2017.08/16(Wed)

Sentenced、Poisonblack、 Entwine、Lullacryなどで知られるメンバーからなるS‐TOOLデビューアルバム9月発売! 

S_TOOL 2017 Jani Mahkonen_Loma Graphics

SentencedPoisonblackEntwineLullacryなどで知られるメンバーVille Laihiala(ヴォーカル)、Aksu Hanttu(ドラム) Kimmo Hiltunen(ベース)、Sami Leppikangas(ギター)からなるメタルバンドS‐TOOLより9月15日にデビューアルバム「Tolerance 0」発売!

こちらフィンランドの音楽雑誌SOUNDIの記事によると、これまでに発売した3曲のシングルが好評だったS-TOOLは、デビューアルバム制作の費用をファンから寄付を求めるキャンペーンとRadio Rockのサポートにより実現。

そのデビューアルバム発売にともなうフィンランドツアーが発表になりました。

9月16日. HELSINKI Virgin Oil Co. Helsinki
9月29日. JOENSUU Ravintola Kerubi
9月30日. KUOPIO Henry's Pub Kuopio
10月6日. KOUVOLA House Of Rock
10月7日. TAMPERE Olympia-kortteli
10月20日. LAHTI Katu -klubi goes Isku Areena
10月21日. JYVÄSKYLÄ Tanssisali Lutakko
10月27日. TURKU GONG
10月28日. SEINÄJOKI Rytmikorjaamo
11月3日. OULU Hevimesta



気になる方要チェック!








スポンサーサイト

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド メタルS-TOOL Sentenced Poisonblack Entwine Lullacry

【編集】 |  23:18 |  その他のBand News  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.08/09(Wed)

HIMのフェアウェルHelldone追加公演発表! 

今年こもって解散を発表したフィンランドラヴメタルバンドHIMですが、その最後の公演となる大晦日のHelldoneのチケットは本日発売になり、予想通り即予約完売!

というわけで、HIM最後となるHelldone追加公演が発表になりました。

HIM Helldone 2017

2017年12月27日 ヘルシンキ アイスホール BLACK BOX 61€
2017年12月28日 オウル Terminaali Areena 60€ (当日券 65€)
2017年12月29日 セイナヨキ Rtymikorjaamo 59€ 会員価格 57€ (当日券 64€)
2017年12月30日 タンペレ Pakkahuone & Klubi 57,60€ (当日券 60€)
2017年12月31日 ヘルシンキ Tavastia 予約完売

各公演サポートアクトはJimsonweed、ヘルシンキのアイスホールのみThe 69 Eyesもサポートアクトで出演予定!

2017年12月27日 のヘルシンキ アイスホール BLACK BOXは黒幕でスタンド席を仕切った会場とのことで、スタンディングのみ。そしてこのヘルシンキのアイスホールの会場のみ年齢制限がありません。
チケット発売は8月14日(月)フィンランド時間13時(日本時間19時)より、Tikettiの他ヘルシンキアイスホール公演はTicketmaster、タンペレ公演はLippu.fiでも発売!

各会場チケット発売先のリンクなど詳しくはこちらを。



当日券はチケットが残っている場合のみです。
本日大晦日のHelldoneチケット購入無理だった方は、月曜日頑張ってください。
幸運を祈っておきます。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ラヴメタル HIM Helldone 追加公演 ヘルシンキ オウル タンペレ セイナヨキ

【編集】 |  14:57 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.08/07(Mon)

HIM今年のHelldoneフェスティヴァル出演をもって解散! 

