FC2ブログ
2018.10/16(Tue)

Michael Monroeフィンランドの日刊紙で Andy McCoyの言葉しだいですべてを変えることはできたかもしれないと 

Michael Monroe WaterXfest 2016

フィンランドの日刊紙にこんなタイトルのMichael Monroe インタビュー記事がありました。

Hanoi Rocksはなぜ世界的ブレークができなかったのか? ‐ Andy McCoyの言葉しだいですべてを変えることはできたかもしれないとMichael Monroe。」



以下記事の和訳です。

Hanoi Rocksの世界進出は1984年の致命的な事故で終わってしまった。頑固さがMichael Monroeのソロキャリアにブレーキをかけた。それにもかかわらず10歳以下の子供も彼にサインを求めるのはなぜか?
Michaelは少し遅れてきたことを誤った。朝の午前5時25分トゥルク発の電車でヘルシンキに向かい、1日スケジュールがびっしりだった。

数分遅れてきたことは特になんともないが、彼の謝り方はとても誠実で心がこもっている。

Michaelはソロを30年以上もやってきたが、Hanoi Rocksにいたことが一番知られているだろう。2001年‐2009年の再結成前にバンドはたったの6年間一緒だっただけだが、フィンランドのもっとも成功したバンドの一つに挙げられる。

「次の世代が俺たちを迎え入れてくれてることに気づきとても素晴らしいことに思う。それは良い音楽ってものは時代なんて関係ないって証明だと思う。」

MichaelはHanoi Rocksの初期の頃を思い出す。Michael、Sami Yaffa、Andy McCoy、Nasty Suicideは一時期ホームレスも経験しながら夢を実現するためどうやってストックホルムに引っ越したのか。

写真を見せてくれ、笑いながら、トレードマークとなったあのヘアースタイルや、ほかの多くのバンドがコピーしてるグラムロックスタイルがどうやってできたのかは偶然だったと。

Andy の言葉ですべてを変えることはできたかもしれない

ロック界の大物アーティストやバンド名が話のところどころに出てきて、夢中になって話すMichaelの手が動くたびブレスレットの音がする。

1984年交通事故で亡くなったバンドのドラマー Razzleの話になると、言葉が少なくなり真剣な顔つきになる。世界的ブレークはそこでストップした。

「Razzleがなくなり、Sami Yaffが脱退した時決断した。Hanoi Rocksはストップするしかなかった。バンドの価値と最初の思い出を壊したくなかった。」からだとMichael。

「金で俺を恐喝することなんてできない。なぜなら、金にしても何か他のものにしても、俺の権力をそれにゆだねたことはなかったからだ。どっちみち当時そんなに金は手に入らなかったし。何も俺の考えを変えることはできないことは100%わかっていたよ。(笑)」

しばらく間をおいて、、、

「ただし、もしAndyが俺にこういったならすべてを変えることはできてたかもしれない。『おれはお前をリスペクトする。これをやるにはお前が必要だ。』とね。でもそれはなかった。」

じゃもしレコード会社の言いなりになってたら、Hanoi Rocksと自分自身の将来はどうなってたと思う?

「多くの人たちが俺たちが世界的にビッグなバンドにのし上がるだろうって思ってたのは知ってる。自分自身もよくそれを考えてみることもあるが、いつも同じ結論にたどり着く。確かなものは何もない。なので考えてみるだけ無駄なことだ。」

「ただし純粋な気持ちでこれだけは言える。有名になるのに簡単な道を選んだことは1度もないと。バカな奴より悪いのは金持ちのバカ野郎しかいない。」

彼の言葉は口先だけのことじゃない。なぜならその主義を通さなかったらHanoi Rocksのフロントマンはバンド解散のあと世界的大スターになった可能性は充分にあるからだ。

最初のワールドワイドなソロアルバムには、Michaelを”Hanoi Rocksの頭脳”という言葉で宣伝、巨大な投資がされた。

「最初っから自分と元バンドを正しく正直に世に出したかった。おれは自分の主義に誇りを持ってた。だから間違いを正したんだ。」

これに対してレコード会社はプロモーションからすべて手を引いた。

「頑固さは自分にダメージを与えることもある。だからといって自分の価値観を妥協したことはないし、自分の決断を後悔したこともない。」

近年Michaelは2017年までシンガーのオーデション番組「The Voice of Finland」で4シーズンメンターを務め、この番組を通じて全国民になじみとなった。いきなり小さな子供からお年寄りまでに声をかけられるようになった。

