャンHectorがフィンランド語の歌詞をつけ、1976年フィンランド人シンガーFreemanがカヴァーしたほか、1999年にはバンドMenneisyyden Vangitがカヴァーしてフィンランドでよく知られた曲だそうです。
2人の喧嘩の原因になったというEmma Gaalaも受賞したVille Valoの「Olet Mun Kaikuluotain』のミュージックビデオはこちら。


Ville Valo - Olet Mun Kaikuluotain

このオフィシャルビデオについて詳しくはこちらを。
「Ville Valo (HIM) ☆ ソロシングル「Olet Mun Kaikuluotain」オフィシャルビデオ公開!」

実は私もこの曲を聞いたとき、Ville、あなたもついにイスケルマシンガーになっちゃったかと思ったのでありました。
イスケルマとはフィンランドの演歌/歌謡曲といった感じ。
バラード曲をフィンランド語で歌うと大抵イスケルマに聴こえちゃいます。

仲直りできてよかったですね。

2人が仲直りできたクリスマスシングルはこちら


Andy McCoy - Xmas Song (feat. Ville Valo)

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Ville Valo Andy McCoy イスケルマ 喧嘩 仲直り

【編集】 |  16:23 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.02/17(Fri)

Ville Valo(HIM) ☆ イスケルマガーラに新しい彼女と出席。ソロプロジェクトも。。。 

Ville Valo Iskelma Gaala 2017

今年のフィンランドのグラミーことEmma Gaalaにて一般投票年間ベストミュージックビデオ賞を受賞したVille Valoですが、本日タンペレで開催のイスケルマガーラにモデルの新しい彼女Christel Karhu を同伴。初めて2人一緒にメディアの写真におさまったとあちこちのメディアで報道されています。

日刊紙Ilta Sanomatによれば、年間ミュージックビデオ賞を受賞した「Olet mun kaikuluotain」のミュージックビデオは予算ゼロでアキ・カウリスマキの雰囲気で、KallioのストリートからEiraに向かいながら撮影したそうであります。Villeは現在はヘルシンキのMeilahtiに住んでるそうであります。

HIMはこの夏フィンランド国内ではTuska Open Air メタルフェスティヴァルとMilijoonarockに出演が発表になっていますが、他にヨーロッパの大きなフェスに出演予定があるほか、何かソロプロジェクトの予定もあるそうです。

こちらSeiskaの記事によると、新しい彼女とは昨年夏に出会ったそうであります。

写真はこちらにも。




ということでうれしそうでありますね。

ちなみにイスケルマとはフィンランド演歌/歌謡曲と言えるジャンルでフィンランドではかなり根強い人気を持っています。
フィンランドはメタル王国と言われてはいるものの、イスケルマ人口のほうがずっと多いと思います。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland Ville Valo HIM ヴィッレ・ヴァロ イスケルマ

【編集】 |  21:02 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP |  NEXT
海外 音楽 北欧 ロック