今年で解散を発表したフィンランドラヴメタルバンドHIMですが、HIM 最後のライブが発表になりました。
予想通り大晦日にヘルシンキのTavastiaにて開催されるHelldoneフェスティヴァルがHIMの最終公演になります。

HIM Helldone 2017

HIM恒例の大晦日ライブとなったHelldone、最後となる今年17回目となります。

「俺たちはHIMのハートをUrhokekkonen Katu (ウルホケッコネンストリート)に埋葬する。俺たちのジャーニーに終止符を打つのには最適の場所だ。」とフロントマンのVille Valo

ちなみにHelldoneの会場のあるTavastiaはヘルシンキの中心部Urhokekkonen Katu (ウルホケッコネンストリート)にあります。

Ville ValoをフロントマンとするHIMの26年のキャリアにはたくさんの記録すべき成功を収めました。
これまでに発売になった8枚のスタジオアルバムと4枚のベストアルバムはワールドワイドに800万枚の売り上げを記録。
2005年に発売になった『Dark Light』はこれまでにフィンランドのバンドとして初めて北米でゴールドディスクを獲得。この記録はこれまでに破られていません。
「Join Me In Death」, 「Wicked Game」,「Right Here In My Arms」, 「Rip Out The Wings Of A Butterfly」 「he Funeral Of Hearts」など数多くのラジオヒット曲を持つHIMはオフィシャルチャート1位をはじめ国内、国外で数々のゴールド&プラチナディスクを獲得しています。

このHIMのフェアウエルツアーは10月23日北米を皮切りに14か国を周り、大晦日恒例となっていたヘルシンキのTavastiaで開催されるHelldoneにて幕を閉じることになります。

このHelldoneのチケットは8月9日(水)フィンランド時間13時(日本時間19時)よりこちらTikettiにて発売になります。

サポートアクト: Jimsonweed

会場: Tavastia Club & Semifinal (住所:Urho Kekkosen katu 4-6, 00100 Helsinki, Finland

年齢制限: 18歳以上 (例外は認められません)

チケット代: 70ユーロ(クレジット使用料金、発送手数料など含まれていません。)

チケット購入制限: 一人またはクレジットカード1枚につき2枚まで。

パーソナルチケットになり、チケットに名前が記載され、入場の際身分証明書確認が行われ、入場は名前が記載された本人のみとなります。

これまでにHelldoneは3日あった日もありますが、とりあえず今発表されているのはこの1日だけ。
追加公演が入るかどうかはわかりません。
このHelldoneには世界中からHIMファンが集まります。会場のキャバは700人ほど。
HIM最後の公演ということもありチケット争奪が激戦になると思います。
フェアウエルツアーに日本は入ってないようなので、行かれようと思われる方幸運を祈っておきます。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ラヴメタル HIM Ville Valo Helldone Tavastia フェアウエルツアー 解散

【編集】 |  13:28 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.08/05(Sat)

Apocalyptica 今年のWacken Open Air 2017 フルショー映像 & ユニークなフィンランド建国100年「Suomi 100」記念プロジェクト 

Apocalyptica Tuska Open Metal Festival Finland 2017
 (写真は今年ヘルシンキで開催されたTuska Open Air Metalフェスティヴァルより。)

Metallicaのカヴァー曲を演奏したデビューアルバムから昨年20周年を迎え、ただいま「Apocalyptica plays Metallica by four cellos」ツアー中のフィンランドチェロメタルバンドApocalypticaですが、昨夜は世界最大のメタルフェスともいわれるドイツのWacken Open Air 2017に出演!ネットでストリームされましたが、日本時間の午前様で見逃した方もいるかと思います。
YouTubeにライブストリームの映像が上がってきていたので、紹介します。
観逃した方、もう1度観たいという方こちらです。



世界最大と言われるだけあって、観客の数がすごいですね。

そのApocalypticaチェロ奏者の一人Eicca Toppinenはフィンランド建国100年 Suomi 100のプロジェクトで、とてもかわった曲を作る予定です。
こちらEiccaにRadio RockがTuskaフェスの会場でEiccaにインタビューした記事です。
それによりますと、フィンランド人の遺伝子DNAのコードから曲を作ろうというとてつもないユニークな企画!
他の国の人の遺伝子とは違うフィンランド人独特の遺伝子DNAのコードを、フィンランド全国のDNAを調査した人から説明を受け、そのコードを受け取り、作曲をするのだそうです。
DNAコードとか頭がこんがりそうで、私には全く未知の世界ですが、え?なになに?と思われた方、そのことについて詳しく日本語で説明されてるこちらをご覧ください。