「列に混ざった10歳以下の子供にサインを求められたりなんてすごく嬉しい気分になる。彼らにとって俺はTVで観るカラフルでびっくりなメンターなんだ。子供は大好きだ。将来彼らが俺の音楽にも興味を持ってくれる日が来るといいな。」
とMichaelは嬉しそうに語る。

伝統が受け継がれていくのは重要なことだ。アーティストにとってロッケンロールはこの世界で最も重要なことだ。

「妻と猫のあとにね。」
とMichaelは付け加える。

ケイタイがなり、Michaelはスケジュールを確認する。カレンダー手帳がコンパクトに壁掛けカレンダーがわりで、いっぱい印がついている。

この秋のツアーではUKもはいっている。メンバーはSami Yaffa、 Karl Rockfist、Rich JonesにSteve Conteといった顔ぶれだ。

ニューアルバムは春に出る予定だ。もうすでにタイトルも決まっているが、まだ発表はできないと。そのかわりタイトルソングをカフェで流してくれた。

「もし世界中のミュージッシャンの中から自分のバンドのメンバーを選べるなら、おれは今のメンバーを選ぶ。」

と語り、他にも数曲聴かせてくれたそうであります。

そのMichael Monroeのこの秋のツアー10月26日Lahtiを皮切りにスタート!
このフィンランドツアーの告知映像はTVCMになってました。



来年早いうちにニューアルバム発売予定と他のインタビューでも語っていたので、ニューアルバムをひっさげて来日あるといいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド ロック Rock Michael Monroe マイケル・モンロー ハノイロックス Hanoi Rocks

【編集】 |  17:27 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.10/04(Thu)

Michael Monroe ☆ フィンランドの国営放送Yle TV1 のトーク番組本日出演!日本からもみれます。 



明日10月5日(金)フィンランドの国営放送Yle TV1にて18時30分よりオンエアーのトーク番組「Puoli seitsemän」にMichael Monroe出演!(生出演だと思います。)

Yle TV1の生放送はこちら[emoji:e-63 ]Yle Areenaの生放送ページでみれます。日本時間10月5日(金)深夜24時30分より。

見逃した方は放送後、こちらYle Areenaの番組のページにあがるとおもうので、オンエアー後約1年間みれると思います。前回放送分には国外からもみれると書かれているので日本からも見れると思います。

こちらはハピーアニマルデー&ウィーク!ということでマイケル・モンローが飼ってる猫のLumiとNupu 💕
マイケルは動物レスキューセンターでこの猫ちゃんたちの里親になったと聞いたことがあります。
ちなみにLumiは雪という意味があります。
Näytä tämä julkaisu Instagramissa.

Happy Animal’s Day & Week.❤️

Henkilön Michael Monroe (@michaelmonroeofficial) jakama julkaisu


(画像が見えない場合はこちらを)

こちらはFacebookのNupuの画像です💕


Michael Monroe、この秋のフィンランド国内ツアーのTVコマーシャル偶然TVで見かけました。
このCMです!


Michael Monroe Suomeen konserttisalikiertueelle

マイケル・モンロー、この秋~冬のフィンランランド&UKツアースケジュールです。

MIchael Monroe autumn winter tour 2018

ニューアルバム発売後は来日あるといいですね。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Michael Monroe マイケル・モンロー Yle 生出演

【編集】 |  22:37 |  Finnish bands紹介一覧表 ☆ A~Z  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.10/04(Thu)

『HOKUO LOUD NIGHT』でArion 再来日決定! 

HOKUOU LOUD NIGHT 2018 Arion
(写真:Creativemanより)

これまでのLoud & Metal Mania から名前を新たにし『HOKUO LOUD NIGHT』 の開催決定!

フィンランドからは2014年にLOUD & METAL ATTACKへの出演で初来日を果たし、Loud Parkにも出演したArionの出演が発表になりました。

他の出演者はスウェーデンからTHE HEARD、デンマークからH.E.R.O.

HOKUO LOUD NIGHT』11月16日 東京 DAIKANYAMA SPACE ODDにて開催!

