2015.07/15(Wed)

Jonne Aaron ☆ Nova Stage アコースティックライブ映像 

Jonne Aaron Promo

ただ今ソロ活動中のNegativeのフロントマンJonne Aaronですが、ラジオNovaのアコースティックライブ Nova Stageの映像が公開されました。

ソロ活動では歌詞がフィンランド語で歌っています。そしてメランコリーさがUPしています。アコースティックではさらにメランコリックに聴こえます。

こちらはセカンドソロアルバム『Risteyksessä‬』(交差点で)からのファーストシングル「Yksin」(1人)のNova Stageアコースティック映像。


Jonne Aaron: Yksin (akustisesti Nova Stagella - 4K)

そしてこちらはそのセカンドアルバムからのセカンドシングル「Ota mut」(俺を受け入れてくれ)のNova Stage アコースティック映像です。

Jonne Aaron: Ota mut (akustisesti Nova Stagella - 4K)

さらにこちらはJonneが自分の曲を提供したフィンランドのベテランバンドPopedaの「Elän itselleni」(自分のために生きる)を自分で歌っています。

Jonne Aaron: Elän itselleni (Popeda-cover - akustisesti Nova Stagella)

セカンドソロアルバムはNegativeフィンランド語ヴァージョンだといっていたJonneですが、Negativeの活動再開はいつになるんでしょうねぇ・・・

#i #just #killed #a #sweet #panda #tropicthunder

Posted by Jonne Aaron on 8. heinäkuuta 2015

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Negative Jonne Aaron ヨンネ・アーロン ソロ活動 Popeda

【編集】 |  10:22 |  Negative  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.03/31(Tue)

TV Nelonenの新番組『Risteyksessä』でJonne Aaron (Negative)人生の交差点になったストーリー 

Jonne Aaron Promo

ただ今ソロ活動中のNegativeJonne Aaronですが、彼のセカンドソロアルバムのタイトル『Risteyksessä』(交差点で)と同じタイトルの番組がフィンランドのTV Nelonenで始まります。

この番組ではフィンランドの知名人たちJonne Aaron、Jutta Gustafsberg、Anssi Kela、Toni Nieminen、Seela Sella、Antti Tuisku の人生の交差点になった実話を元に脚本を書き出来上がったストリーを俳優さんたちが演じ紹介するという1時間の番組で、第1話となる4月13日はJonne Aaronのストーリーが放送になります。

こちらがその番組のCM映像です。

Nelosella alkaa 13. huhtikuuta uusi sarja Risteyksessä, jossa kerrotaan julkisuudesta tuttujen ihmisten elämän käännekohdista. Eka tarina on mun :)

Posted by Jonne Aaron on 30. maaliskuuta 2015


日本でみれるかどうかはわかりませんがTV Nelonenの一部番組はこちらで見ることができます。

Jonne Aaronはただ今このセカンドアルバム『Risteyksessä』のツアー中です。
ツアースケジュールはこちらを。


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Jonne Aaron ヨンネ・アーロン Risteyksessä Negative

【編集】 |  13:33 |  Negative  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.03/15(Sun)

Jonne Aaron ☆ 2枚目のソロアルバムからのセカンドシングル「Ota Mut」ミュージックビデオ公開! 

Jonne Aaron Promo

ただ今ソロ活動中のNegativeのフロントマンJonne Aaronですが、昨年秋に発売になった2作目のソロアルバム『Risteyksessä』(交差点で)からセカンドシングル「Ota Mut」(Take Me)のミュージックビデオ公開!こちらです。


こちらフィンランドの日刊誌Iltalehtiの記事によると、もともとはこのミュージックビデオはJonneの地元タンペレで撮影予定だったそうです。

元々はタンペレのホテルTorniの屋上で撮影する予定だったものの、昨年末無許可でそこの屋上からベースジャンプ(パラシュートをつけてジャンプ)した人がいるため、屋上での規制が強まりアクリル板などがじゃまで無理になったそうです。どこで撮影されたかというとフィンランド人の定番リゾート地でもあるカナリア諸島!