上記のRadio Rockの記事にEiccaのインタビュー映像がありますが、YouTubeにもあがってました。こちらです。



Apocalypticaは今年10月15日Saitama Super Arena で開催のLoud Park 2017に出演が予定されています。
悩んでる方このチャンスをお見逃しなく。



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド チェロ メタル Apocalyptica アポ Eicca Suomi100 DNA フィンランド人遺伝子

【編集】 |  16:40 |  Apocalyptica  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.08/01(Tue)

Michael Monroe ☆ 12月来日決定! 

Michael Monroe promo 2015 Ville Juurikkala
(Photo. Ville Juurikkala)

ソロキャリア30周年を迎えるMichael Monroe、今年12月に来日が決定!

大阪、東京、名古屋と3公演が予定されています。来日公演スケジュールはこちら。

MICHAEL MONROE The 30th Anniversary Tour in JAPAN 2017
・大阪 2017/12/5(火) 梅田CLUB QUATTRO
・東京 2017/12/6 (水) 恵比寿 LIQUIDROOM
・愛知 2017/12/8 (金) 名古屋 ReNY Limited

このツアーについて詳しくはこちらCreativemanのサイトをご覧ください。

マイケル・モンローソロ・キャリア30周年記念ベスト・アルバム『ザ・ベスト』日本盤も8月2日ユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンから発売になります。このベスト盤(2枚組CD)の情報についてはこちら発売元のユニーヴァ―サルのサイトでご覧ください。



Michael Monroeはこの秋ドキュメンタリー映画公開も予定されています。
このドキュメンタリー映画は英語で、フィンランドで公開になった後、ワールドワイドに公開が予定されているようです。
10月20日フィンランドのヘルシンキのKuluuturitaloで予定されているソロキャリア30周年記念コンサートはソールドアウトになっています。
というわけで、皆さんこの機会をお見逃しなく!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock Michael Monroe マイケルモンロー ベスト盤 来日

【編集】 |  13:36 |  Michael Monroe  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.07/24(Mon)

Temple Balls のサイン入りポストカードとバンドのロゴ入りキーホルダープレゼント企画 

このブログでも何度か紹介したフィンランドの若手ハードロックバンドTemple Balls のオフィシャルJapan FBページでただいまサイン入りポストカードとバンドのロゴ入りキーホルダープレゼント企画をやっています。

当選商品はこちらです。

Temple Balls Avaimenpera Kortti

応募方法は簡単。「イイネ」とコメントで応募できます。
詳しくはこちらTemple Balls Japanを。



参考までに今年発売になったデビューアルバム『Traded Dreams』はこちらで聴けます。
エネルギッシュで結構正統派、80年代の雰囲気もあるスレートなハードロックです。


ミュージックビデオはこちら。







今年デビューアルバムが発売になったばかりのバンドですが、これからが期待のハードロックバンドです。
少しでも興味持った方チェックして、FBアカウントがあれば応募してみるのもいいかもしれませんよ。👍
締め切りは7月25日いっぱいです。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック Rock ハードロック Temple Balls サイン プレゼント企画

【編集】 |  16:42 |  Temple Balls  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2017.07/22(Sat)

HIMのVille Valo 解散について 

HIM promo 2017

今年を持って解散を発表したHIMですが、こちらKaaoszineでその理由などについて話してます。

この夏フィンランドで2つのフェス出演をしたHIMですが、このインタビューはTuuriで開催された、現地のフィンランド最大のデパートのオーナーVesa Keskinen50歳の誕生日を祝うMiljoonarockフェスでのインタビューです。



その前にはヘルシンキで開催されたTuska Open Air Metal Festivalに出演しましたが、ヘルシンキのフェス出演はこれが後にも先にも初めてだったそうです。今後のバンド活動をどうするか?と話していた時に、Tuskaフェスの主催者の一人から出演しないか?と話が来たそうであります。