チケット ¥3,000-(税込/All Standing/1Drink別)
チケット発売日 10/20(土)10:00am~
プレイガイド イープラス:eplus.jp
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:-
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:-

詳細はこちらCreativemanのサイトでご確認ください。

こちらは最近公開されたFeat.でスウェーデンのバンドAmaranthe のElize Rydがコラボしている「At The Break Of Dawn」のミュージックビデオです。


ARION - At The Break Of Dawn [feat. Elize Ryd] (2018) // Official Music Video // AFM Records

上記ミュージックビデオは最近公開されたものですが、この曲自体は2016年にすでにリリースされていて、フィンランドのラジオロックではもうずっと長くヘビロテされています。

さらにサプライズってことで、この金曜日にニューシングル「PUNISH YOU」が発売になるそうです。


そして待望のニューアルバム『Life Is Not Beautiful』10月17日発売!

来日のこの機会をお見逃しなく!

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック メタル Arion 来日 HOKUO LOUD NIGHT

【編集】 |  22:06 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.09/30(Sun)

Facebookに『もいもいフィンロック』ページができました!😊 

もいもいフィンロック Moi Moi Suomirock

いつものぞいてくださってる方ありがとうございます。😊
新しくFacebookに『もいもいフィンロックMoi Moi Suomirock』ページを立ち上げました。

これまでブログにアップしてないニュースなどTwitterでツィートしていましたが、Twitterは文字数制限で、書ける文字数が少ないのと、FBやインスタのリンクをはっても、写真や動画は表示されないため、Facebookに立ち上げてみました。
フィンランドのバンドはTwitterよりFacebookがメインなのもあり、Facebookのほうがシェアしやすいというのもあります。

ということで、Facebookのアカウントがある方はFBのこちら『もいもいフィンロック ‐ Moi Moi Suomirock』にイイネをしてもらえると嬉しいです。



FBともども今後ともどうぞよろしくお願いします。😊

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock モイモイフィンロック Moi Suomirock

【編集】 |  22:17 |  あいさつ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.09/28(Fri)

Michael Monroe ☆ ポジティブでいればよいことが起こる 

Michael Monroe Roosa Nauha マイケル・モンロー ピンクリボン

10月といえばピンクリボン月間!
乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進することなどを目的として行われるワールドワイドの啓発キャンペーンのシンボルがピンクリボン

2年前フィンランドピンクリボンをデザインしたMichael Monroeですが、その後もピンクリボン運動に積極的に参加しています。

こちらフィンランドの女性誌ANNAMichaelのインタビューが掲載されています。
とてもいい内容なので訳してみます。



ロックシンガーMichael Monroeはポジティヴで知られていますが、どうやったら幸せになれるかのアドヴァイスや秘密はないものの、以下のことが彼を幸せにさせるそうであります。

チャリティ

2016年のピンクリボンをデザインしたMichael Monroeはその後も積極的にピンクリボン運動に協力しています。
上記記事内にマイケルからのメッセージ映像もあります。
さらにMichaelは猫が大好き。動物保護についてもアクティブに働きかけています。

「手助けすればいい気持ちになれる。」
とMichael。

人の成功を喜ぶ

「いつもよくしていたい。他の人が成功して、人生がうまくいっていれば自分も嬉しい。他の人がうまくいってないのを見るのはつらいものだ。」

誠実、真正、心を込めてする

Michaelは誠実で真正なことをとても評価し、自分で何かするときも心から誠実に真正にする。

「他の人もそうやるよう励ますようにしている。」

ポジティヴに集中する

かといってMichael本人もいつもいつも笑顔でいるわけでなく、ポジティブでいることには少しばかり努力が必要だと。

「何かに集中しているとそれは何倍にも膨れ上がるものだ。ネガティヴになる代わりにポジティブでいるよう心がければいいことが起こる。そう信じてる。」

ということです。

確かにネガティブでいるより、ポジティブでいるほうがポジティブなことを自然と引き寄せてくる気がします。
そして人のことを喜んであげてると、そのうち自分の番がやってくる気がします。

そのMichael Monroeはこの秋フィンランド国内ツアーが予定されています。
この映像はTVCM用に用意されたものらしいです。



ちなみに今年のピンクリボンはフィンランドの人気女性シンガーAnna Puu (アンナ・プー)がデザインしました。



ピンクリボン運動に参加するには、ピンクリボン購入ももちろんながらピンクリボンとコラボしている商品を購入すると売り上げ代金の一部が寄付されます。



FazerのGeishaチョコバーも売り上げ金額の中から一部が寄付されるとのこと。


というわけでマイケルがあげた幸せのコツを参考にしながら、なるべくポジティブでいられるといいですね。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Michael Monroe マイケル・モンロー ピンクリボン Roosa nauha Pink

【編集】 |  16:01 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.09/27(Thu)

新バンドThe Holy Ones からセカンドシングル「Shine」リリース! 