”とってもいろんな要素のある島だ。火山でもあるけど素晴らしい場所だ。場所によってはアイスランドにも見える。”

なぜカナリア諸島になったかというとこのビデオ監督でもあるVille Juurikkalaがカナリア諸島を訪れていて、そこを勧められたとのこと。

強風の映像は標高2000メートル以上の場所で撮影された。歌詞に’turhautunut reissumies’(いらだったバックパッカー)とあるようにも高いとこに登るというアイデアからきたそうです。

”トラックドライバーのような賛歌。俺もそうだが、車の運転席に座ってあちこち回る人。人生のいろんな場所での感情を書いた。するとこういう曲ができたんだ。” とJonne

この曲が収録されているアルバム『Risteyksessä』のジャケットには56 Pontiac Star Chiefカーがあり、この車のフロントマークはインディアン酋長だが、これにまつわるエピソードが撮影後にあったそうです。

”(カナリアで)最終日にプールサイドのビーチチェアに横になっていると俺に気がついた年配のカップルがいて話しかけてきたんだ。それでビデオ撮影にきてたことを伝えると、インディアン酋長の告示場所にきたんだねと言われた。”

”なんだと思ったら、ほらそっちをみてごらんといわれた。そこの山岳はちょうどアルバムジャケットにあるPontiacのフロントマークを刻んだように見える。”

といわれたそうであります。

Jonneはただ今このセカンドアルバム『Risteyksessä』ツアー中です。
今発表になっているツアースケジュールはこちらです。
Julkaisu käyttäjältä Jonne Aaron.


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Negative Jonne Aaron ヨンネ・アーロン ソロアルバム

【編集】 |  10:20 |  Negative  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.03/12(Thu)

Jonne Aaron ☆ ホームスタジオ建設中! 




ただ今2枚目のソロアルバム『Risteyksessä』を発売後ツアー中のNegativeJonne Aaronですが、本日TVのトーク番組Enbuske & Linnanahde Crewに歌のゲストで出演。出演前にMTVの行なったインタビューでホームスタジオについて語っています。

2月のイスケルマガーラで以前住んでた住まいが売れた話をしていたJonne Aaronですが、今現在Jonneは西タンペレに住んでいて、新しい家を改修中。そしてあの新しい家に仕事とフリータイムを統合するつもりだと。

「今家にスタジオを作っている。今後のアルバムは自分の家でハンドメイドで作り上げたい。それは長いことずっと夢だったのでやっと実現できる。家のあらゆるスペースは使用し空く場所はない。」

「俺はいつも家で仕事していた。これからはそれを最初の曲作りからアルバムのレコーディングまでのすべてを家でやりたい。ホームスタジオはとても大切だ、なぜならスタジオというものはたいていクリニック的で随時時間が早足で進んでる気がする。」

.「完成したらそこにミュージッシャンたちや他の人を招待して楽しむって目的もある。」

Jonneは同僚達をスタジオに呼んで一緒に仕事をするつもりだそう。家を空けることが多いJonneにとって家が快適であることはとっても重要と。

「家は快適に過ごせ、安全でなければならない。俺の家はそうなる。しかしながら仕事上家を空けることは多いので、家にいるときは快適でいたいものだ。」

セカンドアルバム『Risteyksessä』が発売になった昨年秋ごろに2011年に彼女と別れた後の辛かったことなどをよく語っていたが、今は前にむかって進んでいると。

「別れてから数年たつので、今の感情は次のアルバムできくことができる。人生は前に進んでる。」とJonne。

Risteyksessä』からのセカンドシングルとなる「Ota mut」のミュージックビデオは今週の土曜に公開予定です。

そして4月13日からフィンランドのTV NelonenにてJonneのセカンドソロアルバム『Risteyksessä』と同じ名前のリアリティTV番組スタート

10人のセレブ達の人生の交差点になった実話を1時間の番組で1人ずつ放送するリアリティ番組。
登場するセレブ達の役を演じるのはアマチュアの役者さんたちだそうです。

起こったことがどんなにドラマチックで悲しいものであっても、人生の交差点に立ったあと、最後はハッピーエンドな話になるそうです。
Jonne Aaronのストリーは4月13日放送予定。この番組の話が来る前に出来上がっていたJonneの曲「Risteyksessä」(交差点で)がこの番組のテーマ曲だそうです。