‐ 次のアルバム用の曲もできては来ていて、新メンバーのKosmoとのアルバムも作りたいとは思っていたが、トレーニングキャンパスにメンバーが集まって練習しても、よい曲ながらも必要とするほどの特別によいという部分が感じられなく、俺たちはどんなにいいバンドかを皆に見せつけてやろうと思えるようなものが欠けていた。なのでどうするかという話がでた。メンバー皆他のこともやってるし、優先することが皆それぞれ違ってきてもいた。自分だけが決めることではないし、これは皆の人生であり、これと決め手になるものが感じられないとなるともちろんそれはストレスにも感じ取れた。思ったのはまだバンドに勢いがあり皆が興味を持っているときにやめた方が、ズルズル長引かせるよりスマートに感じた。それは結構珍しいことで、多くのバンドは長く続けすぎるのが普通だ。
HIMはメンバー皆が作り出すサウンドから成り立ってるが、そのHIMのサウンドのフォーマットにこれという決定的な新しいものが生まれてこなかったし、それに対するパーフェクトな解決法が出てこなかった。それは例えば金のカゴに閉じ込められてる感じで、成功してきたものがあるがそこに閉じ込められてて出られないといったような状態。例えばAC/DCがそうだが、彼らはうまく成功してきている。反対にU2はいろんな挑戦をしてきている。ただそれはアーティスト的に俺たちにはできない。それはうまい例えにはならないが、アルバムのアイデアはあったものの、なんとなくそれは違う方向に感じた。うまく説明ができないが、すべてがなんかこううまくあてはまってない感じがした。そしてそれがなぜなのかわからない。その解決法がわからなければ、みな満足できないし、うまくいくわけがない。

この秋のライブをDVDに収めて発売するというような予定はあるか?については、
‐ ライブDVDというのはつまらないことがよくある。そして、このライブを録画するというとカメラが構えられていて観客もそれがストレスになってしまうこともある。サウンドはうまくミキシングできるが、映像はそうとばかりはいかない。特別なこと、例えばステージで転ぶとか、そういうことは偶然起こることであってあらかじめ予測できない。今のところDVDに収めて発売する予定はない。何が起こるかはライブ時々で違ってくる。なので、実際にライブを観に来るのが一番だ。

解散後の予定は?
‐ 音楽をずっと続ける。バーチャルリアリティゲーム(ダウン・ワールド・スパロウ?に聴こえますがいまいち不明)に曲を作るプロジェクトがある。この手のゲームについてはよく知らないが、これまでに自分がやってきた音楽とは違うもので、興味深い。ちょっとツイン・ピークスっぽいのもで、新しいチャレンジになる。自分はラウドな音楽が好きで、同時にメロディアスなものも好きだ。それからどんな音楽が個人的に好きで、どんな音楽になるかを考えてみたらHIMになったんだが、どうなるかはみてみよう。(笑)

ということです。

インタビューの中で断言はしてないですが、フィンランド国内でもライブがあるみたいで、Helldone以外にあるのかどうかはまだわかりません。今年のHelldoneがどのような形になるかもまだわかりません。
その今年のHelldoneについては8月7日に発表があるそうです。
FB.に大晦日のHelldoneのイベントページができてるのを見かけましたが、あれはファンらしきがあるだろうという予測から勝手に作ったイベントページのようでオフィシャルではないのでお気を付けください。

HIM最後のHelldoneこれまで通りTavastiaで開催ならキャバが700人ぐらいだったと思うので、チケットはものすごい争奪戦になると思います。行こうと思われてる方はまずこのチケットゲットを勝ち取る必要があります。幸運を祈っておきます。


テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : フィンランド Finland ロック ラヴメタル HIM Ville Valo インタビュー 解散

【編集】 |  22:12 |  HIM  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
カウンター
 | BLOGTOP |  NEXT
海外 音楽 北欧 ロック