The Holy Ones Shine Cover

「FINLAND FEST」の前身だった「FINNISH MUSIC DAYS」で2006年に来日したPrivate Lineを覚えてますか?
2011年に5年ぶりとなる3枚目のアルバム『Dead Decade』発売後、2014年にスタジオでのアコースティックライブを収録したDVD発売の後Private Lineとしては目立った活動がありませんが、ギタリストのJackことJapaが新バンド The Holy Ones を結成!

本日そのThe Holy Onesから第2シングルとなる「Shine」をリリース!ミュージックビデオが公開になりました。
こちらです。


The Holy Ones - Shine

メンバーはこちら。
 Täxi (タクシィ)- Vocals
 Japa (ヤパ) - Guitars
 Juuso (ユーソ) - Bass
 Aku (アク) - Drums & Percussion

彼らのジャンルは自称プログレッシヴ・ガレージロック~サイケデリック・ダークポップだそうです。

60年代、70年代のプログレッシヴ・ガレージロックを漂いながら、70年代、80年代のハードロック、パンク、ダークポップにたどり着いたサウンドだそうです。曲を聴けばいろんなバンドLed Zeppelin, The Who, Kingston Wall, Blue Öyster Cult, The Stooges, The Doors, QOTSA, TSOOLなどから影響を受けてるのがわかると思うが、それでいてThe Holy Onesのオリジナルサウンドだとわかるだろうとのこと。

The Holy Onesの物語は2016年春先のヘルシンキにて、ドラムのAku Raivio(アク・ライヴィオ) (Nollaseiska, No Direction, The Noir Brigade)からギターのJapa (ヤパ) (Private Line, The Salvation, The Noir Brigade)に自分が作ってるいくつかの曲をやってみないかと話がきたことから始まったそうです。2人はヘルシンキで結成されたガレージパンクバンドThe Noir Brigadeで一緒にプレイしていました。
Akuはすでに昔からの友人Täxi Roxx (タクシィ・ロックス)(Freaks Of The Revolution, State Of Perfection).をボーカルに捕まえていました。ということで、2016年9月に3人が一緒にリハーサルを始めたときにこのバンド ”The Holy Ones” 誕生!
最後のメンバーとなるベースを誰にするかってことで、ヴォーカルのTäxiが彼のソロプロジェクトでベースをプレイしているJuuso Salm(ユーソ・サルミ)i (Angelina Gracie, Maihinnousu, Ilkan Patsas)を推薦。Juusoを加えた最初のリハーサルで彼がベースに決定。The Holy Onesのメンバーが揃ったそうです。

2017年は新曲のアイデアなどを一緒にジャムセッションしながらバンドのサウンドを見つけ出し、リハーサルスタジオでデビューアルバムすべての曲をレコーディングすることに決定。ヴォーカルのみ後日レコーディングとなったとのこと。

今年2018年5月に最初のシングル「...and Still They Ride」をリリース!ダーク・サイケデリック・ガレージ・ポップなこのシングル曲がThe Holy Onesのこの後発売になるデビューアルバムを象徴した曲だそうです。その1stシングル曲はこちら。


The Holy Ones - ...and Still They Ride

The Holy Onesとして最初のライブを先月ヘルシンキのSemifinalで行いました。
こちらその時のライブ写真です。

1_1 IMG_2667 The Holy Ones SEmifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2668 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2694 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2772 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2867 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2877 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2715 The Holy Ones Japa Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2726 The Holy Ones Japa Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2748 The Holy Ones Japa Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2885 The Holy Ones Japa Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2899 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2711 The Holy Ones Semifinal 11_08_2018

1_1 IMG_2900 The Holy Ones Semifinal setlist 11_08_2018

ということで、このバンドThe Holy Ones気になった方、バンドのFBをイイネして今後の情報をゲットしてください。



ちなみにPrivate Lineはどうなったのかジャックことヤパに聞いてみたところ、解散したわけじゃないけど、今現在活動休止中で、このバンドを結成したということです。Private Lineとは雰囲気が違いますが、気になった方要チェック!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Private Line Jack Japa Holy Ones

【編集】 |  10:39 |  The Holy Ones  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2018.09/21(Fri)

HIMのフロントマンで知られるVille ValoとAgentsのコラボ曲「Orpolapsi kiurun」リリース! 