Jonneは自分がいた状況と同じ様な状況にいる人たちを助けたいと思ってこの番組に出演を決めたそうです。

「この国には家での状況がよくない子供たちがいっぱいいることは知っている。そういう子供たちに決して1人じゃないんだよと理解して勇気つけることができたらと思ったんだ。くらべてもらったらいい。頑張って前に進もう。」

こちらは新曲「Ota Mut」(Take me)のミュージックビデオのトレーラーです。
Julkaisu käyttäjältä Jonne Aaron.


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Jonne Aaron Negative Risteyksessä Ota Mut

【編集】 |  23:43 |  Negative  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.02/21(Sat)

Jonne Aaron ☆ イスケルマガーラ〈イヤー・オヴ・男性アーティスト賞〉受賞! 

昨年秋2枚目のソロアルバム『Risteyksessä』を発売してソロ活動中のNegativeのフロントマンJonne Aaronですが、2月16日に行われたイスケルマガーラにて一般投票で決まるイヤー・オヴ・男性アーティスト賞を受賞!おめでとう!

Julkaisu käyttäjältä Jonne Aaron.


このイスケルマというのはフィンランドで非常に人気のあるジャンルで日本でいうと演歌/歌謡曲にあたります。
ポップ系シンガーもこのジャンルにはいったりもあります。
実際にフィンランドに住んでるとメタルよりこのイスケルマのほうが一般的に人気だと思います。
Jonneのソロアルバムはこのイスケルマにはいってて、ソロ活動後はJonneは知ってるがNegativeはよく知らないという人も多いかと思います。

昨年秋に通った職安のキャリアを作るコースで職業を選び、その職業について調べスライドで発表するという課題があったのですが、私が選んだのは音楽記者についてで、これまでに取材した時などの写真をつけて発表したら、昔のNegative時代のJonneを皆しらなくて、同じ人?とびっくりしてました。笑

去年はこのイスケルマガーラでニューカマー賞(新人賞)を受賞したJonneですが、大人気を得たTV番組「Vain Elämää」の出演も影響したと思いますが、ソロになってから広く一般的に知られるようになった感じがします。

イスケルマガーラ〈イヤー・オヴ・男性アーティスト賞〉受賞のインタビュー映像はこちらを。

そしてこちらイスケルマラジオのインタビュー記事で、フィンランド語で歌詞を書いていると英語の歌詞が恋しくなるそうで、将来はNegativeだけでなく他のアーティストにも英語の歌詞を提供したいそうです。ワールドワイドなヒット曲を生み出したいという夢があるそうです。

今はソロ活動に専念してフィンランド語の方のキャリアを作り上げたいそうですが、それだけでは終わらないとのことなので、Negative活動再開を気長に待ちましょう。

ロックファンにはおなじみではないと思いますが、他のイスケルマガーラ受賞者達は
・イヤー・オブ・イスケルマ賞 : Jari Sillanpää
・イヤー・オブ・女性アーティスト賞 : Kaija Koo
・イヤー・オブ・バンド賞 : Haloo Helsinki!
・イヤー・オブ・アルバム賞 : Jari Sillanpää 『Rakkaudella merkitty mies』
・イヤー・オブ・ニューカマー賞 : Janna
・イヤー・オブ・芸能人 : Elastinen(ラッパー)
・プロ・イスケルマ賞 : Juha Tapio

おめでとうございます。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Jonne Aaron Negative ヨンネ・アーロン イスケルマ

【編集】 |  10:13 |  Negative  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP |  NEXT
海外 音楽 北欧 ロック