Ville Valo Agents promo_2

昨年大晦日のHelldoneフェスをもって解散したHIMですが、先日お伝えした通りフィンランドで長いキャリアを持つバンドAgentsコラボVille ValoAgentsとして、フィンランドでは国民的な人気シンガーだった今は亡きRauli Badding Somerjoki(ラウリ・バッディング・ソメルヨキ)の曲「Orpolapsi kiurun (Orphan Child of the Skylark)」を最初のシングルとして本日リリースしました。

原題の「Orpolapsi kiurun」(オルポラプシ キウルン)を直訳すると「ヒバリの孤児」です。

Agentsはこれまでにも人気シンガーとコラボしながら活動してきていて、私の中でのイメージは日本のブルーコメッツ!
なんとなく昭和の歌謡曲っぽいものを感じていたのですが、Villeとのこのコラボ曲聴いた後のイメージもやっぱり昭和の歌謡曲っぽいものを感じますが、どうでしょうか?

こちらSpotifyで聴けます。




この曲の記事などのコメント欄をみると、フィンランド人の反応はすごく良いです。中にはVilleには英語よりフィンランド語の曲のほうが似合うというようなコメントも見かけました。オリジナル曲のシンガーRauli Badding Somerjokiが国民に愛されるシンガーだったのにくわえ今は亡きということもあり、多くのフィンランド人にとってはノスタルジーを感じるのかな?という気もします。
Villeの国外ファンの反応はいろいろ。美しい曲だというのもあれば、あのHIMはどこに行ったの?というようなものも。

こちらヘルシンキ新聞にこのコラボについて詳しくのってました。


Villeの両親はRauli Badding Somerjokiの大ファンで、Villeが赤ちゃんの頃からVilleが泣くとお父さんがVilleを抱っこして彼の「Paratiisin」をかけてなだめていたそうです。

Villeは成長してメタルバンドHIMを結成。HIMのデビューアルバムリリースパーティはヘルシンキのIso Robertinkatuに当時あったストリッパークラブKing’s Kakaduで行われ、今はコックで活躍する当時のHIMのキーボード奏者Antto Melasniemiは真っ赤なマッシュポテトを作り、HIMはデビューアルバムの曲でなくRauli Badding Somerjoki の 「Paratiisin」を含むイスケルマを演奏したそうです。

それについてVilleは
「アルバムリリースパーティ、特にデビューアルバムのリリースパーティなんてつまらないもので、メディアはアルバムについて特に何も報道しなかったし、なにか別のことがしたかったんだ。」と。

AgentsのギタリストEsa Pulliainen(エサ・プッリアイネン)の話によると3年前に、倉庫で80年代初期にRauli Badding Somerjokiが作詞作曲したデモ曲のカセットテープを見つけたそうです。
そのテープの中でBaddingはアカペラでデモ曲を歌っていて、曲の中には開けた窓から聞こえてくるヘルシンキのトラムの音などが聴こえていたそうです。
BaddingはAgentsのシンガーを勤めていたこともあり、EsaはBaddingのアルバムでギターを弾いたり、アルバム編集したりしていたそうです。3年前に見つけたテープをその前にきいたのは30年ほど前。

このデモテープを見つけて以来、Esaは自分のデスクにずっと置いていて、一番最初に連絡を取ったのがVille Valoだったと。
このデモテープをはじめてきいた時、Villeは涙を流したそうです。

来年初頭に発売予定のVille Valo & Agentsのアルバムには、Baddingの未発表曲が主に収録されるほか、いくつかはデモテープに入っていたBadding本人の歌声も収録される予定だそうです。

アルバム発売後はVille Valo&Agentsでクラブツアーを行う予定もあり、夏フェス出演の可能性もありと。ライブでは何か他に、例えばアレンジを変えたHIMの曲を披露する可能性もあるとか。
このコラボは夏の終わりまで続く予定で、そのあとはVilleは自分の曲作りに戻るそうです。
歌詞がフィンランド語の曲は挑戦はしてみたものの、もうすでに自分の尊敬する先輩たちがいい曲を作り出しているので難しく、今のところ1曲も完成してないとのこと。

ということで、来年の夏の終わりまではAgentsとのコラボが続くようです。
ライブではもしかしたらHIMの曲も聴ける可能性があるかもしれませんね。
要チェックかも。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock HIM Ville Valo Agents ヴィッレ コラボ

【編集】 |  13:18 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT